2018年8月27日から9月9日(2018年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(usオープン)」の4回戦の結果、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見 … ブログを報告する, オープン戦最下位はAクラスが9年連続で、ないので、シーズンでも苦戦を強いられるのでAクラス入りが非常に厳しくなる. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 2018年8月27日から9月9日(2018年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(usオープン)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。 【2020年】ロレックス・パリ・マスターズの大会情報、ドロー、放送予定(マスターズ1000). オープン戦最下位のチームとシーズン順位 2008巨人→① 2009阪神→④ 2010横浜→⑥ 2011横浜→⑥ 2012阪神→⑤ 2013中日→④ 2014ヤクルト→⑥ 2015広島→④ 2016中日→⑥ 2017巨人→④ 2018阪神→⑥ 2019日本ハム→⑤ アンチ乙 優勝へのフラグだから 2018年8月27日から9月9日(2018年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(USオープン)」の4回戦の結果、4回戦後の暫定ランキング、放送予定を見ていきます。, ここまで上位8シードのうち第4シードのA.ズベレフと第8シードのディミトロフが姿を消しましたが、優勝候補のナダル、フェデラー、ジョコビッチ、デルポトロは順当な勝ち上がりを見せています。, <日程(現地時間)> ・9月2日(日):4回戦 トップハーフ ・9月3日(月):4回戦 ボトムハーフ, ※以下、スコアにある各選手の()内の数字は2018年8月27日付のランキングです。, 第1シードのラファエル・ナダル(32歳・スペイン)がニコロズ・バシラシビリ(26歳・ジョージア)を6-3、6-3、6-7、6-4のセットカウント3-1で破り、全米オープン2年連続8回目の準々決勝進出を決めました。, 第9シードのドミニク・ティエム(24歳・オーストリア)が第5シードのケビン・アンダーソン(32歳・南アフリカ)を7-5、6-2、7-6のストレートで破り、全米オープン初の準々決勝進出を決めました。, 第3シードのフアン マルティン・デルポトロ(29歳・アルゼンチン)が第20シードのボルナ・チョリッチ(21歳・クロアチア)を6-4、6-3、6-1のストレートで破り、全米オープン3年連続6回目の準々決勝進出を決めました。, 第11シードのジョン・イズナー(33歳・アメリカ)が第25シードのミロシュ・ラオニッチ(27歳・カナダ)を3-6、6-3、6-4、3-6、6-2のフルセットの末に破り、全米オープン7年ぶり2回目の準々決勝進出を決めました。, 錦織の4回戦の試合は、日本時間の9月4日(火) 午前0時に開始予定。(ルイ・アームストロング・スタジアムの第1試合), 第7シードのマリン・チリッチ(29歳・クロアチア)が第10シードのダビド・ゴファン(27歳・ベルギー)を7-6、6-2、6-4のストレートで破り、全米オープン3年ぶり5回目の準々決勝進出を決めました。, 第21シードの錦織圭(28歳・日本)がフィリップ・コールシュライバー(34歳・ドイツ)を6-3、6-2、7-5のストレートで破り、全米オープン2年ぶり3回目の準々決勝進出を決めました。, 錦織の4回戦の結果については、『 錦織 vs コールシュライバー 』の記事で詳しく紹介しています。, 第6シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)がジョアン・ソウザ(29歳・ポルトガル)を6-3、6-4、6-3のストレートで破り、全米オープン2年ぶり11回目の準々決勝進出を決めました。, ジョン・ミルマン(29歳・オーストラリア)が第2シードのロジャー・フェデラー(37歳・スイス)を3-6、7-5、7-6、7-6のセットカウント3-1で破り、グランドスラム初の準々決勝進出を決めました。, フェデラーが第1セットを先取して、第2セットもフェデラーが先にブレークをしてこのままフェデラーのペースで試合が進むかと思われましたが、第10ゲームのサービングフォーザセットでフェデラーがセットポイント2本を決めきれず、ミルマンが土壇場でブレークバックに成功。, ミルマンが第12ゲームもブレークをして第2セットを取ると、ミルマンのプレーがさらに良くなり、第3セットもミルマンが取ります。, 第4セットではフェデラーが第6ゲームで先にブレークをしますが、第7ゲームで40-30のフェデラーのゲームポイントの場面でフェデラーに信じられないボレーミスが出て、デュースの末にミルマンがブレークバックに成功。, 暑さで疲れているのかフェデラーはストロークミスとリターンミスが多く、タイブレークでは4ポイント目と5ポイント目でフェデラーの連続ダブルフォルトもあり、ミルマンが勝利。, ミルマンが気持ちの入ったすばらしいプレーを見せる一方で、フェデラーらしくないプレーの連続に会場の観客も信じられない光景を見ている感じで異様な雰囲気となっていました。(フェデラーのウィナー65本、アンフォーストエラー76本), 基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年9月・全米オープン後)』をご覧ください。, また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。, 詳しい放送・配信スケジュールについては『 WOWOW放送スケジュール 』でご確認ください。, ・S:シングルス ・デイセッション:午前0:00~、ナイトセッション:午前7:55~, いつも拝見してます。試合結果 ランキング推移 獲得ポイントなどスピーディーな対応で楽しみです。これからも応援してます。, ありがとうございます。 北米シーズンは時差が厳しいので更新が遅れることが多々ありますが、今後ともよろしくお願いします。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, ATPファイナルズ ・Nitto ATPファイナルズ ・Next Gen ATPファイナルズ, マスターズ1000 ・BNPパリバ・オープン ・マイアミ・オープン ・ロレックス・モンテカルロ・マスターズ ・ムチュア・マドリード・オープン ・BNLイタリア国際 ・ロジャーズ・カップ ・ウエスタン&サザン・オープン ・ロレックス上海マスターズ ・ロレックス・パリ・マスターズ, ATP500 ・ABNアムロ・ワールド・テニストーナメント ・リオ・オープン ・ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 ・メキシコ・オープン ・バルセロナ・オープン ・ノベンティ・オープン ・フィーバーツリー選手権 ・ハンブルク・ヨーロピアン・オープン ・シティ・オープン ・楽天ジャパン・オープン ・チャイナ・オープン ・エルステ・バンク・オープン ・スイス・インドア. | 待ちに待ったオープン戦ですね!!そこで、毎年耳にすることだと思うのですが、オープン戦は公式戦ではないから勝敗の成績は意味を持たないので、「オープン戦の順位はあてにならない」と言われますよね。, 今回は、「オープン戦の順位、シーズン順位に全く関係ない説」というのが本当なのか自分も知りたかったこともあり、過去5年間のオープン戦順位とシーズン順位を元に比較し検証してみました。, オープン戦順位6位までをオープン戦Aクラス、7位から12位までをオープン戦Bクラスとすると、どちらもシーズン順位がAクラス3チーム、Bクラス3チームという結果になった。, Aクラスから優勝と最下位、Bクラスから優勝と最下位がそれぞれ出るバランスとなった。, そして、大きく負け越した広島が優勝しているのでこの年はまさに「オープン戦の順位は関係ない」に当てはまる結果の年となっている。, オープン戦Aクラス(6位まで)でシーズンAクラス3チーム、Bクラス3チームはそれぞれ分かれた。, この年もオープン戦Aクラス(6位まで)でシーズンAクラス3チーム、Bクラス3チームの結果に。, しかし、この年の面白い所は、オープン戦3位のDeNAと6位の楽天がシーズンでは最下位になっている点だ。, オープン戦Aクラス(6位まで)でシーズンAクラス4チーム、Bクラス2チームと、オープン戦の順位が関係した年になった。, オープン戦3位の巨人が優勝。オープン戦最下位のヤクルトがシーズンでも最下位になるなど、オープン戦の順位の関係性が大きかった年だった。, ついでにオープン戦最下位のシーズン順位は2013年から2017年までは、4位→6位→4位→6位→4位となっています。, 過去5年間でオープン戦優勝したチームがシーズン優勝したのが3回あったので、オープン戦で勝ちまくって不安になる必要もなさそうですね。, オープン戦とは、その年の新戦力を試したり、コンバートして試したり、新オーダーで打線を組んでみたり、若手を積極的に使い続けたり、"とにかく試す事"と、"主力選手の調整"がメインになりますので、勝利を追った采配はしてないです。, 結論から言うと「オープン戦の順位、シーズン順位に全く関係ない説」は完全には否定出来ない結果となりました( ;∀;), オープン戦優勝チームがシーズン優勝、オープン戦最下位チームがシーズンでも最下位という結果が近年出ています。, この検証で分かったのは、上記でも解説したように、オープン戦最下位はAクラスが9年連続で、ないので、シーズンでも苦戦を強いられるのでAクラス入りが非常に厳しくなるという事でした。, Bクラスの成績が続いているチームは勝ちグセを付ける意味でもある程度は勝った方がいいのではないかとも思います。, drakichi22さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 Copyright © 2017 テニスK All Rights Reserved. この順位予想は、 オープン戦の順位と、そのチームのシーズン順位. 2018年8月27日から9月9日(2018年第35、36週)にニューヨーク(アメリカ)で開催されるグランドスラム「全米オープンテニス(USオープン)」の決勝のプレイヤー情報、結果とスタッツ、決勝後のランキング、放送予定を見ていきます。, ・決勝「デルポトロ vs ジョコビッチ」 デルポトロが勝てば全米オープン9年ぶり2回目(グランドスラム2回目)の優勝、ジョコビッチが勝てば全米オープン3年ぶり3回目(グランドスラム14回目)の優勝となります。, フアン マルティン・デルポトロとノバク・ジョコビッチの「Head 2 Head」、「1回戦から準決勝までの結果」を紹介します。, 直近の対戦は2017年のBNLイタリア国際(クレー)の準々決勝で、ジョコビッチがセットカウント2-0(6-1、6-4)で勝利しています。, <日程(現地時間)> ・9月7日(金):決勝 男子ダブルス ・9月8日(土):決勝 女子シングルス ・9月9日(日):決勝 男子シングルス、女子ダブルス, 以下、男子シングルスの決勝の結果、簡単な試合の振り返り、スタッツ、ハイライト動画です。, 第6シードのノバク・ジョコビッチ(31歳・セルビア)が第3シードのフアン マルティン・デルポトロ(29歳・アルゼンチン)を6-3、7-6、6-3のストレートで破り、全米オープン3年ぶり3回目(グランドスラム14回目)の優勝を飾りました。, 第3ゲーム、ジョコビッチのバックハンドのミスとデルポトロのフォアハンドのダウンザラインへのショットからのボレー(0-30)、ジョコビッチが3連続でポイントを取った後、40-30でデルポトロの強烈なフォアハンドのショットからのフォアハンドの逆クロスへのウィナーが決まり、デュースへ。, 第8ゲーム、ジョコビッチのバックハンドの連続ミスとデルポトロのサービスエースで40-0とデルポトロがゲームポイントを握りますが、デルポトロのフォアハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのクロスへのカウンターショットでのポイントなどがあり、デュースへ。, デュース1回目、デルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。, ロングラリーでデルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功。, 第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザセット。 40-30とジョコビッチにセットポイントが来ると、デルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチが第1セットを先取。, 第1ゲーム、0-30とジョコビッチがポイントを先行した後、デルポトロが3連続でポイントを取って40-30としますが、ジョコビッチのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのウィナーが決まり、デュースへ。, デュース1回目、ジョコビッチの見事なバックハンドのダウンザラインへのパッシングショットが決まり、ジョコビッチにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチにバックハンドのミスが出ます。, デュース2回目、デルポトロにフォアハンドのミスが出てジョコビッチにブレークポイントが来ますが、デルポトロがフォアハンドのダウンザラインへのショットでポイントを取ります。, 第3ゲーム、30-15からジョコビッチの見事なロブショットからのスマッシュ、ロングラリーでデルポトロのフォアハンドのミスがあり、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。, ジョコビッチの深いリターンに対するデルポトロのフォアハンドが大きくアウトとなり、ジョコビッチがブレークに成功。, 第5ゲーム、デルポトロの強烈なフォアハンドからのスマッシュ、バックハンドの逆クロスへのウィナーなどがあり、デルポトロがキープ。, 第6ゲーム、デルポトロのフォアハンドのダウンザラインへのウィナー(0-15)、30-15からデルポトロのコートの外から入れてくるフォアハンドのダウンザラインへのウィナー、デルポトロのフォアハンドに回り込んでのダウンザラインへのショットでのポイントがあり、30-40とデルポトロにブレークポイントが来ます。, デュース1回目、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、デルポトロにブレークポイントが来ます。, デュース1回目、ロングラリーでデルポトロの見事なバックハンドのダウンザラインへのウィナーが決まり、デルポトロにブレークポイントが来ますが、デルポトロにバックハンドのミスが出ます。, デュース3回目、デルポトロのフォアハンドのパッシングショットが決まり、デルポトロにブレークポイントが来ますが、デルポトロにフォアハンドのミスが出ます。, デュース7回目、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出てデルポトロにブレークポイントが来ますが、ジョコビッチが先に攻撃を仕掛けてボレーを決めます。, 20分を超える長いゲームとなりましたが、デュース8回目でジョコビッチが何とかキープ。, デルポトロのサービス 1:デルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがミニブレーク(0-1), ジョコビッチのサービス 2:ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、デルポトロがミニブレーク(1-1) 3:デルポトロのパッシングショットが決まり、デルポトロがミニブレーク(2-1), デルポトロのサービス 4:デルポトロの強烈なフォアハンドのウィナー(3-1) 5:デルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがミニブレーク(3-2), ジョコビッチのサービス 6:ジョコビッチのフォアハンドの逆クロスへのショットからのスマッシュ(3-3) 7:デルポトロのパッシングショットがサイドアウト(3-4), デルポトロのサービス 8:ジョコビッチのバックハンドのミス(4-4) 9:デルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチがミニブレーク(4-5), ジョコビッチのサービス 10:ロングラリーでデルポトロのフォアハンドのミス(4-6:ジョコビッチのセットポイント), 11:デルポトロがフォアハンドに回り込んで決めに来たストレートへのショットに対し、ジョコビッチがフォアハンドのクロスへのカウンターショットでポイントを取り、ジョコビッチ第2セットを取ります(4-7), 第1ゲーム、30-0からデルポトロのドロップショットとジョコビッチのバックハンドのミスがあり、30-30まで行きますが、ジョコビッチがキープ。, 第4ゲーム、デルポトロが0-30から30-30とした後、ジョコビッチが先に攻撃を仕掛けてボレーを決め、30-40とジョコビッチにブレークポイントが来ますが、デルポトロがファーストサーブで凌いで、デュースへ。, デュース1回目、デルポトロの連続攻撃に対してジョコビッチがすばらしいディフェンスを見せる中、デルポトロにフォアハンドのミスが出て、ジョコビッチにブレークポイントが来ます。(今日一番のガッツポーズを見せるジョコビッチと膝に手をついてがっくりするデルポトロ), 第5ゲーム、ジョコビッチが15-30からスマッシュとドロップショットを決めて40-30とした後、ジョコビッチにバックハンドのミスが出て、デュースへ。, デュース2回目、ジョコビッチにフォアハンドのミスが出て、デルポトロにブレークポイントが来ます。, ジョコビッチのドロップショットをデルポトロがドロップショットで返してボレーを決め、デルポトロがブレークバックに成功。, 第7ゲーム、ジョコビッチのダブルフォルトなどで15-30とデルポトロがポイントを先行しますが、デルポトロのフォアハンドの連続ミスなどがあり、ジョコビッチがキープ。, 第8ゲーム、15-0からデルポトロのバックハンドのミス、フォアハンドのミス、ダブルフォルトがあり、15-40とジョコビッチにブレークポイントが来ます。, ロングラリーでデルポトロにバックハンドのミスが出て、ジョコビッチがブレークに成功。, 第9ゲーム、ジョコビッチのサービングフォーザチャンピオンシップ。 ジョコビッチのドロップショットのミス、デルポトロのバックハンドのミス、デルポトロのバックハンドのスライスのミス、ジョコビッチのバックハンドのミス、ジョコビッチのフォアハンドのウィナーがあり、40-30とジョコビッチにチャンピオンシップポイントが来ます。, ジョコビッチがフォアハンドのクロスへの鋭いショット2本でデルポトロを崩してスマッシュを決め、ジョコビッチが勝利。, デルポトロは強烈なフォアハンドを武器にすばらしい攻めを見せるなどプレーは悪くなかったですが、それ以上にジョコビッチが強すぎました。(今のデルポトロが1セットも取れないとは…), ジョコビッチは強固なディフェンスや安定したストロークだけでなく、デルポトロのファーストサーブに対するリターンの反応がすばらしく、常にデルポトロにプレッシャーをかけていました。, デルポトロとしては第2セットの第6ゲームでブレークバックをした後、デルポトロに流れが来ている中で第8ゲームをブレークできていればという試合展開でしたが、あの場面で踏み止まったジョコビッチがすばらしかったです。, ウィンブルドンに続いて全米オープンも優勝を果たしたジョコビッチですが、ウィンブルドンの準決勝でナダル、シンシナティの決勝でフェデラー、全米オープンの決勝でデルポトロに勝利をし、現在ジョコビッチを止める選手がいない状況となっています。, [スタッツ用語の補足] ・1st Serve Points Won:ファーストサーブが入った時に取得したポイント。 ・2nd Serve Points Won:セカンドサーブが入った時に取得したポイント。 ・Return Points Won:リターンゲームで取得したポイント。 ・Total Points Won:取得した全ポイント。 ・Distance Covered:走行距離。, 優勝したジョコビッチが6位から3位に上がり、今シーズン中に1位復帰を果たしそうな勢いです。, そして、ベスト4となった錦織が19位から12位に一気にランキングを上げ、10~20位台の団子状態の中から抜け出す形となりました。, 基礎ポイントについては、『 ATPランキング試算(2018年9月・全米オープン後)』をご覧ください。, また、WOWOWメンバーズオンデマンドでは、「ピックアップコートチャンネル」にてテレビで未放送の試合もライブ配信されます。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, ATPファイナルズ ・Nitto ATPファイナルズ ・Next Gen ATPファイナルズ, マスターズ1000 ・BNPパリバ・オープン ・マイアミ・オープン ・ロレックス・モンテカルロ・マスターズ ・ムチュア・マドリード・オープン ・BNLイタリア国際 ・ロジャーズ・カップ ・ウエスタン&サザン・オープン ・ロレックス上海マスターズ ・ロレックス・パリ・マスターズ, ATP500 ・ABNアムロ・ワールド・テニストーナメント ・リオ・オープン ・ドバイ・デューティフリー・テニス選手権 ・メキシコ・オープン ・バルセロナ・オープン ・ノベンティ・オープン ・フィーバーツリー選手権 ・ハンブルク・ヨーロピアン・オープン ・シティ・オープン ・楽天ジャパン・オープン ・チャイナ・オープン ・エルステ・バンク・オープン ・スイス・インドア, Novak Djokovic Surges To Third US Open Crown Equals Sampras.