そして、安保の問題から自衛隊機は「海外派兵に繋がる」という理由から飛ぶことが出来ず、テヘランに居る日本人は行き場を無くしました。。。, それは何故かと言うと、各国のコマーシャル便は全てキャンセルになり、自国の国民を運ぶための緊急便になったためです。 9月15日 エルトゥールル号、横浜を出航 友好国トルコ http://www.youtube.com/watch?v=WOY2BcsmdpQ, メールアドレス: 10月5日 エルトゥールル号の生存者をトルコに送還すべく、軍艦「比叡」「金剛」品川を出航。 「分かった!やってみよう!!」 ・ブログ管理人 決死のフライトに駐日トルコ大使は 「エルトゥールル号の借りを返しただけです」 と述べています。ちなみにこのとき、テヘランに取り残されたトルコ人がいます。日本人を優先させたのです。それについて非難するトルコ人は一人もいません (アメリカ生まれのトルコ人でも知っていました), 一番上の動画にもありますが、イランイラク戦争当時の1985年3月19日、現地に住む日本人を救助したのはトルコ政府でした。 直行便トルコ航空指定!, 観光庁長官登録旅行業第1997号日本旅行業協会(JATA) 正会員JATAボンド保証会員, 「エルトゥールル号遭難事件」とはどのような事件だったのか、その後の歴史にも触れながら、現代に続く日本との友好関係について解説, この当時フランスに滞在中だった岩倉使節団が、立会裁判諸制度の視察にイスタンブールを訪問したのが最初の交流, 犠牲者を弔うために建てられた慰霊碑の前で、今でも5年ごとに追悼式典を行っています。, 若い層を中心に「エルトゥールル号遭難事件」についてよく知らないトルコの人でも、親日感情を持つ人は少なくありません。, 大学の同期である田中光敏監督(代表作:『精霊流し』『サクラサク』など)へ手紙を送り、映画製作が実現。, 32名の救助隊に18.5トンの飲料水、さらに豆やツナなどの缶詰が約6万8800個、そして約5000枚の毛布, 義援金として1,600万リラと、ニューヨークのトルココミュニティから3万ドルも寄付, 春休みとゴールデンウィーク期間を除いた3〜6月中旬は航空券の料金が下がりやすい傾向, 全シートにテレビが搭載されていることで、10時間以上に及ぶ長時間の移動を快適にしてくれる, 足元から座席まで198cmのフルフラットな空間を実現し、横になったままの移動が可能. ↓↓↓, 「エルトゥールル号を通じた、トルコと日本の国際交流」を、個人的に開催しているのです。 決死のフライトに駐日トルコ大使は、「エルトゥールル号の借りを返しただけです」と述べています。 「エルトゥールル号の事故に際して、日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。私も小学生の そこで、JAL側は下記のような返答をしました。, 「イランイラクの両国から安全の保証を取り付けてくれ。そうでなくては飛ぶことは出来ない」, それにより、JALは飛びませんでした。 大阪オヤジのつぶやき 元統一教信者のブログ。日本の繁栄が世界を救う。日本は和の国。和とは主体性を堅持しながら他と協調すること。戦後の捏造歴史を正し日本人としての誇りを取り戻したいと思います。 観光庁長官登録旅行業第1997号 日本旅行業協会(JATA) 正会員JATAボンド保証会員, 『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』 インターネットでは拾えない、門田さんの著書を是非とも手にとって見てください。, 日本人は、他の国との関わりに関して無知な所があります。 そして当時、日本政府は色々な事情があり、救出が出来ませんでした。, 1980年9月 9日 イラン・イラク戦争勃発 「私たちはエルトゥールル号の借りを返しただけです」 他国の人々は次々と救出される中、216名の日本人だけがテヘラン空港に取り残されます。タイムリミットが近づく中、1機の救援機がテヘラン空港に着陸しました。それはトルコ航空でし そこで、トルコからめちゃ離れているのに日本という国が和歌山県で助けてくれたと知った」, 「自分は海外に行くなら日本と思っていた。父には海外に行くことは反対された。が、どこに行くのかと聞かれ、日本と言ったらすぐOKが出た」, 「イメージが良いのは、日本に対する感謝と尊敬。自動車メーカー、電気製品、ほとんど日本じゃないですか」, 「トルコはサッカーがすごく好きだが、日本でのW杯の時(2002年)、日本とあたった。その時、もちろん勝ちたいが、でもどっかで敗れるんだったら日本に負けても仕方ないと。トルコ人の友だちとみんなで四ツ橋(大阪市西区)のトルコ料理店で『どっち応援する?』と。もちろんトルコだが、でも負けてもいいかと。違う国に負けるよりは悔しくない。在日トルコ人だけでなく、トルコに住んでいるトルコ人もそういう考え方の人が多い」, また地政学的にも、長きに渡りロシアと戦ってきたトルコは、日露戦争により日本がロシアに勝った事で更なる親近感を覚えたと言います。, ※今回の記事は、この本から大部分を抜粋させて頂きました。 今年2016年は、在米トルコ大使館に直接メールを送り、ワシントンDC内にあるトルコレストランのリストを送ってもらいました。 明治23年(1890年)9月16日深夜、紀伊半島の先端の港町・串本や、その東に浮かぶ大島付近には午後4時半に暴風警報が出され、風雨は暗闇が迫ると共に強さを増していきました。大島の東の端に立つ樫野埼灯台の宿直室に突然、全身ずぶ濡れの大男が倒れこむように入ってきました。全裸で血を流し、明らかに日本人ではないその大男を見て、宿直員は、これは海難事故だと直感しました。, 主任の瀧澤正浄が日本語でいくら問いかけても通じません。万国信号ブックを取り出して見せると、男は震える指先で赤地に三日月と星を染め抜いた旗を指差した。, この時、樫野の村民もがけからよじ登ったトルコ人に出会い、遭難現場を確認し、村へ知らせ、大騒ぎとなり生存者の救助を行います。 遭難した船はトルコの軍艦エルトゥールル号。横浜から神戸に向かう途中に台風に遭い、岩礁にぶつかり船は沈没しました。乗員650名。生存者69名のうち58名が負傷、うち38名は重傷という大惨事でした。 大島島民あげての看護と治療がはじまります。この事件は9月19日には新聞の号外で報じられ、20日にはドイツの軍艦ウォルフ号が支援に大島に駆けつけます。生存者はウォルフ号に乗せられ、神戸へ移送されます。翌日、天皇陛下の意向をうけて日本の軍艦八重山が大島に到着しますが、一日違いでウォルフ号が出ていっていました。しかし、八重山乗組員と島民とで埋葬式を行いました。, エルトゥールル号の乗組員は神戸で順調に回復し、10月11日、軍艦比叡と金剛に分譲し、イスタンプールへ向かいます。12月17日にはエジプトのポートサイドに到着。しかし、ダーダネルス海峡はオスマントルコ帝国の船しか通過できないため海峡手前のユクリで乗組員を下船します。 ところがその直後にトルコ皇帝からダーダネルス海峡の通過許可がおり、イスタンプールへの上陸の許可がおります。比叡と金剛はイスタンプールへ入港、皇帝に謁見し、天皇陛下の親書を贈呈します。イスタンプールの滞在は40日滞在し、明治24年5月10日に日本に帰港します。このとき比叡に「坂の上の雲」でおなじみの秋山真之が乗船しています。, このエルトゥールル号の遭難は日本全国で義援金が集められ、遺族に送られています。そして民間レベルでの交流が活発になります。日露戦争のとき、トルコはロシア黒海艦隊の邪魔をして日本を助け、日本連合艦隊がバルチック艦隊を破ったときには熱狂し、この年に生まれた子供に「トーゴー」や「ノギ」という名前をつける人が多くいました。, 昭和60年(1985年)3月のフセインの無差別撃墜予告にイランに取り残された日本人をトルコ政府がトルコ航空を使って救出してくれたのは良く知られています。決死のフライトに駐日トルコ大使は「エルトゥールル号の借りを返しただけです」と述べています。ちなみにこのとき、テヘランに取り残されたトルコ人がいます。日本人を優先させたのです。それについて非難するトルコ人は一人もいませんでした。(トルコ人は車でなんとか脱出), 平成20年(2008年)、「エルトゥールル号が結んだ日本とトルコの友情」をテーマにシンポジウムが開催されました。トルコのセルメット・アタジャンル大使は、日本でエルトゥールル号のエピソードを教科書で紹介するという試みに対し「非常に誇りに思い、嬉しく思っている」とスピーチしています。, 参考文献 竹書房「世界が愛した日本」四條たか子(著) オークラ出版「世界に愛された日本」『エルトゥールル号遭難とイラン・イラク戦争』藤岡信勝 文春文庫「坂の上の雲(一)」司馬遼太郎(著).