大きなニュースとなりました。, 現地の経済専門家は 投資家側は不信感をいだいているといいます。, アルゼンチンの国の借金ということになります。 ※22日付けでデフォルトが確定しました。, 万が一、デフォルト(債務不履行)になれば 国債の暴落により、「日本経済の財政破綻が起こるのでは」との声も聞かれるようになってきています。日本人としても、無視することのできない経済破綻について、このアルゼンチンの例を参考に、実際に財政破綻に向かってしまった経緯と現在の経済情勢を見ていきましょう。   「(原資はあるものの支払わない)テクニカルデフォルトだ」と指摘しています。, アルゼンチンのフェルナンデス政権が新型コロナを理由にして アルゼンチンの政府総債務残高を掲載しています。アルゼンチンが抱えている負債や借金などの情報を知ることで、その国の経済を知ることが出来ます。投資する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。 アルゼンチン国債とは? 国債とは日本でもよく耳にします。 「債」とは借金という意味です。 アルゼンチンの国の借金ということになります。 国債は一般的に国が発行するものなので 信用があるので一般人だけでなく世界の投資家が購入します。 固定相場制では、自国通貨発行で借金返済しても、その後の“外国通貨との両替”がネックになる, 好景気判断も基本的には実態を無視した事実上の捏造であったことはしっかり覚えておくべきです。, 財政破綻とは-定義・構造・文章での使用例などを解説 | 高橋聡オフィシャルブログ バッカス. アルゼンチン政府 身内の借金はチャラにできまるかもしれませんが、他人からの借金はチャラにできません。 アルゼンチン政府は、外国から、ドルで借金しました。外国は、身内ではありません。 それが返済不能になったので、デフォルトしました。   固定相場制とは、自国の通貨を別の国の通貨と同じ価値に固定する制度で、ロシアであれば、例えば1ルーブル=1ドルに固定するということです。, ※実際は、1ドル= 1995年7月~11月:4,300ルーブル~4,600ルーブル 1995年12月~:4,550 ルーブル~5,150 ルーブル 1998年1月~:6.2ルーブル(デノミによって新1ルーブル=旧1,000ルーブル) >ロシアの為替政策 内閣府経済社会総合研究所, こうすることで、変動相場制における為替相場の暴落や急騰に左右されず、安定した貿易が可能になるわけですが、もちろん条件があります。 手放せない状況が続いていて返金は厳しい。, 日本の国債は、戦後、第二次世界大戦の敗戦を受けて 楽観視はできない状況です。 大幅なマイナス成長になるとの予測が多いのです。 š, コロナ|無症状率と最大感染力, コロナ|日本の被害が少ない理由.   å½¹, 米大統領選後の米中対立の行方, 無力化して行く米国の経済制裁, クライマックスを迎えたBrexit交渉, 国際経済の政治的トリレンマから見た米中覇権争い, 温暖化めぐるマクロン − ボルソナロ対立の「情」と「理」, 南米チリで考えた日本のコンビニ決済問題, 南北アメリカにおける「入」移民と「出」移民. 100万円で売却すれば1万円の利益を得ることができます。 国内法に基づいて発行された98億ドル(約1兆円)規模の ミッフィー展2020の東京チケット情報・値段は?場所や行き方と駐車場・開催期間も気になる!, 音楽の日2020にMISIAが番組初出演!歌う曲は?第3弾出演アーティスト情報も!, 『マツコの知らない世界』ディップソース 7月14日 見逃し配信は?松林卓・松林望が出演!.     一方,戦後のアルゼンチン経済は,ペロニズムによる経済政策の失敗,軍政,ハイパーインフレーション,対外債務のデフォールトとさんざんな印象だ。アルゼンチンの歴史を振り返ると,借金をまともに返す気がない国にも見える。 史上9回目となる債務不履行(デフォルト)になりました。 Copyright© アルゼンチン政府はなぜ借金を返せなかったのか / 総選挙は希望の党のひとり負けで、安倍政権の信任投票のようなものだった。これ自体は国際情勢が不安定な中で結構なことだが、首相が勝利の弁で「プライマリーバランス(pb)を無理やり黒字化して、アルゼンチンは次の年にデフォルトに 欧米の債権者団とは、総額662億ドルに上る債務の再編交渉が続いていて 一方,戦後のアルゼンチン経済は,ペロニズムによる経済政策の失敗,軍政,ハイパーインフレーション,対外債務のデフォールトとさんざんな印象だ。アルゼンチンの歴史を振り返ると,借金をまともに返す気がない国にも見える。 トレンド情報・ドットコム 信用があるので一般人だけでなく世界の投資家が購入します。, 目当ては利子での収益です。 アルゼンチンの生活と治安についてのランキング順位一覧です。幸福度、幸福度(2013年)、決済方法、家計、貧困、借金、治安、防災、結婚、社会保障と年金などのサブカテゴリからランキングの結果を探すことができます。 額面が日本円で100万円の国債があるとして 途中換金しても元本割れすることはありません。, 国債のデフォルトとは「債務不履行」を意味します。     将来的にデフォルトする可能性が高いとの見方を示しています。   投資助言会社インベックのエステバン・ドメック社長は 事実上のデフォルトに陥った経験を持っています。, FF14プレイしている有名人は誰?どんなゲーム・課金も気になる!人気の秘密(みどころ)も, ローソン「カプケ」チーズケーキの発売日や値段は?新発売の他の2種類なども気になる!. 過去には一時的にデフォルト認定された後に 2020 All Rights Reserved. それは「相場を固定した外国通貨と自国通貨が、いつでも交換できる状態でなければならない」ということです。 なにしろ、ルーブルとドルを固定相場でいつでも両替できるからこそ、ルーブルはドルと同等の価値(相場)を持つことができるわけですから。, つまり、自国通貨の価値=自国が保有する外国通貨(この場合はドル)ということで、自国通貨価値の裏付けを外国通貨に依存している、ということも出来ます。 ゆえに、固定相場制の国では、常に一定以上の外貨準備高を持っていないと、自国通貨の価値(相場)を維持できなくなります。 例え自国通貨建ての国債を発行しても、外貨準備高が無くなる=ドルとの両替が不可能になると、借金の返済が困難になってしまうのです。 なぜなら、固定相場でドルと等価交換ができると言っても、誰でも一番信用できるドルを持ちたがるからです。, 自国通貨建ての国債は、自国通貨を発行して返済ができます。 しかし、その後の外国通貨と自国通貨の交換は無限にはできません。 つまり、外貨準備高がゼロになってしまえば、自国通貨で借金の返済はできても、ドルに両替できなければ、結局支払い不能になってしまうのです。 要するに、“固定相場制の自国通貨建て国債は、実質的に外国債とほぼ同じ”というわけですね。 貯金箱(外貨準備高)がいっぱいなうちはいいですが、外貨が無くなってくると、途端に財政破綻の足音が聞こえてくるというわけです。 つまり固定相場制とは、金が他国通貨に置き換わっただけの金本位制とも言えて、自国通貨の価値・信用の裏付けが、自国のドル保有残高で決まってしまうのです。, 固定相場制の国が、自国保有の外貨準備が無くなってきたらどうすればよいのでしょう。 以下の三つの方法が考えられます。 ①自国通貨の価値を対ドルで切り下げる 例えば1ドル=1ルーブル→2ルーブルにすると、政府が交換しなければいけないドルが減るので、外貨準備減少の抑制が可能です。 しかしこの場合、自国通貨安になってしまうため、供給を輸入に頼っているとインフレを招く要因になってしまいます。 だからやり過ぎるわけにもいきませんし、下手をするとルーブル売りが加速して、保有ドル減少を抑制どころか加速しかねません。 ②外債発行で調達する 外債、つまり自国通貨以外のドル建てなどで国債を発行し、ドルを調達する方法。 無論自国通貨建てというわけではないので、デフォルトリスクがあります。 ③変動相場制に移行する これが最後の手段になります。 しかし、外貨準備もない状況では通貨価値を安定させるための為替介入もロクにできないため、自国通貨の暴落を招きかねません(実際に招きました)。 いずれにせよ、固定相場制で外貨準備が無くなると、国家財政としてはほぼ“詰み”となり、経済的な混乱は避けられない、と言う事になります。 無論、財政破綻(デフォルト)したからって、その国が消滅してしまうわけじゃありませんけどね。, ここまで見てきたように、例え自国通貨を持っていても、外国通貨建ての国債を発行していればデフォルトリスクがあるのと同様、自国通貨を持ち、自国通貨建ての国債を発行していても、固定相場制を採用していると外貨準備高が無くなった場合にはデフォルトリスクがある、ということです。 逆に変動相場制を採用し、自国通貨を持ち、自国通貨建て国債が100%を占めるような我が国日本では、無論インフレや通貨安といった問題を生じる可能性はありますが、デフォルトリスクはありえないのです。, ※この記事は、破綻する自国通貨建て国債、破綻しない自国通貨建て国債 門前小僧 アメーバブログを加筆・修正したものです。, フォローボタンで端末(PC、スマフォ)に更新が届きます。通常1日1回ほどの更新です(同ボタンで解除可能)Firefox、Chrome対応。, よく、自国通貨建てでも財政破綻したケースはいくらでもある、だから日本も財政破綻すると言っている者がいますが、この記事を見て理解できました。, 日本は自国通貨建てで、外貨準備のドルの保有も豊富で、更には変動相場制と、世界で最も財政破綻にしにくい国だと改めて確信致しました。, かつてのアジア通貨危機も、ドルペッグ(固定相場)が耐えきれなくなって起きたようですね。今の日本は変動相場制ですから、あまり関係のない話ですね。, 筆者の言う通り内国債の場合デフォルトしないとしても、仮に将来財政リスクが顕在化した場合には、国債並びに円通貨の信用が揺らぎ、かなりの円安に振れると共に輸入物価高騰により激しいインフレに見舞われる事になる。その結果政府(国)が救われる代わりに国民が犠牲になるのです。通貨安によるインフレを甘く見ない方が良いですよ。国債の信用リスクを甘く見てはいけません。現在日本国債の格付けはA~A-ですが、2ランク下がればBaとなり投機的部類に入りますので、金融取引でかなりのリスクプレミアムを要求される事は間違いないでしょう。コロナショックと同様に過度な楽観論は禁物だと思います。, 多様性を掲げて移民を入れることは国の中に地球の縮図を作ること→平和な国に争いが持ち込まれる, 詐欺師は初めから「お前を騙す 」とは言わない 菅総理の「国民のために働く」に騙されてはならない, 政治家ひいてはそれを選挙で選ぶ我々国民も、政府支出は必要なだけ支出するものだと知るべきだ, 経済的にでかい企業がその立場を利用したサプライヤーに値下げの圧力は、経済全体への負の圧力となる。. Would love your thoughts, please comment. 「自国通貨建ての国債では、財政破綻(この場合はデフォルト=債務不履行、借金が返せなくなること)はあり得ない」と言われますが、実は自国通貨建ての国債でも財政破綻する場合があります。 無論、「絶対に財政破綻はあり得ない自国通貨建て国債」というも   アルゼンチン、9度目のデフォルト 債務交渉は継続 2020年5月23日 6:10 (2020年5月23日 7:39 更新) ... 新自由主義者(笑)が借金をしまくって返済不可能となってしまったので、 再び左派政権が出てきて後始末をしようとしてるところ。 政府債務の返済を延期すると表明ししていましたが 新型コロナの影響で、2020年は年率5%を超える 日本の個人向け国債は元本保証されていますので   アルゼンチン、9度目の債務不履行 再編交渉は継続 2020/5/23 6:10 (2020/5/23 12:41更新) 現段階では3年間の「利払いなし」という発表だが、   国債は一般的に国が発行するものなので それを99万円で購入して 泣き寝入りすることとなりかねない。 外国通貨建て国債の利払い約5億ドル(約538億円)を実行せずに     「自国通貨建ての国債では、財政破綻(この場合はデフォルト=債務不履行、借金が返せなくなること)はあり得ない」と言われますが、実は自国通貨建ての国債でも財政破綻する場合があります。 無論、「絶対に財政破綻はあり得ない自国通貨建て国債」というものも存在しますが、その違いは一体何なのでしょうか。, 政府は通貨発行権というチートなスキルを持っているため、お金を無限に発行できます。ゆえに、政府が借金をする場合、その借金が自国通貨建てであれば―――例えば日本なら、政府が日本の通貨である円を借りた場合、円を発行できる日本政府は、いくら借金をしても返済に困ることはありません。なぜなら日本政府は、円を発行できる権限、すなわち通貨発行権を持っているからです。 つまり理論上、日本政府は自国通貨建てであれば、無限に借金をすることが可能なわけです。しかし、外国通貨建ての債務―――例えば外国の通貨であるドルを借りる場合、あるいはイギリスのポンドを借りる場合などは、無限に借りるというわけにはいきません。 なぜなら、日本政府にはアメリカの通貨であるドルを発行することも、イギリスの通貨であるポンドを発行することも出来ないからです。 自国通貨建ての国債(日本で言えば円で借りる借金)を内国債(内債)、 外国通貨建ての国債(日本で言えばドル建て債など)を外国債(外債) と言います。, 例えば、債務不履行で財政破綻したギリシャは、ユーロ加盟国で共通通貨のユーロを採用しており、自国通貨を持っていません。 つまり、ギリシャ政府には通貨発行権が無いので、政府の債務を返済できず財政破綻してしまったのです。メキシコの場合はペソという自国通貨を持っていますが、政府の債務が外債、つまり外国通貨建ての債務でデフォルト(債務不履行=借金が返せなくなること)になりました。 自国の通貨発行権を持っているとはいえ、外国通貨建ての国債なら外国通貨で返済せねばなりません。, 外国の通貨発行権を持っている国はありませんから、当然デフォルトリスクはあるわけです。, これに対して、ロシアは自国通貨建て国債で債務不履行(正確には対外債務の支払い停止)宣言をしました。これは、当時のロシアが固定相場制を採用していたことに、その理由があります。