湾岸戦争はイラクが強かったころの戦争、イラク戦争はイラクが弱体化した時の戦争ですよね?

アフガニスタン戦争の本当の目的は、軍需産業が儲けるため、アメリカ軍の軍事力を世界に見せ付けるため、アフガニスタンをアメリカに都合のいい国にするため、カスピ海周辺の石油をアフガニスタンにパイプラインを通して輸入したいなどだ アメリカ側の戦闘報告では、大和に魚雷30~35本、爆弾38発命中。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%92%8C_(%E6%88%A6%E8%89%A6)#%E5%A4%A7%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%B2%88%E6%B2%A1%E8%A6%81%E5%9B%A0 戦争をすれば、アメリカ経済が活気づく。アメリカのたいていの州は軍需工場を抱えているため、票獲得のためにも、もうけさせることが大事。 米国軍、ロシア軍より、テロリストの方が強いですか。 すべて 平均. アフガニスタン戦争の本当の目的は、軍需産業が儲けるため、アメリカ軍の軍事力を世界に見せ付けるため、アフガニスタンをアメリカに都合のいい国にするため、カスピ海周辺の石油をアフガニスタンにパイプラインを通して輸入したいなどだ Recommendations for Success in Afghanistan, Monograph, Strategi Studies Institute and U.S. Army War College Press, July 2019.(The U.S. Army War College 外部リンク), アメリカは2001年以来、アフガニスタンで18年近くにわたって戦い続けてきました。アメリカ軍の歴史にかつてなかった長期戦になっています。, 特に対反乱作戦、対テロ作戦、アフガニスタン軍の教育訓練など、アフガニスタンの治安を回復させるための努力を重ねてきましたが、依然としてイスラム過激派の武装勢力であるタリバンが脅威を及ぼしています。, 著者はアフガニスタンの問題をすべて解決できる単純な対策があるわけではないと認めていますが、この紛争でアメリカが何かしらの成功を収めるためにどうすればよいのかを包括的に検討しました。その結果、著者は根本的な問題が4つあると指摘しており、それは以下のように総括されています。, パキスタン、つまりアフガニスタン国外におけるタリバンの聖域を縮小させなければならない。, アヘン栽培の利権を取り締まり、タリバンがそれを利用することを防がなければならない。, パキスタンの問題が取り上げられているのは、アフガニスタンで攻撃を加えるタリバンがパキスタン軍の支援を受けていることが分かっているためです。, タリバンの本拠地はアフガニスタンとタリバンの国境地帯にあることが分かっており、アメリカは再三再四パキスタンに圧力をかけてきましたが、アフガニスタンを分裂させておいた方がパキスタンの安全保障の面で有利なため、パキスタンはタリバンを通じてアフガニスタンに軍事的圧力をかけ続けています。, この研究で興味深い点は、アメリカの能力だけでこの問題を解決することが難しいことが率直に認められているところであり、タリバンとの軍事的対決を続けるだけでなく、いかに望ましい条件で和平を実現するかが検討されています。, 2019年7月にこの研究が発表された時点でアメリカのトランプ政権はアフガニスタン紛争の出口を求め、タリバンと和平協議を進めようとする姿勢を打ち出しています。その先にあるのはアフガニスタンに展開する部隊の縮小です。, アフガニスタン軍の増強を通じてタリバンに対して軍事的に対抗することは引き続き重要だと述べていますが、著者はタリバンとの戦闘でアフガニスタン軍に多大な犠牲が出ていることも考慮しています。全体として議論は和平をどのように具体化していくのかという方向へ向かっており、現在のアフガニスタンの政権がタリバン政権にとって代わるシナリオも視野に入っています。, 厳しい状況の中でも著者はアフガニスタン軍の戦闘力を強化してタリバンと軍事的な均衡状態を作り出し、アフガニスタンの国家体制を分権的、連邦的な構成に再編成することが重要であると主張しています。, アメリカはアフガニスタン紛争でタリバンを打倒できなかった事実を認めなければなりません。しかし、だからといって2001年のアフガニスタンの状況にすべてを巻き戻すような事態は避けなければならない、と著者は論じています。, アメリカ軍をアフガニスタンから撤退させるとしても、その後のアフガニスタンでタリバンの勢力を牽制できるような連邦主義的な政治制度を残さなければなりません。, もともとアフガニスタンは部族制社会であり、その中には反タリバン派の立場をとる勢力もいます。, もしアフガニスタンの国家体制の中でそうした勢力が各地方に分立し、中央の政権に対して政治的に対抗できる仕組みを導入すれば、タリバンがアフガニスタンで再び勢力を取り戻しても、その影響力を大幅に削ぐことが期待できると著者は提案しています。, 「このシナリオにおいて、現状の境界が維持され、タリバンは今の領地を統治し、カンダハールにおいて活動している反タリバン勢力の助けにもなり、また旧北部同盟はタリバンに対して宗主としての地位を保つことが可能になる。これは恐らくパキスタンがアフガニスタンに固執する「戦略的縦深」を満たし、アフガニスタンに対テロリズムの拠点を必要とするアメリカの要請も受け入れることが可能だと考えられる」(Mason, 2019: 71), このような合意をまとめること自体が依然として難しい問題です。しかし、著者が見たところ、これが最も現実的なアフガニスタン紛争の終わらせ方であり、この状況を目指してアメリカとしても軍事的、外交的努力を調整すべきだと考えられています。, この記事を執筆している2019年8月2日現在、アフガニスタンでは大統領選挙のシーズンに入っており、再びタリバンの動きが活発になっているようです。, アメリカでも2020年の大統領選に向けてトランプ政権が有権者の支持を固めるため、駐留部隊の撤退の意向を示しており、今後のアフガニスタンの情勢がどのように推移するのか注目されます。, 著者が述べるように、アメリカ軍の部隊を撤退させた後もアフガニスタンにおける今の国家体制を維持し、タリバンの影響力を封じ込めることが可能になれば、18年近くにわたる戦いにも意味はあったといえるでしょう。しかし、その成果さえもアメリカの手に残るのか分からないのが現状です。, この研究は転機を迎えようとしているアフガニスタン紛争の現状を知る上で興味深い内容であるだけでなく、今後この国でどのような事態が起こり得るのかを見通すためにも有益であると思います。, 第一次世界大戦の航空機の研究開発史を記した軍事技術史の古典『アイディアと兵器』を紹介, 戦術が優れていても作戦と戦略に欠陥があれば、戦術は無意味である:『ドイツ軍の1918年の攻勢』の紹介, 第一次世界大戦のドイツ軍における突撃歩兵のドクトリン研究開発史を論じた『突撃歩兵戦術』を紹介する, 感染のリスクが高い船舶輸送は兵士にとって命がけだった:パンデミックにおける米軍の大西洋横断, 団結の強化は軍隊の戦闘効率を改善するとは限らず、場合によっては問題を起こすこともある, ソ連軍から見た独ソ戦の歴史を描いた『巨人たちが激突する時(When Titans Clashed)』の紹介, 湾岸戦争における米軍の司令官たちの仕事ぶりを描いた『十字軍(Crusade)』を紹介, 18世紀を代表するプロイセン軍の戦略家の生涯を描いた著作『フリードリヒ大王(Frederick the Great)』を紹介, ナポレオンの戦争術を読み解く『ナポレオン戦争(The Campaigns of Napoleon)』を紹介する, イラク戦争でバグダッドを攻略した第三歩兵師団の戦闘が分かる『テイクダウン(Takedown)』の紹介, 移動式大陸間弾道ミサイルの歴史を記述した『選ばれなかった道(An Untaken Road)』の紹介, 小部隊戦術を学ぶためのゲームブック『歩兵の戦闘(Infantry Combat)』を紹介する, 中世ヨーロッパで軍事学の権威とされたウェゲティウスの影響が限定的だったと指摘される, 戦闘シミュレーションの新手法を普及させた『人工戦争(Artificial War)』, 古代から現代の戦略思想史を描いた『戦略の変遷(The Evolution of Strategy)』(2010)を紹介する, ナポレオン戦争の戦術を徹底解説した名著『帝国の銃剣(Imperial Bayonets)』を紹介する, なぜ米陸軍は2017年に野戦教範『FM3-0: 作戦』を改定しなければならなかったのか.
WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, バイデンが大統領になるの日本が終わる。。ってみんないってますがなんでおわるんですか?, 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか?
軍事予算 : 1億2000万ドル それとも、ソビエトは負けていましたか。 United Nations (1995), Supplement to An Agenda for Peace 航空戦力 : 31. 世界地図を見れば判りますが、北にロシア(今はタジキスタン、ウズベキスタンだけどね)、, ただ、当初弱小と見られていたこの組織が、パキスタンの制御も受け付けない鬼っ子に育ち、, ソ連軍の戦闘教義はもともと平原・丘陵地帯における正規軍を相手にした電撃戦・総力戦を、, 後に北部同盟に加わる兵士は遠くからこのソ連の空爆を見ていて、アメリカのタリバンへの空爆を, ソ連空軍はボール爆弾・5トン爆弾・9トン爆弾・クラスター爆弾・サーモバック爆弾・ケント巡航ミサイル・, アフガンの地雷原を爆撃で一掃しようと思ったら、民間人を皆殺しにする覚悟で徹底的に爆弾をばらまかなくては。, 戦後、万という地雷処理を行なうのであれば、先にある程度破戒しておけば処理が楽なのでは?と考えたりしてみたのですが。, あるエリアに1発でも地雷がある可能性があるなら、ある意味そこは無数の地雷があるのと同じ、無防備で踏み込むことは, タリバンは軍と言うより、同好会や宗教団体に近いものです。冬は家に帰っていたりします。, アメリカをテロの対象にしているのは、アル・カイダの方で、これはタリバンとは別組織です。, パキスタン側の資料によると、1986~89年の間に数度の戦闘をソ連/アフガン空軍と行なっており、, 第1に、アメリカ軍が主体となって大量の兵力を送り込むのではなく、現地の反政府(当時は), 第2に、既存政権を崩壊させた後に新政権を樹立させ、一応傀儡政権のレベルを脱した新政権を発足させた, 第3に、新政権発足後の国内治安の主体は現地の新政府軍を主力にし、米軍自体はあまり積極的に国内で, アメリカは、パキスタンのタリバン支援をやめさせたし、北部同盟等の反タリバン勢力を味方につけた。, パキスタンという「聖域」があるから。オバマがイラク撤収したらアフガン転進・パキスタン攻撃とか言ってるのもこれを根絶するという意味があるんだろう。, そりゃ、ムジャヒディンの昔から強いってのと、部族連合から横断的な軍閥が育っていき、, 場合によっては統一政権(イスラムの名を標榜するかもしれんが)になって、パキスタンと, ちなみにその戦闘の過程では、まず買収して身内を裏切らせるという戦術を頻繁にとっています, で、マドラサが今も本来の意味でのタリバンの育成拠点であるのは去年の騒ぎでも明らかな訳で。, 最近になって、叩き続けることが可能になったから報道でタリバンが盛んに取り上げられている。, Taleban tax: allied supply convoys pay their enemies for safe passage, “We estimate that approximately 25 per cent of the money we pay for security to get the fuel, アフガン撤退を語る議論の中で、何故か印パ問題その他が放棄されがちになるのがものすごく気になる, 控えめに見ても90年代のタリバンはタジク・キルギス・ウズベクの原理主義勢力を支援してきたし、, 正直火薬庫過ぎて、撤退論議するなら「タリバン化後」の議論もセットじゃないといけないと思うんだが, 策源地のパシュトゥン人居住地域から駐留外国軍に散発的なテロを仕掛けるのには十分な兵力でも、, ソ連・アフガン戦争の頃は、真冬は寒さと積雪の為、ソ連もアフガンも自然休戦状態に。雪解け後、状況再開。, 稜線や峠越えの機動戦術がメインのゲリラにとって、いくら温暖化したとはいえこの時期の, パキスタンとアフガニスタンからのパシュトニスタン独立ってところがいいところですね。, だいたい、タリバンのシャリアはその実、寛容で開明なイスラム本流とあいいれない部族の伝統を, 欧米の人権団体を待つまでも無く女子を家庭に閉じ込めたりするのにはカブールでもマザリシャリフでも, しかしそのHumam Khalil Mohammedは実際アルカイダのオンライン討論フォーラム上などでも, タリバンなど武装勢力はアフガン国内に支配地域をもち、道路や橋梁に検問所を設けて通行税を徴収している。, また、イラクであったのと同様に、ISAF各国軍と契約を結ぶ民間業者や請負者への恐喝、浸透などもあると思われる。, ソ連侵攻時代と補給システムは大して変わってないだろうから当時のムジャヒディンのシステムで, 実際急峻で寒冷な高地のアフガンで、装備ダルマ状態になると動くだけで手一杯になるんで, アメリカはパキスタンのアフガン難民組織を、民間及びパキスタン政府(秘密警察)を通じて影に日向に支援し、, アメリカが撤退しますが、デメリットとメリットを出来ればお答えしていただければ幸いです。, 現在アフガンにかなりの地雷原があるとニュースで知りましたが例えば米軍の絨毯爆撃などで、あるていどの地雷を誘爆することは可能なんでしょうか?, アフガニスタンに海兵隊が派兵されることになったようですが、特殊部隊が派兵されることとの違いなどを教えてくださるとうれしいです。, パキスタン空軍のF-16が70年代にアフガンにてソ連、アフガン政府軍と行った空戦の結果を教えて下さい。, ソ連軍の二の舞になると考えられたアフガニスタンの地上戦をなぜアメリカは圧倒的な勝利で終わらせたのか?, アフガンでタリバンが勢力盛り返してて、今(2008年8月)は米軍にとってイラクよりアフガンの方が厳しいとCBSでやってたけど、実際どうなん?, ISAFが撤退して、アメリカの支援で安定政権がアフガニスタンに出来る可能性は低いかな?, アフガニスタンのマスード将軍について、彼がどう凄いのか、易しく教えていただけないでしょうか, アフガンの場合11月は年間で一番武力活動が不活発化するそうですが、何ゆえ真冬でなく11月なんでしょう?, タリバン政権が崩壊してもうずいぶんになりますが、いまだに活動できるだけの資金や武器を提供しているのは誰なんでしょう?, ニュースでよくタリバンが小銃持って訓練しているのを見るけど食料の補給とかどうしてるのかな?, http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/asia/article5327683.ece, http://www.nytimes.com/2010/01/05/world/asia/05cia.html?hp, タジク・ウズベク・イランはパシュトゥンによるアフガン支配(と、恐らく発生するだろう民族浄化)を看過するのか. また 台湾と友好しようとする アメリカ軍も動くか. 厳しい状況の中でも著者はアフガニスタン軍の戦闘力を強化してタリバンと軍事的な均衡状態を作り出し、アフガニスタンの国家体制を分権的、連邦的な構成に再編成することが重要であると主張していま … United Nations (2007), Decision of the Secretary-General’s Policy Committee 1979年 - 1989年のアフガニスタン紛争(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入、1989年に撤退するまでの期間を扱う。