ここでは逆光がいい理由、またはレフ板の使い方、青空との関係、ストロボとの合わせ技など、そのあたりを掘り下げてお話ししたいと思います。, 逆光の使い方のコツさえ掴めば、家族写真や、お子さんの写真、または女性スナップやポートレートなども、かっこよく撮れますよ!, たまに「ここ、逆光だけどいいですか?」ってモデルさんに聞かれますが、いいのです!!, 光が人物の顔にあたっていないので疑問に思われる方もいると思いますが、目で見た光景と写真の光景は違います。, 逆光撮影は光源の方をカメラが向いています。そのため光っている部分と、その光を背に受けた被写体には明暗差が生まれます。その明暗差がコントラストであり、その光と影が写真として美しいのです。, また、その明暗差により背景と被写体に差ができ、人物のアウトラインが浮き彫りになります。つまり露出がアンダーであればシルエットが綺麗に撮れます。その時、光が固ければ人物のアウトラインに沿って光の筋(キーライト)ができます。そこを狙うのもおすすめです。, 逆光撮影の際、被写体の顔には光があたっていないのですが、全くあたっていないのかと言われればそれは違います。光は様々な角度から回り込んで、反射光として柔らかく顔に回り込んでいるので顔に露出を合わせると、表情が明るく撮れます。, さらに柔らかく回り込んでいるため、シワや顔の立体感が目立たなくすることができます。レフ版を使うとさらに効果的ですが、その話は後述致します。, それと髪にツヤができるのもポイントです。髪に綺麗なツヤがあるとやはり若々しく見えてきます。, 逆光で撮るデメリットは、簡単に言うと少し難しいところです。一眼レフを使い慣れていないと、戸惑うかもしれません。, それと目の中に光を入れづらいのもデメリットと言えます。人物の撮影の時は、目に光を入れる(アイキャッチを入れる)と人物を魅力的に見せることができますが、逆光撮影だと入れることが少し難しいです。(※その対処法は後述致します), 余談ですがモデルの撮影のライティングを知りたい場合はモデルの目をよく見てみましょう。そこには実はライトが写っています。カメラマンが写っている時もあるくらいです。, 逆光撮影の場合は青空バックでは非常に撮りづらいです。なぜなら青空は順光の時に発生するからです。太陽の周りは青ではなく白く飛んでいます。太陽から離れれば離れるほど、空は青くなるのです。, ですので逆光撮影の場合は、太陽に向かって構えているので物理的には撮れないということになります。しかし、方法はあります。それも後述します。, 逆光撮影の時のポイントとしては、「何を見せたいかを自分の中ではっきりさせておくこと」です。, 見せたいのは、表情なのか人物のシルエットなのか、背景はどれぐらい写すかなど、自分の中ではっきりとさせておく必要があります。それを瞬時に決定していくのもポイントです。, カメラはメーカーや機種によってボタンの位置が変わったり微妙に名称が変わったりします。必ずご自身のカメラで確認してください。, カメラの設定を把握しておけば、逆光写真も怖くありません。レタッチしやすい設定もあるので、参考にしてくださいね。, f値は小さめにしましょう。なぜなら被写界深度の法則により背景がぼけやすく綺麗に撮れるからです。ぼけている背景は人物を際立たせることができます。木漏れ日を背景にすると、葉と葉の間の光が丸くぼけてキラキラと綺麗です。, ただし、被写界深度が浅すぎると、ずっと目にピントを合わせていたつもりでも、少し動いただけでボケボケになってしまうことがあるのでご注意を!, 絞り優先モードは、決めたf値が固定で定まるので、同じボカシ加減で撮影を続けられます。光が足りないところだとシャッタースピードが遅くなりすぎてしまうことがあります。, マイナスの露出補正にするとシルエットになります。プラスの露出補正にすると、顔の表情を捉えることができます。, シルエットは絵本の中のような幻想的な光景が撮れます。空の表情も抑えられますし、それはそれで綺麗に撮れます。プラスの露出補正では、顔を明るく写し、背景を白く飛ばしぎみにすることで明るい健康的なイメージを作ることができます。, どちらかに振り切れる必要もありません。アンダー寄りで撮影し、顔がぼやーっと薄っすら見えているような状態でも、それはそれで儚げで綺麗だと思います。表現方法によって決定していきましょう。, 先ほどからお話している通り、逆光の撮影時では明暗差が激しいので全体で測光してもどうなるのか予測がつきずらいところがあります。, 撮影の時に気にするのは人物の顔です。ですのでそこに標準を合わせて光を読みましょう。, やはりrawデータはレタッチに強いです。そしてレタッチ用として考えるのであれば、どちらかというとアンダーで撮ることをおすすめします。, 白く飛んでいるのはデータがそこには無いということですが、飛んでいないのはデータは生きているので調整が効きます。, それと先ほどの青空の撮影のときも、どうしても青空に映らないときは画像処理で青にするのもありだと思っています。なぜなら仕事の場合、やはりクライアントの要望があるからです。, 撮影の状況と、クライアントの意図を両立させるには画像処理も大事な撮影要素だと思っています。, 逆光がどういうものなのかが解り、さらには設定もしっかりと把握したら、次は実践です。実際に逆光撮影を行うときに気をつけることや、必要な備品についてお話しします。, 逆光により顔が暗くなったのを、ストロボの光で前から補います。この太陽光とフラッシュを合わせて使う技を「日中シンクロ」といいます。, 日中シンクロを使えば、逆光でありながら顔の表情をはっきりと見せることができます。逆光がメインなのでそれよりも少し弱くあてることがポイントです。当然逆光の方が強いので、後ろに影が出る心配もありません。, ただ、内臓ストロボの発光設定は常時発光にし、光の強さはマニュアルで調整しましょう。おそらくカメラからしたら、光は十分に足りていると判断しているはずです。, レフ版も光を補うことができる備品です。レフ版の素材は白いものならなんでも大丈夫です。発泡スチロールでも、ケント紙でもOK。ただ真っ直ぐ差せるように硬い素材でできている方がいいでしょいう。, 一つは内臓ストロボのように硬い光ではなく、柔らかい光をあてることができること。もう一つは下から光をあてるなどして、角度を調整できることです。柔らかい光の方が表現として適していると判断した場合はレフ版を使いましょう。, また、下からあてることでシワに反射光を直で狙い撃ちできます。調整が利く分、しっかりとシワを目立たなくできるのでおすすめです。機材屋で売っている折りたたみ式のレフ板は、持ち運びに便利です!, それと上の写真は光ったコップが目に映りこんで、アイキャッチになっています。レフ版や何か反射させるものを写り込ませれば、逆光撮影でもアイキャッチを入れることが出来るのです。, 上からの直射日光のときには撮影って難しいですよね。そもそも光が強くて硬いときは光も影も強いので撮りづらいです。, そのときの対処法としては、先ほどお話ししたレフ版を傘のようにしてモデルの頭上に差します。当然カメラから見えない位置に差します。アシスタント役の人が必要にはなってくるのですが。, そうしてレフ版を差せば、人物は必然的に影の中に入り、人物にあたる光を緩和させることができます。実際にモデルに日傘を差してもらったり、帽子を被ってもらうのもありです。, それと物を使って緩和させるのは、太陽光だけではありません。日中シンクロの際に、内臓ストロボの光源部分にトレーシングペーパーを貼り光を柔らかくすることも可能です。, 顔にあたる光の硬さが弱まり、より自然な仕上がりになりますよ。※ちなみにカメラマンが白い服を着るのもありです。白い服が反射して光を補うことができます。, 以前はフレアやゴーストを入れることは避けるべきことだったのですが、最近ではどちらかというと積極的に入れていく傾向にありますね。デジタルの進歩で、フレア部分の解像度が増し、光がかぶっていてもディティールが失われなくなったからだと個人的には考えています。, フレアやゴーストが入った写真は、キラキラしていて綺麗ですよね。ノスタルジックな記憶の中のような印象も受けます。非常に幻想的な写真になります。, ただ、太陽の写り方に注意しましょう。太陽は丸いです。その太陽の輪郭である丸がはっきりと写っていると、太陽の主張が激しくなってしまいます。すると人物写真としてはあまり良いとは言い難い傾向にあります。人物に目が行きづらいからです。, ですので、なにか木や葉や建物や人物に、光源を重ねて光を散らしたりすることをおすすめします。, 以上のコツ4つを使って撮影すればきっと、写真が変わるはずです。逆光は、写真の面白さを引き出してくれる要素です。そして女性ポートレートに向いている光です。たくさん撮って、実践を積んでいきましょう。, ここまでは逆光でのポートレート撮影でのカメラ設定や撮影のコツをご紹介してきました。, 実際に自分のポートレートを撮影してもらいたい場合はセルフポートレートよりも誰かに撮影してもらうことが良いでしょう。そのような時はプロのカメラマンに撮影をお願いしてみることがおすすめです。, クオリティの高い写真が手に入るだけでなく、プロのカメラマンの撮影を間近で、自分が被写体になって見ることが出来ます。プロのテクニックや経験を学び、(良い意味で)盗めるいい機会だからです。, 様々なテクニックや撮り方のコツを紹介しましたが、どうしても納得のいく写真が撮れなかったり、雰囲気をうまく出せない場合もあるでしょう。, セルフポートレートに挑戦しても、一人で全て完結させるのはなかなか困難です。ポートレート写真を撮る際には、そうした写真が得意なプロのカメラマンに頼むのも一つの手です。, プロフィール写真やポートレートが得意なプロのカメラマンに頼む一番のメリットは、写真のクオリティを豊富な経験で担保してくれることです。, 経験豊富なプロカメラマンは、直接会った時から雰囲気作りを何よりも考えたコミュニケーションをとってくれます。実際に撮影が始まってからも、良いシチュエーションを読んだり、その場の雰囲気作りが非常に上手いです。, また、被写体の感じる警戒感なども理解し立場をわきまえているので、適切な距離感で写真を撮影してくれます。特に異性の場合は、下手に素人カメラマンに頼むと、距離感を不自然に詰めてこようとしてトラブルの元になる可能性もあります。, ミツモアは日本最大級のカメラマン登録数を誇るお仕事マッチングサイトです。それぞれの撮影に特化したカメラマンを地域で絞ってマッチングすることが可能です。カメラマンの撮影依頼はミツモアで見積もり依頼してみましょう。, ミツモアなら簡単な質問に答えていただくだけで2分で見積もり依頼が完了です。多数のカメラマンから無料で見積もりを取ることが可能です。, 見積もり依頼をすると、プロカメラマンより最大5件の見積もりが届きます。その見積もりから、条件にあったカメラマンを探してみましょう。カメラマンによって料金や条件など異なるので、比較できるのもメリットです。, お気に入りのカメラマンがみつかったら、詳細や見積もり内容などチャットで相談ができます。チャットだからやり取りも簡単で、自分の要望もより伝えやすいでしょう。, プロフィール写真やポートレートの撮影をプロのカメラマンに依頼するならミツモアで見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?, 顔には柔らかい光が回り込んでいるので顔に露出を合わせると、表情が明るく撮れるうえにシワや顔の立体感(頬骨や毛穴など)が目立たない。.

逆光への対策はさまざまです。ストロボやレフ板を用いると、背景の露出を変えずに手前の光量だけ補えます。コントラストもつき、メリハリのある描写になるのも特徴です。, では逆光を使ってうまく撮るには、どうしたらいいのでしょうか? 一番簡単な方法がすでに述べたプラス補正です。手前に主題がある場合は、その主題が明るくなる程度までプラス補正を行います。ちなみに、暗くシルエットにしたければ、そのまま補正なしで撮るか、マイナス補正で調整するとドラマチックな描写になります。, ポートレートなどの場合は、被写体手前にレフ板を配置したり、ストロボを弱めに発光し、光量を補う方法も有効です。もともと逆光は、手前の主題よりも背景のほうが明るく写ります。この際プラス補正を行うと、背景はさらに明るくなります。レフ板やストロボを使うことで、手前の被写体のみの光量を補うことが可能になるのです。逆光利用時はこの3つの補正方法を駆使することで、露出に関わる悩みを解決できます。, しかし、本当の意味で逆光を使いこなしたければ、逆光自体の吟味も非常に大事なポイントになります。具体的に、逆光には「扱いやすい逆光」と「扱いにくい逆光」があります。, 扱いやすいのは、太陽が高い位置にあるときの逆光です。背後からの光の射し込み方がそこまで強くないため、生じる明暗差も小さく、あまり逆光にとらわれずにやわらかい雰囲気を演出しながら撮影が行えます。逆に扱いにくいのは、太陽が低い位置にあるときの逆光です。強く射し込むため明暗差も大きくなり、コントロールがしづらくなります。フレア(ハレーション)と呼ばれる白い光の像が広範囲に及んで入り込むこともあります。しかし、強くドラマチックな光線で夕景独特のアンバーな空気感を醸し出せるのは、この低い位置から射し込む逆光以外にありません。フレアに関しては、カメラアングルや撮影ポジションを太陽光が直接入らないように調整することで軽減できます。レンズフードを装着するだけでも大きな効果があります。, 逆光は高い位置にある太陽光で利用しやすい側面を持ちますが、少し角度を変えることでも、非常に汎用性の高い光源になります。それが左または右斜め後方から照射される半逆光です。この光源は片側からの逆光になる影響で、光の当たった側面にハイライトが入り、やわらかい質感でありながら立体感も合わせて演出できるのが特徴です。真後ろから照射される逆光よりも、白く飛ぶ背景にもグラデーションが残り、単調さも軽減できます。, このように見てくると、逆光とひと口に言っても高さや角度でさまざまな種類が存在することがわかります。もっとも扱いやすいのは高い位置から照射される半逆光でしょうか。しかし、逆光は個々に魅力があり、その光源でないと表現できない描写があります。確かに夕方の逆光は強力すぎて失敗しやすいわけですが、結局は扱い方次第です。冒頭で述べたように、「光はどれも美しい」のです。当然、これは逆光も例外ではありません。, 晴天時は確かにさまざまな光の向きを試せますが、曇天時はそれほど光の向きに気を遣わず被写体と向き合える魅力があります。雲によって拡散したやわらかい光源を使い、陰影の少ない軟調気味の色調で撮影が行えます。光の向きが選べず、グレー調の雲の影響で色味も乏しくなるため、画づくり自体は単調になりますが、撮影は晴天時よりもやりやすいです。なお、薄曇りの明るい曇天時には太陽の位置を意識する必要があるので注意しましょう。雲で光が拡散しているものの逆光や順光の特徴が光源に現れるからです。また、曇天時の光源はコントラストが低くなる分、描写が重たくなることがあるため、プラス補正を行うとやわらかい色調が強調できます。, 晴天時にうまく利用したい光源が日陰です。外から回り込んでくる明るくやわらかい光源を使って撮れるのが魅力で、陰影の少ないやわらかい質感で写真をつくることができます。一見、日陰は暗く見えますが、これは日向と比較して見ているためです。日陰の露出にだけ焦点を合わせれば、光量は十分です。, また、室内で撮影する際に活用したいのが窓際の自然光です。非常にやわらかい面光源で被写体を撮影できます。陰影がきつい場合は、窓の反対側にレフ板を配置してみると自然なトーンで光量を補うことができます。外からの光が強い場合は、白いレースのカーテン越しに撮ってみましょう。光がやわらかくなります。窓際の自然光はポートレートやテーブルフォトなどで有効な光源です。, これらの光もプラス補正がひとつの決め手になります。明るめに撮ることで、光のやわらかさが強調できます。なお、日向で撮るよりも、当然光量は落ちてしまいますが、ISO感度を適宜上げるなど調整し、手ブレしないように注意しましょう。とくに大幅なプラス補正を行う際は意識したいです。. 天気の良い日は明るいから写真も撮りやすそう!なのに、なぜか上手くいかない。失敗写真が撮れてしまった……。そんな悲しい経験はありませんか? キャッチライトの有無だけで表情も違って見えてくるので、人物撮影には特にストロボの使用がオススメです!, 今回の撮影で使用したストロボは「i400」。 今回はそんな日中屋外撮影でよくある失敗をストロボを使って解決する方法をご紹介します!, 外で記念写真を撮る時やポートレート撮影に挑戦した時に、よくある失敗のひとつが『逆光で人物の顔が暗くなってしまう』ことだと思います。例えば、このような写真です。, 一応顔は写っているけど、暗くない…?といった感じですね。 写真の撮り方ガイドブック 逆光を正しく理解する 明るい屋外でストロボなんて必要あるの?と思いがちですが、ストロボを使うことで影を弱めることができ、露出補正では撮れない「背景も人物も丁度いい明るさの写真」を撮ることができるんです。, また、ストロボを使うことで目に『キャッチライト』が入るため、瞳が生き生きと明るい印象になります。, 目元が明るくなっているのが分かります。 +補正をすると写真が明るくなりますが、写真全体が明るくなるので明るい部分は段々と白飛びしていきます。 本記事ではPart2「写真で表現するために」より、「逆光」をはじめとした自然光の使い方についての記述を抜粋して紹介します。 >この連載の他の記事はこちら >前回の記事はこちら. カメラは基本的に今撮っている画全体を見て写真の明るさを決めます。 キヤノン/ニコン/ソニー/富士フイルム/オリンパス・パナソニック(FT)用 の5マウント対応なので、多くのカメラでTTLオートが使用でき、光量調整も簡単にできます。