・芝の中長距離は、やや内枠有利 勝馬投票券関係、投票関係; レース、騎乗技術など; キーワード検索. 競馬のスタートはゲートを使って行われ、ゲートは馬番の1番から順番にコースの内側からのスタートとなります。, そのため、スタートの位置により、どの数字の馬が勝ちやすいなどのデータが偏る可能性は十分あります。 Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved. それは、スタートのするときの位置です。 という結果になります。 1986年以降の有馬記念の枠順別成績を調べると、1枠の連対率、3着内率が非常に高くなっています。 ちなみに私の場合、芝の痛み具合は、「土曜日の午前中のレースを見て判断する」ことが多いです。 是非、競馬予想の参考にしてください。, まずは、ジャパンカップや日本ダービーなど、大きなG1レースが開催される東京競馬場について検証していきます。 「コース的には内枠有利だが、その日だけは外枠有利になる」 でも1枠1番は、「3着固定」などで、高回収率になるケースも多い印象です。 (※長期的なデータの話で、もちろん外枠の馬が勝つレースもあります) もし競馬が室内競技だったら、予想はもっと簡単になると思いますが、面白みも半減するかもしれませんね。 つまり、有馬記念が行われる中山競馬場の2500mという条件において、よく当たると言える数字は1枠である1番や2番です。, 中山競馬場は小回りで最後の直線が短いため、逃げや先行馬が上位に来やすい傾向があります。 特に内枠に逃げ馬が入ると要注意で、警戒心ていなかった逃げの穴馬が万馬券を演出することも珍しくありません。 前傾ラップになりやすく、差しや追い込みが決まりやすいのも外枠が好成績を残している理由の一つかもしれません。, 距離によってレースの特徴も変わってきますが、2200mという条件においては外枠である16~18番が当りやすい数字と言えます。 Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved. 枠順の有利不利については、距離によっても変わってきます。 そのため、3000mという距離においては、当たりやすい数字が1~4番であることになります。, これは菊花賞が長距離であることが要因の一つであることが考えられ、内枠でスタミナを温存することが上位に来るための秘訣です。 枠順が決まるのが金曜日の10時過ぎで、競馬新聞は金曜日の11時には印刷が開始されます。枠順発表を待ってシルシを打つと物理的に間に合わないので、トラックマンの多くは木曜日16時に出走馬が発表された時点でシルシを打っているのです。 マツリダ予想は、芝の中長距離で中荒れを狙う予想なので、この内枠狙いという戦略がマッチしやすいからです。 ・芝の短距離は、内枠も外枠も大差ない これは、競馬場によって内枠のダートの深さが違うことが影響していると考えられます。, 内側にダートの砂がたまりやすくなっいて、深くなってしまうことがあるのです。 データ分析をする際は、ココが落とし穴になります。 コースやレースの距離による特性を理解して、よく当たる数字を探してみるのも一つの方法です。, 競馬では枠順の有利不利により、よく当たる数字が競馬場ごとにある可能性があります。 (芝の中長距離の話) 競馬ファンによって、実に様々な予想方法というものがありますが、どんな予想方法にしろ、「どの馬がどの枠に入るか」というのはとても重要なことであり、, 想定出走馬を見ただけではまだ分からず、馬番が発表されたことをもって、真の予想というのがスタートするところがあると思います。, 「抽選って聞いたことがあるけど」「有馬記念の時だけは公開抽選しているよね」「JRAが都合の良いように決めてるんだろ」, なんとなく抽選というイメージはあるものの、改めて聞かれると実ははっきりと分からない といった方も多いのではないでしょうか。実は私もこの記事を書くまでは、明確な答えを知らないままでした。, >各競走における馬番(枠順)は、公開抽選で行われる一部GⅠ競走をのぞき、全てコンピュータにより自動的に決定されます。また、出馬投票馬が出走可能頭数を超過した時に出走できる馬を抽選する際にも、全てコンピュータにより自動的に決定されます。, http://www.jra.go.jp/owner/members/faq/category_e.html, 抽選で決めているとすれば、例えば強い馬が1,2,3番と内から順に固まって入って、そのままこの3頭で決まるみたいな、ビギナーからベテランまで誰が見ても分かりやすい簡単なレースが、たまに無ければおかしいですし, 人為的に決めているとすれば、また有力馬が良い枠に入った、この非社台の馬いつも大外ばかりだな、やれ枠忖度だ という話になってきます。, 試行回数が多ければ抽選で必ず出てしまう偏りが無くても不自然ではなく、ある程度競馬ファンが「うん?」と思う枠忖度があったとしても、「コンピューターが決めました」と言えば、誰も何も言えなくなる というのは確かにあるでしょう。, 仮に誰かがそれに文句をつけたとしても、「これ以上良い方法があるというのなら、是非教えて欲しい」と返せば良いだけなのですから。, 等といった文言もみられ、抽選で決めているという表現でも、ある意味では間違いではないと言いますか、, この辺りは「抽選的な方法で決めている」といった感じで、競馬ファンのその辺りの意識が高まるまでは、曖昧だったところがあるのかもしれません。, 枠順の決定方法はさておきましても、実際に毎週、人によってはそれを何十年と体感している競馬ファンの方達にとっては、, 例えば注目度の高い重賞競走などで、強い馬3頭が、内から順に1番,2番,3番と入り、そのままゴールイン みたいな, ビギナーからベテランまで誰にでも簡単で、分かりやすい偏ったレースというのは、記憶にありますでしょうか?少なくとも私は思い浮かぶレースというのは無く、, 単純に試行回数が多くて、注目度も低く、能力差の出やすい平場とかなら、探せばあるのでしょうが、そういうレースというのはほとんど無いという印象があります。, 有力馬が極端に、最内に固まって、大外に固まってといった出走表というのも、目にした記憶は無く、「よく考えてみると毎回バランスいいよな」と思っている競馬ファンというのは、実は多いのではないでしょうか。, 私が思うに、競馬ファンが枠順への関心が強まったのは、キタサンブラックが活躍していた頃だったように思います。, 前置きとしましては、どんなに頑張って偏りが出ないように「調整した場合」においても、「その中において一番偏っている馬」というのは必ず出てしまう訳なので、この辺りなんとも言えない部分もあるのですが、, キタサンブラックという馬は、武豊騎手が主戦となった古馬になってからは、かなりの高確率で内枠に入ることが多いことで有名でした。, 特に極めつけだったのが、公開抽選となった有馬記念で、まさかのまた1枠1番を引いたというところだったと思うのですが、実はその前の2戦もキタサンブラックは1枠1番という馬番だったので、これで「3戦連続1枠1番」という驚異的な確率を引き当てたということとなり、, これは 10頭立て×17頭立て×16頭立て=2,720分の1 の確率となり、2016年の流行語大賞の言葉の通り「神ってる」等と言われ、色んな意味で注目を浴びた枠順抽選だったように思いました。, まぁスロットなんかだとこれくらいの確率のレア演出というのは、見る機会というのもありますが、, それは何千回転と回した中においてですから、20戦という短い競争成績の中においてのこの確率とは、訳が違います。, しかしキタサンブラックの場合はそれだけに止まらず、その他のレースも合わせて驚異的な内枠率であったことから、, 競馬ファンの皆さんも薄々勘付いていることと思いますが、完全抽選ではないんじゃないかな という部分はあるということで、, かといって完全抽選じゃないから悪いのかということでもなく、良い意味でも悪い意味でも、変な偏りが起きないというのは、JRA・競馬ファンにとってメリットのあることでもある という一面も、確かにあるのかなとも思います。, 例えば内枠に入ったら面白い、おあつらえむきの穴馬が内枠に入り、そのまま勝って穴を開けるみたいなレースというのがほとんど無く、, 本当に各馬、枠順によってフラットになるように、つまり予想としてかなり難しくなるような出走表になっていることが多いという印象を、, 私自身の予想方法を通して、毎週のように出走表を見て、個人的にはそういう感想を持っています。, なので「コンピューターによって決定されています」という回答は、ある種において非常に納得のいく答えであったことも、また確かであり、, 私も含めて競馬ファンが「なんだこれwwwwこのレース外した奴いるの?www」「くそっ、裏を読みすぎた!まさかそのまんまとは」みたいな、カオスなレースというのも、たまには見てみたい気持ちもあったりします!. 大体こんな感じに分類して、それぞれの内枠と外枠の有利不利をデータ分析していくスタイル。意外と几帳面な私。 レースには運などの要素も絡み一概には言い切りませんが、よく当たる数字というのがあってもおかしくはないのです。, 競馬によく当たる数字があってもおかしくない理由は、コースによって枠順の有利不利があるからです。 「ダートは、外枠の方が走りやすい印象」 長距離の場合はスタートがゆくりで枠順に関わらず自由にポジションを選ぶこともできますが、短距離では枠順で選べるポジションが限られてしまいます。 「2.3.4.5.6.7.8番」 宝塚記念の過去20年の枠順別成績を調べると、8枠が連対率20.5%、3着内率31.8%と他の枠に比べて好成績を残していることがわかりました。 仮にある競馬場で内枠が有利だというデータがあれば、よく当たる数字は1番や2番だと言えるかもしれません。, このようにコースに枠順の有利不利があれば、よく当たる数字というのがあってもおかしくはないのです。 よく当たる数字という視点で競馬を予想し、万馬券的中を狙ってみてください。, 競馬は確率から攻略できるのか?馬券が当たる方法を、確率にフォーカスしてまとめました。, 競馬で馬券が当たる法則があるかどうかは、多くの競馬ファンが注目しています。今回は、当たる法則や儲けるための買い方について・・・, 競馬予想では、競馬場の特徴を使うことが大事です。傾向を掴むことで、馬券の的中率も上がるかもしれません。今回は、中山競馬場・・・, 競馬のG1の賞金は、夢のある金額です。今回は、競馬のG1賞金ランキングや海外競馬のG1レースとの賞金の違いについて紹介していきます。, 競馬で勝つためには、単勝馬券を上手く活用することが大事です。今回は騎手別の単勝回収率などを紹介するので、単勝馬券を買う際の参考にしてください。, 近頃、投資競馬という言葉を耳にするようになりました。 最新の競馬ニュースや追い切り情報、予想、レース回顧   ↓ 「ダート 短距離」 単純に言うとスタートする位置です。フルゲート18頭立の場合、1~18番まで枠があります。, 競馬は陸上競技と違って、イン側とアウト側でもスタート位置は同じですので、この枠順とコース特性により有利不利が出てきます。, 通常、土曜のレースは金曜午前10時、日曜のレースは土曜午前10時にJRAがコンピューターで自動的に決定します。, 日曜のG2、G3は前日発売がない厳寒期は土曜、前日発売がある今の時期は金曜に同じく自動的に決まります。, 皐月賞、ダービーなどのクラシックやジャパンC、有馬記念など、金曜の前々日発売を行うG1・11レースは木曜午後2時に自動的にコンピューターで決まりますが、その他のG1は厩舎関係者や騎乗騎手が自ら抽選を行います。, 50音順のアかワのどちらを先にするか予備抽選を行った後、馬番を決めていきます。この時、使うのが商店街の福引きなどで使う“ガラガラ”と呼ばれるおなじみの抽選器です。, 決められた枠順の発表ですが、原則、レース前日の10時すぎに馬番号・枠番号が付された出馬表が発表されます。, ただし、GIレースや一部重賞レースなど、前日発売(前々日発売)を行うレースは、レースによって発表時刻などが異なります。, 枠順別での有利不利ですが、コースの特徴を考慮しなければ一般的には内枠の方が距離的にロスなく走れるため有利と考えられます。, 特に開催まもないコースの場合は内側の馬場がそれほど傷んでいないために、馬場コンディションとして内側と外側の差がないため、距離が短い内側が有利となります。, ただし、特に差し・追い込みの馬については内側から発走の場合、最後の直線で馬群に包まれて進路がふさがり、スパートをかけることができないということが発生します。, レースによっては、内側発走でもスタート時にあえて後ろに下げて、外側に馬を出すという戦法も見受けられます。, コースの特徴を考慮した場合の有利不利の例ですが、中山ダート1200mや阪神ダート1400mなどのスタート地点が芝のコースでは、外枠のほうがスピードの出る芝コースを走る距離が長いため、外枠のほうが有利とも言われています。, また、中山芝2200mのようにスタート地点から最初のコーナーまでの距離が十分にあるため、外枠の不利が緩和されるケースもあります。, レースの予想の際に、競馬新聞やテレビ・ラジオなどにおいて、過去の傾向としてどの枠番別の勝率が取りざたされます。, もし、予想の際にあまり枠順を考慮されていなかった場合は、ぜひ枠順を考慮してみてください。, >> 出走登録から最終的にどうやって出走馬は絞られる?テイエムオペラオーが支払った追加登録料は200万!?, >> 競馬の内回り、外回りの違いは?内回り・外回りがある4つの競馬場とコース特徴を解説, >> 450誌以上読み放題の楽天マガジンで競馬雑誌を読んでみた【サラブレ・週刊Gallop】 <<, dmenu ニュースなら、デイリースポーツ・東スポ・スポーツ報知といった大手スポーツ新聞社による これを、データ分析ソフトで分析してみると、 ▼例えば、「芝のレースでの枠順別の連対率」 競馬での数字と言っても、馬番だけでなく枠番もあるのです。