Follow @rio_olympic_ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2024年の夏季オリンピックはパリで行われる. 国際オリンピック委員会(IOC)は、22日、新型コロナウイルスの感染拡大で高まる延期要請の声を受け、今年7月24日開幕の東京五輪の大会の延期を含めた具体的な検討をすることを発表した。大会中止については強く否定したが、延期の時期については未定、4週間のうちに結論を出すと報じられている。, これを受け、安倍首相も、23日、東京五輪の延期を含めて検討を始めると発表し、同日、大会組織委員会の森喜朗会長も、「延期の件は議論しないわけにはいかない」と述べた。, 問題は、延期した五輪をいつ開催するかということだ。「1カ月延ばすのか、3カ月延ばすのか、5カ月延ばすのか、シミュレーションをする必要がある」などとトボけたことを言っている森会長は、現在の感染状況からは論外であり、2021年、22年への1年あるいは2年の延期というのが、議論の中心となっている。, しかし、ヨーロッパを中心に感染拡大の勢いが止まらず、交通の途絶、外出禁止による影響から、リーマンショックを超え、世界不況への突入さえ懸念されている状況で、果たして、1、2年延期して開催するということが妥当と言えるのか。, 「社会的要請への適応」というコンプライアンスの視点から考えた場合には、東京五輪を2024年、パリ五輪を2028年に、それぞれ順延するというのが、国際社会の要請に応える、最も現実的な選択肢と言えるのではないだろうか。, 1年後にせよ、2年後にせよ、オリンピック・パラリンピック開催日程に向けて、会場の確保、必要な人員確保など関連業務を行っていくためには、凄まじい労力とコストがかかる。今年の世界経済がどのような深刻な状況になるのか先が全く見えない状況下で、日本の社会に、そのようなことにエネルギーを注いでいる余裕があるとは思えない。, また、今年夏の開催に向けて、予選突破、本番に向けてのコンディションの整備を続けてきた選手の立場に立って考えた場合にも、1年後に先送りするということは、今から、新たな設定に向けて準備をしていかなければならない。延期の原因となった新型コロナウイルス感染が拡大している状況で、1年後に向けての準備を始めることも、相当な精神的な負担になることは間違いない。, もう一つ考えなければならないのは、2024年にパリ五輪を開催する予定のフランスの状況である。2024年の開催に向けての準備は、2、3年前から開始され、施設の整備や体制整備などは、おそらく今佳境に入っているはずである。しかし、イタリア、スペインに次いでフランスでも新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、外出禁止令まで出され、経済も壊滅的打撃を受けている。おそらく、五輪開催に向けての準備はすべてストップしているはずであり、経済が深刻な打撃を受けているフランスが、五輪開催の準備をいつ再開できるのか、見通しがつかない状況であろう。, このように考えると、日本の社会にとっても、フランスの社会にとっても、そして、新型コロナウイルスによるパンデミックを乗り越えていかなければならない世界全体にとって、東京五輪を4年順延し、治療薬やワクチンが開発されて感染が克服され、国際経済の打撃から立ち直った時点から、新たな国際協調の枠組みを構築し、東京五輪を、その象徴として位置づけていくのが、最も社会の要請に応えることなのではないだろうか。, それによって、重大な影響を受ける人は多いだろう。2020年開催の五輪出場をめざして練習を重ねてきた選手達には本当に辛いことであろう。しかし、2024年への「順延」であれば、2020年五輪は「中止」ということにはなるが、東京での五輪開催自体は「中止」ではない。確実な開催に望みをつなぐということを優先すべきではないだろうか。, 我々日本社会は、2011年の東日本大震災、福島原発事故で「環境の激変」を経験した。あまりの激変に、その現実を直視できず、激変前の認識にとらわれて起こす過ちも多発した。原発に関しては、「安全神話」に支配されていた原発事故前の状況と同様の考え方で対応したために、原発事故後の社会の要請に反する不祥事が、企業でも、官公庁でも多く発生した。 2021年、2022年への延期ということが議論の中心になっているのは、パンデミック前の「環境」での認識から脱却できていないからではないか。, 「新型コロナウイルスによるパンデミック」というのは、半年前までは、多くの人が全く想定していなかった突然の出来事である。しかし、それによって、国際社会の環境が激変したというのが、残念ながら「現実」である。現在の国際社会の状況は、我々日本社会が経験した東日本大震災・福島原発事故による「環境の激変」と類似している。, 今、考えなければならないことは、パンデミック後の国際社会にとって、何が重要で、何が求められているのか、という観点から行動することであろう。パンデミックがどれだけ拡大し、それによる死者がどれだけの数に及ぶのか、感染拡大による経済封鎖が国際経済にどれだけ深刻な影響を及ぼし、それによる失業、貧困、飢えなどがどれだけ深刻な状況になるかも不明な状況で、2021年、2022年の五輪開催に向けて力を注いでいる余裕が国際社会全体にあるとは思えない。オリンピックに政治的利害を有する一部の政治家、利権に関わるIOC関係者、関連企業等にとっては、五輪の一つの大会の中止は、考えたくもないことかもしれない。しかし、「国際社会の要請に応える」という観点から、冷静に、客観的に考えた場合には、東京五輪を2024年、パリ五輪を2028年に、それぞれ順延するしか、選択肢はないのではなかろうか。, 「郷原信郎が斬る」2020年3月24日『国際社会の要請から考えれば、東京五輪2024年への順延が現実的な選択肢』より転載しました。, 選りすぐりのニュースやブログをお届けします(広告などが掲載される場合もございます) Copyright © 2020 , HuffPost Japan, Ltd. All Rights Reserved. 2028年ロサンゼルスオリンピック(2028ねんロサンゼルスオリンピック)は、2028年 7月21日から8月6日までの17日間、アメリカ合衆国のロサンゼルスで開催される予定のオリンピック競技大会。. 12月12日、2024年パリ五輪の大会組織委員会は、サーフィン競技の会場にフランス領ポリネシア・タヒチ島を選んだことを発表した。先月末、afp通信がタヒチになる可能性が濃厚と報じていたが、この度組織委が正式に発表。2020年初旬に、国際オリンピック委員会(ioc)の承認を経て実施確 … !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 御年98歳!未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させたモード界のパイオニア的存在、ピエール・カルダンの人生に初密着したドキュメンタリー映画。今も現役で活躍するレジェンドが語るのは、ファシズムが台頭する祖国イタリアから…, 「トリコロル・パリ」は今年、10周年を迎えました。 フランスに暮らし、フランスのカルチャーを愛する 私たち2人がこのサイトを立ち上げたのは2010年秋のことでした。 この10年間には、世界、フランス、日本、 そして私たち…, アメリカの大統領選挙はフランスでも大きな注目を集め、ニュース番組では少し前から毎晩のように特集を組んでその動向を見守っています。そのときによく言われるのが「アメリカの大統領選挙の仕組みはとにかくややこしい!」ということ。…, パリのエイチ・アイ・エスの大人気企画であるオンライン観光、今回はボルドーから最新のワインセミナーが催されます。「ライブ配信:★世界で活躍する日本人★オンライン・ボルドーワインセミナー」は2020年12月11日(金)日本時…, パリのエイチ・アイ・エスの「ライブ配信:自転車で行くパリ観光ツアー」第3回目が10月23日(金)に開催されます!フランス人の政府公認ガイドが、自転車に乗って観光名所を日本語でガイドしてくれるオンラインのバーチャルツアー。…, |FRANÇAIS| couvre-feu クーヴる フー |JAPONAIS| 夜間外出禁止令 |EXEMPLE|  Le couvre-feu sera instauré à parti…, 10月3日土曜の夜から翌4日の日曜にかけてパリで行われた白夜イベント、ニュイ・ブランシュ(Nuit Blanche)を撮影した動画を、パリ市がアップしてくれたので、さっそくお知らせです。今年はコロナの感染対策必須というハ…, ファッションブランド「KENZO ケンゾー」の創業者である高田賢三さんが、パリ郊外の病院で10月4日、新型コロナウイルスの感染によって亡くなりました。81歳でした。 1939年生まれ。1960年文化服装学院在学…, 〈読者プレゼント〉オンラインでボルドーワインセミナー By HIS:2020年12月11日(金), 〈読者プレゼントあり!〉オンラインでお手軽パリ観光 By HIS:2020年10月23日(金), 100%植物由来の素材を使ったグルメなパン&ケーキ〈Land & Monkeys〉, 『パリの紙 100枚レターブック Season Paper Collection』, NHK BSプレミアム『2度目のパリ〜ちょっとディープな海外旅行〜』路線バス黄金ルート編, 地球の歩き方MOOK「パリ ランキング&マル得テクニック!」 2018~19年版が発売!, 「オー・シャンゼリゼ」をフランス語で歌おう!〈シャンゼリゼ・チャレンジ Part 1〉.

・スタークラフト2 2020年東京オリンピックが近づいてきて日本中が盛り上がりを見せていますが、さらに次の2024年はどこが開催地かご存じですか?, 2024年オリンピック開催地はどこなのか、あらそった最終候補地や新種目にeスポーツなんて話もあるのでお伝えしていきます。. ・ハースストーン 国際社会の要請から考えれば、東京五輪2024年への順延が現実的な選択肢 2020年夏開催の東京オリンピックの延期が決定。 ・リーグ・オブ・レジェンド Your email address will not be published. iocは2024年と2028年のオリンピックの開催都市をロサンゼルスとパリに同時決定する案を承認した。ただし開催順は未定。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 映画『鬼滅の刃』国内の歴代興行収入5位に。公開24日で『ハリポタ』1作目超える【ランキング一覧】, カマラ・ハリス氏はなぜ勝利演説で白いパンツスーツを着たのか。初の女性副大統領誕生へ, パジャマで路上をダッシュ。バイデン大統領誕生に、ジェニファー・ローレンスが「イエーーーイ!!!」と大歓喜(動画). [CDATA[ ・クラッシュ・ロワイヤル

IOCは2024年と2028年のオリンピックの開催都市をロサンゼルスとパリに同時決定する案を承認した。ただし開催順は未定。, TM © Olympic Channel Services S.L. ・アリーナ・オブ・ヴァラー, オリンピックでウイニングイレブンが行われるとか不思議な感覚になりますが、いつの間にか常識になっていくんでしょうね。, 学校の部活や将来の夢のなかにもプロeスポーツ選手が出てきて、ゲームばっかりやってないの!って注意できなくなっちゃうのではないだろうか・・・。, 2024年の夏季オリンピックはフランスのパリにおいて2024年7月26日(金)~2024年8月11日(日)の日程で開催されます。, まずはパリが安全になってくれることを願いつつ、eスポーツの動向にも注目しておきたいですね。. [CDATA[ // ]]>, 2024年開催のオリンピックと、同年に開催予定のイベント・出来事について調べてみました。, 2020年東京オリンピックに続く、2024年のオリンピックはパリオリンピックです。開催期間は2024年(令和6年)7月26日から8月11日まで。, 2015年には多数の都市が立候補を検討していましたが、やはり莫大な開催費用がかかることなどを理由に断念する都市が続出し、結果としてパリとロサンゼルスが残り、最終的に2017年に、2024年開催地をパリとすることが決まりました。, ウィキペディアによりますと、実施競技は、2016年・2020年(追加種目除く)と同じ28競技の実施が決まっており、追加種目としては、スポーツクライミング、サーフィン、スケートボード、ブレイキンのみが現在候補として挙がっているということです。, ・新紙幣の利用開始(一万円札は渋沢栄一、五千円札は津田梅子、千円札は北里柴三郎。2024年度前半予定), 一つは2018年の自民党の政策提言にも記載された「2024年には歴史上初めて50歳以上の人口が5割を超える国となる」という超高齢化における問題。, もう一つ、2024年にはNTT東日本・西日本の固定電話の交換網がすべてIP網へ切り替わるという通信における問題もあります。, 2028年開催のオリンピックと、同年に開催予定のイベント・出来事について調べてみました。, 2024パリオリンピックの次に続く、2028年のオリンピックはロサンゼルスオリンピックです。, ロサンゼルスでのオリンピックは、1984年大会以来3度目、アメリカでの夏季オリンピックの開催は5度目です。, 2028年ロサンゼルスオリンピックの開催は、2017年IOC総会にて、2024年パリオリンピック開催と同時決定しました。, ロサンゼルスは当初2024年のオリンピック開催地として立候補をしておりましたが、結果として、2024年をパリに譲り、2028年開催地での決定に至ったということです。, 前の項目にも書かせて頂きましたとおり、主に開催費用の問題で大都市しか引受先が無くなってしまっている現状のなか、ロサンゼルスは1984年大会で少ない費用で大成功を収めた実績もあり、今回の同時決定に至ったと想定されます。, 2028年に予定されているイベントにつきましては、確実な情報を見つけることができませんでした。申し訳ございません。, ・イーロンマスクCEOが火星基地アルファの完成は2028年ごろとツイートしています, Mars Base Alpha pic.twitter.com/O1llQp8rFY, また、「2028年問題」として、2024年問題より更に高齢化が進み、人口に占める75歳以上の後期高齢者の割合が60%に達する と予測されています。, 以上、2024年と2028年のオリンピックと、予測される出来事について調べさせていただきました。, 現状大都市でしか開催が難しくなっているオリンピックですが、今後継続していくためにも、まずは、2020年東京五輪の成功、そして、2028年ロサンゼルスオリンピックまでに開催費用を削減していくことが求められます。, また、未来のことを調べれば調べるほど、AIやVR、そして通信技術の進化が間違いなく起こるものと実感できますが、オリンピックの楽しみ方も今後大会ごとに変わってくるかもしれません。, きっと2028年くらいには、本当にスタジアムにいるかのような臨場感を自宅にいながら感じられるようになるのではないでしょうか。, 今後また未来のオリンピックについても何か情報が入りましたら、掲載させていただきます。.

「2024パリ、2028ロス・同時決定の意味するもの」(時論公論) 2017年09月14日 (木) 刈屋 富士雄 解説委員 2024パリオリンピックの次に続く、2028年のオリンピックはロサンゼルスオリンピックです。 開催期間は2028年(令和10年)7月21日から8月6日まで。 ロサンゼルスでのオリンピックは、1984年大会以来3度目、アメリカでの夏季オリンピックの開催は5度目です。