dwf会長o氏:まずは、先週の“アルゼンチン代表歴代best11”投票結果から発表しよう。 dwf幹事長k氏:以下が最強イレブンとして認定されました。マラドーナを抑えて栄えあるトップ投票を獲得したのはサ … All Rights Reserved. Ain't nobody beatin this team in a それぞれの世代で最強・最高と称され一時代を築いた、10名のレジェンド達をランキング形式で紹介します。, 選手プロフィール:1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨したレジェンド。ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルらと並び、黄金時代を築いた名選手のひとり。現役時代は悪役的なキャラクターとして人気を博した。世界ランキング1位通算在位記録「268週」は歴代4位。米国UCLA出身の高学歴。幼少期のフェデラーが憧れたアイドル選手だった。1972年でプロデビューから96年まで22年間に渡って現役生活を続けた。, 選手プロフィール:1980年代の男子テニス界の絶対王者。世界ランキング1位”連続”在位記録「157週」はフェデラー、コナーズに続いて歴代3位。世界ランキング”通算”在位記録「270週」はフェデラー、サンプラスに次ぐ歴代3位。四大大会では決勝に19回出場したが、8勝11敗という勝負弱さが垣間見える。, 選手プロフィール:80年代前半の王者。天才的なタッチセンスでボールをコントロールする、サーブ&ボレーを主軸としたオールラウンダー。シングルスとダブルスの両方でランキング1位を達成している。ビヨン・ボルグとのライバル関係で名勝負を繰り広げた。試合中に暴言を吐いたり、ラケットを投げたりと「悪童」と称されたクレーマーだった一方で、その情熱的なキャラクターでファンに愛された。米国スタンフォード大学出身(中退)。, 選手プロフィール:90年代にサンプラスをはじめビッグサーバーの活躍が目立つなか「世界一のリターナー」と称された天才ストローカー。端正なマスクに、当時は異端だったトレードマークのド派手なウェアと長髪で、テニス界のファッションリーダーとしても人気を博した。史上唯一のキャリアグランドスラム(生涯)・アテネ五輪シングルス金メダル・ATPツアーファイナル優勝の3冠達成者。1986年にツアーデビューして、2006年まで活躍。キャリア晩年の2005年全米オープンでも決勝に進出しフェデラーと好ゲームを演じたなど、長期に渡ってツアーで活躍した。36歳で引退宣言。2017年よりジョコビッチのコーチへ就任。, 選手プロフィール:70年代から80年代初頭にかけて活躍したレジェンド。ジミー・コナーズやジョン・マッケンローらと共に、男子テニスの黄金時代を築いた。全仏オープンに4連覇を含む6勝。特にウィンブルドンで5連覇を達成しサンプラス以前のウインブルドンの聖像と言える。片手バックハンドが主流だった時代に、両手バックハンドとトップスピン(順回転)を駆使して、現代テニスの源流を作った。長髪のブロンドヘアとトレードマークのヘッドバンドに、世界中の女性が黄色い声をあげた元祖アイドル選手。1983年に26歳の若さで突然の現役引退を表明した。, 選手プロフィール:1962年と1969年の2度に渡ってその年の4大大会の全てを制する”年間グランドスラム”を達成した名選手。サンプラスが”僕のお手本”としている。そのプレーの基本はサーブアンドボレーで、コート内での動きが速く、当時としては異例のフラット系のハードヒットを駆使した。, 選手プロフィール:1990年代最強のテニスプレイヤーでアガシと共に一時代を築いた。世界ナンバー1在位286週の記録を保持(連続6年間)。フェデラー以前の史上最高の選手。2000年代のBIG4時代以降も、史上最高のオールラウンドプレイヤーの一人に数えられる。その輝かしい経歴は、2002年の全米オープン優勝で締めくくられた。, 選手プロフィール:現在のATPツアーの支配力を圧倒的実績から、史上最強の呼び声が高い選手。まだ実績面ではフェデラーやナダルに劣るが、追い抜く可能性は十分。グランドスラム優勝17回。史上八人目のキャリアグランドスラム達成。全豪オープンに滅法強く優勝回数は最多の8回。ワールドツアー・ファイナル優勝5回。2011年と2015年にはオープン化以降男子6人目となる4大大会3冠を達成。, 選手プロフィール:エッグボールと呼ばれる強烈なスピンボールを操り、2000年代中盤からフェデラーの永遠のライバルとしてテニス界を牽引。グランドスラム20勝。北京五輪シングルス金メダル、史上2人目のキャリアゴールデンスラムを達成。クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を更新し続ける「赤土の王者」。, 選手プロフィール:グランドスラム最多優勝20回・歴代最長世界ランキング1位・通算獲得歴代最多賞金など数々の記録でNo.1となり、史上最高のテニスプレーヤーと称される。特に、世界ランキング1位連続在位期間237週は男女を通じて歴代最長。2017年の全豪オープンで35歳にして優勝し、5年ぶりのグランドスラムタイトルを手にした。, エレガントで華麗なプレースタイル、プロッフェショナリズム、スポーツマンシップ、人間性はコート内外に渡って、ローレウス世界スポーツ賞4年連続受賞など競技の枠を超えて評価されている希有な存在。また、長年に渡って世界トップクラスの巨額のスポンサー契約を結んでおり、収入的にもテニス史上最も成功したテニス選手。. そのアルゼンチン代表はどんなメンバーでどんなフォーメーションなのか また、ワールドカップでアルゼンチン代表の歴代注目選手を ”スポーツ情報ちょいカジリおやじ”が アルゼンチン代表ついて調べてみました。 お役に立てれば嬉しいです。 歴代史上最強の選手が、負け越していてはなにかおかしいですよね。 問題は、歴代最強を争う選手が今もなお、現役で戦っているのでまだ最強を決められないことです。 ちなみに、ジョコビッチ対ナダルの対戦成績、ジョコビッチの29勝26敗とほぼ互角です。 Ain't nobody beatin this team in a seven games series, DR. SHAQUILLE O'NEAL Ed.D. (@shaq)がシェアした投稿 – 2020年10月月31日午後4時26分PDT, わりと大真面目にこれが歴代最強チームだと思う 史上最強チームの2017GSWの改造版 ドレイを完全上位互換のレブロンにしてザザのところを史上最強ラジコンのADにする クレイとADはボールを持たなくても毎試合20点残せるからバランスがいい, カリー レナード KD レブロン AD の現役5人衆に勝てるチーム作れって言われても無理だわ, いくらなんでもコービーとアイバーソンを一緒にしちゃいかんでしょ コービーは歴代top10選手だけどアイバーソンは30に入るかどうかってくらいだろう, こういうのって単純に最強の5人なのか チームとして機能するかも考慮した上での5人なのかで話変わってくる, ボールのシェアを考えるとスプブラの使い勝手が良すぎる、カリートンプソンKDが走り回ってレブロンがPGするのがチームとしては1番強そう, 一口に最強チームって言っても、何をもって強いとするのかバラバラで議論にならないから仮想敵を定めたらいいんじゃね?例えば「完全体GSWに勝てるか」って考えるとか。 そうなると、シャックのあげたチームじゃ勝てなそうだ。, 成し遂げた実績か、実際の試合の強さで変わってくる 知名度だけならMJ、レブロン、コービー、シャック、ヤオミンとかがいい 成し遂げた実績ならMJ、レブロン、ダンカン、シャック、ビルラッセルかな, 実際に試合するなら、シャックは確定と想定すると SPに、仲のいいバークレー インサイド渋滞必須なので、フォワードはストレット4できる全盛期KDで確定 SGに、贔屓にしているアイバーソン PGに、守備とゲームコントロールで貢献してくれるビラップス, シャックはMJと戦って、ペニーとコービーとウェイドと組んだけど 好きなのはアイバーソンだから たぶん2人ぐらいを脇役シューターにしたほうが、シャックが楽しめる アイバーソンとシャックのホットラインで、ほぼチームは完結している, 現役なら去年のオールスターのクロージングラインナップの クリポ、ハーデン、レナード、レブロン、ADが最強 KDが怪我してないなら、クリポかハーデンと変えていい 90年台以降なら クリポ、ジョーダン、レブロン、KD、オラジ, カリーのオフェンスはいいが結局ディフェンスでカリーから崩されて対策考えるとなると、そもそも全員がディフェンスできた方が良い, そうやって万能1on1ディフェンダー集めまくったLACはどうなりましたか…? ぶっちゃけ試合の中で完全な1on1が成立することなんて稀だし、ディフェンスシステムとサボらない選手の方が遥かに大事なんだよね カリーはいるだけでスペースが空くし、何よりスター揃いのチームだとボールを必要としないのが大きい, 13 それはLACのケミストリーが悪かっただけやろ。 明らかにコミュニケーションミスでのチームディフェンスの崩壊だったから1on1が上手いディフェンダーがチームディフェンスができない謎理論やめてくれ, カリーはシステムに助けられてるところがあるし スモールラインナップのランアンドガンと、シャックは火と油, 普通に昨年のTORか今年のMIAに、シャック入れるだけで完結しそう MJはトラッシュトークとスティール、レブロンはアシストとブロックで貢献できるけど ボール持ってないと効力半減 キッド、ジョージョンソン、クレイトンプソン、ボウエン、プリンス、イグダラあたりは 球離れもよく、脇役でどんなスターチームでもある程度計算できる選手だと思う, LACのケミストリーとか言ってるけどシャックとか※12のメンツがケミストリー構築できるとも思わないけどな、ロマンはあるけど我が強すぎる, PGならマジックは明確にカリーより格上だと思うけどチームメイトにレブロンいるならカリーかな レブロン×スプブラは見たすぎる, 国際試合見る限りカリーが最強チームに入るのは厳しい。2ndチームでカリー用のメンツを揃えるぐらいしないとGSW王朝での活躍は見れないと思う。 歴代最高IQがコート上に2人いれば相手がどんなディフェンス、オフェンスをしてきても瞬時に対応できるのが今年のLALでわかったからPGはCP3でレブロンと組ませた方がいいわ, カリーをこのメンツの中に入れても4番手5番手なわけで、アテンプト少なくなるのは必須。なら別に歴代最高シューターを入れる必要はない。レブロンがPGできる以上、カワイ入れて守備に徹させる方が強いだろ。, このレベルになるとアテンプトとか決める必要もないだろ 各々が決められるタイミングで打つのが一番強い 普通のチームはシュートが上手い選手下手な選手が混在するからアテンプトマネジメントが必要だけど、歴代チームならそんな心配は無用 個人的にカリーは6thで出てくるのが一番怖いな、スリー1本決めるだけで一気に流れ変えてくるし, 国際試合のカリーは髭とカイリーがずっとアイソしてたから良くわからんのよな、ケミストリー皆無でもアメリカは最強なんだとは思ったけど。, PG レブロン SG MJ SF KD PF ダンカン C シャック 6th カリー スモールやるなら PG レブロン SG MJ SF コービー PF KD C AD 6th カリー, スター選手集めたらオフェンスは誰かしら決めれるんだからディフェンスに振った方が強いかも ということで, 実際は5人も王様いると、チームケミストリー崩壊する スターは1チーム3人以上は、誰かが損するのでよくない 実際は誰かが6thに引き下がらないと, 実際やるなら、レブロン、jjレデック、イグダラ、イバカ、シャックとかのバランスが 120%のポテンシャル気持ちよく発揮できて強いと思う, スーパーチームを倒したと言えば ジノビリのアルゼンチン代表、スターだらけのLAL粉砕したDET チームワークと長年の連携は、時にスターチームを打ち破る, またチェンバレン過大評価か。2回の優勝。しかも自分がファーストオプションなのは1回。超強化版ハーデンみたいなもんだろ。, シャックの主観だからAI入れてもええやろ! 当時最強のプレーオフ無敗で進んだレイカーズに唯一土つけたやん! しかもシャックより30センチ以上低い身長でさ!, アイバーソン以外はまあ有りっちゃ有り MJと丸被りのコービー選ぶくらいならバードかダンカン選ぶとか シャックよりカリームのが上だろみたいなネタ成分はあるけど, 国際大会は3Pライン近くて3秒ルールないからNBAでロングツーを多く打つ選手が活躍する傾向ある コービー、カーメロ、カイリー レブロンは得意のペネトレイト→キックアウトがあまり機能しないし、カリーはそもそもコートが狭いからスペーシングの重要性が薄まる KDはNBAと国際試合どっちでも化け物, 仮にシーズン420本くらい達成したやつがいたとして、38〜40%程度ならカリーの方を評価する奴もいそうだしな。あの年45.4%だぜ、イカれてんだろ。, これにチームワークがーとかバランスがーとか言ってるやつ笑えるわ。 シャックはそんなこと考えてこのメンバー選んでねーよ, 国際大会の話が出ているけど、それ関係ある? まあ、フロアバランス考えたら確かにレブロンいるならカリーいれたくなるな。 別にカリーがマジックより上だというわけではなく。, シャックは走れるプレイヤーだったんだけどな。 みんな晩年の印象で語りすぎ。ORLやLALの時のポストいれるときの展開の速さ異常だったんだぞ, 38 ようはGSWみたいなシステムを組んであげないとカリーは活躍できないって言ってるんでしょ。寄せ集めなら国際大会で実績出してるメンツの方が戦術関係なく確実じゃん, オールスターみたいに1試合限定なら最強 シーズン通してはあかん ロッカールームが血の海になりそう, こんなん一生答えが決まるわけないんやから、そのチーム面白そう!とか言ってるだけでいいのに頑なに自分のが最強!シャックはバカ!みたいに言ってる奴はまじでやばいと思う, 最強チームをADセンターで組んでるやついるけど、ADじゃシャック止められないぞ 俺はジョーダンからしかわからないからジョーダン以前は入れないけど, これが最強チーム 本当はダンカン入れたいけどプレイエリアがシャックとかぶるから外した シャックとダンカンならシャックを取りたい, まぁ今の時代にアイバーソンがいたらもっと評価違うだろーがな。それこそ最強PG論争に食い込む活躍してたと思うよ。, 45 むしろ今の時代の方が合わないと思う。どれだけ点数取れてもアイバーソンが穴すぎる。それにアイバーソンはそもそも2Pのロングツーが多くTS%が極端に低く、今の時代ハンドチェックが無いとはいえデータでの解析もより進んでて1on1がメインの背の低いプレイヤーはトラップディフェンスなどのダブルチームでTOを狙われることが多く当時よりも極端に得点力が伸びるとも考えにくい。アイザイアトーマスよりも3が苦手な上身長も実寸は180無いと考えると苦しそう。, 44 オレもジョーダンから見てるオッサンだけど、これに完全に同意。 マジックやキッドも捨てがたいけど、バランス考えてカリーだわ。 レブロン、ジョーダン、KDでディフェンスも穴ないし。, カリーが嫌いな人多いみたいだけどオフェンスでの相性考えるもシャックが中にいるならどうしても3を得意な選手を2人以上置きたいよね。PGレブロンのPFダンカンとかPGマジックジョンソンとかだと実際スペース的にきつくないか?ディフェンスはスイッチを多用すれば対応できるけどスペースの問題だけは戦術では補えないものがある。, 試合通してのオフェンスディフェンスの総合力で見るならカリーは選択の余地あるけどオフェンスだけで見るなら超入れたくなる。, カリーが嫌いじゃなくて、正当な評価でしょ。 カリーはディフェンスが上手いのか?ゲームメイクできるのか?, つーかこのメンツをまとめられるPGなんか存在しないんだからプレーエリアとか役割考えて最高のピースになるカリーがいいと思うな。ガードのポジションに歴代最高シューター入ってんのは普通に相応しいと思うけどね。, CにADを入れたがる奴いるけど、ADはそもそもソフトでパワー系の相手するの得意じゃないしC向きではないと思う。スモールなら問題ないけど。本人もそれが分かってからこそPFに拘っているんだろうし。普通にCはシャックだと思う。フリースロー気になるってことでADにしたいならオラジでいい。見かけ細身でソフトっぽいけど、案外コンタクト強いし、90年代にセンター務めてただけのことはある。, 53 相性の話でしょ。 そもそも全盛期のこのメンツの中に1人ディフェンスレスが入っても問題ない。 それにカリーのディフェンスは絶望的なほどの酷さではないしな。 あとゲームメイクってそれこそレブロンがやるのにPGに求める理由がわからない。 PG=ゲームメイク って考えの持ち主だとしたら時代遅れもいいとこ。, 正当な評価はマジック>カリーなのはわかる。がこのメンツにマジックを入れるよりカリーを入れた方がいいってのもまた正当な評価だと思う。, フロアバランスの観点から外が異常なカリーとKDは入れたい ボール持ってなくても活躍できるカリー、ダンカンは入れたい ジョーダン、レブロンを外すのは考えられない, グレッグ・ポポヴィッチHCの奥さんが亡くなっていたんだな…【NBA 2017-18】, 100mじゃなくて100yardね。それでも11秒台だろうしビッグマンがそんな速さで走ること自体やばいし、普通にガードより速かったらしい。提督より速いかに関しては自信ないけど。, 今季は琉球と宇都宮が段違いで強いよなぁ いい試合も昨年より多いし助っ人外国人も技巧派が増えた印象, レブロンは30歳にして瞬間最速は100mを10.9秒で走破することを解析されているみたいだね。 30歳ですらこれらしいから肉体的ピークでなおかつ体重の軽い前期CLEのときの走力はマジで化け物。.