--222.1.239.160 2005年5月30日 (月) 04:03 (UTC), いくつかの国語事典を調べましたが、ジェノサイドに大量虐殺という意味は記されていませんでした。両者は分けるべきだと思います。:Baru 2005年6月16日 (木) 17:07 (UTC), 冒頭部で、「国際法のジェノサイド条約によって」と国際法と国連条約を一緒にしているようです。これは現在「国際法」項目では一説にすぎないとされている立場ですので、この混同は排除すべきです。, それに絡んで、「国際法上のジェノサイド罪」という項目も、国際法と国連の混同を根拠にしているでしょう。, また、次の項目が曖昧です。---- オスマン帝国内で約100年前の1915年から始まったアルメニア人虐殺は、「アルメニア人ジェノサイド(Armenian Genocide)」と言う名前で呼ばれることもありますが、実は「ジェノサイド」という単語が誕生するよりも前に起きた20世紀最初のジェノサイドでした。 と言うのも、 または を指す「ジェノサイド」という言葉は、ギリシャ語の「genos(民族・人々)」という単語と、ラテン語の接尾辞「-cide(殺す)」を合わせた単語で、1944年にユダヤ系ポーランド人の法律家「ラファエル・レムキン …  国連以前には、国際法のジェノサイドはなかったのでしょうか?, ほぼ同じことだろうとしても、「国際法上」と言うと、何か体系立ったもののように思えてます。一方この条約は、平時の国内にも適用しつつも階級闘争である文革などには適用されないという、矛盾したものです。, 部分的に引用されたりすれば、ジェノサイドと呼ばれるかどうかで、似た事件の程度や意図が違うかのように誤解されかねません。「条約上の」というべきではないでしょうか。 アルメニア人虐殺(アルメニアジェノサイド)とは、20世紀初頭、第一次世界大戦中にオスマン帝国(オスマントルコ)内で始まり、非常に多くのアルメニア人が命を落とすことになった一連の人道的悲劇。. 日本では、アメリカ人の多くが原爆投下を肯定しているというイメージが強いが、教科書によってはその是非や非人道性について考えるきっかけ� エジプトのピラミッドの謎を探っていきます。歴史的に様々なアプローチがされてきたにも関わらず、未だに解明されていない謎を見ていきましょう。 エジプトのピラミッドと言えば、世界で最も有名な現存する古代建造物の一つで、観光地としても... アルメニアで家を買った話を経験談を元にして詳しく紹介していきます。海外不動産購入の一例として参考していただけると思います。 海外不動産の投資先としてアルメニアの家を検討しては?でも触れた通り、私(筆者)は2019年の夏にアルメ... アルメニア料理・食べ物のおすすめを13品紹介していきます。現地に行くなら特に試してみたい料理をいくつか確認していきましょう。 筆者が住んでいるアルメニアに関して、日本語ではあまり多くの情報がなかったりします。 そんな状況... エルナン・コルテスの生涯や人生について確認していきましょう。アステカ帝国の滅亡を導いた張本人とされるコンキスタドールです。 西暦15世紀頃、現在のメキシコ中央部に当たる土地にはかつて、アステカ帝国と呼ばれる国家が存在していまし... 旧ソ連の国の一覧を確認していきましょう。各国の名前や英語名、そして基本情報を合わせて紹介していくので、必要に応じて参考にしてください。 1922年から1991年に存在し、冷戦中にはアメリカ合衆国と世界を二分するほどの力を持って... ソクラテスの名言集です。古代ギリシャに生まれた大哲学者ソクラテスは、問答法や無知の知などで知られ、彼が残した格言は様々な含蓄を含んでおり、その思想や哲学の一端を垣間見れます。 ソクラテス(Socrates)とは、古代ギリシャの... 1944年にユダヤ系ポーランド人の法律家「ラファエル・レムキンによって作られ、その後間もなく国際法上で禁止行為として採用された造語, ジェノサイドという言葉が生まれる前に起きたこの一連の事件を、「ジェノサイド」として認めるかどうかに関しては、国際社会の中でも意見が大きく分かれている, オスマン帝国に住んでいた健康で丈夫なアルメニア人男性の多くが殺害されると、女性、子供、病弱な人々、そしてお年寄りは、移住と言う口実の下で砂漠を行進させられた, 虐殺が大戦中に起これば、諸外国は他の切迫している問題の対処に追われ、人道的危機に対処してオスマン帝国を責める余裕が無くなると考えた, その中では約200万人ものギリシャ人達が、強制的に住む場所を追われ、結果、流血の大惨事となり、多くの人々が命を落とし、また、難民となった, ジェノサイドとは?大虐殺の歴史を見ながら理解を深める|アルメニア人やユダヤ人の大量虐殺など, アララト山|方舟やアルメニアとの関係から富士山との比較まで!トルコ領にある神聖な山!, 自分たちの祖先に起きたことを明らかにし、認められない限りは国家として認められないと感じる人がいる, アルメニア人の存在は戦時下にあった当時のオスマン帝国にとって脅威だったと主張し、アルメニア人以外の民族、トルコ人も含めて多くの人々が戦争の混乱の中で殺害されたとする人々が一部いる, アルメニア、バチカン市国、フランス、ロシア、カナダ、ドイツ、アルゼンチン、ブラジル、ギリシャ、イタリア、スイス、オランダ、シリア、アメリカ合衆国, トルコ、イギリス、中国、サウジアラビア、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、など.

アメリカ合衆国の戦争犯罪(アメリカがっしゅうこくのせんそうはんざい)では、アメリカ合衆国の軍隊(アメリカ軍)によって行われたとされる戦争犯罪について記述する。 アメリカ合衆国での日系人強制収用は、人道に対する罪の方に移動しました--60.36.194.72 2005年5月5日 (木) 04:11 (UTC), 歴史上の事例の辺りが編集合戦となっているので観点貼りました。議論としても重複するかもしれませんが、編集合戦は控えるようにお願いします。johncapistrano 2005年5月9日 (月) 02:38 (UTC), 「もともとは旧約聖書でイスラエルの民がカナンの先住民に対して行った残虐行為のことを指す」 沈黙という問題 --占領軍兵士によるドイツ女性の強姦 著者:Grossmann Atina 訳: https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ合衆国の戦争犯罪&oldid=80193439, 無抵抗の敵兵員に対する不必要な攻撃行為(撃沈された艦から脱出した敵兵に対して銃撃を加える、など), 1944年、東京・大阪・名古屋など人口密集都市部に無差別の毒ガス空爆を行う計画があった. 米世論調査によると、広島と長崎への原爆投下について、米国人の約60%が「投下は正しかった」と考えていることがわかっている。広島に原爆を投下した米軍B29爆撃機「エノラ・ゲイ」の機長ポール・ティベッツ氏(故人)の息子は5日、CNNテレビに対し、オバマ政権が平和記念式典にルース駐日大使を派遣したことについて、「そうすべきではなかったと思う」と不快感を示した。, 正当化の根拠になっているのが、原爆投下が戦争終結を早め、多数の人々(百万~数百万)の命を救ったとして、「当然、正しいことをした」としている・・・このロジックは、当時のトルーマン大統領が広島原爆投下の根拠を踏襲するものである。, 第一条【国際法上の犯罪】締約国は、集団殺害が、平時に行われるか戦時におこなわれるかを問わず、国際法上の犯罪であることを確認し、これを防止し処罰することを約束する。, 第二条【定義】この条約において集団殺害とは、国民的、民族的、人種的又は宗教的な集団の全部又は・・・。, 原爆投下は明らかに、この国際条約に言う「集団殺害」(ジェノサイド)に当たることは言うまでもないと思う。トルーマンがこの条約を知らないで原爆を投下を許諾したとは思えない。よしんば知らなかったとしても、「知らなかったから」と言って言い逃れができるものではありません。, 補注:ジェノサイド条約は1948年12月9日採択なので、トルーマン大統領はこの「条約を知らなかった」が正しい。ただし、原爆投下がジェノサイド(集団殺害)であることに変わりありません、ハーグ条約からみて無辜の人を集団殺害することは禁止されていることは常識。。, 終戦の数ヶ月前から、日本は必死に終戦(降伏)を模索していた。 終戦の年の2月、旧ソ連領クリミヤ半島のヤルタで、いわゆるヤルタ会談が行われた。この時点でドイツ、日本の敗戦が確実視されていたからこそ、第二次世界大戦の「戦後処理」についてルーズベルト、チャーチル、スターリンが首脳会談を行い、ヤルタ協定を結んだはずだ。この年の6月には、日本は沖縄戦に敗れソ連に降伏の仲介を求めていた。アメリカがこれを知らぬはずはなかった(当時アメリカは日本の暗号はすべて解読していた)。, 終戦一ヶ月前のポツダム首脳会談において、チャーチル英首相からの進言にも、トルーマンは「日本には守ってやるべき軍事的名誉なんてないですよ、少なくとも真珠湾攻撃のあとはね」と付け加えている(仲 晃 「黙殺」NHKブックス)。, アメリカは原爆投下に当たり、何らの事前警告もしなかった。例えはわるいが、並の強盗でも「手を上げろ!金を出せ(降伏しろ)!さもなければぶっ放すぞ」と警告するが、当時のアメリカ首脳にはその程度のモラルさえもなかった。アメリカには、原爆投下前に日本が降伏されては困る事情があったからに違いない。  人類最初の「核」(実験)を生身の人間の上に投下したかったのである。そのためには、実験前に日本が降伏されてはこの実験が不可能になるからである。アメリカは人類最初の大量破壊兵器の投下の栄誉(?)を手にすることができた。, それにしても、二発目の長崎への投下は不必要な集団殺害(ジェノサイド)であった。それでも投下したのは、2種類「ウラニウム型(広島)とプルトニウム(長崎」の原爆実験をしたかったからに違いない。長崎への投下は、広島投下から僅か2日しか間を置かなかったのもその為だったのだと思う。, しかし、二回目の長崎への投下には、彼らにとって大きな誤算だった。第一候補だった北九州の小倉上空が曇りであったために、長崎投下に変更せざるを得なかった。誤算はそれだけではなかった。長崎への投下はあろうことか、彼らの信仰する「神」を祀る教会、「浦上天主堂」の真上近くに投下された。礼拝中の神父と信者全員が犠牲になり、浦上地区の信徒12,000人のうち、8,500人が被曝死した。, 倒壊した瓦礫のなかに、奇跡的に聖母マリアの像がみつかった。天主堂の「アンジェラの鐘」も瓦礫の中から、掘り出された。, 広島の原爆ドームは、貴重な遺産として遺された。長崎の浦上天主堂の廃墟は、広島の原爆ドーム以上に、人類にとってこの上ない貴重な遺産になるはずだった。1958年の長崎市議会では遺産として遺すかどうか、当時の長崎市長田川務氏は遺す意向を示していた。しかし長崎との姉妹都市締結のためセントポール市を訪問して帰国するなり、突如破壊撤去に転じたという。, 彼の突如の変心の理由は不明なるも、何らかの米側からの圧力があったことを伺わせる。アメリカにとっては、「神」を祀る天主堂の上に原爆を投下したことは、自らが信ずる「神」を冒涜するものである。廃墟の天主堂は、彼らの愚劣な行為を戒める象徴的遺産になるはずであった。彼らにとって、どうしても消し去りたい過去だったに違いない。アメリカが原爆投下を正当化することは、自らが信ずる「神」をも否定することにほかならない。, 自分たちの罪を懺悔して、悔い改める以外には、アメリカが原爆投下の贖罪意識から解放されることは永遠にこないだろう。 「神の意志」に背いたものは、いずれ「神の意志」による「天罰」が降る日が来るだろう。, 「平和を実現する人々は、幸いである。その人たちは神の子と呼ばれる」(聖書:マタイ伝5章9節)。, 終戦一ヶ月前のポツダム首脳会談において、チャーチル英首相からの進言にも、トルーマンは, しかし、二回目の長崎への投下には、彼らにとって大きな誤算だった。第一候補だった北九州の小倉上空が曇りであったために、長崎投下に変更せざるを得なかった。, 自分たちの罪を懺悔して、悔い改める以外には、アメリカが原爆投下の贖罪意識から解放されることは永遠にこないだろう。. --如月の弥 2007年2月14日 (水) 15:02--如月の弥 2007年2月14日 (水) 15:43 (UTC), ご指摘ありがとうございます。本文に付け加えたのですが、1996年の「ジェノサイド条約の適用に関する事件」ICJ判決で、ジェノサイド条約に由来する権利と義務はerga omnesな性質であると認定されました。そこで、同条約の定義は、もはや一般慣習法になったといえるのではないかと思われます。Tarokun777 2007年2月16日 (金) 23:13 (UTC), ウクライナ政府が「ソ連政府によるウクライナ民族に対するジェノサイド」と主張していた1930年代の大飢饉については、国際連合の決議中では「人道に対する罪」と規定されており、「ジェノサイド」とは規定されていませんので、「認定されているジェノサイド」のうち、ホロドモールに関する記述を削除します。, Category:ジェノサイドが作成されており、多くの記事がカテゴライズされておりますが、中には不適切と見られるものがあります。, ジェノサイドが記事にあるように1944年に作られた造語であること、人道に対する罪の概念が1915年に登場したことを考えると、19世紀以前の大量殺戮は、ジェノサイドに含めるべきではないように思います。, ジェノサイド一般についてのきちんとした研究により、そのあたりが明確に確認できるといいのですが。--Tiyoringo(会話) 2014年7月16日 (水) 13:46 (UTC), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ノート:ジェノサイド&oldid=52300022. ジェノサイド条約上のジェノサイドの定義は、もはや慣習国際法になっていると思われます。ですので、上の区別の意義が見いだされません。Tarokun777 2006年3月6日 (月) 06:16 (UTC) 多くの人が学問としての「歴史」に初めて出合うのは、どこの国においても学校の教科書だろう。歴史についての「常識」は、教科書によって形づくられていると言ってもいい。, しかし、学校教育における自国の「歴史」はナショナル・アイデンティティ(国民意識)形成にかかわっており、各国の歴史教科書はそれぞれの「歴史観」に沿って記述されている。グローバルなビジネスや社交の場で役立つ「教養」は、この点を自覚しない限り身につかないだろう。, そのきっかけとして、かつての交戦国であり、現在は政治・経済・文化などで深いかかわりをもつアメリカでは、太平洋戦争についてどのように教えているかを見ていきたい。, 「事実を羅列した日本の教科書と異なり、アメリカの教科書では政治家の言葉を引用するなどして、臨場感あふれる書き方をした文学的な記述のものも多く見られます」と話すのは、全米で広く使われている高校アメリカ史の教科書(20種類以上)を調査した大島京子氏だ。, アメリカの教科書はA4判ほどの大きさで1000ページ前後の大部であり、その大半が植民地時代以降の約400年間にあてられている。一方、日本の標準的な高校日本史の教科書『詳説日本史』(山川出版社)はB5判で約440ページ。この分量のなかで、原始から現代まで万遍なく取り上げている。その記述の厚みに差が出てくるのは致し方ない。, アメリカには日本のような全国共通の指導要領や教科書検定制度がなく、各教科書出版社が自由に編集できることも表現の幅を広げている。もっとも、「より多くの州や学区で採択してもらえるように、教科書会社は最大公約数的な記述を心がけているため、大きく内容が異なることはありません」(大島氏)。, また、日米で大きく違うのは、アメリカの教科書では論争的なテーマについて幅広い意見を提示している点だ。これは、歴史の授業が生徒に批判・評価能力をつけるため、討論を中心に組み立てられているからだという。, 「例えば原爆投下について、本文では『戦争の早期終結を図るため』という政府の公式見解に沿って記述されていますが、討論の素材として原爆投下に対する批判的な意見を列挙したコラムなどを設けている教科書もあります」(大島氏), 日本では、アメリカ人の多くが原爆投下を肯定しているというイメージが強いが、教科書によってはその是非や非人道性について考えるきっかけを与えているのである。, 「国際的な相互理解を深めるためには、歴史認識の違いよりも共通する部分、例えば人権や平和など普遍的な価値の捉え方にフォーカスしていくことが重要だと思います」と話す大島氏。グローバル時代の歴史教育において重要な視点だろう。, こうした相違点もふまえて、全米で採択率の高い『アメリカン・ページェント』『アメリカン・オデッセイ』の2冊と、『詳説日本史』を比較しながら、日米の教科書が描く太平洋戦争の姿を探ってみたい。, © 2008-2020 PRESIDENT Inc. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。, 全米で高い採択率をもつ『アメリカン・ページェント』(左)。アメリカの教科書には、日本の資料集にあるようなカラー図版も掲載されている(右『アメリカン・オデッセイ』)。, 「Google出身で資産は100億円」ビジネス系YouTuberはなぜウソをつき続けられたのか, 「ハンバーガー1個1060円」シェイクシャックが強気の50円値上げに踏み切れるワケ, 「今すぐ10万円損」と「50%の確率で損しないが、50%の確率で今すぐ20万円損」どちらが賢い選択か, ▼NO.1 ビジネス誌・プレジデントはこちらをクリック。書店・コンビニでも買えます!. 呼ぶ語をギリシャ語と、当時の西方の僻地の言葉ラテン語から造語するなどということをしているはずがないでしょう。ですから、カナンの残虐行為を指すとしても、旧約聖書自体の中で指してその語を使っているわけではなく、レムキンの書での使用の後に、カナンの残虐行為をも指すように、聖書外の記述でなったのでしょうから、この記述は重要性があまり無く、削除すべきでしょう。 原爆 実験の深刻な ... メッセージを訴えなかった。「ジェノサイド(大虐殺)」とのメッセージを 送ったのはトルコのみ。 ウイグル人は、世界に対する希望を失っています。これは、命だけを 残したということは、堂々と死にたい。世界にこの危険を認識して欲しい。 多くの中国人が世界に� -- 218.143.64.74 2005年5月22日 (日) 16:33 (UTC)(署名は付けてください--222.1.239.160 2005年5月30日 (月) 04:03 (UTC)), 用語が気になります。皆さんの議論の中の、「国際法上」とは「国連採択上」と同義なんでしょうか? アメリカは原爆投下をどう教えているのか? アメリカの歴史教科書を読んで考えたこと.