巨人・田口 5勝目も…9回1死から被弾降板「また自分の弱いところが出てしまった」 [ 2020年9月24日 05:30 ] 野球 巨人・阿部ヘッド代行推薦がピタリ! Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. All Right Reserved. 2020年の巨人は、エース菅野が日本新記録となる開幕投手による13連勝を達成し、若き生え抜きの4番である岡本はシーズン当初は三冠王をとるのではと思えるほど打ちまくってホームラン王、打点王の二冠がほぼ確定している状況、高梨中川といった鉄壁のリリーフ陣が獅子奮迅の活躍をした結果、9月半ばにはマジックが点灯し、完全に独走状態でありました。 All Rights Reserved. Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 2020年のプロ野球ペナントレースはセリーグはジャイアンツが優勝し、パリーグはホークスが優勝という結果になりました。, 父親がプロ野球が好きだった影響で昔からナイターを見ており野球好きとなり、高橋由伸が巨人に入団したくらいからずっと巨人ファンの自分にとっては巨人が優勝したということで大変に充実したシーズンでありました。, 特に今年は新型コロナの影響もあり在宅ワークの比重が増えた結果、ナイター中継をテレビで見ることのできる日が激増しました。思わぬコロナの好効果でした。, 働き出してからは野球中継を毎日家でゆっくり見るなんてことは不可能で、テレビで野球を見るという機会も減ってプロ野球界の動きに疎くなっていましたが、今年は久方ぶりにジャイアンツ戦をしっかりと見て一喜一憂することができました。, 2000年の長嶋監督時代の仁志清水江藤松井高橋マルティネス二岡村田上原のミレニアム200発打線で優勝しON対決を制して日本一になった翌年の投壊によってチーム防御率が崩壊しヤクルトペタジーニに.378、11本塁打、34打点を対巨人戦で食らって松井のホームラン王、清原の打点王を味方投手陣が逆アシストしてペタジーニにタイトルを奪われた苦き2001年以来です。, 2020年の巨人は、エース菅野が日本新記録となる開幕投手による13連勝を達成し、若き生え抜きの4番である岡本はシーズン当初は三冠王をとるのではと思えるほど打ちまくってホームラン王、打点王の二冠がほぼ確定している状況、高梨中川といった鉄壁のリリーフ陣が獅子奮迅の活躍をした結果、9月半ばにはマジックが点灯し、完全に独走状態でありました。, 他チームから見ると、早々に独走状態となった今年の巨人は強く見えたことと思います。結果として独走して優勝しましたので実際強かったんでしょう。, しかし、試合を見ていると、とてもストレスがたまる救いようのない試合が多かったというか、いち巨人ファンとしては数字ほどの強さを全然感じない勝っているのになぜここまで勝っているか理解できない、このチーム弱すぎだろと感じるのになぜか首位を走ってしまうとても珍しいシーズンであった印象を抱いています。, なぜ優勝できたかよくわかりません。巨人を独走させた他チームがそれ以上に弱すぎたように思えてなりません。, 弱いと感じた理由をいくつか挙げていきます。なお実際の数字を見ると強かったので、各種印象は、巨人ファン歴が長い私が見てきた当チーム優勝したシーズン比によります。, 今年は本当に打てませんでした。つまらない眠くなるような貧打戦を何回見せられたことか。, 中継を見ているとよく実況が、「強力巨人打線ですからねー」などと話すのですが、この虚弱打線のどこが強力打線やちゃんと曇りなきまなこでよく見ろとつっ込んでました。, 今年は点を取れませんでした。3割打者もチームに1人もいませんし、ホームランの数も例年と比べて少なかったです。, 巨人といえばFAで4番打者を集めていたころの伝統から強力打線が代名詞になっていますが、ホームランを5発打って派手に勝ったとか、終盤に劇的なグランドスラムで逆転するといったエンタメ要素の多い打ち勝った試合が少なかった印象を持ちました。, 勝つとしても粘り強く守り勝つというか、2対1とか3対2とか、序盤に先制点を入れたもののその後相手ピッチャーを打てずに追加点が取れない中で、逆転されない程度に追いつかれながらもリリーフピッチャーがなんとかしのいで僅差で勝利するという、9回が終わるまで安心して見ることができない、ハラハラドキドキが止まらない試合が多かったです。, 逆に負ける時も1点、2点しか取れなかったり、素人が見ていても全く相手投手を打てる気がしないというか、このクソ打線いい加減にしろやほんまと絶望する日がとても多かったです。, ホームラン王、打点王の二冠がほぼ確定している岡本も、よく頑張ったと思いますが物足りなさのが勝ります。, 序盤戦の神がかり的な活躍は物凄かったですが、そのあとは打率は下がる一方で後半には失速し、4番として情けない内容のない凡打の方が目立つようになってきました。, 一時期阪神大山とホームラン王をめぐってデッドヒートしていた時は岡本になんとか打って欲しいと願っていたのですが、ストレスの溜まる凡退が蓄積した結果むしろ大山お前がホームラン王にふさわしいという思考に変質しましたよ私は。, 巨人は打率が低く出塁率も4割を超えることのできない岡本を4番ではなく5番におけるような打線になるのが理想のように思います。, 4番には.330、40発打てるどっしりした打者を入れたいですね。そんな人いませんね。, 一時は菅野、戸郷以外に計算できる先発がおらず、裏ローテの時は毎試合先発が崩壊して連敗し、菅野が連敗ストッパーになるという状況でした。, 通常はマジックが減るに従ってチームの雰囲気も上がり、連勝を重ねたりドラマチックな逆転勝利、サヨナラ勝ちをしてどんどんと盛り上がっていきます。, しかし今年のジャイアンツは、マジックが減ることに比例して弱体化し情けなくなるありさまでした。, 2020年の優勝は引き分けによって決定しましたが、その日の前までになんと巨人は5連敗していました。, ビジターの球場では全く打てず貧打に喘ぎ、先発も中継ぎも打たれて無様な試合を見せ、すべての要素が弱すぎて救いようがなく12球団最弱のチームにしか見えなかったです。, これも優勝決定後原監督も言っていましたが、今季を象徴しているというか、なかなか打てないんですね。, 優勝決定戦で9回裏にランナーが出てチャンスに坂本岡本丸に打席が回って、誰もが一打サヨナラでの劇的な優勝決定を期待していたのですが、誰も劇的な一打を打てずにそのまま延長に入って引き分けです。, 今年のセリーグMVPは開幕から13連勝というプロ野球新記録を樹立した菅野で間違いないでしょう。, おそらく10年後に2020年のシーズンをリアルタイムで観ていない野球ファンが今年の菅野の成績を見るとその数字に圧倒され、神格化されるでしょう。, しかし、これも菅野の登板を毎回見ている巨人ファンなら共感してもらえると思うのですが、今年の菅野は良くなかったです。, なぜ防御率が2.04という素晴らしい数字なのか、なぜ14勝もできているのか、良くわかりません。, 前半戦は確かに完封や、ここぞの場面でギアチェンジして打者を圧倒するシーンもありましたが、後半になるにつれて、簡単に先制を許したり、味方が先制点を入れたり追いついたりしたすぐ次のイニングで簡単に失点したり、下位打線に粘られて四球を出したり簡単にヒットを打たれて出塁されたりといつ炎上しても全く不思議ではない登板が続いており、「エースとして求められるピッチング」ができていない場面を何回も目にしました。, よく言えば粘り強いというか、打者を圧倒する投球はできないけどでも6回3失点を超える悪い内容にはならないという絶妙な感じだったように思います。, 悪くても試合を作るのが先発の役目ですので、そういう意味では結果を残しているのはすごいのですが、今年後半の投球の内容だと、メジャーで良い成績を残すことができるイメージは全く浮かびません。, 20勝した上原のルーキー時代や、ダルビッシュや田中将大の全盛期のような「こいつまじ打てないからお手上げ」感がなかったです。普通に攻略できそうな雰囲気でした。, なんだかんだ書きましたが、巨人が優勝したのは本当に嬉しいですし、選手も本当によく頑張ったと思います。, 強く見えないのに勝っているというのは数字に出ない、目に見えない強さがあるんでしょう。, 勝つべく試合を当たり前に買ったり、地味に守り買ったり、選手層の厚さや、派手さはないものの増田の走塁やここぞの地味なヒットで1点を奪ったりと、他球団が容易に真似ることのできない本当の強さがあったんでしょう。, 花形の選手の一発ではなく、打力、投手力、守備力、走塁力、監督の采配、勝負勘、控え選手の強さ、コーチ、裏方等、チーム力を構成するそれぞれの分野の厚みが総合力となって全体としての確かな強さにつながっていったのだと思います。, 岡本にも先に今年は活躍しているけど物足りないと批判するようなことを書きましたが、岡本の打席が見ていて1番楽しいですし、1番ホームランを打って欲しい選手です。, 今年万が一ホームラン王逃すようなことがあれば悔しくて悔しくて、あんたのすべてを壊して俺が勝つ状態になってしまいます。, 広いナゴヤドーム補正のかかる大野よりも東京ドームのドームランで相当防御率を損している菅野の方が優れた投手だと思います。長野に打たれた3ランとかロペスに打たれた2ランとか、ナゴヤドームだったら絶対スタンド入ってないです。, 優勝した翌日は読売新聞と報知スポーツその他各社のスポーツ新聞をワクワクしながら駅の売店まで記念に買いに行きました。, 愚痴のように書いたのも、巨人が好きで、自分の理想系の巨人になって欲しいと思うからこそです。, ジャイアンツが負けると本当に悔しいしムカつくついてイライラするので、パワプロでコンピュータのレベルを適度に下げてイチロー柳田長嶋松井王落合野村坂本の打線で滅多打ちしないと心が晴れないくらいです。, 日本シリーズは去年4連敗で大敗を喫したソフトバンクに出てもらって、リベンジを果たして欲しいですね。. 不労所得(配当金)が1年前から23%UP 増配銘柄がゴロゴロ【2019年4月配当金記録】, 幼稚園児をもつ親による「幼児教育の無償化」の内容まとめ~一般私立幼稚園だと3年間で約90万円負担軽減!すべての幼稚園費用が無償にはならないことには注意【2019年10月1日実施】, 年間配当金50万円のマネーマシンが完成!日米株の個別銘柄の配当金開示と、残る不安要素・・, 年間配当金50万円突破するということは、1か月以上働かなくてよくなるということ【2018年配当金集計】, S&P500(アメリカ株)は毎年7%とか10%上昇しない当たり前の事実~1970年から2018年の過去49年間のS&P500のパフォーマンスから分かること【平均だけ見ると本質が見えない】, JTの連続増配がストップ/ 国内たばこ事業はジリ貧で 2020年は配当性向90%へ【2019年通期決算】.  メルセデスが負傷離脱し、先発左腕の柱として期待されるが「もっと成績を残していかないとローテにも残れない。結果を求めたい」と気を引き締めた。, ソフトバンク、オリックスと延長10回の末引き分け 中村晃2ランで追いつくも連敗脱出ならず, 日本ハム・田中賢介SA 理事長務める学校法人が立命館と連携協定、22年4月に小学校開校へ, 楽天・下妻 8年目でのプロ初本塁打に「素直にうれしい」今年2月に支配下復帰の苦労人, ソフトバンクVS日本ハム 10月2~4日は「#ロボット応援大戦」、ファン交流を企画, 【25日の予告先発】巨人・サンチェスVS中日・柳、ロッテ・二木VSソフトバンク・ムーア, 中日、来月の巨人3連戦を入場1万7400人上限で開催 10・10は高木守道さん追悼試合, 阪神・西勇 25日ヤクルト戦先発へ 3試合連続完封へ「記録よりも自分の仕事を大切に」, マー君 4回8安打5失点で3敗目「風の強さだったり、自分にとってはタフな登板になった」, マー君 4回8安打5失点で3敗目、日本投手2位メジャー79勝目は持ち越し ヤ軍は大敗, 【大谷翔平と一問一答】「いい形で捉えられている」 意義ある一発「全部勝つしかない」, 山本昌、浅尾らと流した汗を指導に生かす――元中日、日体大・辻孟彦コーチが“忘れられない言葉”, 【内田雅也の追球】心理複雑なフルカウント 阪神、勝機去った痛恨のランエンドヒット・三振併殺, 関本賢太郎氏 阪神・大山の右前打で感じる好調ぶり 糸井と2人で不調のサンズをカバーして, 西武 3000勝!所沢移転から41年 東尾修氏 寄せ集め最下位から“よくぞここまで”, 西武3000勝…森繁和氏 時間の流れ感じる 所沢移転79年と同じ場所にあるのはパで西武だけ, 日本ハム・樋口 昇格即スタメンでプロ初安打も記録 栗山監督「がむしゃらにやる姿がとても素敵」, 巨人・坂本 11戦ぶり16号ソロ&セ単独6位の160度目猛打賞!主将の活躍で連覇加速M28, 広島 苦渋…巨人に3タテくらい4連敗 29日から本拠地で再戦、佐々岡監督「やり返す」, 楽天・浅村 決勝28号2ラン!今季12回目本拠お立ち台で楽天ポイント120万ゲット!, 楽天・涌井 雨中の力投で1カ月ぶり白星 リーグトップ9勝目で4年ぶり2桁勝利に王手, ロッテ・唐川 今季18試合目ついに失点…浅村に被弾 手痛い敗戦で3カード連続負け越し, 阪神に“貯金5の壁” 頼みのサンズもブレーキ 上茶谷に完封許し、矢野監督「最後までいかせたのは課題」, 中日 マルクを支配下登録 17年育成ドラフト2位 与田監督「基本はリリーフで」と期待, ヤクルト3連敗 歳内が初黒星 3回途中5失点KO「初回からリズムをつくれなかった」, セガサミー・森井 11球団スカウトの前で149キロ快投 西武・渡辺GM「ボールが重そう」, ドラフト候補左腕のJR東日本・伊藤、3被弾KO「予選は甘くない」 チームは逆転勝ち, ツインズ・マエケン 30日ワイルドカードシリーズ初戦先発が有力 バルデリ監督の信頼厚く, ヤンキース・マー君 24日先発、勝てば黒田と並ぶ米通算79勝「並ぶことができたらうれしい」, 記者が見た現役続行の日本ハム・斎藤佑樹投手の葛藤 11年目へリハビリ後の変身を見たい.