ドメニコ・テデスコ(Domenico Tedesco, 1985年9月12日 - )は、イタリア・ロッサーノ出身のサッカー指導者。現在はロシアサッカー・プレミアリーグのFCスパルタク・モスクワの監督を務めている。, プロのサッカー選手としてのキャリアはなく、大学時代にはアマチュアのサッカーチームでプレーしながらエスリンゲンの印刷所でビルトを包装する仕事をこなし、一晩で70ユーロを稼いでいた[1]。, 2008年7月、VfBシュツットガルトユースの監督であるトーマス・シュナイダー(英語版)のアシスタントに就任すると、2013年にはU-17チームの監督に昇格。2015年にTSG1899ホッフェンハイムのユース監督となり、翌年にはU-19チームの監督も歴任した。, 2017年3月、ブンデスリーガ2部のFCエルツゲビルゲ・アウエの監督に就任。トップチームでの指揮は初めてであったが、最下位に沈んでいたチームを短期間で立て直し2部リーグ残留に導いた。, 2017年6月9日、当時31歳でシャルケ04と2年契約を締結し監督に就任[2]。3バックを採用し、ベネディクト・ヘーヴェデスをキャプテンから外すなど昨季を10位で終えたチームの一新を行った[3]。2017年11月25日に行われたボルシア・ドルトムントとのルールダービーでは前半25分の時点で4失点を喫し0-4とされたものの、前半33分にレオン・ゴレツカとアミーヌ・アリを同時投入。後半16分のゴールを皮切りに交代出場のアリも得点を挙げ、後半45分にはナウドのゴールで同点に追いつき4-4の引き分けに持ち込んだ。試合後には第13節のMVPに選出された[4]。最終的に2017-18シーズンを2位で終え、チームを4シーズンぶりとなるUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に導いた。シーズン終了後の2018年8月12日にシャルケとの契約を2022年6月まで延長した[5]。しかし、2018-19シーズンは低迷し、2019年3月12日のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグのマンチェスター・シティFC戦では、0-7の歴史的大敗を喫し、2日後の14日に解任された[6]。, 【現地発】シャルケ躍進の立役者は究極の仕事人間! ファンの心を掴んだ智将テデスコの豊富な魅力, 青年監督テデスコがシャルケにもたらすもの…今までとは違う指揮官に期待できることとは?, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ドメニコ・テデスコ&oldid=77482871. ¥ã—ての使用などは一切禁止します。ご注意下さい。. 監督歴 ; 年: チーム: 2017: fcエルツゲビルゲ・アウエ ... 最終的に2017-18シーズンを2位で終え、チームを4 シーズンぶりとなるuefaチャンピオンズリーグ出場権獲得に導いた。シーズン終了後の2018年8月12日にシャルケとの契約を2022年6月まで延長した 。しかし、2018-19シーズンは低迷し、2019年3 … スポーツニッポン. 2015年10月26日 閲覧。 ^ “連夜の逆転負け…ロッテ3連敗で貯金なくなった”. スポーツニッポン. (2003年10月13日) ^ “チームヒストリー 2011”. (2011年5月19日). ^ “ロッテ・山本監督が試合前のスタッフ解雇通告に激怒”. マウンドにうずくまる黒木。これが17連敗目 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があった | 千葉ロッテ、七夕の悲劇と18連敗の状況(1998年7月7日) ロッテ・井口資仁監督(45)が17日、ブレーク中の2年目・藤原に“オレ超え”指令を出した。 今季8試合に1番で出場し打率.333、2本塁打2盗塁。 千葉ロッテマリーンズ.