是非、一度覗いてみて下さい。, Source: 【馬GIFT】回収率重視の競馬予想ブログ 産駒は安定して走る反面、格上げ戦などで弱さを見せそうです。, また、早熟型で2歳時から活躍し続けていたことからも 最下位に惨敗している事から、このレースは参考外だと考えると, 4歳の夏まではアジアエクスプレスのキャリアとなりますが 阪神 【0.1.0.0】 代表産駒の ビホルダー はアメリカの年度表彰を4回獲得している指折りの名牝。 アジアエクスプレス のg1勝利もあり高騰したが、近年に活躍馬が少なく割高感も。 サイアーリーディングで上位に入る事は難しそうですが, 人気馬を切って、穴馬から狙うスタンスなので 分析して産駒の特徴を挙げていきたいと思います。, 2020年にデビューを予定している他の種牡馬の産駒特徴については以下から確認して下さい。, 一つお断りしておきたいのですが というような排他的な考えは持ちたくなかったので、個性を中心に分析をして 新潟 【1.0.0.1】 後方待機から直線一気の競馬を見せましたが, ダートへ出走するようになってからは 競馬は楽しんでなんぼだと思っていますので「血統分からない奴は予想をするな」 自分が走れるところだけを走っていたタイプ。, ただ、朝日杯フューチュリティステークスで完勝したように 晩年はオープン特別でも馬券に絡めなかったように, 古馬になってからはインパクトが弱くなったところを見ると それほど右左はそんなに関係なく 血統面からいえば全く同じ適性の産駒が誕生するはずですが、 それはディープインパクトとブラックタイドが全く違う能力で アジアエクスプレス産駒は今年デビュー予定ですが、父同様に芝・ダート兼用の馬が出てきそうです。 本馬もそうかもしれませんね。 まだ中央でデビューするか地方でデビューさせるかは決めてません。 アジアエクスプレスの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 アジアエクスプレスは、アメリカ合衆国で生産され日本で調教された競走馬(外国産馬)である。馬名の意味は『アジアの超特急』。主な勝ち鞍は2013年の朝日杯フューチュリティステークス。, 米国のオカラスタッドで生誕した後、2013年2月にフロリダ州で行われたOBSマーチセールで日本のノーザンファームによって23万ドル(当時のレートで約2200万円)で購入される[1]。オーナーとなった馬場幸夫は、この馬に「南満州鉄道で走っていた『あじあ号』のように豪快かつパワフルな走りをして欲しい」という願いを込めて、アジアエクスプレスと命名したという[2]。, 11月3日、東京競馬場ダート1400mの新馬戦でデビュー。直線で鋭く伸びて2着オータムラヴに5馬身差をつけて優勝、デビュー戦を勝利で飾った[3]。続くオキザリス賞も7馬身差で圧勝する。, 当初は12月18日開催予定の南関東公営競馬交流重賞(JpnI)競走である全日本2歳優駿(川崎競馬場)に出走を予定したが、除外となった為に12月15日の朝日杯フューチュリティステークスへ出走[2]。最後の直線で逃げるベルカントをかわして先頭に立つと、後続のショウナンアチーヴ、ウインフルブルームを振り切り優勝、GI初優勝を果たした。1984年のグレード制導入後、芝コース未経験の馬が芝のGI級競走で優勝したのは初めてである[4]。, 3月23日のスプリングステークスが初戦として選ばれた。1番人気に支持され、中団から直線脚を伸ばすがロサギガンティアの2着に敗れる。続く皐月賞では5番人気に推された。積極果敢にウインフルブルームの2番手でレースを進めるが、直線では最後まで食い下がって3着に粘ったウインフルブルームとは対照的に手ごたえが怪しくなりイスラボニータの6着に敗れ、陣営はデビュー2連勝したダート路線に再転向を示唆した。 休養を挟んで出走した8月10日のレパードステークスでは、前走大敗ながらも1番人気に押されると、期待に応えて2着のクライスマイルに3馬身1/2差をつけて圧勝し、復活を果たした。その後左前トウ骨遠位端骨折が判明、復帰まで4か月かかる見通しのため、年内は休養に入った[5]。, 2015年3月26日の名古屋大賞典で復帰したが2着。続くアンタレスステークスも2着となり、5月の平安ステークスは5着に終わる。休養を挟み、8月のBSN賞に出走するも4着に敗れる。その後、脚部不安で1年3か月休養し2016年11月20日の福島民友カップで復帰するも15着としんがり負けを喫した。そして12月9日付けで競走馬登録を抹消し現役を引退、北海道新冠町の優駿スタリオンステーションにて種牡馬となる[6]。, 2020年に初年度産駒がデビュー。6月30日、門別競馬場の2歳未勝利戦でソロユニットが2戦目で勝ち上がり、これが産駒の初勝利となった。, 第2回 トキノミノル / 第3回 タカハタ / 第4回 サンゲツ / 第5回 タカオー / 第6回 メイヂヒカリ / 第7回 キタノオー / 第8回 キタノヒカリ / 第9回 カツラシユウホウ / 第10回 ウネビヒカリ / 第11回 マツカゼオー, 第12回 ハクシヨウ / 第13回 カネツセーキ / 第14回 グレートヨルカ / 第15回 ウメノチカラ / 第16回 リユウゲキ / 第17回 メジロボサツ / 第18回 モンタサン / 第19回 タケシバオー / 第20回 ミノル / 第21回 アローエクスプレス, 第22回 オンワードガイ / 第23回 トクザクラ / 第24回 レッドイーグル / 第25回 ミホランザン / 第26回 マツフジエース / 第27回 ボールドシンボリ / 第28回 マルゼンスキー / 第29回 ギャラントダンサー / 第30回 ビンゴガルー / 第31回 リンドタイヨー, 第32回 テンモン / 第33回 ホクトフラッグ / 第34回 ニシノスキー / 第35回 ハーディービジョン / 第36回 スクラムダイナ / 第37回 ダイシンフブキ / 第38回 メリーナイス / 第39回 サクラチヨノオー / 第40回 サクラホクトオー / 第41回 アイネスフウジン, 第42回 リンドシェーバー / 第43回 ミホノブルボン / 第44回 エルウェーウィン / 第45回 ナリタブライアン / 第46回 フジキセキ / 第47回 バブルガムフェロー / 第48回 マイネルマックス / 第49回 グラスワンダー / 第50回 アドマイヤコジーン / 第51回 エイシンプレストン, 第53回 アドマイヤドン / 第54回 エイシンチャンプ / 第55回 コスモサンビーム / 第56回 マイネルレコルト / 第57回 フサイチリシャール / 第58回 ドリームジャーニー / 第59回 ゴスホークケン / 第60回 セイウンワンダー / 第61回 ローズキングダム, 第62回 グランプリボス / 第63回 アルフレード / 第64回 ロゴタイプ / 第65回 アジアエクスプレス / 第66回 ダノンプラチナ / 第67回 リオンディーズ / 第68回 サトノアレス / 第69回 ダノンプレミアム / 第70回 アドマイヤマーズ / 第71回 サリオス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アジアエクスプレス&oldid=79999625. 種牡馬の特徴というと血統に深く入り込んで話をする形が多く見受けられますが ヘニーヒューズも短距離戦で活躍する馬を出していたように, //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js. ダート路線に戻ってきましたが ここでは血統という要素を極力減らして 前向きな気持ちでレースを走り抜いたアジアエクスプレスなので 産駒は安定して走る反面、格上げ戦などで弱さを見せそうです。 2020年2歳産駒がデビューしますよ~ という事で今回は. 2019年7月21日(日)に函館競馬場で行われる 函館2歳ステークスの出走予定馬を見ながら 予想(人気馬の評価)と馬券の買い目について話していきたいと思います。       ... 有馬記念2019の枠順確定を受けて 枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について 過去10年で行われた有馬記念2019での 傾向と照らし合わせながら話していきたいと思います。 有利な条件でレー ... ここでは競馬で詐欺予想に引っかかってしまう人が持つ5つの特徴 について話してみました。     こんにちは、MOTOです。 巷に溢れる競馬予想会社や怪しい競馬予想家。 優良な情報を ... 2018ラジオNIKKEI賞を予想する際に必要となる 過去10年に行われたレースからのデータを分析していきます。 有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か? 有利な条件でレースが出来る枠順は ... 【チャレンジカップ2020】 出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向 (有力馬次走情報を含む) ここではチャレンジカップ2020の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向 などにつ ... Copyright© 競馬予想マスターズ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER. ここでも一花を咲かせることが出来ずにそのまま引退した馬です。, 今回は現役時代のアジアエクスプレスの走りと照らし合わせてうえで アジアエクスプレスの現役時代のパフォーマンスを見る限り. 種牡馬アジアエクスプレスはどんな子供(産駒)を生む?血統に頼らない特徴分析. 今回の血統研究所は、種牡馬考察と銘うって、今年度に産駒がデビューする種牡馬の考察を行いたいと思います。まず、種牡馬となったサラブレッドの血統構成を簡単に説明した上で、必要な血(これをキーホースと言います)がどういったものなのか、どういった配合が好ましいのか。更には、アトランダムな配合において想定される産駒の傾向を考察していきたいと思います。また、自身の目からみて血統構成上、面白いと思われる産駒(優秀な配合という訳ではありません)をピックアップし、簡易考察をしてみたいと思います。, アジアエクスプレス(ヘニーヒューズ×ランニングボブキャッツ by Running Stag)牡・11生, Ⅰ 主:5 結:6 土:2 弱:2 影:3 集:4 質:3 再:3 SP:4 ST:3 特:1(主導牡牝を通じたクロス), 主導はかなり不明瞭な配合で、Raise a Native5×6。次いで、Prince John5×6。更に、Bold Ruler6×6.Tom Fool6×6が続く。これらクロスの連動性があまり高く無い事や、血の集合も弱い事から、連合勢力とも言い難い。また、血統全体において米系が強い配合で、上記のクロス馬がそれらを纏めているものの、孤立したNearco.Hyperion等の欧州系をNorthern Dancerが結合をアシスト。また、Djebel-Tourbillonがスタミナの核を形成しているが、Teddyを通じ、主導たるRaise a Nativeと連動。その質の高いスタミナをしっかりと補給している。また、9代目までの判定においては、母内Ticino.Oranienに大きな欠陥を生じているが、当馬の場合10代目までが有効世代数であり、父内、Dark Ronald-Bay Ronaldがクロスし、Ticino内は弱点の派生を防ぎ、Oranienは弱点ですんでいる。また、それら10代目のクロスについて、広義の意味でBay Ronald系であるHyperionが弱い点が気になるが、同様に、Bay Ronald系であるTeddy系の強さから効力を発揮していると考えられる。生かされた、スピード・スタミナはなかなかに強靭で、スタミナは、Djebel.Somethingroyalがその核を形成。スピードは更に強靭で、Bold Ruler.Tom Fool.Bull Lea(Plucky Liegeの欠落でスピードタイプへと能力変換を起こしている)が、マイル前後向きのスピードを補給している。主導の不明瞭さ等、決して一流の配合とは言えないものの、なかなか理にかなった配合でもあると言える。本質は、芝・ダートともやや中途半端になりやすい、マイルタイプ。重馬場はこなす程度。, 以上が、アジアエクスプレスの血統評価になります。これが種牡馬となった際にどのような産駒を輩出するかを、ここから考察していきたいと思います。まずは、当馬の血統を構成する際に必要な血(キーホース)とはどのようなものか、まず上げていきましょう。, Raise a Native.Tom Fool.Bold Ruler-Nasrullah, Somethingroyal-Princequillo.Djebel-Tourbillon, Northern Dancer.Prince John(クロス内容によっては、スピードタイプとなり得る), ・まずは、明確な主導勢力を作る必要がある種牡馬だと言える血統構成だが、Raise a Nativeの系列クロスを主導としているものの、Mr.Prospectorを持っていない為、産駒においてその引き継ぎは難しいと言える。可能性があるとすれば、Affirmedの中間断絶を呼び水にする形態か。反面、Mr.Prospectorが無いという点で、Raise a Nativeのクロスを作成しやすいのは魅力的で、国内で浸透しているBold Ruler-Nasruullah.Tom Foolのスピードを引き出しやすい点は利点だと言える。, ・Storm Cat-Storm Birdを自身のサイアーラインに持つため、これを有効活用したい。具体的には、Storm Bird-Northern Dancerを主導に据える形。また、自身の血統において強い影響を持つPrincequilloを生かす為Secretariatを主導にする事も有効。ただし、この場合においては、自身の血統内においてSecretariatが6代目に位置する為、明確な主導勢力となり得ない可能性が高く、Storm Cat外で、Secretariatのクロスを作成しつつ、Storm Catをクロスさせ、呼び水になる形態が望ましい。, ・また、サンデーサイレンスの血を含まない血統であり、その意味でも配合の間口は広いとは言える。サンデーサイレンスを配する事により、Turn-to.Almahmoudのスピードを前面に押し出し、Northirdchanceのクロスにより米系を取りまとめる事ができるのも利点。ただし、自身はかなり世代の進んだ配合である為に、母の父にサンデーサイレンスを配すると、前述のクロスのうちTurn-to.Almahmoudが世代ズレを起こす為、そのスピード再現が不可能となり、有効とは言い難い点は留意しておきたい。更に言えば、自身はPrincquillo.Teddyが強い血統をしている為に、本質的な血の流れが異なり、あまりサンデーサイレンスを強調するのは避けたいところではある。具体的には、3代目に配するのがベターか。, ・自身の、Princequillo系が強いのを逆手にとって、Speak Johnを主導とするのも面白い。ただし、この場合、土台構造が貧弱となりやすく、Nearco.Hyperionさえ主導と直接結合できない点は留意が必要で、Northern Dancerの結合アシストはほぼ必須だと言える。このような配合形態を考える際には、母の父として、ロージズインメイに一考の価値があると言える。, ・自身は、前述の通り、Princwquillo(5連).Teddy(13連)が強い血統で、反面、現代の競走馬が豊富に持っている血は、Nearco(9連).Hyperion(6連)しか持たない。従って、かなり異色な血統であり、この部分を考慮して配合を行う必要がある。, このような種牡馬としての特徴を持つ、アジアエクスプレスですが、アトランダムな配合においては、前述の繁殖牝馬に求める条件で記述したように、かなり難しい部分を持つ種牡馬だと言えるでしょう。サンデーサイレンスフリー、Mr.Prospectorフリーである為に、配合の間口自体はかなり広い種牡馬ではありますが、5代以内に系列クロスを持たない、外交的な配合となりやすく、自身の世代が新しい点も踏まえると、父のイメージと反して、産駒の開花は全体的に遅くなりがちだと考えられます。また、主導候補と目される血をいくつかあげましたが、おそらくStorm Birdをクロスさせ、主導とするのが一番現実的であるとは言えますが、自身がStorm Catを持つため、ただStorm Catをクロスさせるだけでは、内部に中間断絶を豊富に抱えてしまうため、じり脚の傾向が強まると予測されます。ただし、ここまで米系で固めつつPrincequillo.Teddyが強い配合もまためずらしく、この部分を上手く使えれば、ダート向きではあるものの、かなりのスピードを引き出す事ができる可能性を秘めているとも言えます。産駒の大部分は、主にダートマイルを主戦場とし、スピードの引き出しやすさからアベレージこそ低くは無いものの、大物輩出がやや難しいと考えられる種牡馬だと言えるでしょうか。それでも、しっかりとした配合も少ないながらも見受けられました。こうした血統構成の種牡馬が連綿と血を繋ぐことは難しいかもしれませんが、是非活躍馬の輩出を望みたいと思います。, 主導は、Speak John4×6の系列クロス。次いで、Raise a Native6・8・8×5・6及びSir Gaylord7×6、主導内の生かし方は良く、Count Fleet-*-Sunreighのスピード。Tourbillonのスタミナ。Banish Fear-Blue Larkspurの米系を生かし、9代目ではあるもののTeddyをクロスさせる事に成功。この、主導内においては、たった一連存在するTeddyの存在により、Raise a Nativeと連動を果たしている。また、前述のRaise a NativeがMan o’Warをクロスさせ、War Admiral等を間接的に連動。また、結合のアシスト役として期待できるNorthern Dancerクロスが無いものの、Owen Tudor9×7がHyperion系とPharos系を統合し、非常に弱くあるがSir Gaylord内Nearcoを通じ、Hyperion.Nearcoを主導と連動できたのは幸い。ただし、全体の結合を考えると決して強いとは言えない点は指摘しておきたい。従って、完全開花を果たすのは難しいタイプだと言えるが、Princequillo系を生かした配合としては面白く、国内ではなかなか見られない個性派配合だと言える。本質は、ダート向きのマイルタイプ。, 最後になりましたが、これがアジアエクスプレスの、種牡馬としての考察となります。あくまでも紙面上の考察ですが、面白く見て頂ければこれに勝る嬉しさはありません。今後とも競馬総合サイトG-ZEROと、血統研究所を何卒よろしくお願い申し上げます。, 今回の血統研究所は、種牡馬考察と銘うって、今年度に産駒がデビューする種牡馬の考察を行いたいと思います。まず、種牡馬となったサラブレッドの血統構成を簡単[…], 重賞勝ち馬評価 京王杯2歳ステークス【モントライゼ】 ファンタジーステークス【メイケイエール】 アルゼンチン共和国杯【オーソリティ】 みやこステークス【クリンチャー】.