血液型:B型 悪魔の喉笛とのご対面。 悪魔の喉笛と言われるだけあり、滝の音がすごいです。 それに水量も多く迫力も半端ないです。 世界三大瀑布と言われているイグアスの滝。

(function(d, s, id) { イグアスの滝(イグアスのたき、スペイン語: Cataratas del Iguazú [kataˈɾatas ðel iɣwaˈsu]、ポルトガル語: Cataratas do Iguaçu [kataˈɾatɐʒ du iɡwaˈsu]、グアラニー語: Chororo Yguasu [ɕoɾoɾo ɨɣʷasu])は、南米大陸のアルゼンチン (80%)とブラジル(20%)の二国にまたがる世界最大の滝。イグアス (Iguazu) とは先住民のグアラニ族の言葉で大いなる水 (Y Guazú)という意味。, イグアス川の下流にある。この滝を含むブラジルのイグアス国立公園とアルゼンチンのイグアス国立公園は、ともにユネスコ世界遺産に登録されている。最大落差80メートル以上[2]。「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo) が有名な観光名所である。, アメリカのエレノア・ルーズベルト大統領夫人が訪れた際、イグアスの滝を見た夫人が「My poor Niagara... (かわいそうなナイアガラ…)」と言ったとされる話は有名で[3][4]、規模はナイアガラを大きく上回る。, パラナ川との合流点より23km上流のイグアス川にあり、季節で変化する水量により150から300の瀑布が出現する。最大の瀑布である悪魔の喉笛は高さ82m、幅150mのU字型で長さ700mに亘る。玄武岩からなるパラナ高原の端にあり、100年で30cm削られ上流へ後退している。合流点からみたパラナ川のやや上流のブラジルとパラグアイ国境上に世界2位の発電規模を持つイタイプダムがある。, 亜熱帯気候で年間降水量は約1900mmと多い。最高気温は5月から9月が23~27度C、10月から4月が28~33度C。最低気温はそれぞれ9~13度C、14~20度Cである。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イグアスの滝&oldid=77268646, アルゼンチン側の景観は、大小無数の滝がかかっているのが大きな特徴であり、それを縫うようにして掛けられている遊歩道を歩きながらその景観を楽しむことができる(遊歩道は、滝を上から眺めるルートと下から眺めるルートの2つがある)。アルゼンチン側の遊歩道からは、「悪魔の喉笛」を上から見下ろすような格好で眺めることができる(このページ右上の画像はアルゼンチン側から撮影したもの)。また、川の中州にあるサンマルティン島へ向かう船着場から、滝つぼに飛び込むボートツアーが出ている。, アルゼンチン側とは景観が多少異なり、こちらはそれほど多くの滝はないが、ひとつひとつの滝が大きいのが特徴であり、アルゼンチン側にある「悪魔の喉笛」と変わらないくらい迫力のあるシーンを何度か楽しむことができる。また、展望台から「悪魔の喉笛」を対岸から見ることが出来る。, フォス・ド・イグアスは滝へのアクセスポイントとなる3つの町のなかで最も規模が大きく、アルゼンチン側に行く場合でもここを拠点にした方が動きやすい。フォス・ド・イグアスからプエルト・イグアスまではバスで2時間前後、シウダ・デル・エステまではバスで1時間前後(国境でのパスポートコントロールをそれぞれ含む)である。. フォス・ド・イグアス、悪魔の喉笛Devil's Thoat、世界三大瀑布、ヴィクトリアの滝、ナイアガラの滝、エンジェルフォールズ、The Path of The Falls Stop (遊歩道駅)、ハナグマ、防水、アルベルト・サントス・デゥモンの銅像、世界遺産、大いなる水、275の滝、ヘリクルーズ、展望台、 Facebook google_ad_client = "ca-pub-6961564003247304"; 悪魔の喉笛と呼ばれる世界3大瀑布の1つ、イグアスの滝をアルゼンチン側から見学した。ものすごく観光地化された国立公園と、想像を超える水量。, その恐ろしい名前のつく場所は、南米大陸にある。アルゼンチンとブラジルの間にまたがる滝群、イグアスの滝の最大の滝に「悪魔の喉笛」という名前がついている。, どこからこの名前がついたのかはさておき、この場所を訪れてみると、文字通り地獄に誘い込む悪魔のような場所だった。, イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルの国境にある滝で、どちらからも見ることができる。ただ、どのガイドブックでもアルゼンチン側を勧めている。, わかなこさんが考察する理由は2つ①アルゼンチン側の方が迫力のある滝を見ることができる②ブラジル側に行くには観光ビザが必要で、手間がかかる, アルゼンチン側のイグアス観光拠点はプエルト・イグアスという小さな町。アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスから飛行機で約1時間50分。, イグアスの滝国際空港 (Aeropuerto Internacional Cataratas del Iguazu:IGR)へは、南米の大手航空会社LATAMをはじめ、様々な航空会社が便を運行しています。ここでポイントなのが、ブエノスアイレスの空港選び。, ブエノスアイレスには、日本の成田と羽田のように2つの空港がある。エセイサ国際空港(EZE)とホルヘ・ニューベリー空港(通称アエロパルケ:AEP)だ。, イグアスの滝など、アルゼンチン国内の飛行機移動でおすすめなのは、ホルヘ・ニューベリー空港だ。羽田空港のように都市部から近く、主に国内線の便を運行している。(日本へ帰るときはエセイサ国際空港を利用する場合が多い。), イグアスの滝国立公園は、空港とプエルト・イグアスの間に位置している。そのため、空港から直行も可能だが、わかなこさんは町で一泊。そして翌朝ツアーで迎えにきてもらった。, イグアスの滝は整備が整っている国立公園の中にあり、ほとんどの場所が舗装されたバリアフリーな空間。すごく観光地化されている。されすぎているかもしれない。, まず、公園に入場料800アルゼンチンペソ(約1400円)を支払い、バーコードを読み取り入場。支払いにはカード(Visa, Master, AMEX)も使える。, ゲートを通ると、そこはまるでテーマパーク。舗装されていて、各所に地図や売店がある。といいつつ、木々に囲まれている自然豊かな場所だ。, トロッコ列車にのると、1番高いところにある「Garganta de Diablo」駅に到着。これを日本語に訳すと、「悪魔の喉笛」となる。駅から徒歩で約1キロの散歩をすると悪魔の喉笛を拝むことができるのだ。, この天国のようにゆったりとした空間を歩いていると、遠くに水しぶきがあがっているのが見える。, 甘い果実を見つけた動物のように、みるみる心は溶かされ、どんどん悪魔の喉笛へ惹き込まれていく。, 悪魔が用意した甘い道を進んでいくと、ついに悪魔が本性を表す。凄まじい音を立てながら、水が落ちている。, こんな壮大な景色、見たことがない。パタゴニアでみた「静」の美しさとは異なる、「動」の気迫。, 展望台はまるで雨が降っているようにびしょ濡れだ。なんと水着を着ている人もいるではないか。 防水ではないスマートフォンやカメラを守りながら、景色を眺めることができる。, 写真撮影をしたい人は、防水機能がついたカメラや、スマートフォンの防水ケースを用意しておくのが良いだろう。, 喉笛で自然の威厳を感じたあとは、再びトロッコ列車に乗って1つ下の駅へ。トロッコの駅には、かわいい動物がいるが食べ物を盗まれるので、注意。, 悪魔の喉笛と比較すると大きさは小さいが、数は多いのでまた違う良さがある。まるで絵画のような美しさを感じることができる。, のんびりと風光明媚を味わい、マイナスイオンを浴びながら都会での疲れを癒すことができる。, ハイキングを終え、昼食(公園内に軽食を買える売店やビュッフェ形式のレストランなどがある!)を取ったあとは念願のボートツアー。, トラックに乗り、ジャングルの植物を見ながら港までやってくる。しきりにガイドさんがシャワーと呼んでいたけど、すれ違うツアー後の人はそんなに濡れていないから大丈夫だろう。, トラックから降りて階段を降りていくと、防水バッグそしてライフジャケットを渡される。, きちんと防水バッグを締めて、防水じゃないものはしまいなさい、という指示。びしょ濡れのライフジャケット。, ぬぬぬ、ドキドキしてきた。ハラハラしてきた。けっこうこれは濡れるのかもしれないぞ。, そして爆音を鳴らしながら出発したボートは滝へ突っ込む!高い波にも負けずに、急発進!, 楽しすぎる〜!アドレナリンがドカドカ分泌されている。これを繰り返すこと3回、テンションは最高潮だ。, しかし30度近くある夏ではあっという間に乾くのだ。(だから帰って来る人はあまり濡れていないのか、、納得。), 今回もツアーで参加しました。ホテルの前でピックアップしてもらい、1日楽しんだあと、ホテルまで送迎。, 今回は、ガイドさんのおすすめレストランLa Rueda (ラ・ルエダ)へ。とってもおしゃれで、夕時にはテラス席で食事をするのもおすすめ。, ここでは、イグアスの名物、ナマズ料理を堪能!Surubi(スルビ)というこの地方ではよく食べられる魚で、クセもなく、淡白でおいしい。, ただ、きっと30cm以上はあるのではないかと思うくらい大きく、ボリューミーなので、二人以上でシェアすると良いと思います。, パイネ国立公園のアクセスポイント、プエルトナタレスへの行き方と、おすすめレストランを紹介![…], 南米旅行でウルグアイに行くか悩んでいる人、必見!小国ウルグアイの完全ガイド。ブエノスアイレスからのフェリーの乗り方、町の美しさ、知られざるウルグアイの[…], まるで、アナと雪の女王の世界。巨大なペリトモレノ氷河があるロス・グラシアレス国立公園の体験レポートです。[…].
その恐ろしい名前のつく場所は、南米大陸にある。 アルゼンチンとブラジルの間にまたがる滝群、イグアスの滝の最大の滝に「悪魔の喉笛」という名前がついている。 どこからこの名前がついたのかはさておき、この場所を訪れてみると、文字通り地獄に誘い込む悪魔のような場所だった。 下の「世界一周バナー」をクリックすると「and世界一周-カップル2人旅ってどうなん?!-」の順位がアップ♪ クリックで応援してもらえると泣くほど嬉しいです!! 朝から歩いている疲れも忘れるくらい、イグアスの滝のマイナスイオンを全身で浴びることができました〜最高〜 イグアスの滝 住所: Misiones Province, アルゼンチン 広大な敷地を持つイグアスの滝だが、そのハイライトとなるのが「悪魔の喉笛」と呼ばれる一番奥にある大滝だ。 イグアスの滝(イグアスのたき、スペイン語: Cataratas del Iguazú [kataˈɾatas ðel iɣwaˈsu]、ポルトガル語: Cataratas do Iguaçu [kataˈɾatɐʒ du iɡwaˈsu]、グアラニー語: Chororo Yguasu [ɕoɾoɾo ɨɣʷasu])は、南米大陸のアルゼンチン (80%)とブラジル(20%)の二国にまたがる世界最大の滝。イグアス (Iguazu) とは先住民のグアラニ族の言葉で大いなる水 (Y Guazú)という意味。  年齢:29歳 アルゼンチンのブエノスアイレスからバスで20時間かけてイグアスの滝までやってきました!, 今回の世界一周の目的は、南米アルゼンチンにあるイグアスの滝「悪魔の喉笛(Garganta del Diablo)」を見ること。, 他はカナダのナイアガラの滝、もう一つはジンバブエとザンビアにあるヴィクトリアの滝です。, 20時間のバスに乗った後で既にへろへろですが、今日中に最大落差80mあるイグアスの滝「悪魔の喉笛」を見ようと思います。, イグアスの滝「悪魔の喉笛」のある場所は、世界遺産に登録されているイグアス国立公園の中です。, 冒頭にも書きましたが、ブエノスアイレスからバスだと20時間かかるのでヘロヘロ(笑), 飛行機だと2時間弱で来れるみたいですが、値段が高かったため僕ら夫婦はバスにしました。, ちなみに まずは最も滝に近づけるスポット「悪魔の喉笛」へ向かいましょう! お水はとても澄んでいて、お魚もいます(・∀・) イグアスとは先住民であるグアラニー族の言葉で「大いなる水」という意味だそうです。 ・バスだと往復1人2万5千円くらいと半額でした。, ただこのATMは少額でしか引き下ろせず、本当は4,000ペソひきおろしたかったんですが、2,000ペソずつしか引き下ろせませんでした。, イグアス国立公園に入ってすぐイグアスの滝が見られるわけではないので注意しましょう。, 僕らは今回イグアス国立公園内にあるホテルに泊まる予定なので、バックパックを背負いながら歩く。, 本当はブラジル側からもイグアスの滝を見たかったんですが、2017年以降はビザなしだと厳しいみたいなので断念。, ボートツアーもあるみたいなので、興味のある方はそちらをやってみるのもおすすめです。. Instagram
主な仕事:都城サンプラザホテル支配人 https://www.instagram.com/mihonakahara/ トリニダのロス・インヘニオス渓谷|旅の最後に感動的で泣けてくる出逢いが待っていた!.

・飛行機だとブエノスアイレスから往復1人5万強。

悪魔の喉笛とのご対面。 悪魔の喉笛と言われるだけあり、滝の音がすごいです。 それに水量も多く迫力も半端ないです。 世界三大瀑布と言われているイグアスの滝。 2016年1月6日 アルゼンチン側からイグアスの滝の行き方の情報です。アルゼンチンにきたら絶対に行きたいプエルト・イグアスからイグアスの滝のバスの料金や時刻表、イグアスの滝の入園料や悪魔の喉笛の観光情報を実体験で紹介していきますね! ・書道家