それに比べて、前走がG1もしくはG2以外だった馬は、連対率1.6%、3着内率3.2%とほとんど馬券に絡めていません。 5歳以上の馬については、連対率6.5%、3着内率7.8%とあまり良い結果とは言えません。 Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 前走がG1もしくはG2以外だった馬については、ほとんど馬券に絡めていません。 「クロノジェネシス」は2歳時にG1の阪神JFで2着となり、牝馬クラシック路線での活躍が期待されていました。 2019年エリザベス女王杯の特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と狙い目を紹介しました。 まずは距離データとしては、 2000m以上を走れるスタミナがある馬。 エリザベス女王杯は、牝馬交流重賞の中では最長距離となります。 さらには、秋の開催の阪神芝で行われるので、やはりある程度スタミナは問われま す。 様々な年齢の馬が出走するので、出走馬の年齢にも注目です。 エリザベス女王杯は牝馬のチャンピオン決定戦で、3歳牝馬と古馬牝馬の熱い戦いが見られるレースです。 最近でも「リスグラシュー」や「マリアライト」がエリザベス女王杯を勝利し、その後も牡牝混合のビッグレースで活躍しました。 牝馬クラシック路線においても桜花賞2着、オークス3着とまずまずの成績を残しています。 ハイレベルなレースとなる傾向があり、前走のレースでの格が重要になってきます。 牝馬三冠路線を歩んできた3歳牝馬と古馬牝馬の実績馬が集結し、牝馬限定戦ながらハイレベルな戦いが期待できるレースです。 エリザベス女王杯も秋華賞の誕生と同時に距離が2200mに短縮されましたが、G1のグレードはそのまま、古馬牝馬の秋の最大の目標という位置付けとして開催されています。 また、前走は京都新聞杯に出走し7着と敗れてしまいましたが、牡馬の一線級相手でもしっかりと走れています。 昨年3着のシルヴァンシャー(牡5)は天皇賞・春(14着)から距離短縮で反撃ムードだ。 ... 2020 エリザベス女王杯 . 過去10年の前走条件別成績を調べると、前走がG1もしくはG2だった馬が連対率17.1%、3着内率25.2%と高い数字を残しています。 3歳牝馬と古馬牝馬のプライドをかけた戦いで、熱い気持ちになってください。, 2019年エリザベス女王杯の特別登録馬と11月4日現在の予想オッズを紹介します。 しかも土日の提供数は5レース!「とにかく当たる無料予想を見たい!」という方はすごい競馬をおすすめします。, うまライブは有料予想が評価されがちなものの、人気を支えている本当の理由はよく当たる無料予想です。, 週末に2鞍の重賞のワイド5頭ボックス10点予想を無料で提供し、配当というより的中率重視なのが特徴です。. 「ダノンファンタジー」などのライバル馬を倒しての勝利で、成長力を感じさせた一戦です。 そこで、ウマダネ独自の穴馬について紹介します。 ある程度ハイペースになってくれた方が、「ウラヌスチャーム」の末脚が生かせるかもしれません。 しかし、桜花賞、オークス共に3着となり、期待されていたほどの結果が残せませんでした。 ・大敗直後の馬は苦戦 無敗でオークスを勝利しているので、まだ底を見せていません。 「エリザベス女王杯」が2019年11月10日に開催されます。 All Right Reserved. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 予想オッズの3番人気は、「ラッキーライラック」でオッズは5.4倍です。 ウマダネ独自の穴馬である「ウラヌスチャーム」を馬券に組み込んで、高配当的中を狙ってみてください。. 過去10年の前走着順別成績を見ると、前走8着以下の馬が連対率3.9%、3着内率5.9%と苦戦しています。 重賞レースで善戦はしているものの、イマイチ勝ち切ることができていません。 そのため、前走で8着以下だった馬については、割引きが必要です。 1996年に行なわれた番組改編で、牝馬三冠 レースの三冠 目は新たに創設された秋華賞に移され、エリザベス女王杯は距離を2200mに短縮され、古馬 牝 馬にも開放され、日本初の最強 牝 馬決定戦競走として生まれ変わった。 予想オッズの2番人気は、「ラヴズオンリーユー」でオッズは2.9倍です。 今回はエリザベス女王杯2020の過去のデータをみていきたいとおもいます。 1日1回の応援クリックして頂けると更新の励みになります。 よろしくお願いいたします。 クリックはこちらから☝☝ エリザベス女王杯を勝利した馬は、今後もビッグレースでも注目の馬となるでしょう。 大器の片りんを見せているので、エリザベス女王杯でどのような走りをするのか注目です。 ハイレベルなレースで勝ち馬とのタイム0.8秒と良い走りを見せているので、エリザベス女王杯でも穴馬として目が離せません。 過去10年の年齢別成績を調べると、4歳以下の馬は連対率15.6%、3着内率25.0%と高い数字を残しています。 エリザベス女王杯では、4歳以下の馬を中心に馬券を買うのが賢明です。, エリザベス女王杯は荒れやすい牝馬限定戦としても知られていて、穴馬にも注目する必要があります。 また、前走での実績の重要で、大敗直後の馬が苦戦する傾向も見られます。 Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 「ウラヌスチャーム」はルーラーシップ産駒で、重賞レースを勝利したことがありません。 ぜひ予想の参考にしてください。, エリザベス女王杯は、日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。 「ラッキーライラック」は2歳時に、阪神JFを勝利しているG1馬です。 All rights reserved. ・4歳以下の馬が好成績, エリザベス女王杯は、牝馬の実績馬が集結するレースです。 創設当時は2400mという距離で行われていましたが、1996年に2200mへと短縮されています。 提供券種はワイドと一見稼げないように感じるものの、あしたの万馬券のワイドは高精度の”穴狙い”で、実際に試してみたところたった1レース100円賭けで3,340円稼げました! 1975年にエリザベス2世が来日したことを記念し、1976年に「エリザベス女王杯」が創設されました。 創設当時は2400mという距離で行われていましたが、1996年に2200mへと短縮されています。 最後の直線でのスピードが持ち味なので、スピードを出しやすい馬場でこそ本領が発揮できます。 引き込む線が奥まる . 「ラヴズオンリーユー」は3歳牝馬で、オークスを勝利しました。 過去10年のデータを基にした予想ポイントは以下の3点です。, エリザベス女王杯は牝馬のチャンピオンを決定するレースなので、前走で格の高いレースに出走していた馬が優勢となっています。 馬単なら「クロノジェネシス→ウラヌスチャーム」「ラヴズオンリーユー→ウラヌスチャーム」。, 「クロノジェネシス」は秋華賞を勝利し、叩き2戦目と上積みが期待できるので外せない存在です。 最近ではエリザベス女王杯を勝った後に牡牝混合のビッグレースで活躍した馬も多くいるので、牝馬限定戦ですが決して侮れません。 予想オッズの1番人気は、「クロノジェネシス」でオッズは2.7倍です。 4歳以下の馬を中心に馬券を組み立てた方が、的中率も上がってくるかもしれません。 重賞レースこそ勝てていませんが好走はしているので、「ウラヌスチャーム」にはエリザベス女王杯の穴馬として期待してください。, それでは、エリザベス女王杯でのウマダネ独自の狙い目予想を紹介します。 「一番無料予想が当たる競馬予想サイトってどこ?」と問われれば真っ先に名前が挙がるのが「すごい競馬」です。, 提供券種は複勝と高額配当は見込めないものの、注目すべきポイントは常に90%の確率で当てていることです。. 実際に私が実際に使って稼げているサイトのみをピックアップしました!どこもメールアドレスだけで無料で予想が見れるのでぜひご参考ください。, あしたの万馬券はチーム体制で精査した”一切妥協ナシの”重賞の無料予想を週末に提供している競馬予想サイトです。. これらの過去10年のデータを基にしたレース傾向を参考にして、エリザベス女王杯で万馬券的中を目指してくださいね。. 過去10年の前走着順別成績を見てみると、前走が7着以内なのか8着以下なのかで大きな違いが見られます。 2400mを走れるスタミナも魅力で、タフなレースになればさらに期待度も上がります。 ワイドなら「クロノジェネシスーウラヌスチャーム」「ラヴズオンリーユー―ウラヌスチャーム」。 この年の1着は、マリアライトでした。この馬は 産経賞オールカマー(G2)からのローテーションだったので非根幹距離の2200mから非根幹距離の2200mへの同距離ショックだったことになりますね。 Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. そして、エリザベス女王杯には様々な年齢の馬が出走しますが、4歳以下の馬が好成績を残している点からも目が離せません。 1975年にエリザベス2世が来日したことを記念し、1976年に「エリザベス女王杯」が創設されました。 前走で7着以内の馬が連対率14.8%なのに対し、8着以下の馬は連対率3.9%とかなり下回っています。 過去10年の年齢別成績を調べてみると、4歳以下の馬が好成績を残していることがわかります。 エリザベス女王杯で、復活の勝利が期待されている一頭です。, 昨年エリザベス女王杯では3番人気だった「リスグラシュー」が勝利し、悲願のG1制覇を達成しました。, 牝馬のチャンピオン決定戦であるエリザベス女王杯では、以下の3点のレース傾向が見られます。, ・前走で格の高いレースに出走していた馬が優勢 今年のエリザベス女王杯で穴馬として注目なのが、「ウラヌスチャーム」です。, 「ウラヌスチャーム」は、予想オッズでは28.9倍の7番人気となっています。