ウルグアイに限らずもちろんたまに、日本でも同じような事件が起こっています。, 主に地元の人が被害に合うことが多いですが、明らかに高級ブランドのバックや派手なアクセサリーなど身につけていたら標的になってもおかしくありません。

ホテルやバスなど一部の交通機関は通じる場所もありますが基本的には目的地までの地図を見せるなどして移動しましょう。, スペイン語は世界的にも使われている国は多いので、この他にも覚えておくと他の国に言った際いざという時に役にたつかもしれませんね。 ウルグアイから見れば日本人は富裕層なのでターゲットにされやすくスリなどの犯罪に巻き込まれる確率が非常に高いです。, 基本はクレジットカードを使い現金とは別に保管しましょう。 ウルグアイは日本人にとってかなりマイナーな旅行先ですから情報がほとんどありません。旅行するにあたって治安が気になる方も多いのではないでしょうか。今回は、ウルグアイの実際の治安や注意点などをご紹介します。 以上、ウルグアイの治安はいい?悪い?観光時に注意するべき犯罪や安全点を紹介まとめでした。, 治安のいい国・悪い国ランキング20選!日本の治安ランキングも紹介世界のランキング。治安のいい国・悪い国の基準は? p-insta:(https://www.i...どこいく編集部, 国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! ウルグアイ近辺のオレンジ色の国や地域には、離れていますがペルーの1部がオレンジ色になっています。, 赤色の国や地域にはどんな目的があっても新たな渡航は絶対にしないでください。 しかし、テロなどいつ起こるか分からないので近隣の国の危険な地域や、世界の危険度レベルについて少し勉強してみましょう。, 黄色の地域への渡航や滞在は、危険ですので十分に注意する必要があります。 移動の際はタクシーを使い貴重品を見える所に身につけない。, これがクリアできればウルグアイでの旅行は、いい思い出になると思います。

側面からカメラを取り出すことのできるリュックなど利用したり持ち歩くことの無いよう心がけましょう。, 旅行中によくあるのは、親切にしてもらった人に気を許し話に夢中になっている間にその仲間にカバンの中の物を取られてしまう。 レストランは観光客が必ずと言っていいほど利用する施設です。, 外出の際は周囲の状況に注意しましょう。 南米の国ウルグアイ、サッカーの試合で名前をよく聞く国ですが詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?, 日本の約半分の小さな国で、山はなく、限りなく草原が続き、カウボーイ文化の根付く国のウルグアイ。気候も人々も温厚で、実は旅行にも適した国なんです。, さて、そんなウルグアイに興味を持ったら気になるのがウルグアイの治安ですよね。温厚とはいえ、場所は南米。ここでは、ウルグアイの治安情報と気をつけるポイントをまとめてご紹介していきます。旅行前には一度チェックしてみて下さいね。, ウルグアイは、ブラジルとアルゼンチンに国境を接する南アメリカ南東部の共和制国家です。国の大きさや人口は少ないが、ラテンアメリカの中でチリに続いて2番目に生活水準が安定している国です。, ウルグアイと言えば有名なのが世界一貧しい大統領と言われた、ホセ・ムヒカ元大統領。給料の90%を寄付し、大統領専用機をもたず、常に庶民的な暮らしを続けた国民に愛された大統領は、日本でも話題になりました。, 畜産国であるウルグアイの食事は、アサード、チュラスコ、チョリソーなどの肉料理が有名です。またウルグアイの生活にはマテ茶がかかせません。, ウルグアイの治安状況は、ラテンアメリカの中では治安はいいほうと言われています。しかし、近年銃器を使用した殺人事件や強盗などの凶悪犯罪が増加しています。日本に比べると気をつけるべき点がたくさんあるといえます。ウルグアイ旅行中は十分に警戒し危機管理を持った行動を心掛けましょう。, 2019年度現在、外務省の最新情報では、ウルグアイの危険情報はでていませんが、旅行などで訪れる場合には、事前に海外安全ホームページで最新情報をチェックしておきましょう。, ここでは、ウルグアイの中で犯罪被害の多い場所と、日本人の被害例をご紹介します。観光場所を決める際に一度チェックして、十分に気をつけるようにしましょう。, ウルグアイで実際に日本人が被害に遭った例をいくつか紹介します。今一度危機管理を見直してみて下さいね。, 日本ではなかなか起きないような事件ですが、ウルグアイでは実際に起こっています。外国にいるといる危機感を忘れないように行動しましょう。, ここからは、ウルグアイで気をつけるポイントを挙げています。基本的なことですが、徹底することで安全に旅をすることができますよ。, 比較的安全なウルグアイと言われていますが、スラム街など観光客が決して近づいてはいけない場所もあります。観光の際には、事前に行く場所を調べて下準備をしてから出かけましょう。, 特に窃盗や強盗などの犯罪が多いウルグアイ。出かける際には、多額の現金や貴重品を持たないようにしましょう。また、両替所などでは、気づかないうちに狙われている可能性があるので、両替前後はさらに注意したほうがいいいでしょう。, 一眼レフカメラなどを首にかけたままにしている人がいますが、使わないときはカバンにしまうようにしましょう。また、ズボンのポケットに財布がいれない、スマートフォンを出しっぱなしにしない、ことに気をつけましょう。まずはターゲットにされないようにするのが犯罪に巻き込まれないポイントです。, ウルグアイにもタクシー配車サービスのウーバーが利用されています。通常のタクシーよりもお金のやり取りもない為便利です。また、レミースというハイヤータクシーも通常より割高ですが安心感があります。, ウルグアイでの夜間の一人歩きは非常に危険です。複数人でも襲われている事例もあるので、気をつけましょう。また、昼間でも薄暗い通りや怪しい雰囲気を感じれば、すぐに引き返しましょう。, バイクの二人乗りが後ろから来る場合は、ひったくりに気をつける時です。カバンは斜め掛けにし、カバンは道路と反対側に持つようにしましょう。街歩きの際は、あまり大きな荷物は持たず、身軽に動けると便利ですよ。, 折角旅行に来たからには写真も撮るので、お洒落をしたい!と思う方は要注意です。あきらかに観光客に見える方はターゲットになりやすいです。また、小さなアクセサリーでもお金持ちに見られると狙われる可能性があるので、できるだけ地味な服装がいいでしょう。, どれだけ自分で注意をしていても、事件や事故に巻き込まれてしまう可能性があるのが海外です。ウルグアイでは、特に観光客を狙った犯罪もあるので、海外旅行保険は必須です。クレジットカードに付帯の海外旅行保険もあるので、補償を確認して上手く利用するといいですね。, 海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。, 条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。, まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。, 日本よりも小さな国ながら、南米でも上位の経済安定を誇る国のウルグアイ。元大統領の行動から分かるように、学ぶべきところが多い国です。観光の際には十分に治安に気をつけて、有意義なウルグアイ旅行にして下さいね。. 絶対にスラム街には近寄らないでください。, 治安のいいウルグアイですが犯罪件数は世界的に見て、低いほうではありません。 しかし運転中も注意が必要です。, ウルグアイでは駐車中に、それも混雑した交差点で停まっている間などでも車に侵入し窃盗する犯罪者がいます。 ウルグアイの言語は、スペイン語が事実上の公用語となっていますが、ポルトガル語を話す人やアラビア語を話す人がいるなど地域によって違います。, 旅行前には、外務省の出している国や地域別に危険度を表したマップで、旅行前に目的地の危険度を把握しておきましょう。 冬も寒くないですが、やはり湿度が高めで風が強く曇りの日が多いです。, 1 年を通して、気温は 7°Cから 27°Cの間で冬は2°C 未満または夏は 32°C を超えることは滅多にないので気候的には過ごしやすいでしょう。

自分は被害には合っていないが目撃ならしたことがある、と言った観光客もかなり多いことから、犯罪率の高さが感じられます。, ターゲットを誘拐し、ターゲットにATMで現金を引き出させたり自宅に保管してある現金を脅し取ったりし、その後解放することを短時間誘拐と言います。 危険度マップ, それではまず、気になるウルグアイの危険度レベルですが、現在ウルグアイでは危険情報や感染症危険情報は出ていない平和な国になっています。 サッカー好きの方は知っている人も多いと思いますが、昔から隣の国アルゼンチンとウルグアイはサッカーで互角の戦いを続けていました。, 1916年の第1回南米選手権ではアルゼンチンが勝ち、24年と28年のオリンピックはウルグアイが連続優勝しました。
人通りも極めて少ないので助けを求めることもできません。, ウルグアイの夜は治安が非常に悪いです。

時期的な人口増加は良い人ばかりでなく犯罪者も同時に増加します。, 海では遊ぶことに夢中で、ビーチに置いていた物を取られても気が付きにくいです。

57位というのは先ほどから南アメリカではウルグアイは安全とお申しておりましたが、59位のペルーや、74位のアルゼンチンよりも高いのです。, 特にレストランなどでの、銃の発砲事件が非常に多くなっています。

南米の国ウルグアイ、サッカーの試合で名前をよく聞く国ですが詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか? 日本の約半分の小さな国で、山はなく、限りなく草原が続き、カウボーイ文化の根付く国のウルグアイ。気候も人々も温厚で、実は旅行にも適した国なんです。 スリナムに続いて、二番目に面積が小さい国です。 一回で両替したいですがその気持ちは抑えてホテルなどに置いて、何回かに分けて両替に出かけるようにしましょう。, ウルグアイでは英語は通じません。 また道路を歩いていて、二人乗りのバイクに乗った人にそのまま荷物をひったくられたなどの被害も多発しています。, 車道の近くは出来るだけ歩かないように気を付けましょう。 また、日本では考えられませんが、窓の外から手を伸ばしてバッグを奪うというケースもあります。, 観光で車を運転する人はあまり居ないかもしれませんがときには、レンタカーを借りて現地での運転を楽しみたい方もいると思います。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。, 【VISA/JCB】おすすめデビットカード比較!【年会費・ポイント還元率比較表あり】.

ウルグアイといえば南米にあるサッカー強豪国ですよね。 昼間の治安の良さから油断しがちですが一人で歩くことは絶対にやめてください。, カップルで歩いていても強盗して良いよと言っているようなもので夜は歩かずにタクシーを利用しましょう。

犯罪目的だけにリゾートビーチに来る人も珍しくありません。, ビーチだけではなく海辺に行く途中の道にも注意しましょう。 記念すべき、第1回ワールドカップの決勝で対戦した両国は4対2でウルグアイの勝利しました。, 首都モンテビデオでは夜通し、優勝を祝う大騒ぎが続きました。 モンテビデオのセロという地域では昼夜を問わず、犯罪が多発しています。, このセロではモンテビデオ市を一望できる「セロの丘」という観光スポットが有名で、よくツアーガイド本などに載っていますが、危険な地域を通るためあまりおすすめできません。 位置的には北と東にブラジルがあり、西にはアルゼンチン、南は大西洋に面しているます。, 内陸部は緑が生い茂り、沿岸部に連なるビーチが美しい国です。 そのほとんどは スーパーや小さな商店を狙った強盗や歩行者を狙った強盗で高確率で犯人は、銃を持っています。, 万が一金銭などを要求された場合は、大人しく渡してしまいましょう。 また、モンテビデオにはスラム街があります。, わざわざスリム街に行くような人はいないとは思いますが、こちらは強盗事件だけではなく、通行人が理由なく銃で撃たれるというこちらからしたら、意味不明な事件が起こったりしています。 このような犯罪者に目をつけられないように車の窓は閉めたままにし、財布やバッグなどの貴重品は目の届く所に置きましょう。, またバックパッカーを装い車に乗り、強盗するという犯罪も多発していることから知らない人は車に乗せてはいけません。, 夏(南半球は12月から3月になります)は、国内のウルグアイ人はもちろん、海外からも多くの観光客が、西洋沿岸の多くのビーチに集まります。 貴重品は持って行かないようにしましょう。, またリゾートビーチも同様油断してはいけません。

対岸のアルゼンチンのブエノスアイレスでは、ウルグアイ領事館が数千人の群衆に襲撃され、警官隊が発砲するなど、こちらも悪い意味での騒ぎが夜中続きました。, 当時、両国の対立は一時的に国交断絶にまで激化し、ラプラタ川をはさんでのサッカー戦争とまで呼ばれるほになりました。 今でもアルゼンチンとウルグアイといえばどちらも、サッカーのFIFAランキングで上位の国です。, しかし現在ではこのような心配もありませんので、安心してください。

しかし安全な日本と比べるとやはり、犯罪件数は非常に多いので日本で過ごしているのと同じような感覚でいるとトラブルに巻きこまれるでしょう。, またウルグアイでは貧富の差が大きいです。 日本人旅行者などの情報でも、ウルグアイの治安が悪いという情報や被害報告なども、あまり聞きません。 チリと同様、治安が安定していると有名なウルグアイ。 実際に現地に行ってきました。 物を盗まれるだけなら、まだいいですが大切なのは自分自身が怪我をしないことです。, ウルグアイの殺人事件発生率は世界ランキング57位です。 サッカー好きの方は1度は行ってみたいと思われるかもしれません。, しかし南米は貧しいイメージなどあり、治安はどうなのでしょう?

たくさんのシャッターチャンスが存在しあれもこれも写真に残したくなりますよね。, 気がつけば手に高級な一眼レフカメラをずっと持って歩き回っていた!なんてこともあると思います。 また、タクシー運転手等が凶悪犯罪に関与している事もありますので、流しのタクシーの利用は避けた方がいいです。, 人気の観光地などの人の集まる場所の他には、スーパーやショッピングセンターのような人混みが多いところも被害の多い場所です。 Copyright© legate , 2020 All Rights Reserved. しかしテロ組織や大規模な反政府武装組織の活動は確認されておおりませんので、テロの危険性は低いです。, 実はウルグアイの位置している中南米は、殺人やテロが多く世界一危険とも言われています。 しかし、観光客を狙ったスリ、ひったくりなどが非常に多発しているエリアなので注意してください。, 昼間はとても華やかで賑わっていますが、夜になると人通りも少なく雰囲気が変わります。 そして公共の場であまり財布を広げたりしないようにしましょう。, そして近付いて来るひとは危険な人だ、と少し過剰なくらいに警戒していた方が安全かもしれません。, 最近では財布だけではなくスマートフォンやタブレット、カメラ、などを狙ったスリが多いです。

ウルグアイ近辺の山吹色の国や地域は、アルゼンチンを挟んで北に位置するパラグアイが1部、山吹色になっています。, オレンジ色の国や地域の渡航は、どのような目的があっても渡航してはいけません。 他には服にこぼしたジュースなどを拭いてくれる真似をしてポケットに入った貴重品を盗むなどの手口があります。, 日本人は基本的に平和ボケをしていて、人をすぐに信じてしまいやすく犯人からすれば良いカモです。, ウルグアイでは少年に対する犯罪は罰が軽く、それを知らない外国人は被害に合いやすいです。 ウルグアイ近辺の黄色の国や地域には、南西のアルゼンチンのウルグアイとの国境あたりの地域が、黄色になっていますので注意しておきましょう。, 山吹色の国や地域の不要な渡航は止めて、やむ終えず渡航する場合などには特別な注意を払い十分な安全対策をとって渡航する必要があります。 その反面、スリが多いのはバスです。, できればバスに乗る前に小銭を用意しておき、バスの中では財布を見せないようにしておくといいでしょう。 夜はこのエリアに近くことはしないでください。, ウルグアイのリゾート地で有名な、プンタ・デル・エステはリゾート地として多くの観光客が訪れますが、こちらも残念ながら旅行者を狙った強盗事件や暴行事件が起こっていますのでリゾート地だからと言って油断は禁物です。 彼が世界の注目を浴びたのは、ウルグアイ大統領在任中の2012年、ブラジルのリオデジャネイロで開かれた国連の「持続可能な開発会議」(Rio+20)での演説でした。, そこでムヒカ大統領は、「私たちは発展のために地球に来たのではない、幸せになるために来たのだ」と、地球規模で経済発展を追い求めるグローバリズムという、現代文明の病根を痛烈に批判ました。 ウルグアイといえば南米にあるサッカー強豪国ですよね。 サッカー好きの方は1度は行ってみたいと思われるかもしれません。 しかし南米は貧しいイメージなどあり、治安はどうなのでしょう? 今回はそんなウルグアイの治安や、観光時に注意するべき犯罪や安全点を紹介したいと思います。 南アメリカ南東部にあるウルグアイは、共和制国家の国です。この国に、旅行で行く際に見ておきたい観光地や首都はどこか、そして外務省が出している気をつけておきたい治安情報などをまとめてみました。, ウルグアイの治安は、比較的治安が良く、旅行を楽しむことができる国です。ですが、日本と比べた場合は、安全とは言えない部分もあるので油断をしないよう気をつけたいところです。, 以前は大規模テロなどの活動がありましたが、一掃されてからはそういった事件の発生報告はありません。多少の反政府活動がありますが大規模な活動は現在はないようです。, しかし、年間数件ですが短時間誘拐という犯罪が有り、ATMや自宅で現金を強奪したあと開放するような犯罪があるようです。これについては日本も類似した事件などがたまにありますね。尾行や周囲や街並みの変化などにも気をつけて複数人で行動するのが良いでしょう。, また高価な服装や持ち物をたくさん持ち歩いたり、周りに人がいるからといって財布を広げてみたりするような行為は避けておきましょう。, 慣れない土地での単独行動は特に被害に遭いやすいので一人で出歩かないように心がけましょう。, ブラジルと、アルゼンチンの国教に接しており、南アメリカの中で2番目に面積の小さい国です。ですが、ラテンアメリカの中で2番目に生活水準が安定しており、南米の中で政治や労働が一番自由を保っている国でもあります。, また気候は緑の高原地帯が広がっており、平均して平坦な土地なので温暖な気候地帯です。日本の12月から3月はウルグアイでは夏になるので、旅行に出かける際は日本の冬季に出かけるのが一番最適です。, ウルグアイの人口は外務省によると2016年度で344.4万人で、首都であるモンテビデオではそのうち約140万人が住んでいます。, アルゼンチンとブラジルの間の間に位置していた為に両国からの干渉が強かったために独立国として独立するまでに時間がかかった国です。1494年にスペインの植民地となりましたが、1810年のアルゼンチン独立運動があった際にウルグアイも独立運動を起こしましたが、1821年に植民地ブラジルの1州に併合されてしまい、スペインとポルトガルの戦争の仲裁に入ったイギリスが1828年にウルグアイ東方共和国として独立させ1830年に憲法をくつくり初代大統領を選出しました。, ウルグアイの経済は、ウルグアイは元々牛や羊、農園で生活していた国なので、製造などの工業などが遅れてしまい、経済停滞が続いてしまったことや、ゲリラ派の活発な行動で内線状況が続きました。伝統文化の影響が大きいウルグアイは、世界第1次対戦後にヨーロッパへ牛肉・羊毛などを輸出していあmしたが、石油危機に陥った1973年に輸出先であったヨーロッパ各国が輸出制限をしたことで、ウルグアイ経済の赤字が拡大してしまいました。, 2016年の4月のムヒカ元大統領演説がテレビで報道され「世界で一番貧しいムヒカ大統領によるリオ会議」は有名となりました。ウルグアイの失業率は毎年上がっており、2016年では7.8%にまで上昇し、更には物価も9.4%と高く毎年上がっている状態でマイナス成長をしている国とも言えます。, ウルグアイは憲法で信仰の自由が保証されていますが、基本的にはキリスト教カトリックが多数のようです。, ウルグアイの伝統の代表とも言えるのがお茶ですが、日本人でも馴染みのある「マテ茶」はウルグアイの食文化の1つでもあります。, 肉料理の代用は、豪快な炭火焼である「アサード」が有名で、内蔵なども一緒に焼かれて盛り合わせをする「パリジャーダ」が代表料理とも言えます。, ウルグアイのマナーとして気をつけておきたいのは、チップです。基本的にガソリンスタンドで給油をしても、タクシーの運賃を払うにしてもチップを含めて多めに渡すのがスマートなマナーだと言われています。, ウルグアイの首都である首都モンテビデオで日本人が実際に会った被害と言えば、強盗やひったくりが多く、旧市街区であるシウダ・ビエハや新市街地区のポシートス、プンタ、カレータスなどで被害があったようです。ブランド物で着飾った服装や肩にかけるようなバッグで出歩いている際は特に気をつけなければいけません。できるだけ旅行客ですというような服装は避けたほうがよいでしょう。, またスーパーなどのショッピングセンターは人ごみが多いので、逆にスリやひったくりにあう可能性もあります。二人乗りのバイクなどの被害も多いので、買い物をする際は特に気をつけたいですね。, 貴重品や現金は同じところに入れておかず、分散して持ち歩いたほうが万が一被害にあった場合でも被害を最小限に抑えることができます。, 特に短時間誘拐などにあった場合などは、現金を分散しておくことですべての現金が被害に遭うことがなくなり、油断している間に回避できる可能性があります。, その他、安易に近づいてくる人などにも気をつけておきたいところです。ウルグアイでは未成年の犯罪も多く、服にジュースをこぼして拭いている間にお金をスったり、未成年だからといって油断していると強盗犯の仲間であったりする場合もあるので安易に車の窓を開けたり、子供だからといって油断をするのは危険なので注意しましょう。, 首都であるモンテビデオは、昔の植民地時代に建てられた建造物や建物などが美しく、観光の際の散歩やウルグアイの歴史を感じる場所でもあります。, 夜になると、タンゴやカンドンベ音楽などが流れ、ナイトクラブなどが賑わい、モンテビデオは協会、ミュージアムや劇場などにも行くことができます。, ビキニビーチとも呼ばれるほど、美しいビーチで、砂浜でゆっくり過ごしたり、ウィンドサーフィンなども楽しめます。, ウルグアイの西部に位置するコロニア・デル・サクラメントは、ポルトガルの影響を受けた建築を見ることができ、当時の迷路のような通りを楽しむ子もできます。またここの町並みは、ウルグアイ唯一でユネスコの世界遺産に登録されています。, コロニア・デル・サクラメントは、ウルグアイでも2番目に古い街で、マドリード条約や、サン・イルデフォンソ条約などで、スペイン・ポルトガル領を行ったりしていた為、両方の建築物が並ぶ地域です。, 南部に位置しているマルドナドは、からペ山脈があり国内でも最高峯のカテドラル山などがあります。, ここは登山やハイキングなどを楽しんだり、冬はスキーなどもできるため人気のスポットの1つになります。更に夏には海辺が近いのでサーフィンなども楽しむことができます。, チップはウルグアイのマナーの1つで、任意ではありますが何をお願いするにも利用する際でも通常の料金に上乗せをして料金を払うとスマートにチップを渡すことができます。, ウルグアイでの荷物は必ず持ち歩くか、抱えて休憩をしたりする必要があります。万が一足元に荷物やカバンなどを置いておくと、置き引きされる恐れがあります。, また先にも述べたように現金や貴重品は1つにまとめておかず、分散して持ち歩くことで、現金が盗まれても最小で抑えられることがありますので、貴重品などは必ずカバンだけでなく、裏ポケットなどを利用したりして分散することをおすすめします。, ウルグアイでは強盗をする時に短時間誘拐が多く発生しているので、脅されてATMへ連れて行かれて、現金をキャッシングするように言われる可能性もあります。また部屋へ連れて行かれて荷物にある金目の物を持っていかれる可能性もあるので、単独行動や、一人で市街地へ行くなどは避けるべきです。, 旧市街や新市街地の場所にはまだ犯罪も多く特に日本人が被害に遭っているのでもし旅行などで行く際はなるべく複数人で行くか、ツアーコンダクターと一緒に行動するようにしましょう。, 財布を出した時に財布ごと横から取られてしまう可能性もあります。現金すべてを財布に入れておくのは危険なので、お金は隠しておける全てのポケットや隠しポケットなどを利用して分散させておくのが良いでしょう。, ウルグアイはサッカーでも有名で、観光もできる街ですが、経済的な問題もあり小さな犯罪も多く存在しています。, 日本人観光客が狙われる窃盗やスリなども多いので、旅行に行く際は充分気をつけて観光を楽しみたいですね。, 「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。