2020年度から小学校3・4年生のカリキュラムに「外国語活動」として英語が導入され、5・6年生では「教科」として英語が必修になります。「中学への入学後に初めて英語を学んだ」という親御さん世代にとって、「小学校からの英語」は不安を覚えるものなのではないでしょうか。そこで、小学校における英語の授業から、中学受験への影響などを探ってみたいと思います。, 小学校で英語が教科になるのは、やはりグローバル化によるものでしょう。3、4年生では「英語に親しむこと」を目標に、5、6年生では「読む」「書く」も重視した必修教科となります。, 2017(平成29)年3月、新しい学習指導要領が告示されました。なかでも注目を集めたのが、小学校中学年に「外国語活動」を導入し、高学年には「外国語」が教科として導入されることになったということでした。, 訪日外国人の増加に、グローバル化に伴うさまざまな事情、さらに2020年の東京オリンピックなど、日本と外国の距離は縮まるばかりです。そんななか出てきたのが、コミュニケーション・ツールとしての英語。「英語に抵抗感なく親しむにはより早ければ早いほどいい」ということで、2020年度から英語に触れる学年が小学3・4年生まで引き下げられることになったのです。, この英語の早期化には賛否両論があります。「早ければ早いほど抵抗がなく、自然と英語に親しめる」という人もいれば、「やることが多すぎて、何もかもが中途半端になりそう」と懸念する人もいます。2018年現在では、3・4年生への試験的な導入が始まったばかり。「英語を学ぶのは早ければ早いほどいい」のかどうかという結論が出るのは、まだ先になりそうです。, 小学校の英語授業は、基本的には国語や算数など他の教科と同様、学級担任の先生が担当します。3、4年生では週に1、2時間、簡単な単語などについて「聞く」「話す」ことを重視します。5、6年生では、週3時間程度と時間数も増え、中学校への英語学習につながる学習になる予定です。, 英語が正式に教科になろうとしているいま、英語塾、もしくは英会話スクールに通わせたほうがよいのでしょうか? さらに、中学受験における英語について調べて見ました。, 私立の中高一貫校には英語に特化したコースがある学校もあります。筆者はそういった学校の生徒たちにインタビューしたことがあります。, 「もともと英語が好きで、小学生の頃から英語の塾に通っていた」というある生徒は、小学校6年生の時に英検準2級を取得したとのこと。ただし、同じ学校の生徒でも、中学から英語を学び始めたという生徒もいました。, 肝心なのはお子さんのやる気。小学生のうちから英語に興味をもっているのなら、塾や英会話スクールに通うのも悪くはないでしょう。, 小学校の英語が教科化されれば、テストでの評価も行われます。ということは、国語・算数・理科・社会と同じように、中学入試の科目にも英語が加わるのでしょうか?, 首都圏模試センターによると、2018年度入試において、英語の入試(選択制)を実施した首都圏の学校は112校に及んだとのこと。これは4年前の2014年の15校に比べると格段に増えています。また、英語の試験の内容も、筆記型だけでなく面接やグループワークなどを行わせる学校も出てきたようです。, ただし、そういった学校でもあくまでも英語は選択制。主流は2教科か4教科の試験で、難関校ほど従来の4教科で入試を行う傾向があるようです。とはいえ、小学校への英語導入に関しては過渡期なので、第一志望校だけでなく、受験する可能性のある学校の受験情報はつねにチェックしておきましょう。, 続いて中学に入学してからのことを見ていきましょう。英語ほど私立の中高一貫校らしさが出る教科はないと思います。英語教育だけを見てもそれぞれ個性的なので、学校選びの参考にしたいところです。, 小学校の英語必修が決定する前のこと。中高一貫校の先生のなかには「小学生のうちから英語塾に通う必要はない」とおっしゃる方もいました。英語塾に行き、変なクセがついてしまうことを懸念していたようです。また、私立中高一貫校では、小学校から英語塾に通わなくても、中学で十分な英語教育を受けられる設備や環境が整っている学校が多いのも事実です。小学校での必修化が決まった現在、特別に英語に興味がある子以外は、小学校での学習だけでも十分かもしれません。, 私立中高一貫校の英語教育は、各校それぞれ特色があり、バラエティー豊かです。たとえば習熟度別授業に、英検などの検定試験取得を目標に掲げている学校、ネイティブの先生が多く在籍する学校、1年間の海外留学に行き、帰ってきても元の学年に戻れる学校など……。また使っている教科書にも、その学校の英語に対する姿勢があらわれます。, 多くの私立の中高一貫校は、コミュニケーション・ツールとしての英語教育に力を入れています。また2020年の大学入試改革では、英語の4技能を総合的に評価するため、入試に英検やTOEICなど民間の資格・検定試験が導入されるようです。それらを考えると、私立は今後ますます英語教育を充実させていくことと思われます。学校選びの際には、「英語入試試験の有無」「入学後どんな英語教育が受けられるのか」などにも注目してみましょう。, 小学校の英語必修化は、試験科目として導入する学校が増えるなど、中学入試にも影響を及ぼしています。とはいえ、小学校では「英語に親しむ」→「コミュニケーションとしての英語」を学ぶことに留まります。英語の「読む」「話す」「聞く」「書く」という4技能の本格的な習得は、中学入学後になります。ゆえに、本当に英語を学びたいという子にとっては、学校選びがカギになるといえそうです。, 参照元:『小学校外国語活動・外国語研修ガイドブック/文部科学省』

【小学生向け】プログラミングを学べるおすすめゲーム8選!自宅で楽しみながらできる!, 【2020年6月6日】ロボットプログラミングの授業内容~ジュエリーボックスやキャリブレーションロボ~, 小学生で英語が必修化される理由や小学生の英語教育、自宅でどうやって勉強すればいいのかなどについて詳しく解説していきます, グローバル化した現在の世の中を生き抜くために、英語がコミュニケーションツールとして絶対必要だから, 様々なことを柔軟に吸収でき、恥ずかしさや英語でのコミュニケーションに壁を感じる前に、小学生の時から英語教育を始めることになった, TVやDVDなども、アルファベットや字幕が出ていたりするものも多く、英語を目にする機会も増やせてよいでしょう, 家という落ち着いた環境の中で、本物の英語に触れ、コミュニケーションを一対一で取れるのは大きなメリットですよね. そもそも、小学校で英語教育が必修化されたのはなぜでしょうか。 それは グローバル化した現在の世の中を生き抜くために、英語がコミュニケーションツールとして絶対必要だから です。 これまで、英語の教育は義務教育の中学校からはじまり、高校、大学と英語 … 小学校で英語教育必修化へ 教育業界に身を置かれている方は ご存知の方も多いと思いますが、 2020年より小学校において ・小学3年生より必修化 ・小学5年生より教科化 ということが決ま … 対象となるのは小学3年生から6年生です。これまでは、導入準備期間として成績もつかず、取り組む時間も学校によってまちまちでした。, そこで、この記事では小学生で英語が必修化される理由や小学生の英語教育、自宅でどうやって勉強すればいいのかなどについて詳しく解説していきます。, それはグローバル化した現在の世の中を生き抜くために、英語がコミュニケーションツールとして絶対必要だからです。, これまで、英語の教育は義務教育の中学校からはじまり、高校、大学と英語教育が行われてきました。, 理由としては様々ありますが、特に原因となってるのが日本の英語教育では基本的に、読む・書くに力をいれた教育が続いたということ。, もちろん、読む・書くという能力は英語を覚えるということでとても大切ですが、聞く・話すの力はそれだけでは身につきません。, なんとなく英語を口にすることに、恥ずかしさや壁を感じているところがあるのではないでしょうか。, そこで、様々なことを柔軟に吸収でき、恥ずかしさや英語でのコミュニケーションに壁を感じる前に、小学生の時から英語教育を始めることになったというわけです。, 母国語である日本語もまだつたない時から、外国語を学習することに賛否ありましたが、今では、外国語を学ぶことで、母国語への理解も深まるとされています。, しっかり取り組めば小学校の間に、間違いを恐れず、積極的に話せるよう、音として英語に慣れさせてコミュニケーションを取れるようになっているでしょう。, そして、中学校では、小学校で身につけたものに加えて、さらに表現できることを増やしていきます。, 英語で身近なことを表現し、簡単な情報交換ができるコミュニケーション能力を身につけるのです。, 高校ではさらに多くの単語を習得し、幅広い話題について、発表したり、討論するようなことまで学ぶのです。, この頃には、自分のことや身近なことだけでなく、より複雑な英語表現を使えるようになっているでしょう。, しかし、最終的には、小学校・中学校・高校を通して英語を学ぶことで、「英語でコミュニケーションが取れる」ということを目指しているのです。, 『外国語活動においては、音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について体験的に理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うこと』(文部科学省の定義より), 簡単に言えば、「音」として耳から英語に触れることに力を入れ、聞いたものを口から発して真似をすることを通して、英語でのコミュニケーションの基礎を身につけるのが目標です。, 簡単な挨拶や身近なものの名前を英語で言ってみたり、英語を楽しむことに重点が置かれるのです。, 5・6年生では、英語は国語や算数と同じような教科として、教科書を用いて勉強して、成績もつきます。, そして、3・4年生の「聞く」「話す」に加えて、「読む」「書く」が加わりますが、何よりコミュニケーションが取れることが目標です。, 小学校の間に、英語は、コミュニケーションをとるためのツールだということを実感し、この後の勉強にもつなげていくことが重要です。, これは年間で70コマになり、すでに他の教科で埋まっている時間割にどう取り入れていくかは、各自治体・学校に任せられています。, 詳しくは文部科学省のページに記載がありますので、一度読んでみるとさらに目標がはっきりしますよ。, では、最後に自宅で英語学習をする際のポイントや注意点をいくつか紹介したいと思います。, 親自身が英語を苦手にしてきた場合、あまり触れたくないという気持ちもよくわかります。, 子どもと一緒に英語に触れて、ぜひ親子でコミュニケーションの幅を広げて欲しいと思います。, 諸説ありますが、よく言われるのは、実用的な英語力を身につけるには3,000時間から5,000時間の集中的な学習が必要とされています。, 生まれたての赤ちゃんが少しづつ、母国語を身につけるように、生活の中で、英語に触れていくことが必要なのです。, 小学生が家庭で英語に触れる時間を作る方法について、まずは聞くことを意識してください。, 幼い子どもが、言葉を喋れるようになるのと同じような流れで、英語を身につけるきっかけは、聞くことから始まるのです。, 英語、特に発音に自信のあるかたは、ぜひ英語で書かれた絵本をたくさん読んであげてください。, 発音に自信のない場合は、例えば、英語の歌を聴いたり、映画やアニメのDVDを見るなど、耳で英語に親しむとよいでしょう。, 同じものを何度も繰り返す形で構いませんので、まずはたくさん英語を聞くよう心がけてください。, また、小学生の英語必修化に合わせて、ラジオやテレビでも小学生向けの番組が充実しています。, 何度も聞いたり見たりして、ストーリーがわかるようになると、英語はわからなくても、どんなことを言っているのかはわかるようになってくるでしょう。, ただし、小学生は日本語がある程度読めるようになっているので、日本語の意味が近くに書かれていると、結局日本語を読んでしまうことになります。, 小学生になって、こんな簡単なものを?と思うかもしれませんが、難しいものを導入しても、わからなくて見ない、というのでは本末転倒です。, もちろん、TVやDVDなども、アルファベットや字幕が出ていたりするものも多く、英語を目にする機会も増やせてよいでしょう。, 簡単なものだと、挨拶などですが、急に生活の中に英語でのあいさつを取り入れるのは、子ども1人だけではできません。家族みんなの協力が必要です。, そこで、まずはここまで紹介したCD、DVD、TV、ラジオなどを視聴する時に、「みんなも言ってみてね!」や「繰り返して言ってみよう!」などという場面が必ずあります。, 一緒に見たり、聞いたりできる時には、ぜひ親が率先して繰り返し言ってみたり、声に出していくようにしてください。, 楽しく英語が口から出てくるように、親も一緒に学ぶつもりで、英語を発する機会を取り入れて行って欲しいと思います。, もちろん、海外の文化に触れ、理解を深めるには、実際海外に行くことが一番です。しかし、今回は家にいながらできることに焦点を当ててみます。, 英語教材用のDVDやTV番組でも、英語圏の学校の子どもの様子が見られたり、世界の名所を説明されているようなものがたくさんあります。, 動画の投稿サイトなどにも観光案内用など、海外の様子がわかる動画はたくさんあります。, このような映像を見るだけでも、自分たちの過ごす環境との違いに気づくきっかけづくりには最適です。, 英語を学ぶためにも、文化に触れるためにも、英会話スクールなどのプロの力も取り入れてみるのも一つの方法。, 英会話スクールの中でも、最近増えているのがオンラインで、家にいながらにしてレッスンを受けられるものです。, オンラインの場合、どこかの教室に講師が来ていて、そこの先生がオンラインレッスンをすることが多いです。, しかし、中には海外にいる先生が、海外から日本にいる子どもたち(場合によっては大人にも)のためにレッスンをしていることもあります。, この場合、オンラインのレッスンでは、ネイティブの外国人が講師のことがほとんどです。, 家という落ち着いた環境の中で、本物の英語に触れ、コミュニケーションを一対一で取れるのは大きなメリットですよね。, 他の子と一緒だと英語を口にできなかったりする場合や、親も一緒に学びたいときなどにも、オンラインで自宅にいながらレッスンをうけられるのはとても有意義です。, 家庭での取り組みに、オンラインレッスンという新しい形にも挑戦してみるのもおすすめですよ!, 小学校で取り入れられた英語教育の方法や、自宅で英語を勉強する際のポイントは分かっていただけたでしょうか?, 実際に子どもが学校で英語の授業を受けた時に、不安を感じない程度に、英語に親しんでいってもらえたらと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 1年後に迫る2020年の小学校の英語教育必修化。文部科学省の資料を見ても難しすぎて分からない!という方のために「完全に母目線」で現状との違い、3年生~6年生の大まかな授業内容、時間割り … http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/__icsFiles/afieldfile/2017/07/07/1387503_1.pdf, 参照元:『「2020年大学入試改革」に向けた英語教育と入試の変化/首都圏模試センター』 現行学習指導要領では、小学校における英語活動は、総合的な学習の時間において各学校の判断により、「国際理解に関する学習の一環としての外国語会話等」が実施されている。その際、「学校の実態等に応じ、児童が外国語に触れたり、外国の生活や文化などに慣れ親しんだりするなど小学校段階にふさわしい体験的な学習が行われるようにすること」とされている。 「小学校英語活動実施状況調査」(以下、実施状況調査という)においては、公立小学校の総合的な学習の時間において約8割の学校が英 …

2020年から小学校3年生から英語の授業が始まります。従来の5年生から始まっていたことを比べると2年早く始まることになりますね。 「英語に親しむ活動を小3から、正式教科小5から 新 … ○ グローバル化が進展する中で求められる人材育成に対応するため、小・中・高等学校を通じた英語教育においては、教育課程の改善・充実が図られてきた。 また、政府の提言等(※1)においては、英語担当教員の英語力・指導力の強化や、生徒が英語を使う機会を増やすために必要な指導体制の強化 … 教科書はありません。テストもないので通知表に数字で成績がつくという訳ではありません, ブロガーのhanjyomoと申します。子ども教育の選択肢にお越し頂き誠にありがとうございます。当ブログでは、子ども教育の選択肢ということで、様々な情報を提供しています。教育において動画やガジェットの活用が今後非常に進むと思っていますので、how to動画などもコンテンツ作成していきます。, どの絵本がいいか迷ったら、EhobNaviにお任せ!読み聞かせの驚くべき効果とは?, 共働きで家事がなかなか出来ない方必見!急増!全国で300カ所以上設置されている“子ども食堂”とは?, 学生時代いじめられていた人って、実は自分を出すのが苦手な人が多いんじゃないか?という話, 不登校でも出席扱い?!知っておきたいフリースクールを選ぶ際の3つの正しいポイント!, 親子で格安おでかけなら竹島水族館へ!東海に住んでいるなら絶対くべきオススメする理由とは?, クリスマスに行きたいディズニーリゾート!!1〜3歳の子どもがいるならミラコスタを利用しよう!!, 2020年教育改革に備えるオススメの教育方法とは?親が今知っておくべき6つのこと!, 2020年度からの大学入学共通試験では、民間の英語の検定試験を徹底的に活用するのが鍵!, 想像していた未来がそこに!XR技術はここまできてるよ。よしプログラミングを学ぼう!. なぜいま、小学校で英語必修なのか 小学校で英語が教科になるのは、やはりグローバル化によるものでしょう。3、4年生では「英語に親しむこと」を目標に、5、6年生では「読む」「書く … 小学校の英語教育必修化とは? 小学校で英語(正式名は「外国語活動」「外国語」)の授業が実施されることとなった経緯は、急速なグローバル化に伴い、外国語によるコミュニケーショ … いよいよ来年2020年から小学校の外国語教育が変わることは、皆さんご存知かと思います。しかし、その内容をはっきり知らない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、これからの小学生が学ぶ英語の内容に焦点を当てながら、今後の小学校 … © 2020 個別指導123 福島校|福島市の学習塾&小学生向けロボットプログラミング All rights reserved. https://www.syutoken-mosi.co.jp/blog/entry/entry000984.php, ライター・編集者。中学受験情報関連の雑誌などで取材・執筆を行う。首都圏の中高一貫校を100校以上取材。現在、関心があるのは2020年大学入試改革で、中高一貫校の対策に注目している。, 本物の力を育てる「合格する子どもの伸ばし方」あなたの子どもは何タイプ?チェックリストでわかる子どもの伸ばし方, 中学受験は親と子の協同作業40年以上の指導歴を誇る「中学受験のプロ・西村先生」が親子の悩みに答えます!, 中学受験のイロハ 鳥居りんこ女性エッセイスト・りんこが独自の視点で切り込む「中学受験のイロハ」, 学ぶ力を伸ばす「合格する親子の勉強」合格する親子は実践している!「学ぶ力」を伸ばすヒントが詰まった短編連載, 中学受験との向き合い方プロの心理カウンセラー直伝!親子の絆を強くするコミュニケーション教室, 今一度立ち止まって中学受験を考えるその常識は本当!?吉祥寺の熱血塾講師が語る”正しい”中学受験の取り組み方, 親子のための、「探究」する中学受験激変する時代を生き抜くには?未来を見据えた”本質的な思考力”の鍛え方, 発達障害&グレーゾーンの中学受験発達障害&グレーゾーンの子供と中学受験を目指したママの奮闘記!, 「国語力」が、中学受験を左右する!子供はまだまだ伸びる!「考える力」が親子でたのしく身につく国語教室, 親子で疲弊しない「ノビノビ中学受験」難関校を目指さない?下町の人気塾長が伝える”ニコニコ笑顔”の中学受験, ママのための受験算数の教え方プチ講座「算数のつまづき」をスパッと解決!”算数苦手ママ”必見のプチ講座, 『マイナビ家庭教師』が運営する、保護者の方のための中学受験情報サイトです。受験の基本情報から、塾選び学校選びに至るまで、受験を成功に導くための情報を掲載しています。「そもそも受験はするべき?」「子供にあった勉強法は?」「親として子供に何をしてあげたらいいの?」など、中学受験に関する様々な悩みの解決をお手伝いします。, マイナビが運営する家庭教師サービスです。東大生をはじめとする難関大生が中学受験を徹底フォローしています。Skypeでの指導も承っております。受験でお困りのことがあれば、ぜひお問い合わせください。, http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/__icsFiles/afieldfile/2017/07/07/1387503_1.pdf, https://www.syutoken-mosi.co.jp/blog/entry/entry000984.php.