授与していただいた神社が遠方の場合、お守りの返納を違う神社にしてもいいのでしょうか?また、お守りを郵送で返納する方法と返納する際の金額もご紹介します。 参拝・御祈祷についてご案内します。古来唯一、八方除の相模國一之宮 寒川神社公式サイトです。寒川神社は、古くより八方除の守護神として信仰されています。 他社より高い場合は、さらに値引きします コトバンク「野焼き」, しかし、現代では「庭や屋外でゴミを燃やすこと全般」を指します。これは、下の愛知県美浜町の説明でわかります。, 野焼きとは、適法な焼却施設以外で廃棄物(ごみ)を燃やすことを言います。野焼きには地面で直接焼却を行う場合だけでなく、ドラム缶やブロック囲い等、法律で定められた構造基準を満たしていない焼却炉での焼却行為なども含まれ、一般家庭でのごみの焼却行為はほとんど野焼きに該当し、法律に違反するものと考えられます。 郵送による返納も可(ネット・電話で申し込める) 寺社によっては、郵送による御札の処分も受け付けています(返納という言葉で表現されていることが多いものです)。 下記urlの寒川神社では、郵送によるお札のご祈祷料は「3000円」となっています。 そのお札を頂いた神社に 「郵送」 して返納することも可能です。 ただし、郵送での返納を受け付けていない神社もありますので まずは神社にお問合せして確認 してみましょう。 郵送で返納する場合は、白い和紙で包むか、白い袋に入れるなどして 家族や知り合いの方に「奉加帳を回す」と言われて、意味が分からなかったという方はこの機会に奉加帳について詳しくなりましょう。, 今回は、そんな月の満ち欠けの原因、又は周期などをわかりやすく解説いたします。月の満ち欠けの周期がよくわかるカレンダーもあるのでご紹介します。, 長い間しまっていた本を再び取り出して読もうとした時、湿気で紙がヨレヨレに波打っていたと言う事はございませんか?今回は、湿気でよれた本の直し方やよれる原因、またよれないようにする為の対策などをご紹介します。, 結婚式の招待状の返信のメッセージを英語で書く時のマナーやお祝いの英文をいくつか紹介していきたいと思います。かっこよさの中にもマナーや礼儀を守ったものや、すぐに使える実践的な例文を交えて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 神社によっては返納料としてお焚き上げ料を定めているところもあり、一般的には1,000円程度とされています。. 神社でお札を頂いた場合、ほとんどの方はその御利益にあやかり1年間は大切に保管しているものですよね。そして一年無事に過ごす事が出来た事に感謝して、同じ神社に返納し、新しいお札と交換するわけですが、神社が遠方である場合や、健康上の問題などから直接行って返納すると言う事が難しい場合もあります。, そんな時、郵送しても失礼にあたらないか?また新しいお札を郵送していただけるのかと心配にもなります。また、その時の代金や方法なども知っていると助かりますよね。, そこで今回は、お札を返納する、或いは新しいお札を頂く場合、郵送することはできるのか?また、その時のお焚き上げ料の相場や方法、適した封筒などについて解説いたします。, 先ず初めにお答えすると、お札の返納や新しいお札は、ほとんどの神社で郵送を受け付けている為、大丈夫ですよ。, 特に遠方の方や時間的に都合の付かない方の多くは郵送でお礼をしている事が多く、感謝の気持ちが込められた返納であれば失礼にはなりません。, 日本人のほとんどは神を奉り信仰する人が多く、また神を信じない人も初詣などでは一年の無病息災や安全祈願などのお札やお守りを神社から頂いている人は多いですよね。, そして一年間お守りやお札などを大切に保管したあと、次の年には無事に過ごす事ができた事に感謝して神社に返納し、改めて新しいお札やお守りを頂くと言う事が一般的になっています。, 特にお札などは、神職についた者が御祈祷して御祓いをした物なので、最も重要な神様の後分霊ととり、大切に神棚に祀られるものです。そのご利益は一年とされており、古いお札は神社に返納してお焚き上げして頂くことが基本になります。, その為、お札を返納する場合は直接神社に持っていき、お焚き上げによって浄化させる事が理想ですが、神社が遠方にある場合や、健康上、又は時間の問題などから直接返納することが出来ない場合もあります。その為、郵送でも受け入れてくれる神社や新しいお札の御祈祷を行っている神社も多くあります。, 特にお札を頂いた神社であれば尚更快く受け入れてくれるのではないでしょうか。ただ神社によっては、違う神社のお札やお守りの返納を受け付けないと言う所もあるため、事前に郵送で返納、或いは御祈祷ができるかどうかを電話で問い合わせておくことが良いかもしれませんね。, お札などを神社に返納した場合、思いがこもっている物に礼を尽くし、天界に還すお焚き上げの儀式によって浄化される事になります。その為、神職につかえるものがお経を唱え、供養するため、気持ちばかりのお焚き上げ料(返納料)を捧げる事は当然のことかもしれませんよね。, 問題なのがその金額ですが、多くの神社では返納する際の金額を定めておらず、神様への感謝の心を重視しています。特にお守りのようなものであればほとんど気持ち程度であり、神様に御礼をして賽銭箱に気持ち程度のお金を入れればそれで十分な場合もあります。, しかしあくまでも神様への感謝の気持ちを大切にすると言う事から、新しいお札を頂いた時の御祈祷料と同額か、その半額程度を納めている人は多いですよ。, もちろん金額に拘らず、自分の気持ちを金額にしてお支払いすれば、気持ち的にも納得できるかもしれませんね。また、神社によっては返納料としてお焚き上げ料を定めているところもあり、一般的には1,000円程度とされています。, 直接返納する場合は、お焚き上げ料として封筒などに入れるか、申込書と一緒に窓口で支払うと言う方法になりますが、郵送の場合、現金を送る場合は現金封筒に金銭を入れて名前と住所、目的を記入して現金書留で郵送します。, また、お札などを郵送する場合は、お札を和紙などに包み、自分の名前と住所、そして感謝の気持ちとお焚き上げ希望の言葉を添え封筒に入れて普通郵便で送る事になります。, 尚、一緒に添える言葉などは、やはり感謝の気持ちを記入することが大切であり、直接返納できない理由などがあれば尚よいのではないでしょうか。, 本来なら直接伺って返納したいところではございますが、住まいが離れている事もあり、失礼ながらも郵送させていただくことになりました。, 尚、心ばかりの気持ちを現金書留にてお送りさせて頂きますのでよろしくお願い申し上げます。, 「苦しいときの神頼み」、人間は迷った時や困った時、普段神様を信じていない人でも神前にたつと神様にお願いごとをするものですよね。, 不思議な事にお守りやお札などを頂くことで、気持ちが楽になる事もありますが、やはり人としてお願いしたらその気持ち程度でもお返しすると言う事は礼儀だと言えます。, 旅行先や帰省中などに神社でお守り、或いはお札などを頂いた場合は直接返納することも難しく、近くの神社に返納可能であったり、郵送できるシステムがあると便利ですよね。, ほとんどの神社では郵送を受け付けており、近くの神社でも返納することができます。その時は感謝の気持ちを添えると失礼にならないかもしれませんね。しかし、神社によっては違う神社の返納を許していない所もある為、電話などで確認することが大切です。, 一年間、お守りしていただいたのですから、返納する時は感謝の気持ちが大切です。その為、相場は御祈祷料と同額かその半分を納めている人は多いようですが、あくまでも感謝の気持ちなので、神社によっては1,000円程度を頂いているところもあります。, お札などを郵送する場合は、和紙でお札を包んだ後、郵便封筒に入れて普通郵便で送ります。その時、住所と名前、そして感謝の気持ちを記入した手紙を添えればよいでしょう。, また、気持ちとして返納金を納めるときは、現金封筒に入れた後、現金書留で郵送するのが一般的です。尚、新しいお札をお願いする時は、神社によって違いもある為、先ずは電話で確認をしてみましょう。, 以上、お札を返納する、或いは新しいお札を頂く場合、郵送する事はできるのか?また、その時のお焚き上げ料の相場や方法などの解説でした。, 肌身離さず持っているお守りですが、初詣で購入した物や友人に送られたなどで毎年のように増えてしまい、古いお守りの処分に困ったりすることがあります。 ※50㎝以下の木製は、「燃せるごみ」に出してください。 【注意点など】 野焼きは法律で禁止されています(美浜町), 太字のように「庭でゴミを燃やすのは、基本的にすべて禁止」です。ただ、紙のお札を燃やすだけなど、軽微な野焼きについては特に問題ないといえます。ご近所に匂いや煙が届かなければ「困る人が特にいない」ためです。, お札を自宅の庭で燃やすことについて、神道でのルールはありません。「こういう作法で燃やす」「こうしないとバチが当たる」などのルールはないのです。これは、たとえば下のようなキーワードで検索していただくとわかります。, 検索しても、ルールについての説明は出てきません。たまに「自分で燃やすとバチが当たる」という書き込みも見られますが、匿名のどなたかわからない方であり、神社の関係者でもありません。, 神社・神道の関係者で、庭で燃やすことについての「神道上のルール」を述べているケースは(当然のことながら)皆無です。, お札を自宅の庭で燃やすことは、最終的には「ご近所がOKだったら良い」といえます。神道も含めて宗教は本来「本質からずれたしきたりにこだわるものではない」のです。, どの宗教でも目指すものは「世の中をより良くすること」であり、そのために必要なことは「ご近所に迷惑をかけない」ことです。そのため、自宅の庭で燃やす場合は、この一点のみ確実に守るようにしてください。, 可燃ごみとして処分するとき、自治体のルールだけでなく「神道のルール」が気になる人は多いでしょう。ここでは、お札を廃棄する前のお清めの作法を解説します。, 使う紙については、上記の亀有香取神社は「新聞紙」とされています。そのため、新聞紙やそれに類する「普通の紙」でまったくかまいません。, ただ、中には「和紙や書道半紙」としているスピリチュアル系のサイトもあります。気になる方は、そうした「本格的な紙」を使うのもいいでしょう。, 亀有香取神社では詳細な作法を解説されています。しかし、他の神社ではそこまで詳細に書かれていないこともあります。, たとえば、下記のURLで新琴似神社(札幌市北区)は「塩をかけてお清めをし、一般廃棄物として処分」とだけ書かれています。, このため、使用する紙についても塩のかけ方についても、あまり難しく考える必要はないと考えましょう。, なお、この「バチが当たるのではないか」という精神的な葛藤は、遺品を捨てる時の罪悪感でも共通するものです。この罪悪感とどう向き合うかについては「遺品を捨てられない4つの理由と対策」というページか、下の記事を参考にしていただけたらと思います。, お札の処分は、遺品整理や不用品回収の専門業者にも依頼できます。ここでは、業者に頼むときの費用相場や、処分のやり方・内容などを解説していきます。, 遺品整理を同時に依頼するのであれば、お札を無料で処分できる業者も存在します。お札の処分には供養が必要ですが、その供養も無料でしてくれるということです。, 業者が供養を無料で行う場合、ほとんどは「合同供養」です。これは、他の方のお札などと一緒に、僧侶に供養していただくものです。, 場所や寺社や専用の供養施設で、内容は個別での供養とほぼ変わりません。主に「お焚き上げ」によって行われます。, 当然ながら、合同供養が個別供養より劣るということはありません。理由は下の通りです。, どんど焼きは、1月15日に神社で大きな火を起こし、しめ縄や鏡餅などをまとめて燃やすものです。この形式は完全に合同供養といえます。, 個別供養で行う内容も基本はお焚き上げで、やることは合同供養・どんど焼きと変わりません。そのため「合同供養で質が下がる」ということはまったくないのです。, このため、業者が無料で提供する合同供養のサービスは、質についても安心できるとご理解ください。, なお、弊社もお札を含めた合同供養にに、無料で対応しております。詳細は、「遺品のご供養」のページをご覧ください。, これはできますが、おすすめはできません。「あまりにコスパが悪い」ためです。お札1つだけなら近所の寺社で受け付けてくれることが多いため、そちらに持ち込む方がいいといえます。, 例外的に「お札が大量にある」という場合は、お札だけでも依頼する意味があります。大量にあれば「運ぶのが難しい」「供養も大変」ということで、業者に依頼するメリットがあるでしょう。, 一般家庭ではあまり見られないケースですが、もし該当するのであれば、お札だけでも依頼する意味はあるといえます。, (なお、業者に処分を依頼する場合、お札とルールがよく似ているのが「位牌」です。位牌の処分については、下の記事で詳しく解説しています), これは「遺品整理とセット」で依頼することになるため、「遺品整理のサービス自体が優れているか」を見るべきです。この見方については下の記事を参考になさってみてください。, 遺品整理は文字通り「亡くなった方の遺品を整理する」サービスです。そのため、合同供養なら最初から無料という業者も存在します(弊社も無料です)。, 一方、不用品の回収業者はあくまで「普通の不用品」を回収するだけです。通常は供養を必要としないため、無料でのサービスは原則としてできません。, このような違いを考えると、業者に依頼する場合も「不用品回収の業者よりは、遺品整理の業者の方がいい」といえるのです。, (なお、こうした不用品回収と遺品整理の業者の違いは、下の記事でも詳しく解説しています), ここまで書いた通り、遺品整理業者に依頼するなら、遺品整理とセットで頼むべきです。「お札だけ」なら寺社に持ち込むか、ご自身で処分していただくのがいいでしょう。, そのような理由で「遺品整理と一緒に頼む」ことを考えると、遺品整理の費用が気になるかと思います。これについては下の2記事で詳しくまとめているので、これらを参考にしていただけたらと思います。, また、親御さんやご家族がなくなったわけではなく、「単純に部屋を丸ごと片付けたい」「ごみ屋敷の清掃を頼みたい」という場合は、下の2記事を参考になさってみてください。, 記事中で書いてきた通り、お札の処分は「それだけ」で遺品整理の業者にご依頼いただくものではありません。お札だけの処分であれば、お寺や神社に持ち込んでいただくか、お清めをしてご自身で処分していただくのがいいでしょう。, もし遺品整理や家財整理を一緒に行うのであれば、ぜひ弊社のような遺品整理の専門業者にご依頼いただければと思います。弊社は丁寧な合同供養を無料でサービスさせていただくことに加え、遺品整理の料金自体も業界最安値保証を宣言しております。, 他社様より1円でも高ければ値引きさせていただくことも可能ですので、費用面も含めて、何でもお気軽にご相談くださいませ。お札や遺品の仕分けやご供養を通し、皆様のお役に立てますことを、スタッフ一同心より願っております。, 遺品整理みらいプロセスは、埼玉・東京・千葉・神奈川の遺品整理、生前整理なら即日にお伺い出来ます。お急ぎの方、現場にはいけない遠方の方など、是非ご相談下さい。, 業者による空き家掃除のサービスは、2種類に分かれます。1つは大型清掃、もう1つは定期清掃です。 大型清掃…遺品整理・引っ越し・不動産売却などで行う 定期清掃…空き家を維持するために行う 2種類のどちらにしても、費用の相場…, 遺品整理や生前整理など、実家の荷物の処分が必要になるケースは多くあります。そのとき、多くの人が知りたいのは下のような点でしょう。 自分でやるべきか、業者に依頼すべきか 「一部のサービスだけ」業者に依頼できるか 費用はどれ…, 遺品整理は通常の仕事と違い「故人への追悼の念」が絡むもの。このため、行う時期についても四十九日などの節目を意識する人が多いでしょう。 四十九日より前は、やらない方がいいか 逆に、四十九日までにやった方がいいのか 初七日な…, 遺品整理の現場では、供養だけでなく「部屋のお祓い」をすることがしばしばあります。ご自身が関わる遺品整理で「うちもお祓いをした方がいいのか」と疑問に思う方は少なくないでしょう。 どのようなケースで必要なのか なぜ必要なのか…, 遺品整理のやり方を間違えると、親族同士でもめてしまってトラブルに発展してしまうことがあります。そのため、遺品整理をしていくにあたって、親族同士でトラブルになりたくなければ、そのトラブルの理由や具体的な予防法について把握し…, 当然ながら、遺品のすべてを遺族が引き取ることはできません。いくつかの遺品は売るか、供養した後に処分することになります。 前者の「売る」という選択をしたとき、気になるのは「売って得たお金に税金はかかるのか」ということでしょ…, これらのお清めをしないと「バチが当たる」ということは、一応ありません。ただ、神社の公式サイトでもお清めはすることが推奨されていますので、できるだけお清めをしてから処分するようにしてください。. 郵送による御祈祷の申込 お守り・お札 寒川神社のお守りは、古来より四方八方からの災いを除け、幸運を授けてくださる寒川大明神の御神徳が込められたもので、当社の神職がお祓いと祈願を行っています。 遺品整理や生前整理をしていると、お札が出てくることもあります。そのとき「お札はどのように処分すればいいのか」と疑問に思う方は多いでしょう。, このような点が気になる方が多いはずです。この記事ではこれらの疑問への答えも含め、お札を処分するやり方を解説していきます。お札の処分で困っている方に、参考にしていただけたら幸いです。, お札の処分ならお任せください!処分〜供養までさせていただきます! 古いお守り・お札の処分について(新川皇大神社), 最後の行の通り「料金はかかりません」ということで、こちらでは無料でお札を処分していただけます。, 先程紹介した常顕寺の場合、お札の供養料は1つにつき100円が目安です。あくまで目安なので、これより多い金額を納めてもかまいません。, 少ないのは失礼に当たるので、当然ながら避けましょう。100円であれば高いと感じる人はいないかと思います。, 城山八幡宮では、「古神札・御守り納め料」が「100円以上・お心持ち」となっています。「300円以上お納めの方にはおさがりを授与します」ともあり、300円以上納める方が良い印象です。, 同神社では「古神札」と書かれているため、お寺のお札は受け付けないことがわかります。, 寺社によっては、郵送による御札の処分も受け付けています(返納という言葉で表現されていることが多いものです)。, 下記URLの寒川神社では、郵送によるお札のご祈祷料は「3000円」となっています。他の寺社も概ね同程度の金額と考えてください。, 神社やお寺では、さすがに「ネット受付」まではしていません。しかし、お焚き上げの専門業者ならネットから受け付けている例もあります(供養自体は提携している寺社が行います)。, これは便利なサービスですが、業者がそのようなシステムを維持するためのコストが上乗せされています。つまり、料金が高いということです。, こうした業者の郵送サービスを利用すると、1枚のお札の処分で1000円~2000円程度するのが一般的です。寺社に直接持ち込めば無料~100円であるため、この費用がいかに高いかがわかるでしょう。, お札は自宅の庭で燃やすこともできます。ここでは、それができる条件・できない条件などを解説していきます。, 紙のお札一枚の場合、煙はほんのわずかしか出ません。そのため、下の条件であれば燃やしてもかまわないといえるでしょう。, 上記の条件では煙による被害が大きくなるため、自宅で燃やして処分するのはNGといえます。, 自宅の庭で花火やバーベキューをしているというご家庭もあるでしょう。この場合、それでご近所から苦情などがなかったのであれば、お札を燃やすことはまったく問題ないといえます。, この条件なら、お札が相当な枚数あっても、あるいは木製のお札であっても燃やせるでしょう。最終的には「ケースバイケースで判断する」ことになりますが、この条件なら燃やしやすいといえます。, ここまで書いた「OKな条件・NGな条件」というのは、法律で決まっているものではありません。しかし、法律(正確には条例)で明確にNGとされているケースもあります。それが「野焼き」に該当する場合です。, 野焼きとは、本来は「枯れ草やわらを燃やすこと」です。これは辞書の定義でわかります。, 冬の間にたまった枯れ草やわらを燃やして灰にし、肥料として使う。燃やさずに肥料にすると、酢酸などが出て、水はけの悪い田んぼでは稲の根などを傷つけることがある。ただ、野焼きは廃棄物処理法などで原則禁止されている。