インクレディブルー家の子育て事æƒ, 台本中、女性への「ブス」というセリフに対し…? 兼近大樹の対応に「さすが」「かっこいい」の声, 父に叱咤されたアイドルファンの娘 祖母の対応に「最高」「かっこよすぎる」, はぁ?夫が言い放った衝撃のひと言に震えた件【ママならぬ日々95話】, 「ピンクは女の子じゃないとダメ」と言われた父 とった行動に「素晴らしい!」の声, 「怖すぎる」 マッチングアプリで出会った人とLINEをしていると次第に…?, 『わろてんか』に学ぶ、嫁いびり姑の鈴木京香もダメ夫・松坂桃…. 朝ドラ「わろてんか」の万丈目吉蔵(藤井隆)は、「後ろ面」をしたり、漫才をしたりしていますが、秋田實(秋田実)自身は漫才をしていません。 その後、秋田實(秋田実)の連載が、吉本興業の橋本鐵彦(橋本鉄彦)の目にとまり、吉本興業に招き入れられます。 こうして、秋田實(秋田� (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カムカムエヴリバディ おかえりモネ おちょやん エール スカーレット なつぞら まんぷく 半分、青い。 わろてんか ひよっこ べっぴんさん とと姉ちゃん あさが来た まれ マッサン 花子とアン ごちそうさん あまちゃん 梅ちゃん先生 カーネーション ちりとてちん ブログ管理人について サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー. nhkの連続テレビ小説『わろてんか』が6週目に突入。逆境の中、てんは持ち前のガッツと賢さで切り抜けていきます。いまやその顔は、苦労知らずのお嬢様から、しっかり者の妻の顔になってきた感があり … nhkの連続テレビ小説『わろてんか』が6週目に突入。逆境の中、てんは持ち前のガッツと賢さで切り抜けていきます。いまやその顔は、苦労知らずのお嬢様から、しっかり者の妻の顔になってきた感があります。 ・【わろてんか】旅芸人一座「福楽座」とは モデルとなった旅巡業一座 ョン映画で脱ワンオペ育児!? わろてんかモデル 吉本せいの半生【感想】 まだ女性がビジネスで活躍するという風潮がない時代、せいは夫の事業を支え、夫の死後は弟たちと一緒に事業を拡大していきます。 nhk連続テレビ小説「わろてんか」で、松坂桃李が演じることになるヒロインの夫・北村藤吉。 この記事では、北村藤吉の人物像などをまとめていきます。 Copyright© 2017年秋の新朝ドラは「わろてんか」 ヒロイン・藤岡てんのモデルは吉本興業創業者・吉本せい, 【わろてんか】キースのモデルは横山エンタツ(エンタツ・アチャコ) 「万歳」から「漫才」への革命, 【わろてんか】「釣りバカ」名コンビ・濱田岳と広瀬アリスが出演 ともに主人公夫婦に恋心, NHKドキュメント72時間 千葉のアウトレット家具店「MEGAMAX(メガマックス)」, 【エール】リンゴ農家の娘・畠山まき子 女優・志田未来は「とと姉ちゃん」以来の朝ドラ, 「監察医 朝顔」ロケ地 三陸鉄道リアス線・甫嶺駅(東北の海沿い「仙ノ浦駅」のシーン). ・【わろてんか】鈴木京香演じる姑・北村啄子(つえこ)のイケズが炸裂!モデル人物は?. ・2017年秋の新朝ドラは「わろてんか」 ヒロイン・藤岡てんのモデルは吉本興業創業者・吉本せい nhk連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインの夫・北村藤吉の実在モデル、吉本吉兵衛。本記事は吉本せいと二人三脚で吉本興業を創業したせいの夫についてまとめています。 吉本吉兵衛の略歴. NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインの夫・北村藤吉の実在モデル、吉本吉兵衛。本記事は吉本せいと二人三脚で吉本興業を創業したせいの夫についてまとめています。, 明治19年(1886年):誕生 明治40年(1907年):林せいと結婚(入籍は三年後の明治43年) 明治44年(1911年):当主の「吉兵衛」を襲名するが家業の「箸吉」はすでに廃業 明治45年(1912年):第二文芸館を買収し寄席経営を開始 明治46年(1913年):吉本興行部(後の吉本興業)設立 大正13年(1924年):死去、享年37歳, NHK連続テレビ小説『わろてんか』のヒロインの夫・北村藤吉の実在モデル、吉本吉兵衛は明治19年(1886年)4月5日に大阪で生まれました。, 吉兵衛の生家はおけ・ざる・ほうきなど現代で言う生活雑貨を卸す老舗の荒物問屋で屋号は「箸吉」。吉兵衛はその家の二男でした。, 明治40年(1907年)12月。吉兵衛は『わろてんか』ヒロインの実在モデル・せいと結婚。せいとの結婚がその後の寄席経営に発展することになるとは、この時の吉兵衛には想像すら出来ませんでした。, なお明治44年(1911年)に「箸吉」の代々の当主に付けられる「吉兵衛」という当主名を襲名するまでの名は吉治郎。, 当時、芸人遊びにうつつを抜かし、芸人に高価な贈り物をするなどして散財する大店の若旦那は少なくありませんでした。, 好きが昂じて、吉兵衛は自分の芸を人に見せたさに地方巡業まで行うものの素人ゆえに興行を大失敗させ、家業の「箸吉」を差し押さえられたこともあります。, そのため、家業は吉兵衛とせいが結婚した頃には経営難に陥り、日露戦争後の不景気の逆風が重なったことで明治42年(1909年)についに廃業。, しかし家業の廃業後も吉兵衛の放蕩は止まず、ツケの取り立ての対応や一家を支えるための稼ぎまで、吉兵衛は妻のせいに任せっきりだったと言われています。, 家業の「箸吉」廃業後、収入が途絶えてしまったにも関わらず一向に止む気配のない吉兵衛の芸人遊び三昧の日々。, 芸人遊びがそれほど好きならば、いっそのことその道楽を家業にして商売を始めてしまったらどうかと。, しかし家業廃業から三年ほど経過した明治45年(1912年)4月。吉兵衛とせいは、つぶれかかっていた寄席「第二文藝館」を買収(経営権の買収)してしまうのでした。, 遊び半分の素人興行では大失敗した吉兵衛でしたが、妻・せいの資金繰りやこまやかな顧客対応、そして奇抜な発想による物販に支えられ寄席の客は順調に増えて行きました。, そして「第二文藝館」を買収した翌々年の大正3年(1914年)に福島にある「竜寅館」を手始めにいくつもの小規模な寄席を次々と買収し規模を拡大。, その頃「桂派」や「三友派」といった上方落語会の主流派が合従連衡を繰り返し徐々に衰退していったことも吉兵衛とせいには追い風となりました。, 吉兵衛とせいによる寄席興行の草創期の中でも特筆すべきは大正7年(1918年)の法善寺の裏手にある金沢席の買収です。, 吉兵衛とせいはいくつもの寄席を手中に収めたものの、それらは端席と呼ばれる格の低い小規模な寄席ばかりでした。, 吉兵衛とせい一流どころの寄席を我が物にすることが切なる願いでした。「桂派」の拠点でもあった金沢席の買収は二人にとって、特に芸人遊びの世界を知り尽くしていた吉兵衛にとっての悲願だったのです。, 吉兵衛とせいは金沢席を買収するとただちにその寄席を「花月」と改名。そしてこれを機に他のすべての寄席も地名に「花月」を加えた名称に改名しました。, その後も吉兵衛とせいは寄席の買収を続けたため、大阪の寄席の多くは「花月」の名が入った小屋となりました。, ついには当時、稀代の天才落語家とうたわれた桂春團治を「花月」に引き入れることにも吉兵衛とせいは成功します。, 「花月」が大阪の芸の世界のトップに君臨し、王者としての盤石なポジションを築き上げた大正13年(1924年)2月12日。. 2017 All Rights Reserved. ロケTV , NHKの朝ドラ「わろてんか」に登場する万丈目吉蔵(まんじょうめ・きちぞう)の実在のモデルを紹介します。, 万丈目吉蔵(藤井隆)は、大阪の天満の長屋に住む貧乏な芸人で、北村藤吉(松坂桃李)とは古くからの知り合いである。, 万丈目吉蔵(藤井隆)は非常に面倒見の良い男で、北村藤吉(松坂桃李)と藤岡てん(葵わかな)が米屋「北村屋」を倒産させて長屋に引っ越してくると、色々と面倒を見て世話をやいた。, そして、北村藤吉(松坂桃李)が寄席「風鳥亭」の経営を始めると、キース(大野拓朗)ら長屋芸人とともに寄席「風鳥亭」に出演するようになる。, しかし、北村藤吉(松坂桃李)は寄席の経営が軌道に乗ると、高い契約金を払って一流の落語家「月の井団吾(波岡一喜)」と専属契約を結ぼうとした。, すると、万丈目吉蔵(藤井隆)やキース(大野拓朗)らは、「ワシらに払う給料は無くても、月の井団吾(波岡一喜)に払う金はあるのか」と激怒し、待遇改善を求めてストライキを起こした。, しかし、北村藤吉(松坂桃李)から「月の井団吾(波岡一喜)のように芸に励め」と説教されると、心を入れ替え、新しい芸の研究に励み、「後ろ面」を取得して、ストライキを解除して、再び寄席「風鳥亭」に戻って来たのだった。, それでも、万丈目吉蔵(藤井隆)は何をやっても全く受けない、つまらない芸人で、仕事が無く、妻・万丈目歌子(枝元萌)が営む一膳飯屋「万々亭」の収入で生活しており、毎日のように夫婦喧嘩していた。, 万丈目吉蔵(藤井隆)は、妻・万丈目歌子(枝元萌)と夫婦漫才を続ける一方で、新聞に小話の連載を開始すると、思わぬところで文才を発揮し、新聞連載は好評を得た。, 漫才で北村商店を大きくしようと考える武井風太(濱田岳)は、新聞連載の反響を受けて、庶民の暮らしの中から漫才のネタを探せば良いと考え、キース(大野拓朗)とアサリ(花菱アチャコ)に銭湯通いを命じる。, こうして、キース(大野拓朗)とアサリ(花菱アチャコ)は銭湯通いを始めるが、自分たちの考えを思うように漫才の台本にすることが出来なかった。, そこで、藤岡てん(葵わかな)は文才を発揮する万丈目吉蔵(藤井隆)に漫才の台本を書くように頼むのだった。, 朝ドラ「わろてんか」に登場する万丈目吉蔵(藤井隆)の実在のモデルは、「漫才の父」と言われる漫才作者・秋田實(秋田実)です。, 秋田實(秋田実)は、東京大学に在学中から、新聞などにAB対話型のユーモア文章を書いており、それがきっかけで、吉本興業の漫才コンビ「エンタツ・アチャコ」に漫才の台本を書くようになります。, 「エンタツ・アチャコ」が大ブレイクする前から脚本を書いており、「エンタツ・アチャコ」の出世作「早慶戦」も秋田實(秋田実)の手が入っているとされます。, 朝ドラ「わろてんか」の万丈目吉蔵(藤井隆)は、「後ろ面」をしたり、漫才をしたりしていますが、秋田實(秋田実)自身は漫才をしていません。, その後、秋田實(秋田実)の連載が、吉本興業の橋本鐵彦(橋本鉄彦)の目にとまり、吉本興業に招き入れられます。, こうして、秋田實(秋田実)は吉本興業で漫才師の頭脳となり、漫才の台本を手がけるのですが、松竹による漫才師引き抜き事件の時に吉本興業から松竹(新興キネマ演芸部)へと移ります。, さて、戦後の吉本興業は、花菱アチャコを除く全芸人を解雇して演芸を捨て、映画館とキャバレーの経営で復興の道を歩みます。, 一方、秋田實(秋田実)は小林一三に招かれて「宝塚新芸座」の旗揚げに参加し、ミヤコ蝶々を排出するのですが、あくまでも大阪での漫才復権を目指す秋田實(秋田実)は、東京進出を主張する小林一三と運営方針が対立します。, そこで、秋田實(秋田実)は弟子の漫才師を率いて「上方演芸」を設立して、「宝塚新芸座」から独立し、昭和33年(1958年)3月に道頓堀の中座で、ミスワカナの13回忌追善興行「漫才顔見世大会」を開催して成功させます。, この成功を受けた松竹は、映画館にしていた道頓堀の角座を漫才の寄席にすることを決め、秋田實(秋田実)の「上方演芸」と勝忠男の「新生プロ」を合併して「松竹新演芸」(後の松竹芸能)を発足します。, このころ、テレビの普及によって映画産業は右肩下がりになっており、映画館を経営する吉本興業も経営が厳しくなり初めていました。吉本興業の演芸部門は花菱アチャコだけという状態でした。, しかし、松竹が角座を漫才の寄席にするという情報が伝わると、吉本興業の演芸派が演芸部門の復活を主張します。, 吉本興業の林正之助は演芸部門の復活に反対するのですが、演芸派の橋本鐵彦(橋本鉄彦)らに説得されて演芸部門の復活を許可します。, ちょうど、毎日放送が開局して放送を開始するので、吉本興業は毎日放送と提携し、毎日放送の放送開始日に「うめだ花月劇場」で、「吉本ヴァラエティ(後の吉本新喜劇)」の第1回として花菱アチャコの「アチャコの迷月赤城山」をやり、毎日放送の中継放送を開始します。, このように、秋田實(秋田実)は、吉本興業・松竹・東宝を渡り歩き、戦前・戦後の漫才界を支えて、多くの漫才師を輩出し、「漫才の父」と呼ばれる一方で、戦後の吉本興業が演芸界に復帰するきっかけを作りました。, また、秋田實(秋田実)は、NHKの朝ドラ「心はいつもラムネ色」の主人公・赤津文平のモデルにもなっています。, なお、秋田實(秋田実)の生涯を詳しく知りたいかは、「秋田實(秋田実)の立志伝」をご覧ください。. NHK連続テレビ小説「わろてんか」で、松坂桃李が演じることになるヒロインの夫・北村藤吉。, この記事では、北村藤吉の人物像などをまとめていきます。また、次の記事「【わろてんか】北村藤吉のモデル人物・吉本泰三(吉兵衛)とは」では北村藤吉のモデル人物、吉本興業創業者・吉本泰三(吉兵衛)がどのような人物だったのかについてまとめます。, 北村藤吉は明治時代中期の生まれで、大阪船場で150年続く老舗米問屋「北村屋」の跡取り息子。家業を継ぐことが嫌だった藤吉は家を飛び出して旅芸人の一座にもぐり込み、各地を転々とする日々を送っていました。, 芸ごとが大好きで、生きる上で「笑うこと」を何よりも大切にしている藤吉。ある日、厳しい父から「笑うこと」を禁止されていた少女・藤岡てんと出会った藤吉は、持ち前の「笑いの力」(※当時流行していた芸「俄(にわか)」=歌舞伎の演目を面白おかしく演じる=で、てんを笑わせるようです)を発揮し、少女に笑顔を取り戻させます。この運命の出会いが二人の人生を大きく変え、さらには大阪の町の「笑い」をも変えていくことになります。, やがててんと再会した藤吉は、てんとの結婚を決意。実家に戻り家業を継ぐことを決意します。, ところが、藤吉の母・啄子(鈴木京香)はこの結婚に反対し(すでにが用意した許嫁が居た)、啄子はてんを女中扱い。てんは苦労を重ね、ようやく藤吉と結婚しますが、北村屋が倒産の憂き目にあい…。, NHKの発表によれば、藤吉の人柄は「心優しく人を信用し過ぎて失敗するのが玉にキズだが、てんを一生笑わせてやるという誓いを忘れず、その実現のために突っ走るロマンチスト」とのこと。, てんを「一生笑わせる」という誓いを守るために藤吉は懸命に人生を突っ走り、てんもまた、夫が大切にする「笑い」を日本中に広めるべく、立ち上げた商いに奮闘する日々を送ることになります。, ▼「第39回直木三十五賞受賞作」である山崎豊子著「花のれん」は、吉本興業創業者・吉本せいの人生をモチーフにした小説。史実からは多少の脚色や改変が加えられていますが、当時の大阪の芸人や商人たちがまとっていた空気感を汲み取った、読み応えのある女性一代記です。, 「梅ちゃん先生」(2012年)の安岡信郎役以来、二度目の「朝ドラヒロインの夫役」抜擢となる松坂桃李。, 2011年公開の映画「アントキノイノチ」「僕たちは世界を変えることができない But, we wanna build a school in Cambodia.」でキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞したほか、2014年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では黒田官兵衛の嫡男・黒田長政役を好演。若手俳優の中でも実力派として活躍を続けています。, 姉と妹という女きょうだいを持ち、父が大学で心理学を教える先生だということも関係しているのでしょうか。松坂桃李は今どきのイケメンでありながらもどこか飄々としており、あまりガツガツしたところが見受けられません。友人も少なく、休日はひとりで行動することが多いとか。, こうした松坂桃李の特性が、グイグイと商いを進める頼もしい妻を持った船場のボンボン・北村藤吉役にうまくハマっていきそうな予感がします。, 次の記事「【わろてんか】北村藤吉のモデル人物・吉本泰三(吉兵衛)とは」では、北村藤吉のモデルとなっている人物、吉本興業創業者・吉本泰三についてまとめます。吉本泰三の人物評は、劇中の北村藤吉のそれとは少し違います。, 関連記事