アフリカ. Fax: 03-5574-0195, 国際: 関東 1979年 - 1989年のアフガニスタン紛争(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入、1989年に撤退するまでの期間を扱う。 info@afghanembassyjp.org, Consul Section(領事部): Tel: 03-5574-7611 中東 住所:西北230㎞のヒンドゥークーシュ山脈山岳地帯標高2800mほどのところ/カブール/アフガニスタン, ジャムのミナレットと考古遺跡群は、2002年に世界遺産として登録され、アフガニスタンの観光スポットとして有名です。ミナレットとは、先のとがった屋根を持つ塔のこと。このジャムのミナレットは世界で第2位の高さで65mもあり、2つの川のほとりのちょうど合流地点に建てられているので目立ちます。実際に見るとその大きさに目を奪われてしまうでしょう。 九州・沖縄 北アメリカ TABIZINE > 中東 > アフガニスタン > 【行ってはいけない国】忘れられないほど美しい場所「アフガニスタン」, アフガニスタンに行ったら訪れたい場所“バーミヤン”。そこには長い間、シルクロードを行き交う人々を見守り続けてきたバーミヤン遺跡があります。実際にバーミヤンに行った人たちの記事を読むと、一度行ったら忘れられないほど美しい場所とのこと。, この場所はバーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群に加え、自然の織り成す景観によって、ほかでは見ることができない独特の美しさがあります。こんな素晴らしい景観の場所は永遠に大事にしていきたいですよね。, こちらはカブールにあるQargha Lake。湖の向こうには高い山がそびえたち、小さな遊園地もあります。雄大な景色が目の前に広がっているのに、なぜか不思議と落ち着く雰囲気の場所ですね。この湖ではボートに乗ったり、釣りを楽しむことができるそうです。, この庭園は16世紀のはじめにムガル帝国初代皇帝バーブル庭園としてつくられました、長い歴史を持つ庭園です。雑草が生え、放置されていましたが、スイスに拠点を置くアガ・カーン文化財団の手で修復や復元が行われ、美しい庭園が蘇りました。いまこの庭園はアフガニスタンの希望の場所になっています。, カブール国立博物館は、カブールを見下ろせるバーグバラの宮殿に開設されましたが、現在は市庁舎の中に移転しました。この博物館にはなかなか見ることができないアフガニスタンの歴史がつまった芸術品がたくさんあります。カブールを訪れたら外すことができない場所だと言えますよ。, じつはこの博物館の目玉ともいえる「バクトリアの黄金」をはじめとする収蔵品は、勇敢な博物館職員によってタリバンの破壊から守られた経緯があります。14年もの間、大事に保管されていたのです。その事実を博物館職員は家族にすら明かしませんでした。博物館職員の並々ならぬアフガニスタンの文化&芸術への愛を感じ、胸を打たれる出来事ですね。, 2016年4月~6月、古代アフガニスタンの歴史と文化を紹介する国際巡回展で、この宝の一部が東京国立博物館にも展示されました。, アフガニスタンの観光地を巡る旅・・・。この国のことを知れば知るほど、興味を惹かれていきました。そう遠くない未来、アフガニスタンにしかない景色や歴史的な遺産をこの目で眺められる日がくることを願っています。, 旅人のバイブルともいわれている、沢木耕太郎著『深夜特急』にも登場するアフガニスタン。沢木さんがユーラシア大陸を横断した当時は、まだアフガニスタンには戦乱の予兆はありませんでした。 こんにちは。Compathy Magazine ライターの阿佐智です。世界一周、あるいは世界すべての国制覇を目指している旅人にとって悩みの種は、「いけない国」です。ビザの取得が困難だったり、そもそも一般観光客の入国を受け付けていなかったりする国がこれに該当するのですが、これはどうしても行きたければ、団体ツアーに参加するなどしてなんとか行くことができます。, しかし、テロの恐れがあるなど安全面での心配がある国は、命にかかわることですし、拉致などされれば多くの人に迷惑をかけることになります。そういう国については、外務省が危険情報を出して、おおよその目安を提示しています。しかし、実際には、そういう国にも足を運ぶことができることもあるのです。, 大使館員は有事の際、自らの担当するエリアに邦人がいることを把握している限り、その人間の安全を確保するまで、基本的に退避することはできません。国家に益をもたらすビジネスでの渡航であるなら、その人間の安全も確保しようと思いたくもなるでしょうが、気まぐれでそんな国に「遊びに」行った放浪者のために自らの命を危険にさらしたくはないのも当然といえば当然で、だからこそ「来てくれるな」ということになります。, 一応、大使館からは、最もポピュラーだったパキスタンから首都カブールへの陸路と、タジキスタンからの南下ルートは使わないよう指示されたので、それは守ることにし、ウズベキスタンのテルメズからアムダリヤ川を渡って入国しました。, バックパックを担ぎ、その先を行きました。時折トラックが路肩に停まっているだけで、灼熱の日差しが照りつけるアスファルトの道路には人気は全くありません。ひたすら道の先に見える建物を目指しますが、いくら進んでもたどり着かず、砂漠の蜃気楼を見ているようでした。, 実は、ここ来る前に私は一度警察に拘束されました。国境近くの仏教遺跡を訪ねたのですが、そこは立ち入り禁止だったのです。その場所には立ち入り禁止の表示などなく、こちらも素直に従ったこともあり、市中心の警察署まで連行され、なにやら書類にサインさせられただけで解放されました。 ミクロネシア 中国 中南米・カリブ しかしその際、デジカメの中身を調べられ、アムダリヤ川を挟んでアフガニスタンを望める丘で撮った写真は削除させられてしまいました。, イミグレから少し歩くと、そこにはシルクロードの日常の風景が広がっていました。その風景に少し安堵しながら、乗合タクシーでマザリシャリフに向かいました。, そして、時折目にするUNマークをひっさげて轟音を立てて疾走する甲装車の車列。車の上で銃を周囲に向けている兵士の姿に「戦場」をいやがおうにも意識させられます。 アフガニスタン美人女性を10名紹介していきます。多人種・多民族の特徴が混ざったアフガニスタン美人の美女レベルはとても高かったりします。周りを多くの国に囲まれる内陸国アフガニスタンは、その地理的な理由から、異なる人種や民族が行き交う場所となっ アフガニスタンへの渡航情報(危険情報)は、次のとおりです。 アフガニスタン全土(カブールを除く) 「レベル4: 退避してください 。 渡航は止めてください。 Copyright (C) 2020 TABIZINE All Rights Reserved. consul@afghanembassyjp.org, Public Relations(文化広報): アフガニスタン国民と政府は中村医師の功績に敬意を表し、ご家族、同僚の皆様、ご友人、そして日本国民の皆様に謹んで追悼申し上げます。 H.E. ミクロネシア public.relations@afghanembassyjp.org. アフガニスタンに行ったら訪れたい場所“バーミヤン”。そこには長い間、シルクロードを行き交う人々を見守り続けてきたバーミヤン遺跡があります。実際にバーミヤンに行った人たちの記事を読むと、一度行ったら忘れられないほど美しい場所とのこと。 息をのむ美しさ、バーミヤン州の標高約3000メートルの高地にある「バンデ・アミール」. 現在も内戦が続いているアフガニスタン・イスラム共和国には、観光資源が全くないのかというと実はそうではありません。世界遺産があり、首都カブール市内などでも見どころポイントはいくつもあるんです。 TABIZINE > 中東 > アフガニスタン > 【行ってはいけない国】忘れられないほど美しい場所「アフガニスタン」, 旅人のバイブルともいわれている、沢木耕太郎著『深夜特急』にも登場するアフガニスタン。沢木さんがユーラシア大陸を横断した当時は、まだアフガニスタンには戦乱の予兆はありませんでした。, しかし、残念ながら現在は外務省の海外安全ホームページをみると危険レベル4(退避勧告)となっていて、とても渡航ができる状態ではありません。, そんなアフガニスタンですが、じつは美しい古代遺跡や庭園もあり、治安が安定したらぜひとも訪れてみたいスポットがいくつもあります。今回はそんなアフガニスタンという国の特徴から観光スポットまでを幅広くご紹介。, アフガニスタンはユーラシア大陸の内陸国で日本とほぼ同じ緯度にあります。南部は砂漠、そのほかは山岳地帯で年間の雨量が少なく乾燥しています。乾燥した地帯なので、住民は日干しレンガでつくった家に住んでいます。また、さまざまな民族が暮らす多民族国家で、主な言語はパシャトゥーン語、ダリ語。国民の99パーセントはイスラム教徒です。, アフガニスタンのバーミヤン州にある「バンデ・アミール」は6つの湖の総称。砂漠の真珠とたとえられているだけあり、透明でブルーの湖が美しいです。, バーミヤンといえば、タリバンに破壊された仏像があるバーミヤン遺跡が有名ですが、粗削りで美しい自然がある場所でもあるのです。2016年現在はまだテロなどが多発していて、行くことが難しい場所。観光客もほとんどいないそうです。いつかアフガニスタンに平和が訪れたとき、実際に砂漠の真珠を見てみたいものですね。, 旅人のバイブルともいわれている、沢木耕太郎著『深夜特急』にも登場するアフガニスタン。沢木さんがユーラシア大陸を横断した当時は、まだアフガニスタンには戦乱の予兆はありませんでした。 中部 アジア かつては石仏が2つあったのですが、1979年のアフガン紛争、そして2001年のアフガニスタンタリバン政権のときにその大仏2つともに破壊されてしまったため、現在ではもう見ることができなくなっているんです。それ以降、そのままの形で残されているのが、バーミヤン渓谷の文化的遺産と古代遺産群です。お伝えした歴史的背景を思い出しながら、アフガニスタンのこの世界遺産を見てみると一味違った見方ができる観光スポットですよ。, 名称:バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群 北アメリカ ール・モハバット大使からすべてのアフガニスタン国民の皆様へメッセージ, 親愛なるアフガニスタンの兄弟、姉妹の皆様, 独立記念日おめでとうございます!, 我が国の治安を守り、また守り続けるために努力をしている皆様、我が国の栄誉となる皆様、そして我が国を守るために愛する家族を失った皆様にとって、今日という吉日に大きな温かみと栄光を感じることが出来ますように。, 多くの犠牲を払い、想像を絶する苦難に直面しているにも関わらず、我々の前に立ちはだかる困難を克服し、さらなる繁栄のために懸命に努めています。, この平和的な国家と平和を好む国民が世界に向けて、我々が何を出来るか示す時がまさに今なのです。我が国がこれから未来に向かう道のりにおいて、会得した教育や技術を生かす責任を果たしていくよう若い世代に求めます。, 皆様に神の祝福がありますように。, 新たなMRTタイプのパスポート申請を受け付けております。また、領事手数料は2016å¹´3月22日より、変更しております。領事部のウェブページより詳細をご確認ください。, 106-0041東京都港区麻布台2-2-1 国内: 近畿 アジア オセアニア・南太平洋 © The Embassy of Afghanistan in Tokyo, Japan | sitemap, 領事部のウェブページより詳細をご確認ください。, 詳細のビデオを確認 [ロゴをクリック], アフガニスタン投資支援機関(AISA) [クリック], アフガニスタンにおける投資 [クリック]. 残念ながら観光を目的としたアフガニスタンへの一切の入国は、2016年11月現在の時点ではすることができません。