国連地雷撤去データベース(96年4月10日現在)によれば、アフガニスタンに敷設されている対人地雷は1千万個に上ります。 この数字は、エジプト(2300万)、イラン(1600万)、アンゴラ(1500万)に次いで大きいものであり、アフガン市民の安全確保及び復興の大きな阻害要因となっています。 アフガニスタンは、実は遺跡建造物・壮大な高原などの自然があふれる観光に適した国でもあります。現在は現地の治安状況が悪いため旅行には行けないですが、いつの日かアフガニスタンの治安が安定し、旅行に行ける時がくるよう祈っておきましょう。 現在でも紛争が起こっている国は決して少なくありません。 そして、何年も何十年も解決せずに紛争状態が長引いている地域では多くの死亡者が出ています。 2019年10月時点で解決していない紛争(内戦)について解説します。 1979年で起こったソ連によるアフガニスタン侵攻、このアフガニスタン侵攻はなぜ起こってしまったのか?その原因となった歴史の背景には当時冷戦状態だったアメリカが関係していた?当時の紛争によって起こった現在の内戦や子供たちの問題、その解決策についてご紹介します! アメリカは、アフガニスタンに現在駐留する米軍約1万2000人について、合意日から135日以内に8600人に縮小することで合意した。 一方の「アフガニスタン紛争」は、1978年以降断続的に起こっている戦いのこと。1 1978年から1989年まで、1989年から2001年まで、2001年から現代までの3つの時期に分類するのが一般的です。 【2月24日 afp】国連(un)は24日、20年近く続くアフガニスタン紛争において、2018年は民間人の死者数が過去最多の3804人になったと発表した。