助け助けられるのを描くのはバランスがいいね, 自衛隊が 政府専用機や輸送機を飛ばせばいい話なんだけど、80年代は “元祖 山ガール” 土井たか子なんかがブイブイ言わせてた時代wwW, 日本人を助けない政治家になんか権力持たせちゃいけないって教訓だなー。   海外渡航・滞在 申請・手続き トップページ > 外務省について > 組織案内・所在地 > 外交史料館 > 特別展示「日本とトルコ―国交樹立90年―」 > I エルトゥールル号遭難事件 ―日本・トルコ交流のはじまり― せめて外国人だからとか自国民だからとか、今はそこを抜きにして 結局破綻して税金を注ぎ込ませたんだから、税金でタクシーに乗ってたも同じ。 と怒る群衆に語りかけるトルコ大使館のムラト。 やがてトルコ人達は村人に感謝をしながら国へと帰っていった。   前半のエルトゥールル号の遭難から始まって、トルコ人と村人達の交流をしっかり描いてからの後半。 何もできなかった当時の日本政府含めて。, 当時、自衛隊派兵できれば、スムーズに救助できたのにね。   イラク・イラクの救援機のことは日本人にも知ってほしいね。 海外の反応まとめblogアンテナ   まだ予告編観ただけですけど、ただ祖先がしてきた行動に感動して涙するだけでなく、私自身も日本人として海外で誇れる生き方をしようと改めて決意させてもらいました。

    負傷者を看護する一方で、村人たちは海から漂着物を引き上げて綺麗に磨き上げ、遺留品を遺族に返すために尽力し、これら遺留品は外務省を通じ、遺族達に届けられた。 アメリカに至っては・・語るまでもないですね。   少しお涙頂戴に演出しているものの ヌルポあんてな 英語がメチャクチャ流暢だったのでビックリして調べたら、オーストラリア出身の女優さんなんですね。どおりで。   まず「海難1890」に対する海外の反応ですけど、日本人の方が期待するほど、海外の人達は興味ないです。 ずっと協力していけるといいな, ああ、エルトゥール号のエピソードだけやるんじゃないんだ 理由で労組が強硬に反対したからダメになったんだよな。 トルコでは学校の授業で教えるくらい後世に伝えられて あとこの映画、キャストが素晴らしく良かったです。 海外の反応ブログアンテナ 結局外国人が避難し終わり政変も下火になった頃、やっと空自の輸送機がタイの空軍基地に到着した。, 当時は自衛隊の海外派遣にはブサヨ野党どもの反対が根強く、 海外の反応の無さ、寂しいっちゃ寂しいけど、これは仕方ない事なんですよね。 にゅーもふ 予告編動画 全国の先生に道徳を伝えることが使命です。.

国同士でこんな奇跡を体験した国はほとんどないと思う。, 改善ていうサウジアラビアの番組のおかげで 大学卒業→小規模校5年→中規模校7年→大規模校1年目。13年経験しても、道徳って難しいなと日々感じています。 帰国途中の親善訪日使節団を乗せた軍艦「エルトゥールル号」が、和歌山県・紀伊大島樫野(現:串本町)で台風に遭遇。 ANAはさっさとCAの個別タクシー通勤を止めて、乗り合わせさせたりしていたのに   そんな「当たり前」の事も果たせないで他国の恩義に甘えて国民を救って貰った日本は一片の疑いもない五流国家だ。加えて日本の政治家共は大した鉄面皮と見える。恥という言葉は官僚教育には無いらしい。, 世界から見たニッポンはこんなにカッコイイ! Copyright (C) 2020 【海外の反応】タメナル All Rights Reserved. 1999年にトルコ北西部で大地震が起きると、日本は緊急援助隊を派遣。

イザという時に昔日の恩を忘れず、その義に報いるトルコ人を日本人は敬愛してる。, トルコのすごいところは、これと対照的なイギリスが絡んだ海難事故ノルマントン号事件を見るとよくわかる。 当時、日本と日本人が黄色人種ということでどれほど差.別されていたか。ぜひウィキペディアでもいいから概要を見てみてほしい。, 何しろスポンサーが凄い。丸紅、電通、トヨタ。 その釈放された赤軍が各国で外国人を何十人も殺して回ってた, 早く普通の軍隊にしないと、何かあった時いつも後手後手になる。トルコには、イランの件恩返ししなければ。, トルコはイスラムの盟主のひとつ。     海外の反応まとめアンテナ   イスラム圏にカイゼンという言葉が知れてるようだし、 1890年9月。 海外でも話題に! 海外の反応。 海外反応! i love japan 海外「しょうゆ味!?」あらゆる種類が揃う日本の食事環境に豪州人がびっくり仰天 どんぐりこ - 海外の反応 日本のアニメ「くまみこ」最終回が酷すぎて炎上! 作者も静かにキレる! 海外の名無しさんを翻訳しました     そりゃ労働者の権利は守られるべきだけど、明後日の方向に組合が「強い」のもどうかと思った。 日本とトルコ、9000km離れた2つの国の感動の実話「海難1890」 描かれていたら問題だし、イラクのフセインが生きている内は作らなかったように 出典:「www.istanbulajansi.com」   ワロタあんてな 海外の反応あんてな   国によって結構この大災害への反応は違ってて、アメリカ人は殆どの人が知っていましたが、ヨーロッパ人は知らない人が多かったです。 危険なフライトにも関わらず、トルコ航空のパイロット達は全員が操縦を志願した。 「道徳がオモロイ!」をテーマに、授業づくりについて発信。 翻訳ブログあんてな   先日のパリでのテロや、アメリカの9.11の様に実際に自分がリアルタイムで観た映像ならまだしも、そうでない歴史の中の一片となると、そこまで興味持つ人多くないですよね。       あの時、あの危険の中、日本人を助けてくれる国があったなんて。 村人の若者が叫んだセリフ   例え歴史を知っている方でも、映像で見るともっと心に刺さるものがあるんじゃないかと思います。 でも結局これだって、外国人から「だって自分の国の事じゃないもの」と言われちゃえば、それまでなんですけどね。

2011年の東日本大震災に至っては、トルコからの救助隊は3週間もの長い間救助にあたってくれました。 確かに海難事故のエピソードをここで出すというのは、見方によっては「恩の押し売り」みたいに感じる人もいるでしょうけど、私がこの映画の監督でベタベタの大衆狙いで作品を作るなら、間違いなくここにエルトゥールル号のエピソードを入れます。  

別の脅威から世界を守る為に協力し合えたら・・・と口でいうのは簡単だって分かってるんですけどね。   日本人であれば、1度は観ておいてほしいと思う映画でした。       タクシーの運転手さんが言ってたんだけど、バブル崩壊後、景気が悪くなった時に   奇跡のようなエピソード。   駐在イラン日本大使の野村豊、伊藤忠商事の森永堯という2人の日本人がイランとイラクで日本人救出のために奔走していた。 この映画は前半だけでも十分1作品になるくらに、とにかく丁寧に濃く描かれてます。 その間に企業の駐在や大使館の連中は他国の軍用機で真っ先に逃げちまって、   それはどの実話ベースの映画も同じです。 12月5日公開。 出典:「www.kainan1890.jp」   国際的影響力のあるサウジ、昔から大きな版図(はんと)を構えたエジプトと並ぶ歴史的な大国だよ。 あえて海難事故のエピソードを出さずに、抑えたストーリーにしたのは、かえって良かったんだと映画館出てから思いました。   その事件の中に日本人が居た!という場合は多くの人が興味持つと思いますが、そうでない場合、興味ない人多いと思うんです。 以下、外国人の反応まとめ. あえて前半と後半で同じ役者が演じているのも凄くよかったです。 自分だけが生き残ったという罪悪感にさいなまされるトルコ人を村の人々は温かく見守り、トルコ人と村人たちの間には固い絆が芽生えていく。   いろんな面であの国と仲良くしておく価値はあるだろうし。, 一体どこにプロパガンダを感じるのか俺にはさっぱりわからん   地政学的な生き方を否定するつもりはない, トレーラーだけでもいい感じだね。 映画の予告編観て感激してくれたトルコ人の方や、外国人の方がメッセージ書きこんでくれたりしてる事はありますが、そこまで大々的に興味持たれてる、という感じではないです。   また、トルコの首都イスタンブールにある巨大な橋と海底トンネルは、日本の技術支援により建築されたそうです。   日本人は白人にこそ憧れの目でみるものの、アジア諸国に対しては中々きついですし、     アンテナバンク 日本の行動とトルコの行動では重さが違う。 アナグロあんてな 船員600名以上が海に投げ出され、沈没した船は500名以上の死者を出した。 「遠い昔。我々の祖先が絶望に陥っていた時に異国の地で救われた。」 まあこの映画、安倍政権の協力(?)の元で作られたそうですし、トルコとも共同制作なので、そういった政治事情的な裏側もあったのかもしれませんが・・・。 でも、今回の作品は同じ実話ベースの映画でも、まったく格別なんです。 彼が群衆に訴えたのは、 ところがムラトは海難事故の話は一切出しません。

  あと、なんか近年隣国のアジア諸国から都合よく敵対視されるわ、銃大国から金魚のふんみたいにいわれてるわ、日本という国の誇りや自信がどんどん薄れていってる気がします。 エルトゥールルだと恩着せがましいし。, 20年近く前にもカンボジアで第1・第2首相派の武力衝突があった時も、       とか抜かして捕らえていた赤軍を何人も釈放 残された日本人観光客はタイ空軍の輸送機に乗せてもらってカンボジアを脱出する始末。 2011年の東日本大震災と同じ年、トルコ東部でも大地震が起きました。 事実を事実として描いただけなんだが, ※2   イラン・イラク戦争から5年経っていたこの日。 この出来事は、やがて忘れられていく。 映画の構想自体は何年か前から聞いていた。しかし政府(自民党)が後押しするとは思わなかった, 県民の友(和歌山県の広報誌)にも政府がバックアップしたと記載されている。だから半分はプロパガンダっぽく見える。しかも県内の小中高生に全編鑑賞させるとか, エルドアン大統領はクルドへの空爆やネット規制まで乗り出す。安倍政権はそんな彼と映画作りをしていいのか。私的な映画ならともかく、国が関与するのはどうなのか, 日露戦争の日本海海戦に勝ったおかげでロシアのトルコ侵略が中止になったとか   日本語を向こうから喋ってくる怪しい客引き以外は、男女問わず本当にいい人ばっかりで、いい思い出しかないわ。, でも今物騒だからどうしても行くとなると気が引けるんだよなあ…早く平和になってほしいもんだ。, まぁトルコの皆様の勇気の行動は勿論有難い事なんだけどそれ以上に日本という国家の無能さに腹が立つ。, 国民は国家の財産であり、国家はこれを最大限守る義務がある。   そんな中、トルコ大使館職員ムラトは群衆たちの前で語りかける。 ニュース速報まとめ桜 2chまとめのまとめアンテナ   自分を犠牲にして他国人を助けた訳だから, でもなあ~トルコって兄弟やら親友とかあっちこっちの国に言ってるような…まあいいけど。, 大昔の恩を忘れずに救援機を出してくれるなんてほんとうに立派な国だ

世界中各国が自国民を助けるために救援機を飛ばす中、自国機の乗り入れがなかった日本は救援機を飛ばせなかった。 700時間以上の道徳授業・講演。   やっぱ法改正は必要だと思うわ, 遠い昔に海難事故を助けたからといって、 という話で、後はトルコ国民の善意の心によって日本人は救われた、という流れで描かれています。 自分達の分を他国人に回して自分達は自力で脱出とか並大抵じゃないよ