%PDF-1.6 %���� ��8��BSa&ˊ�). 0000001976 00000 n 0000001813 00000 n xref 74 26 0000018808 00000 n 1992年11月24日、アメリカ海軍がスービック基地から撤退した。, アメリカとフィリピンには米比相互防衛条約があるものの米比関係は冷え込んでいた。 0000011154 00000 n 0000001599 00000 n 0000007191 00000 n 0000010689 00000 n 0000008180 00000 n 0000000016 00000 n (1)オバマ政権の外交・安全保障政策の特色と重点 米国の外交・安全保障政策には国際環境と政権の優先課題が大きく反映している。ブッ シュ前政権の安全保障政策は、9・11 同時多発テロの後遺症を引きずっていたこともあり、 0000000816 00000 n 0000006377 00000 n endstream 0000001706 00000 n 0000004749 00000 n 0000007774 00000 n 0000015298 00000 n 0000013604 00000 n 0000013130 00000 n endobj 外交政策では2011年のイラク撤退後の ISIL の増長に対応してイラクへの軍事介入を命じ、2016年のアフガニスタンでのアメリカ軍の戦闘活動を終了させるプロセスを継続し、2015年の地球温暖化に関する パリ協定 につながる議論を推進し、ロシアの ウクライナ侵攻 と 2016年アメリカ合衆国大統領選挙でのロシア連邦の干渉 後に再びロシアへの経済制裁を開始し、 イランの核開発問題 を仲介し、 アメリカ … ※本稿は、横江公美『隠れトランプのアメリカ コロナ感染から奇跡のカムバックでトランプが勝つ⁉』(扶桑社)の一部を再編集したものです。, バイデン政権がどんな政策を行うかを知るには、進歩系シンクタンクのアメリカ先端政策研究所にアプローチするのが一番早い。オバマ政権の政策理論を支えたシンクタンクである。, 外交政策のトップには興味深い調査リポートが掲載されている。そのタイトルは「アメリカの漂流:アメリカ人が望んでいる外交政策」だ。この調査リポートでは、明確に「冷戦時代とポスト冷戦時代を背景にした今の外交政策は時代にそぐわない」と結論づけている。, 民主党系として有名なシンクタンクの調査は民主党寄りの報告を行うのが一般的だ。メディアでも同じだが、CNNは民主党に甘く、FOXは共和党に甘い。にもかかわらず、上記リポートでは外交政策に対する調査回答者のスコアをもとに、「トランプ・ナショナリスト」(共和党系)が33%、「グローバル活動家」(民主党系)28%、「外交政策からの離脱」21%、「従来型の外交政策」18%とセグメントしている。, 「外交政策の離脱」は無所属に多く、「従来型」はベビーブーム世代に支持者が多く共和党と民主党の両党に跨がっている。驚くべきは共和党を支持するトランプ・ナショナリストの多さと、「外交政策の離脱」を唱える人の多さだろう。, 最も多くのアメリカ人が外交政策を通じて求めているのは「アメリカの国土がテロに狙われないこと」で、次いで「アメリカの民主主義を守ること」と報告している。3番目が「アメリカの雇用を守ること」で、4番目は「アメリカ企業の製品が市場で売れること」、5番目にようやくバイデンの外交政策につながる「国家間の協力」が入る。ただし、その目的は気候変動、貧困、病気というグローバルな問題の解決だ。, 6番目に「人権問題への対処」が入り、7番目が「国境の強化」、8番目が冷戦とポスト冷戦時代の旗印であった「民主主義を伝える」という順だ。トップ7は、ポスト冷戦時代の概念がすでにアメリカの多数の人から失われていることを示している。, 党派別に見ると、7位の国境強化が共和党系の間で2番目に関心が高く、民主党支持者の間では5番目の気候変動や貧困のための国際協力と6番目の人権問題への対処への関心が高い。トランプとバイデンの外交政策そのままの結果である。, さらに細かく見ていくと、民主党系の多くがロシアを脅威と感じていることが記されている。ロシアを脅威と感じているのは全体では27%にすぎないが、民主党系に限ると41%にもなるのだ。民主党系がロシア以上に関心を寄せているのは、気候変動と同盟間の協力である。, 核の脅威については、共和党系は4割近くが問題だと回答しているが、民主党系は2割超える程度だ。無所属は民主党系よりも少ないが同様に2割を超える程度である。, © 2008-2020 PRESIDENT Inc. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 2020年10月25日の日曜礼拝で、孫娘のナタリー・バイデンと一緒に歩く民主党大統領候補のジョー・バイデン。ウィルミントン、デラウェア州にて, 「Google出身で資産は100億円」ビジネス系YouTuberはなぜウソをつき続けられたのか, 「ハンバーガー1個1060円」シェイクシャックが強気の50円値上げに踏み切れるワケ, 「今すぐ10万円損」と「50%の確率で損しないが、50%の確率で今すぐ20万円損」どちらが賢い選択か, [男を語る腕時計] ものづくりに一家言ある男ならA.ランゲ&ゾーネのアニバーサリー限定モデルを. 0000011081 00000 n 0000004218 00000 n startxref 0000007011 00000 n オバマ新政権と米国の外交政策 外交防衛委員会調査室 客員調査員 川上 かわかみ 高司 たかし (拓殖大学海外事情研究所教授) 1.はじめに 2009年1月20日に第44代大統領に就任したオバマ大統領は、執務初日からロビイング 0000005251 00000 n 0000002409 00000 n 0000001470 00000 n xref <]>> 74 0 obj <> endobj 外交が得意というジョー・バイデンだったが中国に何もできず、バラク・オバマ大統領を補佐することはなかった。 ジョー・バイデンはソ連にも甘かった。中国にも甘く、敵国に甘いことが話の分かる外交通だと勘違いし続けた。 0000001189 00000 n 0000009559 00000 n 0000019057 00000 n x�b```� �|���ea�X 9��31� ��(z�Qx��A>��r_�nެ�9s�N�:���t��ʷ�:^^���w�\�D��@�ķ��A���I�ݼ�M�ķsS7��o+Y�bd���e4Po�K�ĽK`����N`` K��h`��``R1�L ��d�F@%�W��d`�*��z$?�C1�/s����LJ�< 0000009022 00000 n 48 0 obj 49 0 obj 1988年3月、南沙諸島ジョンソン・サウス礁/赤爪礁で中国人民解放軍海軍とベトナム海軍が交戦する。, ベトナム海軍のポルノクニイB級揚陸艦1隻が中国人民解放軍海軍の攻撃を受けて沈没、60人以上が死亡した。, ベトナムが圧倒的な戦力を誇る中国に降伏し、中国はジョンソン・サウス礁/赤爪礁占領に成功した。, 1991年11月26日、アメリカ空軍がフィリピンのクラーク基地から撤退した。 0000311606 00000 n 多くの批評家は、アメリカの外交政策は国のリーダーシップの変化にもかかわらず変わらないと述べている。しかし、異なる大統領によって採択された外交政策は様々な点で異 … バイデン大統領が誕生したら、日本にはどんな影響が出るのか 外交政策は大転換を余儀なくされる PRESIDENT Online 横江 公美 政治アナリスト trailer <<1756491EA092FE3BCE4BF21E3ABEEC5A>]/Encrypt 49 0 R>> q}C�:�9�>�}����۲a�+ k�@��Ng�;�}6�Pb�Yg5E9V�o�aP� 0000014680 00000 n 0000008451 00000 n 1995年1月、中国はフィリピン漁民を排除して南沙諸島に存在するフィリピン実効支配地域ミスチーフ礁/美済礁を占領、軍事施設建造する。, 中国は1974年1月に、ベトナム戦争において疲弊している南ベトナムを攻撃し、西沙諸島(パラセル諸島)の南ベトナム実効支配地域を武力奪取し、ナトゥナ諸島では中国とマレーシアの係争があった。, 中国は1992年に制定した領海法で尖閣諸島、南沙諸島、西沙諸島、中沙諸島を人民解放軍により武力奪取すると明言したが、実行に移している。, ミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)を実効支配した中国。, 中国はアメリカのバラク・オバマ大統領に、埋め立て一方的に領土化宣言した暗礁・低潮高地を軍事基地化しないと明言。, しかし中国は埋め立てたミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)に、滑走路と航空基地、港湾、潜水艦基地を建設し、戦闘機、爆撃機など軍用機と地対空ミサイル、地対艦ミサイルを配備する。, 埋め立て領土化すること自体が問題なのに、何も言わず何もできずそれを許すバラク・オバマ大統領。, さらに軍事基地化され、恥をかかされても何も言わなかった何もできなかったバラク・オバマ大統領。, バラク・オバマ大統領は航行の自由作戦と称し、アメリカ海軍の駆逐艦を埋め立て軍事基地化したミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)に派遣することにする。, しかしバラク・オバマ大統領はアメリカ海軍の駆逐艦に、ミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)から12カイリ以内に入ることを禁じる。, ミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)は中国の領土ではないので領海も存在せず、領海12カイリは関係がない。, バラク・オバマ大統領はミスチーフ礁(美済礁)、ジョンソン・サウス礁(赤爪礁)、ヒューズ礁(東門礁)、スビ礁(渚碧礁)、クアルテロン礁(華陽礁)、ファイアリー・クロス礁(永暑礁)、ガベン礁(南薫礁)を中国の領土であると事実上認めてしまった。, バラク・オバマ大統領に何も言えず何もせず、ただ存在するだけだったジョー・バイデン副大統領。, 国家安全保障に信念がなく、外交政策と軍事政策が苦手なバラク・オバマ大統領を補佐するということで副大統領になった自称・外交が得意なジョー・バイデン。, 外交が得意というジョー・バイデンだったが中国に何もできず、バラク・オバマ大統領を補佐することはなかった。, ジョー・バイデンはソ連にも甘かった。中国にも甘く、敵国に甘いことが話の分かる外交通だと勘違いし続けた。, ジョー・バイデンは大統領になるのだったら今までの失敗を反省し、いちからやり直してほしい。, 当サイトの無断転載、複写は禁止します。