なんかブルボンは話題になっているが、ブルボンが新潟に本社を備えているのは、創業者が関東大震災時に、お菓子会社が関東一極集中していたため、深刻なお菓子不足になったのを見て、「いざというときに地方にお菓子の拠点がなくばならない」という崇高な理念からなんだ。 韓国語でイルボンは、わが国「日本」のことです。 韓国にも漢字があるわけですが、この「日本」と言う漢字を韓国の読み方で発音すると「イルボ�

「ブルボン」とは、「ティピカ」が突然変異により生まれた品種で、香り高くこくがあります。 イエメンからインド洋に浮かぶ「ブルボン島」に移植されたのが起源とされていて、のちにブラジルに移植さ … フランスの国旗の意味、色、歴史などを紹介していきます。トリコロールとして知られ、興味深い起源を持つフランスの国旗について詳しくなりましょう。フランスの国旗はどういったものでしょうか?フランスでは三色旗と呼ばれ、世界的にはフレンチ・トリコロー 韓国人の旦那をもつ妻ならではの視点で、意外と知られていない韓国の話を色々と書いています☆彡, 韓国語を勉強したことがある人や韓国に関わりのある人なら皆さんご存知の言葉ですよね☆, 韓国にも漢字があるわけですが、この「日本」と言う漢字を韓国の読み方で発音すると「イルボン」になるようです。ちなみに、韓国で「ニホン」「ニッポン」と言っても通じないことが多いんじゃないかなって思います。(試したことないのでわからないですが(^-^; ), また逆に韓国のことを「かんこく」って読んでいますが、韓国の発音では「ハングク」って感じです。(実際にはハングッに近い発音でしょうか)ですので、同様に韓国で「カンコク」と言っても通じない場合が多いと思います。(これも試してないのでわkらないですが(^-^; ), これは最近の韓流ブームを「かんりゅう」ではなく「はんりゅう」と呼ぶことからも知っている人は増えてきていることかもですけれどね。, 私は正直、旦那と付き合うことになった3年半前までは、これらの事をまったく知りませんでした。, 付き合い始めた当初に旦那にイルボンがどうのって話されて、イルボン?なんじゃそりゃ??ってなりました。, 韓国語でイルボンってどんな意味か知ってますか? | 韓国人との国際結婚 ~私の旦那は韓国人~. 知っているようで知らない"食べ物の豆知識"! カルビー、東ハト、ブルボン…この社名の由来知ってた? ID: 8GeKOvkbfs, 2015/04/21(火) 14:27:30 サクッと軽い歯ざわりのウエハースで、2種のチョコを包んだビスケット。コクのあるチョコクリームとまろやかなホワイトクリームの2つの味が楽しめる。, きこりの切株 【ファッション・アパレル日本企業編】』 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16543 ] )など、社名の由来をご紹介してきましたが、今回は、誰もが子どもの頃からお世話になっている、「お菓子業界の会社」の社名の由来を調べてみました。, ポテトチップやかっぱえびせんなどでおなじみのカルビーの社名の由来は、公式サイトにも「よくいただく質問」として、公開されていました。, この社名は、「カルシウムの「カル」と、ビタミンB1 の「ビー」を組み合わせた造語です。, カルシウムはミネラルの中でも代表的な栄養素、ビタミンB1 はビタミンB群のなかでも中心的な栄養素です。1955年、みなさまの健康に役にたつ製品づくりをめざして名づけました。」とのことだそうですよ。カルシウムとビタミンからきているんですね。, ポッキーやプリッツ、アイスクリームのパピコやジャイアントコーンなどでおなじみの江崎グリコ。こちらも、グリコの公式ページ「なぜ?なに?コーナー」で公開されていました。, その社名の由来とは、「栄養素グリコーゲンを食べやすく、おいしくしたのがグリコ。グリコの名前はグリコーゲンからきています。当初キャラメルが一般的に知られていることから、グリコキャラメルの案もでましたが、全く新しい栄養菓子を創りたい、との願いを込めて「グリコ」にしました。」, とのことで、こちらもカルビーのように、栄養のあるお菓子を、という思いが込められているんですね。, びっくりドンキー、ガスト、モスバーガー…このお店の名前の由来知ってた? フランスの国旗の意味、色、歴史などを紹介していきます。トリコロールとして知られ、興味深い起源を持つフランスの国旗について詳しくなりましょう。, フランスでは三色旗と呼ばれ、世界的にはフレンチ・トリコロールや単にトリコロールとして知られるフランスの国旗は、青、白、そして赤色の、同サイズの3つの長方形の帯で構成されているのが特徴です。, 一方で、フランスの国旗はその始まりにおいて、ヨーロッパの歴史上で最も重大な出来事の一つを起源としており、大変興味深くて象徴的なものだとも言えます。, この記事では、そんなフランスの国旗が持つ意味や色、歴史、そして豆知識などを紹介していこうと思います。, フランス国旗は、縦と横の長さが1:1.5の比率で、そこに青、白、赤の三色が使われているのが特徴。, それぞれの色は、青が左側に、白が中央に、そして赤が右側に配置されるようにデザインされており、現在、最も一般的に使用されているフランスの国旗では3つの色の幅が均等になっています。, ただし、海軍を始め、海上で使用する場合は「青:白:赤=30:33:37」の幅になっている国旗、つまり、青の帯の幅が一番狭く、三色のうち白の帯の幅がもっとも広くなっている国旗が、通常は利用されます。, フランスの国旗が持つ色に関しては、現在、フランス政府のウェブサイトによると公式に、それぞれ以下の意味を持つとされています。, 白は16世紀後半からフランス革命までフランスを支配した、ブルボン家の象徴であり白百合に由来する伝統色で、そこに起源を持つ色として、現在のフランス国旗「トリコロール」においては「国王」を表すとされています。, 一方で、トリコロールの赤と青はパリ市を表し、実際にパリ市の標章(エンブレム)に用いられていました。, 例えば、歴史の中でパリの革命家は、伝統的に赤と青(のエンブレム)を掲げてきました。, 同様に、フランス革命の中で起きたバスティーユ襲撃(1789年、パリにあるバスティーユ牢獄を襲撃した事件)において、パリの民主達は帽子に青と赤の花形帽章を着けていました。, まず、一つ目の解釈は、フランスの歴史上で重要な人物を象徴しているというもので、非公式ながらこちらも広く受け入れられています。, また、フランスには標語として「自由、平等、友愛」が規定されていますが、トリコロールの各色はこの3つをそれぞれ示していると言われることもあります。, さらに、そこまで人気が無いものの別な解釈としては、旧体制における身分制度を表すというものも存在します。, 現在、フランスの国旗として知られるトリコロールは元々、フランス革命(1789〜1799)と切っても切れない旗で、このフランス革命以降、フランスの国旗はほぼデザインを変えることなく現在にまで使われ続けてきました。, しかし、それ以前のフランス国旗は、統治者が誰かによって何世紀もの間に幾度も変わってきたという歴史を持ちます。, 例えば、1200年代のフランス王の紋章は、黄金のユリの花(フルール・ド・リス)の描かれた青い盾型紋で、16世紀後半からフランス革命までフランスを治めたブルボン王朝の旗には、白地にフルール・ド・リスが描かれています。, 現代にまで続くトリコロールの旗は、フランス革命当時、民兵達が使っていた標章に由来します。, 1789年7月末に新しい警察組織としての役割を担った民兵組織が結成されると、その司令官であるラファイエット侯爵マリー=ジョゼフ・イブ・ギルベール・ドゥ・モーティエが、エンブレムとして青、白、赤のロゼットを作りました。, これが、フランスの国旗に描かれる3つの色がフランスの象徴として使われた始まりだと言われています。, その後、後にトリコロールと呼ばれるシンプルなデザインの国旗が作られましたが、この三色の旗は革命中にはあまり使われませんでした(※ただし、トリコロールはフランス革命を象徴するようになった)。, しかし、フランス革命を通して政権をとったナポレオン・ボナパルトが開始した「フランス第一共和制」においては、トリコロールが正式な国旗として採用され、ナポレオンが1815年に妥当されてからはしばらくの間、白色の無地の旗が国旗として使用されましたが、1830年、ルイ・フィリップを国王に置く7月王政でトリコロールは復活し、それ以来変わることなく使用されています。, ちなみに、白色の無地の旗が使われた期間には、「1814〜1815年」と「1815〜1830年」の二つが含まれます。, 海上で使われる3色の幅が違うものを除いて、トリコロールには2つのパターンが存在します。, 掲げる場所の光加減や雰囲気によって使い分けられ、例えば、テレビやコンピュータなど、デジタル表示に使用されるのは明る色調の旗である場合がほとんどです。, フランス革命の中で生まれたトリコロールに関しては、当初、配色に関する規定がありませんでした。, そのため、現在でこそ「青→白→赤」という順番ですが、当時は「赤→白→青」の順番で作られた旗が混在していたなど、様々なパターンの旗が掲げられていました。, 「青→白→赤」に統一されたのは、ナポレオンによって第一共和制が設立されてから2年後の1794年からです。, 現在でも海上において使用される旗や海軍が使用する旗では、青、白、赤の幅がそれぞれ30、33、37とバラバラですが、トリコロールが作られた当初は、海上使用に関係なく三色の幅は異なっていました。, フランスの国旗は史上最も影響を与えた旗の一つとして見なされ、世界中の多くの国旗の基盤となっています。, さらに、国旗だけでなく、フランス語圏に属する地域では、トリコロールの影響を受けた地域の旗が使用されているのを発見できます。, 例えば、フランス語を第一言語とするカナダの州および準州では、独自の旗が使用されており、その多くが、フランスのトリコロール旗を基にデザインされているのです。, 見てきたように、フランスの国旗は非常にシンプルなデザインを持ちますが、そこに含まれている意味にはとても興味深いものがあることが分かります。, 当サイトは当サイトのメイン管理人である「ハリマン」が、内向きになりつつある日本人をもう少しだけ外向きにしたいという思いで運営しています。 さらに詳しくは下のホームボタンをクリックしてください。. ID: 6RQHJf2J+0, 2020/05/20(水) 10:27:25 小麦全粒粉を使用した香ばしいダイジェスティブビスケットに、帆船のレリーフを象ったミルクチョコレートを重ねた上品なチョコビスケット。パックは瑠璃のようなブルー。, ブランチュール また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 No reproduction or republication without written permission. ID: ULJDngxuWT, 2014/11/20(木) 10:57:25 ブルボンの関連情報. おいしさ、思いやり、いつもいっしょに。株式会社ブルボンのホームページへようこそ!会社情報や商品情報、注目のキャンペーン、cm情報などをご紹介しています。 どうも~♪ おかしさん(@okashi3_com)です。 皆が大好きなブルボンのお菓子と言ったらコレですよね! [ad#ad1] 本日のおやつは、「ブルボン ルマンド」 紫色のパッケージが目印ですよ。 昭和49年(1974年)から発売されているということは、40年以上の歴史がある超ロングセラー商品ですね。 ブルボン(bourbon) とは(意味・説明) 『ブルボン(BOURBON)』は、日本のお菓子メーカーです。 『 ルマンド 』や『ホワイトロリータ』『バームロール』『ルーベラ』『エリーゼ』など多くの人気ビスケット菓子を販売していることで有名な大手お菓子メーカーの一つです。 ダイジェスティブビスケットと、クリーミーなミルクチョコでできた可愛らしい切株型のチョコスナック。, ピッカラ おいしさ、思いやり、いつもいっしょに。株式会社ブルボンのホームページへようこそ!会社情報や商品情報、注目のキャンペーン、cm情報などをご紹介しています。 パックはえんじ色。, アルフォート Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 1965年(昭和40年)発売。ヒネリ模様の軽い歯ざわりのスティッククッキーを、上品なミルククリームで包んだ棒状クッキー。パックは白と黒のゴシックカラー。, ルマンド All Rights Reserved. どうも~♪ おかしさん(@okashi3_com)です。 皆が大好きなブルボンのお菓子と言ったらコレですよね! [ad#ad1] 本日のおやつは、「ブルボン ルマンド」 紫色のパッケージが目印ですよ。 昭和49年(1974年)から発売されているということは、40年以上の歴史がある超ロングセラー商品ですね。 新潟県柏崎市に本社を置く大手製菓メーカー。創立は1924年。早くからビスケット、クッキーの自動大量生産に力を入れており、洋風な粉もの菓子を得意としている。箱入りや缶入りの贈答用菓子のイメージも強い。独特な"ハイソな雰囲気"を持ち、棒状クッキーをミルククリームで包んだ「ホワイトロリータ」(昭和40年発売)や、薄いクレープクッキーを重ね焼きしてココアクリームで包んだ「ルマンド」(昭和49年発売)などのベストセラー商品に憧れを抱く世代は多い。だが決して洋風や高級感を気取 … Google、Yahoo!、GREE、au…この社名の由来、知ってた? 【ファッション・アパレル海外企業編】. ID: OpPYEE3jZQ, 2020/07/19(日) 15:21:00

1977年(昭和52年)発売。