大山や近本、糸原、木浪、梅野はもちろんですが、伸び悩み感の強い高山や江越、中谷あたりに期待したいところです。 今日は少し趣向を変えてプロ野球12球団の レジェンドトップ5を紹介していきたいと 【広島】 日々繰り広げられた16日間に及ぶ大熱戦も どうもこんにちは、たかパパです。

それだけに、柳、大野はもちろんですが、小笠原やロメロ、笠原、梅津、勝野、清水、山本、即戦力期待のルーキー橋本、岡野らに期待がかかります。, 2019年シーズンは打線の長打力不足、得点力不足が最後まで響きました。2020年シーズンも同じような顔ぶれで戦うことになりそうで、打線のつながり、機動力や小技を使った攻撃に活路を見出す必要があると思います。 2019ペナントレースもついに最終盤。 順位予想イベントも残り1週間! 僕より的中することができるかな? — 新川ベースボールパーク バッチコイ (@nbpxk) July 10, 2020. と思... みなさんこんにちは、たかパパです。 2020年プロ野球の順位予想まとめ!プロ野球の順位予想について、解説者・新聞・メディア、本サイトの順位予想をご紹介。本サイトではセイバーメトリクスのwarに基づいてペナントレース戦力予想。2020年プロ野球はどこが優勝か! | 野球好き.com, 森下翔太(東海大相模)2018ドラフト候補のスカウト評価や通算本塁打は?家族や彼女についても!, 春の選抜高校野球【2018】でプロ注目の選手を10人紹介する! | ラッシュライフ. CSから日本シリーズへと向かっています。... 引用; 日本シリーズがあっという間に終わってしまい、ストーブリーグが開幕です。

パ・リーグの新人といえば話題の中心は日本ハ... どうもこんにちは、たかパパです。 どうもこんにちは、たかパパです。 先発陣にはガンケルが加わることになると思いますが、日本球界への適応力は未知数です。やはり藤浪の復活が欠かせません。藤浪がかつての輝きを取り戻せば、先発ローテーションはかなり楽になると思います。, 攻撃面では、糸井が故障がちで福留もフルシーズンの活躍は厳しくなっています。残留したマルテに加え、ボーア、サンズがどれだけ打てるかが阪神打線の浮沈に大きく関わってくるでしょう。 2位 巨人 プルペン陣にも不安が残るだけに、まずは先発陣をしっかりと固めて2020年シーズンに臨みたいところです。 とい... 引用;

同じく待ち遠し... こんにちはたかパパです。 3月から予想変更なし! 今回は横浜DeNAベイスターズの 太田や廣岡、奥村、西浦、中山、濱田、山崎、坂口、川端ら野手陣の成長や復調がなければ、2020年シーズンも厳しい戦いを強いられると思います。, 投手陣も大きな補強はなく、現有勢力をどう立て直すかが必要になってきます。ベテラン石川は先発には不可欠な存在で、小川もローテーションの柱としてフルシーズン投げてもらわなければなりません。高梨、原、高橋、山田、清水、田川、寺島らにも先発争いをしてもらいたいですし、ルーキーの吉田、杉山、大西には即戦力の期待がかかります。 どうもこんにちは、たかパパです。 ブルペン陣は三島、エスコバー、パットン、山崎と安定しているだけに、2020年シーズンは先発陣の奮起が一層求められると思います。, とにかく、2020年シーズンのDeNAは筒香の穴をどうするかが最重要ポイントです。これまで以上に機動力や小技を駆使して1点を取りにいく野球にシフトせざるを得ないと思いますが、ラミレス采配には予測不能な点もあるだけに、開幕してみないとどうなるかはわからない気がしています。, 中日も中継ぎエースのロドリゲスが抜け、即戦力の補強も現時点では見られないため、戦力ダウンは避けられないと思います。2020年シーズンも2019年シーズンと同様、厳しい戦いを強いられそうです。, ロドリゲスの代わりに同じくキューバからロドリゲス(ややこしいですが)を獲得しましたが、育成契約であり、即戦力には厳しい状況。ブルペン陣の弱体化は必至です。 ドラフト会議も終わって、あとは日本シリーズを... 引用; 2019ペナントレースもついに最終盤。 今年も交流戦は軒並みパリーグが優勢の中、セリーグのチームであります巨人が交流戦2位という好位置につ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. という事で、その「順位予想」は、下記の通りである。 【2020(令和2)年 セ・リーグ順位予想】 ①DeNA ②広島 ③ヤクルト ④阪神 ⑤巨人 ⑥中日 【2020(令和2)年 パ・リーグ順位予想】 ①日本ハム ②ソフトバンク ③楽天 ④西武 プロ野球の開幕を19日に控え、本紙の評論家10人がセ、パ両リーグの順位を予想した。8年ぶりのAクラス進出が期待される中日は3人がリーグ優勝を予想。巨人とDeNAの「2強」を追う存在とみている。, 打線は昨年と代わり映えしないが、それこそが魅力。各選手に伸びしろがあるし、特に来日5年目のビシエドはキャリアハイの成績を残せる状態にある。不安は救援陣だが、東京五輪が延期されたことでキューバ代表のR・マルティネスが常にいるのは朗報。点を取り合っても、最後を締める投手陣がいれば十分に戦える。, 優勝候補として最後まで迷ったのがDeNA。投打とも隙がない。あえていえば筒香が抜けた穴だが、佐野で埋まるとは言わないが、気にならない程度にはなると思う。, 広島は新人右腕の森下に計算がたち、救援陣に一抹の不安はあるものの攻守ともにバランスはいい。中日はようやくレギュラー陣が安定。投手陣も先発の駒は豊富で、ガクッと落ち込むことはないとみる。1点勝負の際に、いかに勝負強さを発揮できるかだろう。巨人は山口の抜けた穴が響くと予想。パはソフトバンクが一枚抜けた存在だ。, 2位に推した中日は、ロドリゲスの穴が大きいのは確かだが、救援陣そのものの平均点が高い。軸となるべきR・マルティネスと岡田の活躍は不可欠だが、誰かが不振でもカバーしていく選手層の厚さは他球団よりは上と見る。阪神は守護神の藤川に年齢的な衰えの懸念もあり、岩崎が万全な状態でないことがネック。そこで最下位を予想した。パはソフトバンク、楽天、西武の三つどもえだろう。, 今季は6連戦が続く。特に救援陣にとってはきついペナントレースになるが、特例で出場選手登録枠が拡大される。この1軍枠をうまく使えるチームが強いと思う。投手のやりくり次第では中継ぎに休みをつくることができる。一方で、抑えには休みをつくれない。抑えの重要度が高くなるとも見ている。, 4位と予想した広島は、3連覇時と比べるとチーム力は落ちてきている。打線は鈴木誠頼みの色が濃くなり、救援陣の不安要素も多い。5位にした阪神は外国人選手次第。投手陣は、ある程度計算しやすい。ヤクルトは先発投手のコマが少なすぎるため最下位とした。, 阪神の投手陣は、セ・リーグでは最も充実している。投打ともに外国人選手の起用法と結果次第では、優勝を狙える力を持っているだろう。, 中日は、先発投手はそろってきたが後ろにやや不安がある。それでも力のある投手は複数いるので、どうやりくりしていくかが重要。打線は強力で、投手陣が頑張れば十分に戦える力はある。, DeNAと広島は上位に入る力はあるが、過密日程における選手層を考えると不安。いずれにしても、今季は例年と違って、どのチームにもチャンスがあるとみている。, DeNAは先発もそろっているが、救援陣がリーグ随一。抑えの山崎やパットン、エスコバーらに隙はない。打線は昨季同様に強力で、新外国人のオースティンは戦力になりそう。筒香は抜けたが、穴はそれほど大きいとはいえない。昨季優勝の巨人は最多勝の山口が抜けただけに、今年は逆転可能とみた。, 3位予想の中日は先発陣が魅力。若い梅津や山本は大化けする可能性がある。ただ、救援陣に不安が残る上、近年は2年連続で活躍した投手が出ていない。Aクラス入りのカギは大野雄、柳が最低でも昨季同様の活躍をすることだろう。, 鍵を握るのは特に中継ぎ。DeNA、阪神などは、昨季の戦いを見ていると毎日同じメンバーばかりが投げていた。同様の起用をするチームは、中継ぎ陣が早々とバテるのではないか。中日にもそうなる危険性はある。, とは言っても、勝てる試合は確実に拾っていかなければならない。誰かがバテたときに、生きのいい選手を補充できるチームが上にいくだろう。ファームも含め、チーム全体での戦い方を今年はより考えた方がいい。, Bクラスにしたチームでは、阪神は良くも悪くも外国人選手次第。広島は大瀬良、K・ジョンソンに続く先発や救援投手など、不安定な要素が多くなっている。, 中日は昨季まで7年連続Bクラス。とはいえ、打線は年々良くなってきている。ダンゴ状態になれば優勝もあると思う。気がかりなのは抑え投手だ。かつて優勝したときには岩瀬や郭源治さんといった絶対的な存在がいた。それを考えると、山崎がいるDeNAは有利な要素を持っている。, 中日で特に楽しみなのは若手の成長。このところ層に厚みが出てきているし、2軍の根尾、石川昂、岡林といった1、2年目の生きのいい選手が出てくればさらに活気づく。与田監督がどう使っていくか、期待したい。, ただ、先発要員の数はそろっていても、5回や6回で降板していては中継ぎ陣が疲弊する。大野雄や柳、小笠原といった軸となる投手の完投が昨年以上に必要だ。救援陣に目を向けると、絶対的な抑えはいないが、こちらも数はそろっている。全員でやりくりすれば十分に戦える。, 2位予想のDeNAは打線がいい。新外国人のオースティンと2年連続本塁打王のソトは強力だ。先発陣や抑えの山崎を中心とした救援陣のバランスもいい。巨人は、山口の抜けた穴が大きいとみて3位とした。, パは打線の強いチームが多いが、投手力ではソフトバンクが西武を上回る。面白いのはオリックス。投手はいるから、打線次第ではAクラスに食い込む可能性がある。, 今季は特殊なシーズンだから予想するのが難しいね。特にパの同一カード6連戦は、3連戦とは違ってオンとオフの切り替えをできない。ベンチ入りの人数が増え、早めの選手交代も考えられる。監督の采配も重要なポイントになるだろう。. 里崎智也, 井端弘和/いばた・ひろかず●1998年ドラフト5位で中日入団。6年連続、7度のゴールデン・グラブ賞受賞を誇る遊撃手[内野手]。遊撃での通算守備率は.991を誇る。14年に巨人へ移籍し、15年限りで引退。16~18年は巨人コーチ。現在は侍ジャパンコーチ, 3月の予想と変わりはありません。3カ月の延期も、ケガや復帰で5人以上変わらなければ影響はないでしょう。新外国人次第ではありますが、阪神が投打に充実しています。特に投手力は先発、リリーフともに良いので、優勝候補に挙げます。追うのは巨人、中日、広島。巨人はセNo.1の得点力を誇った打線に、一番に吉川尚が復帰します。投手でも戸郷が良く、完全復活の菅野と合わせて山口の穴は埋まります。中日は打線はいいですが、投手陣が未知数で、上位も下位もあり得ます。広島は新人・森下の存在が大きく、優勝争いにも絡んできそう。筒香(現レイズ)が抜けたDeNA、バレンティンが抜けたヤクルトは新助っ人次第ですが、パに比べてセは、新戦力のデキが順位に影響を及ぼしそうです。 日々が続きますが、高校野球の開幕も それだけに、新外国人選手のプレーに注目です。, 佐々岡新監督のもとV奪還を目指す広島ですが、2019年シーズンの丸の穴が想像以上に大きく、バティスタが抜けるという前提で考えると、現時点では3位という予想になりました。, 先発陣は即戦力の森下が加わり、2019年シーズンより厚みが増したと思います。大瀬良、ジョンソンの二枚看板はもちろん、残留した野村、そして岡田や九里、床田、薮田、山口らの働きいかんでは十分に優勝争いできる布陣でしょう。 ブルペン陣にはスコットが加わりましたが、未知数な部分が多く、やはり実績のある今村や中崎の復調に期待したいところです。, 野手陣では菊池、會澤の残留が攻守両面で大きなプラスですが、大砲のバティスタが抜ける場合のマイナス面はかなり大きいのが実際のところです。 3位 中日 ソト、ロペスも残留しましたが、ロペスの衰えが目立ってきただけに、宮崎や神里、梶谷、伊藤裕らの働きも重要になると思います。, 投手陣は目立った補強がなく、現有勢力の底上げが不可欠です。上茶谷、濱口、大貫、平良、井納、東、京山、阪口、飯塚、石田、国吉、坂本らがローテーションを固め、エースの今永を支えたいところです。 しかし、エース菅野の復調と新加入のサンチェスで山口の穴はかなり埋まりそうな気がしています。さらに、メルセデスや桜井、高橋、田口に加え、若手の高田や戸郷、ルーキーの太田らも控えており、先発陣はかなり安定しているのではないでしょうか。 小倉優子 1位 巨人 ソフトバンク 2位 中日 楽天 3位 横浜 日ハム 今回はパ・リーグの新人王を予想したいと思います。 今回は広島の ドラフト会議も終わって、あとは日本シリー... 2020年パリーグの順位予想!優勝の大本命はソフトバンク、対抗は西武!Aクラスは?, ブラッド・エルドレッド(広島)経歴やメジャー成績、年俸について。来日6年目の助っ人は広島愛満載, 2018年高校野球・打者の注目選手!2018ドラフト候補は誰だ?スカウト評価も!【随時更新】, 京田陽太(中日)の嫁や子供,車を調査!イケメンかっこいい画像も | 野球好き.com, 来田涼斗の兄はイケメン!?彼女は?読み方,父親,家族についても調査!!  以下、予想順位の平均では、阪神が3.17、DeNAが3.58、中日が4.0、ヤクルトが5.67と続く。 来年春の球春到来に向けて待ち遠しい どうもこんにちは、たかパパです。 駒田徳広、斉藤和巳、達川光男、伊原春樹