CSVファイルを
自動でアップロード・ダウンロード
『EXtelligence EDIFAS』新機能オプション「Agent」利用開始

 2018年03月29日(木)

 株式会社エクス(本社:大阪市北区、代表:抱 厚志)は3月29日、クラウド型EDIサービス『EXtelligence EDIFAS(エクステリジェンス エディファス)』にて、CSVファイルを自動でアップロード・ダウンロードできるオプション機能「Agent(エージェント)」の提供を開始いたしました。本機能を利用することにより、『EXtelligence EDIFAS』と業務システムの連携を強力に支援します。月額利用料 2,000円(税抜)〈1企業/1IDあたり〉。

サービスイメージ図

 『EXtelligence EDIFAS』は、知的プラットフォーム『EXtelligence』のサービスのひとつで、中小製造業のお客様を中心に導入実績を持つ、低コストかつ短期間でサプライチェーンを構築できるクラウド型EDIサービスです。中小企業共通EDI対応。月額利用料 2,000円(税別)〈1企業/1IDあたり〉。
『EXtelligence EDIFAS』紹介ページ https://www.xeex.co.jp/products_services/extelligence/edifas

新機能紹介:Agent(オプション)

 所定のフォルダに配置したCSVファイルをタイマー設定により、『EXtelligence EDIFAS』に自動アップロード・ダウンロードすることが可能です。Agent機能が正常に実行されているか監視もできます。Agentはクライアント端末にインストールします。

ジョブ設定

 CSVファイルをアップロード・ダウンロードする日時など、実行サイクルを設定できます。なお、ジョブは自動/手動どちらでも選択可能です。
 ※連携可能なファイルは、バイヤー(発注側)の発注送信、発注回答取込データと、サプライヤー(受注側)の受注取込、受注回答送信データです。

新機能の画面イメージ

監視

 Agentが『EXtelligence EDIFAS』と正常に通信されているか監視できます。通信が正常に行われていない場合は登録したメールアドレスにエラーメッセージが送信されます。

▽システム条件(クライアント端末)

OS Windows7、Windows7 64ビット版、Windows10、Windows10 64ビット版、Windows Server2012 R2
CPU OSの推奨環境に準拠
メモリ 4GB以上を推奨
ディスプレイ 1024 ×768 以上推奨
必須ソフトウェア Oracle Java Runtime Environment 6(JRE 6)以上
その他 インターネット接続環境が必要
EXtelligence Agent機能へ登録


■ 株式会社エクスについて

 1994年創業。創業以来、製造業のみにフォーカスし、導入効果を創出できる生産管理パッケージ「Factory-ONE 電脳工場」シリーズの開発・販売・サポートを手掛けている。小規模から大規模製造業まで、企業規模に応じたシステムからクラウド版まで様々なシステムを提供。2014年より5カ年計画で「EXtelligence」を開発、2015年よりサービス開始し、“日本版 Industry4.0”や“次世代ものづくり経営”の構築支援に努めている。
会社紹介ページ https://www.xeex.co.jp/

※「Factory-ONE」「電脳工場」および「EXtelligence」は株式会社エクスの登録商標です。
 商品、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

● プレスリリースに関するお問い合わせ先
 株式会社エクス ソリューション事業本部 セールスプロモーション 中上
 TEL:06-7711-1161   FAX :06-7711-3470   E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

●『EXtelligence EDIFAS』に関するお問い合わせ先
 株式会社エクス サービス事業本部 マーケティング・企画課 渡邊
 TEL:06-7711-1164   FAX:03-7663-3470   E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 サイト内検索

お問い合わせ