中京11R 〇⑪ゴールドドリーム インヘリットデールの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 インヘリットデールの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 中京11R 〇⑪ゴールドドリーム 2着、1番人気 中京6R  注⑨ハクサンライラック 8着、3番人気 中山8R  ◎⑧ラティーンセイル 5着、1番人気 クラスの目途は立ったと思うけど意外な程人気が無い。狙ってみる価値十分あるよ。 < 上位争い > 中山1R  ▲⑪スターファイター 2着、3番人気 インヘリットデール(2014年03月25日生まれ、牝馬、父ルーラーシップ、母フサイチエアデール)5代血統表、次走報、予想に役立つ条件別データが無料でみられます! イワンコロフ、ニキタコロフ、クラッシャー・クルスチェフ、ザ・ラシアンズ。知っちょるけ? △⑤ガゼボ ◎⑬キャッチミーアップ インヘリットデールの血統表の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 実績 △⑯インヘリットデール < 勝ち負け > ドウドウ馬券で堂々と勝負! △⑫ケイアイターコイズ 中京6R  注⑨ハクサンライラック 80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。 阪神6R  △③シュテルクスト 3着、4番人気 80パーセント複勝馬券に絡む馬をウマニティの読者予想で公開しています。 インヘリットデールの新馬データです。父馬の種牡馬成績、母馬の牝系といった血統情報、馬主や調教師の近年の成績、一口馬主ユーザーからの評価など、pogやクラブ募集馬の出資に検討に役立つデータが … 阪神11R △③レッドラフェスタ < 好勝負 > 12月1日の寸評上位馬結果です。 中京2R  ◎⑤レッドシャーロット 1着、1番人気 中山2R  注⑨グーガルドリームズ 12月1日の寸評上位馬です。 中央競馬の牡馬クラシック第1弾となる皐月賞(16日、中山、GI、芝2000メートル)の追い切りが12日に行われ、69年ぶりに牝馬の優勝を狙うファンディーナは滋賀・栗東トレセンの坂路で力強いフットワークを見せた。併せ馬で先着し、サンケイスポーツ調教評価も最高ランクの『S』。偉業に向けて視界は良好だ。枠順は13日に確定、14日に金曜発売が実施される。 牝馬らしからぬ迫力満点の馬体が、荒れた馬場を豪快に駆け上がった。3戦全勝のファンディーナが坂路で3馬身先着の圧巻デモを披露。名牝(めいひん)の道につながる69年ぶりの牝馬Vへと態勢を整えた。 「気を抜くこともなかったし、力が要る馬場でこれだけ動けたらいいでしょう」 高野調教師は納得の表情だ。前日の雨の影響で重たい不良馬場。さらに入れ替えたウッドチップがこなれておらず、通常より3秒ほど時計がかかる状況。それでいて余力を残し4ハロン(800メートル)54秒5-13秒1のタイムは優秀だ。 「1週前の段階で体ができているから、(この日は)整える程度。追い切りでの能力アップは考えていないし、無理はするなと指示しました」 トレーナーが満足そうにうなずいた。インヘリットデール(未勝利)を2馬身ほど追走し、直線に向いて追いついても、ゆったりと歩調を合わせる。ラスト1ハロンあたりで心もち気合をつけられると、相手を瞬時に突き放した。500キロを超えるたくましい馬体が力強く弾みフィニッシュ。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。 青写真通りの調教をこなして挑む大一番。新馬戦を除く過去2走と同じ中3週というローテーションも、勝利への方程式の一つだ。「過去の調教方法をベースにできるから、やりやすかったですね。これが(桜花賞で)中2週なら、一から考え直さないといけない部分も出たでしょう」と高野調教師は言う。レース後の1週間は回復に努め、1週前に速めの時計を出し、当週は控えめ。中3週の皐月賞だからこそ、この“必勝パターン”を貫くことができたのだ。 1948年ヒデヒカリ以来の69年ぶり牝馬V&2005年ディープインパクト以来の12年ぶり無敗の皐月賞馬誕生へ。指揮官は「歴史は意識しません。走れたらダービー(5月28日、東京、GI、芝2400メートル)へ行きたいですね」と野望を抱く。ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナの名牝に騎乗した岩田騎手は「背中がすごいところは似ている。スピードとパワーがあって、名牝になれる器だなと思う」と確かな素質を実感している。底知れぬ能力を秘める牝馬ファンディーナが、日本の競馬史に名を刻む。 (佐藤将美), ついに歴史が動くか。16日に中山競馬場で行われる牡馬クラシック第1冠「第77回皐月賞」(GI、芝2000メートル)で、牝馬として69年ぶりの優勝を目指すファンディーナが12日朝、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の坂路で落ち着き払った姿を見せた。5馬身差圧勝したフラワーCから中3週、気持ちの高ぶりを見せない女傑候補は悠々と牡馬斬りに挑む。 69年ぶりとなる牝馬による皐月賞Vが、いよいよ現実味を帯びてきた。それほどファンディーナの最終追いは、“3歳牝馬=危ういテンション”とは一線を画す、ベテラン牡馬のような隙のないものだった。 いつものように栗東の坂路で2本。滑らかだった1本目(4F77秒4)のあと、2本目はインヘリットデールを目標にインからスタートした。力む素振りはこれっぽっちもなく、4F手前で早くも射程圏内に入れた。 誰が見てもひと目で分かる雄大なフットワークは流麗そのもの。最後に少し仕掛けられると、楽に3馬身突き放した。4F54秒5、ラスト1F13秒1は平凡だが、前日の雨が残った重い馬場だけに、ネガティブなイメージはない。調教チェッカーズも満足のA評価だ。 「馬場が酷い状態なので正直、安全に乗ってほしかった。無理なく、いい内容。調教で能力アップを考えずに保つ感じです」と高野調教師。加えて、情緒が不安定になりやすいこの時季の牝馬を思えば、「出そうと思えばとんでもない時計が出る」タイプをそこまで時計にこだわらせないのも当然のこと。さらに別の理由もあった。 「先週の坂路は2Fまで新しいチップに切り替わっていたが、今週はそれが4Fまで新しくなった。滑るのが嫌だったので、無理をしたくなかった。穏やかにコトを運びたかったので」と笑み。 圧勝したフラワーCから中2週の桜花賞ではなく、中3週の皐月賞を選択したローテーションも追い風となっている。 「中2週と中3週ではまるで違う。最初の1週間を回復期に充てられ、2週目からリスタートできる。牝馬は特にそう」とプラス1週の恩恵を噛みしめる。中山への長距離輸送を再度挟むことになっても、最も可能性のある臨戦過程だろう。 「潜在能力はすごいものを感じる。牝馬なので完成はまだ、素質だけで勝っているが、パンとしてきたらどれだけすごくなるのか。能力があっても競馬で出せない馬はごまんといるが、この馬は素直に走れて自分の能力を出せると新馬戦で分かった。輸送を心配した前走も馬房で落ち着いていた。それで“大丈夫かな”と。乗り役の意のままに動けるので、どんなペースでも大丈夫」 高野調教師は一昨年のジャパンCを14年秋華賞馬ショウナンパンドラで勝った実績もある。「牡馬相手で不確定要素はあるが、そこでも堂々としていたらたいしたものだね」。正真正銘の“化け物”牝馬誕生へ-刻々と時計の針が動きだした。★皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載, ドーブラエ ブートラ♪ 病院の治し方はも少しで見終わる。次はトップナイフかな? インヘリットデール(未勝利)を2馬身ほど追走し、直線に向いて追いついても、ゆったりと歩調を合わせる。ラスト1ハロンあたりで心もち気合をつけられると、相手を瞬時に突き放した。500キロを超えるたくましい馬体が力強く弾みフィニッシュ。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。 中京8R  注⑨マイネルプリンチペ http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php 馬券に絡む「優馬」の寸評の統計を取っています。 京都12R 4歳上2勝クラス △③アルベニス http://umanity.jp/coliseum/registration_list2.php < 好勝負 > 枠連⑦ー⑦と馬連⑬ー⑤・⑨・⑫・⑯への5点。 HORSES INFORMATION インヘリットデール. インヘリットデール (父ルーラーシップ 母フサイチエアデール 高野厩舎)の近況です。 もう一走を目指してましたが、調子が戻らずこのまま 引退 となりました。 本当に残念。 22戦3勝ですが、20回掲示板 にのったのが本当に立派です。 勝った距離ではなくどんどん短距離をつかわれて、