イラン・イラク戦争(イラン・イラクせんそう、アラビア語: حرب الخليج الأولى‎)は、1980年から1988年にかけて、イラン・イスラム共和国(イラン)とイラク共和国(イラク)との間で行われた戦争。1980年9月22日に始まり、1988年8月20日に国際連合安全保障理事会の決議を受け入れる形で停戦を迎えた。 実際には、国際情勢も、日本を取り巻く状況も1980年代に大きく変化していた。冷戦は急速に終焉に向かっており、イラクのクウェート侵攻の前年(1989年)11月にはベルリンの壁が崩壊し、12月にはマルタでブッシュ米大統領とゴルバチョフ・ソ連書記長が冷戦の終結を宣言していた。中国ではこの年の6月に天安門事件が起きたが、鄧小平は改革開放の継続を求めており、1990年代初頭には西側への協調姿勢が強かった。イラク … 1985年3月12日の毎日新聞夕刊は「テヘラン爆撃 イラク軍報復 市民5人が死亡 日本人の大多数が住む地区」と伝える。「2軒隣の中庭に爆弾が落ちた」と話す縣正樹さん(62)の住んでいた家は、窓ガラスが割れたり壁が崩れたりし、住める状態ではなくなった。83年からイランの首都テヘランの日本人学校に赴任していた縣さん。妻や子供と地下に避難した際、ずっと大人の悲鳴やうめき声が聞こえていたという。「 … 当時イラクでナンバー2の座にあったサッダーム・フセイン(以下、サダム・フセイン)とも会見。石油を供給してもらう見返りに、lpg(液化石油ガス)プラントなどへの政府借款供与などを約束している。 同氏は首相在任中も、中東との縁が切れなかった。イラン・イラク戦争(1980~88年)が進行していた … 地球史探訪: トルコによるイラン在住日本人救出(上) イラク空軍の空爆に怯えるテヘラン在住 日本人たちに日本政府は救援機を出さなかった。 転送歓迎 H22.08.29 38,504 Copies 3,328,782Views 1.「頼む! 助けてやってくれ! イラン、イラクの両国間で、1980年から88年までの8年間にわたって行われた戦争。 発端は80年のイラクによるイラン侵略。 やがて戦局が逆転、82年以降はイランがイラク領土へと侵攻した。 イラクの体制の崩壊がイラン革命の拡大につながると懸念した周辺諸国や地域外の大国は、イラクを支援。