続けて、更に2012年にはエアバスA330-200とボーイング777-200LRを1機ずつ導入した。 地球史探訪: トルコによるイラン在留邦人救出(下) トルコはテヘランの自国民に陸路をとらせて まで、日本人救出を優先させた。 転送歓迎 H22.09.05 38,538 Copies 3,331,345Views 1.「日本人の搭乗希望者数を教えてほしい」 イラン・イラク戦争さなかの1985年3月19日、トルコ航空によって命を救われた日本人215名の内のお一人が、沼田凖一さんです。, これらの記事は、トルコ・イタリア・ポルトガル雑貨のオンラインショップ「JUNPERIAL SHOP」様がホームページで掲載されている、『イラン・イラク戦争 奇跡の救出劇「~日本・トルコ友情物語~ -沼田凖一さん編-」』から、店主のJUNKO様のご厚意により転載させていただいているものです。, 1985年、この年はイラン市場の技術指導を担当してから7年目、5回目の技術指導でした。, テヘランには日本人だけでも500人以上いて、日本人学校も有りました。 そんな中、イラン・イラク戦争が報復都市爆撃に拡大したのですからパニックになったのは当然だったのです。, 我々はどうする事も出来ませんでした。飛行機の空席が取れる事を待つしか無いのです。イラク・フセイン大統領の警告は関係の無い国の民間機迄撃墜すると云うもので、普通考えられない事でした。, 夜明け前に日本大使館からトルコが救援機を出してくれるとの情報が飛び込んで来たというのです。, 機長の機内アナウンスが響き渡りました。「WELCOME TO TURKEY」次の瞬間、機内に「わあっ」という歓喜の叫びと、大きな拍手とが起こりました。, ああ、私達はこの国に助けられたんだ、何と幸運なんだろう。この事は一生忘れてはいけない、そう深く心に刻み込みました。, 23年が過ぎた2008年10月17日、つけっ放しのテレビに偶然目が行った時、そこに放送されていた番組は「世界を変えた100人の日本人」でした。, 1985年3月19日、テヘランから私を含む215人の日本人を救出したのが、トルコ航空だった事から、なぜ日本が救援機を出さなかったのかについて暫くの間論議が有りました。, 25年経ってやっとトルコの方に直接お礼が言えた瞬間でした。私は何と幸運なんだろう、こうやって直接トルコの方にお礼が言える日が有るとは考えてもいませんでした。, 在日トルコ共和国大使館から帰って、早速インターネットでトルコ北西部大震災被害の復興支援をしている団体を検索しましたところ、2つの団体が見つかりました。, 今度はトルコが日本に対して強い親愛の気持ちを持つ様になった原点とも言える、エルトゥールル号遭難事故の時に献身的な救助活動をしてくれた串本町の人にお礼が言いたいと思い連絡を取ってみました。, 私は助けられた215人の日本人の中でも、特別素晴らしい出会いをさせて頂いたものだとつくづく思います。, イスタンブールへの訪問は実に私がトルコ航空で助けて頂いてから25年経った2010年7月27日でした。, 1985年の「テヘランからのトルコ航空による日本人救出」の出来事を出来るだけ多くの人々に語り伝えよう、その事によって、日本とトルコの友好の絆を発展させる一翼を担いたいと思う様になりました。, 2010年の日本・トルコ友好120周年から2年が過ぎて2012年、どうしても、自らの力で直接トルコに恩返ししたい、そう思って自分を振り返ってみると、何にもない自分に気付かされました。, もしこのホームページが、下のようにカラーで表示されていない場合には、こちらをクリックしてください。, 「海難1890」は第39回日本アカデミー賞で2部門の最優秀賞を受賞いたしました!これからも「特定非営利活動法人 エルトゥールルが世界を救う」は、トルコと日本の時空と民族を越えた相互協力の精神をテーマとした映画製作を通して、アジアから世界平和へのアピールを発信しています。, 『イラン・イラク戦争 奇跡の救出劇「~日本・トルコ友情物語~ -沼田凖一さん編-」』, 特定非営利活動法人「エルトゥールルが世界を救う」Kar amacı gütmeyen organizasyon "Ertuğrul Dunyada Barışa". ボーイング747-400も元日本航空のJA8912とマレーシア航空の2機導入し、将来北米路線の再開に向けてイラク初の-400としても注目を集めた。

トルコがイラン・イラク戦争から日本人を救出してくださった、余りにも有名な実話があります。 有名な話ではありますが、日本国内にはどうもこのことを知られたくない、知りたくない方々が居られるようなのです。その方達は何故か嘘出鱈目で日本の事を悪く書いた南北朝鮮、中国の教科� またこの件についてはクウェートのサバーハ首長も首長令を発して金銭的解決に同意し、2013年1月に国民議会も本合意を承認した。 イラク政府は新たに設立する民間の航空会社に航空事業をさせる見込みであった[1]が、2012年10月にイラク政府がクウェート政府に5億ドルを支払う代わりにクウェート側が英国にある法律顧問事務所に対して(英裁判所に対する)イラク航空に対する全ての申し立てを取り下げることで合意した。 2014年8月、イラク航空は航空券の電子予約サービス開始を発表し、ボーイング777-200LRで中国の広州への運航を開始した。 背景にクウェートが湾岸戦争での損害賠償をイギリスの裁判所で求め、イラク航空の資産凍結の判決がある。 イラン・イラク戦争(イラン・イラクせんそう、アラビア語: حرب الخليج الأولى‎)は、1980年から1988年にかけて、イラン・イスラム共和国(イラン)とイラク共和国(イラク)との間で行われた戦争。1980年9月22日に始まり、1988年8月20日に国際連合安全保障理事会の決議を受け入れる形で停戦を迎えた。 また2014年9月現在、マイレージプログラム等はないので注意。, 欧州線は主にボーイング737-800、長距離路線は主にエアバス330-200、ボーイング777-200LRが使用されているがともに1機しか保有していないため、時々ボーイング767-300ERも使用されることもある。, イラク航空が発注したボーイング製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は70で、型式名は737-870、747-470Cなどとなる。しかし、リース機のみで運用されているため使用されていない。前述のようにリース機が多いため、同じ機種やシリーズでも搭載エンジンが異なっている場合が多い。そのため運用や整備の効率が悪い状況となっている。, 現在バグダード国際空港に、湾岸戦争以前に運航していたボーイング747SPやイリューシンIl-76、アントノフAn-24が放置されたままになっているが、長年飛行していなかっただけでなく整備を受けていない他、各種部品が盗難に遭っているなど状態が悪いために、修理はされずそのまま廃棄処分になると思われる。, 湾岸戦争以前はブラジル(リオネジャネイロ)や日本(成田)への運航もあったが、2015年7月現在、長距離路線は中国(北京・広州)、マレーシア(クアラルンプール)の3路線のみである。, イラクの航空会社で、中近東で最も古い歴史をもつ航空会社の一つであり、アラブ航空会社機構の一員, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イラク航空&oldid=80149772. イラン・イラク戦争最中の昭和60年(1985)3月。イラクのフセイン大統領は48時間後にイラン領空の航空機を無差別攻撃すると宣言、テヘランの外国人は緊急脱出しますが、日本政府は救援機を出せず、幼児を含む日本人200数十人が取り残されました。

イラク政府はこれを受けて、イラク航空の解散はせずに会社を存続させることを正式に決定した。, 湾岸危機以来大型機の運用を見合わせてきたが、2010年以降、ボーイング767-300ERを中古機で導入し、

地球史探訪: トルコによるイラン在住日本人救出(上) イラク空軍の空爆に怯えるテヘラン在住 日本人たちに日本政府は救援機を出さなかった。 転送歓迎 H22.08.29 38,504 Copies 3,328,782Views 1.「頼む! 助けてやってくれ! イラク航空(イラクこうくう、阿: الخطوط الجوية العراقية‎、英: Iraqi airways)は、イラクの航空会社で、中近東で最も古い歴史をもつ航空会社の一つである。また、アラブ航空会社機構 (Arab Air Carriers Organization) の一員である。, イラク航空は第二次世界大戦終結後の1946年に運航を開始し、その後ビッカース バイカウントなどの新型機材を導入し、徐々に路線網を拡大して行った。冷戦下において政権が変わった度に西側と東側の両方の航空機を購入したため、1960年代にはイギリスのホーカー・シドレー トライデントとソビエト連邦のツポレフTu-124を同時に運航していたこともあった。, 1970年代に入り、石油価格の高騰を受けた好況の影響を受けて、ボーイング707やボーイング747などの大型機を相次いで導入し、ロンドン、東京、バンコク、ニューヨーク、モスクワやリオデジャネイロなどの世界の主要都市にその路線を拡大した他、近距離国際線や国内線用にボーイング727などの当時の最新鋭機を導入するなど、機材の更新を推し進めた。また1980年代頭にはバグダード国際空港のターミナルが新装し、中東におけるハブ空港の地位を目指した。, なお、日本へは極東路線として、1978年4月22日から成田国際空港(当時は新東京国際空港)が開港する同年5月19日まで暫定的に羽田空港に就航して、その後は1990年8月1日までの間、バグダード-バンコク(ドンムアン国際空港)-東京(成田)間をボーイング747コンビを用いて週1便で就航していた。就航後数年間はバンコクだけではなくて、ドバイやムンバイも経由していたことがある。バグダード-日本間のフライトではファーストクラスとエコノミークラスの2クラス制を採用しており、成田発とバンコク発のフライトにおいては、日本人向けの機内サービスの一環として機内食にもりそばなどの和食メニューを用意していた。日本乗り入れを中止した後も同空港の発着権を返上していなかったことから、あくまで「一時休止」扱いとなっていた。, しかし、1979年にサッダーム・フセイン政権下になった後の1980年に起きたイラン・イラク戦争によりいくつかの国際線が運航休止になってしまい、またイラン・イラク戦争終結後の1988年には休止していた国際線の運航を本格的に再開したものの、そのわずか2年後の1990年にイラクが隣国のクウェートに侵攻し、国際社会の猛反発を受けたことで殆どの国際線の運航が休止となってしまった。なおこの際にクウェート航空が運航していたボーイング767やクウェート国際空港に駐機していた外国機を接収し、自社のフリートに組み込んだ。, ところが1991年に発生した湾岸戦争でアメリカを主力とする多国籍軍の攻撃を受けたため、多くの所有機材を隣国のイランやヨルダンに避難させることになった上、クウェート侵攻の際に組み込んだ機体をはじめ、国内に残した機材の多くが破壊されてしまった。, さらに戦後、国連による制裁によって国際線の運航がメッカ巡礼のための「ハッジフライト」に限られただけでなく、国内に飛行禁止区域が設けられたことから、殆どの機材がバグダード国際空港をはじめとする国内の空港で地上保存状態にせざるを得なくなってしまった。, その上に、地上保存されていたボーイング747-SPやボーイング737-200などの所有機材の多くは、就航できない上に予算が枯渇したためには殆ど整備が行われなかっただけでなく、多くの部品が盗難にあってしまったために、大規模な修繕を行わない限り二度と飛行できない状態になってしまった。また、湾岸戦争以前の1980年代後半にエアバスA310を5機発注していたが、クウェート侵攻で宙に浮いてしまい、建造されないまま2007年にA310自体が製造中止となった。, 追い討ちをかけるように、2003年3月にアメリカやイギリスを始めとする多国籍軍がイラクを攻撃し、イラク戦争が開戦したことで、バグダードなどのイラク各地に地上保存されていたボーイング727‐200やイリューシンIl-76などの多くの機材が、多国籍軍の攻撃を受けて完全に破壊されてしまった。, しかし、アメリカなどの多国籍軍によりサッダーム・フセインが追放(その後処刑)され、新政権が樹立された後に、イラク航空は政府の国営からエア・イラク社に経営が移管され、2004年10月には新体制下における第1便として、需要の高いバグダード-アンマン線の運航を開始した。, その後アメリカ政府などから資金援助を受けて2004年にボーイング767-200型機などの中古機材の提供を受けた他、これまでバグダード国際空港内に放置されていたボーイング737-200型機やイリューシンIL-76などいくつかの残存機が再び使用できるように整備を受けた。2005年6月には、イラク戦争後初の国内線である、バグダード-バスラ線の運航を再開しほか、バグダード-テヘラン線やバグダード-イスタンブール線などの国際線を開設した。, 2010年5月、イラク航空の解散が決まり清算に入った。 JOG(663) トルコによるイラン在住日本人救出(上),明日の日本を背負う国際派日本人5万人に読まれています。創刊22年の人気・老舗メールマガジン。 無料メルマガ 「国際派日本人養成講座」 申し込み リンク、転載歓迎。ise.masaomi@gmail.com までご連絡下さい。 「日本人皆に知って欲しい事(イラン・イラク戦争での邦人脱出劇)」m.d a太郎のブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車sns「みんカラ」へ! イラン・イラク戦争さなかの1985年3月19日、トルコ航空によって命を救われた日本人215名の内のお一人が、沼田凖一さんです。その沼田さんによる、奇跡の脱出から現在に至るまでの歩みをご紹介いたし … イラン・イラク戦争 ... てきたが、2010年以降、ボーイング767-300erを中古機で導入し、 ボーイング747-400も元日本航空のja8912とマレーシア航空の2機導入し、将来北米路線の再開に向けてイラク初の-400としても注目を集めた。 続けて、更に2012年にはエアバスa330-200とボーイング777-200lrを1機ず … 1985年3月12日の毎日新聞夕刊は「テヘラン爆撃 イラク軍報復 市民5人が死亡 日本人の大多数が住む地区」と伝える。「2軒隣の中庭に爆弾が落ちた」と話す縣正樹さん(62)の住んでいた家は、窓ガラスが割れたり壁が崩れたりし、住める状態ではなくなった。83年からイランの首都テヘランの日本人学校に赴任していた縣さん。妻や子供と地下に避難した際、ずっと大人の悲鳴やうめき声が聞こえていたという。「 … 2015年3月からはイギリスのマンチェスター、アルメニアのエレバンへの運航を開始し、同年6月8日からは北京への運航も開始した。, イラクの国旗にも使用されている汎アラブ色の中の緑を基調としており、ツバメを意味するアラビア語: سنونو(日本語読み:「スヌーヌ」)をモチーフにしたロゴマークは、尾翼マークとして長年用いられて、同社のシンボルとしても知られている。, イラク航空はリコンファームの制度が残っている数少ない航空会社である。全路線とも出発の5日前又は120時間前までのリコンファーム(予約の再確認)が必要。 また、2013年9月には中国の北京・上海・広州に就航予定であることを正式に発表し、マレーシアのクアラルンプールへの運航を開始した。

地球史探訪: トルコによるイラン在住日本人救出(上) イラク空軍の空爆に怯えるテヘラン在住 日本人たちに日本政府は救援機を出さなかった。 転送歓迎 H22.08.29 38,504 Copies 3,328,782Views 1.「頼む! 助けてやってくれ!