公用語:スペイン語 スポーツ, 人口:4,427万人(2017年時点) ?」「すそ出しはいつからOKになった?「各国のユニフォーム事情(マラカナンの悲劇とは?他)」, これからサッカーを始める方や観戦しようとしている方向けにDF(ディフェンダー)の役割や魅力、楽しさをご紹介します。. 一方で世界を見渡すと、代表ユニフォームユニフォームには国旗の色が採用されていることが多い。ブラジルの黄色と緑、アルゼンチンの水色と白などが代表的で、国旗の色が国を象徴するナショナルカラーと広く認識されていることから考えても当然のことと言えるかもしれない。 他にも選手を多く輩出した東京帝国大学のシンボルカラーを採用したという説、日の丸が最も映える色だからという説などあるが、全て公式見解ではないのである。, 日本代表の歴史を振り返ると、1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックで着用されたサックスブルーのユニフォームが、日本代表が青を纏った最初。この時の日本代表は、オリンピック初出場であったにもかかわらず、優勝候補だったスウェーデンを相手に3対2で勝利。 この勝利は「ベルリンの奇跡」と称えられ、日本サッカーが世界に初めて輝きを放った勝利となった。その時に、日本代表勝利のDNAの一つとして「青」が組み込まれたのだろうか。 赤、黄色、白……と、選手と同じユニフォームを纏ったサポーターが埋め尽くすスタジアムの「色」は、試合の熱狂に一役買っていると言っても過言ではない。ユニフォームの色は、チームを象徴するものの一つなのだ。 今回は試合の後で行われる ユニフォーム交換 について、どうして行うのか、いつから始まったのか、ユニフォームにまつわるエピソードをご紹介します。, サッカーの試合後にユニフォーム交換をする理由は「選手同士がお互いの健闘を称え合うため」です。, 必ずしも義務ではありませんが、スポーツマンシップやリスペクトの一環として行われます。, もっとも、最近では「有名選手のユニフォームを狙う」という若干ミーハーな理由で交換を希望する選手もいますね。, 最初にユニフォーム交換が行われたのは「1931年のフランス対イングランドの試合」とされています。, この試合でフランスが 5-2 のスコアで初めてイングランドに勝利しました。これをとても喜んだフランスの選手達が記念としてイングランドの選手たちにユニフォームの上をくれないかと願い出たのが由来とされます。, 2012年にはUEFA(欧州サッカー連盟)が「リスペクト・プロジェクト」の一環としてUEFA EURO 2012において、, の6名(敬称略)をリスペクト大使に任命してユニフォーム交換のキャンペーンを行いました。, UEFA.com の Snap your Jersey というページ(外部サイト:クリックで別タブが開きます)の「 jersey-exchanging initiative 」という所をクリックすると限定動画が見られます。, リスペクト・プロジェクトとは、UEFAが社会貢献の一環として人種差別撤廃、障害者のサッカーファン獲得、運動やスポーツ活動による健康促進、異文化交流などを推進する活動です。, 元日本代表選手の前園真聖さんがバライティ番組でユニフォーム交換にまつわるこんなエピソードを話していました。, また、日本人と体臭が違う外国人選手の中には試合前から臭いが気になってしまう人もいるようです。, 一方で、元イングランド代表のベッカム選手のユニフォームは香水の様な良い香りがすると話題になったこともあります。, 義務ではないユニフォーム交換ですが、有名選手は拒否すると「調子に乗っている」「経緯を欠いている」と批判されてしまいます。, などが批判の的にさらされました。ただし両者とも、後に誤解であったとも報道されています。, 2018ロシア・ワールドカップで、アルゼンチン代表との対戦が決まったアイスランド代表のDFディエゴ・ヨハネソンは嘘か本当かメッシにチームメイト全員分のユニフォームをお願いするそうです。, アイスランドの選手全員がメッシのユニフォームを欲しがるだろう。自分もその内の一人だ。, メッシは最初にユニフォーム交換を申し出る選手にプレゼントするかもしれないし、我々はそれで喧嘩するつもりはない。, だから、僕はチーム全員分のユニフォーム23枚を用意してもらえるように彼に提案することにするよ。, プロ用のユニフォーム(オーセンティック)はレプリカと違い、選手が試合で最大限のパフォーマンスを出せる様、より通気性や軽さを追求した作りになっています。, また、機能性を高める代わりに耐久性は落ちるため、激しいプレーでユニフォームが破けてしまうこともあります。, 2018年ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選の日本対シンガポール戦の前半途中、相手選手が掴んだことで清武選手のユニフォームが避けてしまう事件が起きました。, この様な自体に備えて予め複数枚のユニフォームを準備しているためユニフォーム交換も可能というわけですね。, ただし代表ではなくクラブチームによっては「あまり交換しなでくれ」と言われることもあるそうです。, 2017年4月1日、イングランド3部でキットマン(用務員・スタッフ)がユニフォームを忘れてしまい、プラクティスシャツを借りて試合をしたことがあります。この用務員さんは解雇されてしまいました。, また、同じく2017年の23日には、化粧品会社の「Avon」とスポンサー契約を結んだリヴァプールの女子チームが、そのロゴの入ったユニフォームをお披露目するはずだった試合で忘れてきてしまうというまさかの展開もありました。, 仕方なく相手チームのアウェイ用ユニフォームを借りて試合を行いました(しかもリヴァプールが勝利), 日本でも、1995年4月1日に横浜マリノスと対戦したサンフレッチェ広島がアウェイ用の白いユニフォームしか持ってきておらず、横浜と色がかぶったためにサポーターから借りて試合を行うという珍事がありました。, 嘘みたいな出来事が2回も4月1日(エイプリルフール)に起きるというのも面白いですね。, 日本サッカー協会にも「リスペクトFC JAPAN」というものがあり、リスペクトやフェアプレーの推進などを行っています。. では、なぜ日本代表のユニフォームは青いのだろう?, 実はJFA(日本サッカー協会)に青の由来を尋ねると「わからない」と言うのが正式な回答。一般的には「国と国土を象徴している海と空の色」と考えられているが、これは後になってつけられた理由で、文献など明確な資料が残っていないため実際のところは不明なのだ。 Sports, Great Footballing Rivalries : Argentina vs. Uruguay « SportsKeeda, Grandes técnicos argentinos: César Menotti, Historias, curiosidades y estadísticas de la Selección, tras sus primeros 900 partidos, Partidos memorables: Argentina 1-Brasil 0, La polémica alemana sobre el penal en la final de Italia 90, Final Italia 1990: Alemania 1-0 Argentina, La última Copa América para Argentina: 1993, 【動画】メッシがハット!アルゼンチン、鬼門キト決戦で勝利…苦しみながらもロシアW杯出場権獲得, "Copa Roberto Chery, Brasil 3 - Argentina 3", "El 3 de Julio de 1919, la Selección de Brasil vistió la camiseta de Peñarol", GloriosoMirasol.com, All text is available under the terms of the. 是非、サッカーの技術だけでなくこういった考えが浸透すると良いですね。 Copyright © 2016 サカボン All Rights Reserved. その後、1964年の東京オリンピックでは白、1989 年から1991年まで赤を基調にしたユニフォームに変更したものの、どちらの結果もふるわず。ジンクス的な意味合いもあったのか、1992年以降は再び青を踏襲しながら現在に受け継がれている。, ロシアW杯に挑むメンバーが着用するユニフォームの青は、深く濃い藍色。この藍色は「勝色(かちいろ)」と呼ばれる日本の伝統色である。「勝色」は、戦国時代の武将たちが戦いに挑む際、鎧下と呼ばれる着物に好んで使ったとされる藍染の生地の中で最も濃い色とされており、この濃く深い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたのだとか。 つまり、今回6度目のW杯を戦うこととなる日本代表は、まさに「勝負に挑むための青」を身にまとっているのだ。戦乱の世の中を切り開いてきた武将の魂を引き継ぎ、ロシアW杯でグループリーグを突破するような活躍を見せてくれることだろう。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 首都:ブエノスアイレス 「サッカーアルゼンチン代表」(2017年12月16日 (土) 12:45 utc)『ウィキペディア日本語版』。 運営会社 株式会社ディライトフル さて、サッカー日本代表のユニフォームといえば「samurai bulue」という愛称からもわかるように「青」。ドーハの悲劇やw杯初出場を決めたジョホールバルの歓喜、マイアミの奇跡…記憶の中の日本代表を思い返すと、デザインは変わってもやっぱり青い。 今回のロシアw × Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. サッカー経験者の方で「ユニフォームをパンツに入れなさい」と注意を受けたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし今のサッカーでは裾を出すのが当たり前の様に見えますね。実は日本においては2012年よりこの規定がなくなりました。 さて、サッカー日本代表のユニフォームといえば「SAMURAI BULUE」という愛称からもわかるように「青」。ドーハの悲劇やW杯初出場を決めたジョホールバルの歓喜、マイアミの奇跡…記憶の中の日本代表を思い返すと、デザインは変わってもやっぱり青い。 サッカーにおいて背番号制度の導入がなされたのは20世紀初頭になってからである[1]。1897年、オーストラリア・ブリスベンで行われたラグビーのクインズランド対ニュージランド戦で使用されたのを契機に、イギリスにおいてサッカーでも使用すべきではという言説がなされるようになった[1]。こうした議論を経て、1928年のイングランドリーグ、アーセナル対チェルシー戦において、サッカーで初めて背番号をつけたジャージー(ユニフォーム)での試合が行われた[2]。チーム関係者からは「数字がチームカラーをスポイルする」として不評だったが、プログラムブックを見なければ選手が判らないことに対して不満を感じていた観戦者から概ね好評であった[2]。その後、1933年にFAカップ決勝戦(エヴァートン対マンチェスター・シティ)で再び背番号入りのジャージーが試用され、エヴァートンの選手が1番から11番を、マンチェスターシティの選手が12番から22番をそれぞれ着用して試合が行われた[3]。以降FAカップでは背番号制度が本格的に導入され、1939年にはイングランド・リーグでも導入されるようになる[3]。, 導入当時は1番から11番まで固定で、19世紀末から1920年代半ばまで世界のサッカー界を席巻していた2-3-5のVフォーメーションに沿ってゴールキーパーから順に、ポジションが前に行くに従って番号が大きくなるよう設定された[3]。まず最後尾のゴールキーパーは1番。続いて2人のフルバックは右から順に、ライトバック2番、レフトバック3番が割り振られた。3人のハーフバックも同様に、右からライトハーフ4番、センターハーフ5番、レフトハーフ6番。5人が並ぶフォワードは、ライトウィング7番、インサイドライト8番、センターフォワード9番、インサイドレフト10番、レフトウィング11番となった。, しかし、その後のそれぞれの国でのフォーメーションの変化にともない、各背番号が指すポジションは国ごとに変化していった[注釈 1]。, 以前は試合ごとにスターティングメンバーに1番から11番までが与えられていたが、現在、世界中のほとんどのプロリーグで背番号は固定制となり、選手は年間を通じて好きな番号を付けることができるようになった。また特に目立つことが好きな選手には、昔は誰もつけていなかったような大きな数字でさえ選ばれるようになった。ファンや観客が選手を特定するのが容易になった反面、ポジションと背番号との同一性はあまり感じられなくなってしまった。, 1993年、プレミアリーグでスコッド・ナンバー制度が導入され、試合ごとに背番号を割り当てるのではなく、個人ごとに番号が割り当てられるようになった[3]。これにより、他の競技で見られるような永久欠番の概念がサッカーにも登場し、ナポリの10番(ディエゴ・マラドーナ)、マンチェスター・シティの23番(マルク=ヴィヴィアン・フォエ)などが知られている[3]。, イングランドでは、1930年代から3-2-2-3のWMフォーメーションが一般的になる。それにともない、HBから5番のセンターハーフがFBの真ん中に下がる。そしてFWから8番と10番が下がってHBに加わった。このフォーメーションと背番号がヨーロッパ全体に広まった。, 1960年代には、6番がディフェンスラインに下がって4バックを形成する4-3-3へと変化する。, その後、ヨーロッパの中ではいち早く4-4-2システムに移行。現在のイングランドで4-4-2と言えば、GK 1、DFは左から3 6 5 2、MFは左ハーフ11、中央に4と8、右ハーフ7が並ぶ。そして、FWはセンターフォワードの9番と10番がコンビを組むこととなる。, 4番と8番では8番の方が攻撃的な選手で、シャドーストライカー・タイプや他国なら10番を付けるタイプが務める。またイングランドでは他国とは異なり、10番は伝統的にチームのエースストライカー的存在のフォワードの選手が付けていた(マイケル・オーウェンなど)。しかし国内トップリーグのプレミアリーグにおける2000年代の外国人監督の増加とそれに伴う他国式の戦術の採用の影響か、近年では中盤のいわゆるトップ下の選手のポジションそのものを「10番」と呼ぶようにさえなってきており、より普遍的なイメージに近づいている[5][6]。, 南米では、フォーメーションはヨーロッパとは異なる進化を遂げる。前述の2バックのVフォーメーションから、WMフォーメーションの3バックを経ずにいきなり4-2-4という4バックのフォーメーションを採用。選手のポジション変更にともない、背番号の配置も変わって行った。, ブラジルでは、HBの両サイド、4番と6番がFBの2人を挟むように下がり、FWラインから8番がHBに加わった。その後、4番が内側の2番と入れ替わり、現在の4バックの布陣となった。左から並べると、6 3 4 2となる(さらに3番と4番が入れ替わり、6 4 3 2となることも)。, 一方、アルゼンチンではHBの4、6番は、FBの間に入るように後ろに下がった。左から並べると3 6 4 2となる。, 1958年にはブラジルがこの4-2-4のフォーメーションでワールドカップを制覇。この時、ペレが10番をつけていたことが、チームの中心=10番というイメージを世界中に広めることに一役買った。その後、ブラジルは4-3-3を採用して1962年のワールドカップも制し、世界中の国がそれを採用することになった。, 現在のブラジルでは、4-4-2の場合、以下のようになることが多い。GK 1、DFは左から 6 3 4 2、ボランチ 5 8、攻撃的MF 7 10、FW 9 11。もともと左右のウイングだった7と11は、FWとMFの位置を入れ替わることもある。, 現在、国内トップリーグであるセリエAでは、1番から99番まで自由に背番号を決めて良いという規定があり、選手は99番などの大きな数字を背中に付けたり、自分の生年の下2桁を背番号にしたりすることもある[4]。, オランダの場合、6番はボランチ、8番はサイドアタッカー、10番はトップ下に与えられる番号[6]。, 伝統的なアヤックス風の3-4-3フォーメーションでは、GK 1、DFは左から5 3 2、MFはダイヤモンド型の下の頂点が4、左が8、右が6、上の頂点が10、FWは左から11 9 7となる。, 国内プロリーグでは、ファン獲得のために1970年に固定背番号制を採用したが、これは当時のヨーロッパでは画期的なことだった[7]。, スペインの場合、一般的には4-2-3-1だが、オランダ人のヨハン・クライフが監督を務めたFCバルセロナがオランダ風の背番号のつけ方をしていた。, リーガ・エスパニョーラは、国内のコンペティション(リーグ戦、国王杯)で1番から25番までと規定されており、1番・13番・25番(例外あり)はGKが使用する。リザーブチームの選手が出場する際には26番以降が使用される。, リーグ・アンは、国内のコンペティション(リーグ戦、クープ・ドゥ・フランス)で1番から30番までと規定されており、1番・16番・30番はGKが使用する[8]。Bチームからトップチームに昇格した選手は例外として31番以降が使用される(40番はGK)。, 1965年に初めての全国リーグである日本サッカーリーグが誕生した際には、「ファンに選手を覚えてもらおう」ということで、選手ごとに番号がつけられる固定背番号制が採用された[7]。しかし、これには登録が随時のためにレギュラーであるはずの外国籍選手の番号が20番や30番といった大きな番号になってしまうという問題があった[9]。, 1993年に開幕した国内初のサッカーのプロリーグであるJリーグでは、初年度の1993年から1996年まではポジションごとの役割が理解しやすいようにと、試合ごとに先発選手がポジションに応じて1から11を、そして控え選手が12から16をつける変動背番号制が採用され、1997シーズンからは、選手の認知度を高めることを目的に、再び固定背番号制が採用された[7][9][注釈 2]。, また、2004年には欠番の解禁など規約が一部改定されたことで特定の番号(12が多い)をクラブ公式にサポーターズナンバーとし欠番とするクラブが出てきた。2018年5月30日、Jリーグの理事会が開催され、シーズン途中の背番号変更が可能となり、同日から適用となった[10]。初適用者は当時ヴィッセル神戸の三田啓貴で、8から7に変更となった。, なお、変動背番号制であった1996年にはG大阪の今藤幸治がGKの番号である1以外の2から11までの背番号を付けた事がある。, 固定背番号導入当初、天皇杯では、Jリーグへの届け出とは別に背番号を登録したため、リーグ戦と異なる背番号を着用した例がある。, ただし、過去にはワールドカップでのアルゼンチン代表やイタリア代表のように、背番号を名前のアルファベット順に割り振った国もある, 【第10回】「知ってます?世界のサッカー常識」-知られざる背番号ストーリー Part2, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=サッカーの背番号&oldid=76318084.