ヒラリー・クリントン氏が2020年の大統領選に出馬するかどうかは不明であるが、トランプ大統領に勝てる見込みがある民主党候補がいないとなれば、ヒラリー・クリントン氏の出馬の可能性は高い。 BBCは外部サイトの内容に責任を負いません。 本サイトの外部リンク方針はこちら, Clinton 'under enormous pressure' to run in 2020.  そのため、民主党支持のウォール街大口献金者の多くは、ウォーレン氏が民主党候補に選ばれた場合、共和党のトランプ大統領支持に寝返る可能性を示唆している。ウォール街の支持がなければ、民主党が2020年の大統領選でトランプ大統領に勝利する見込みは難しい。, ヒラリー・クリントンの出馬の可能性 ヒラリー・クリントンが議論について言ったことは、人々が話している : 2020年9月29日のジョー・バイデンとドナルド・トランプ大統領の最初の大統領討論は、かなりのショーであり、ヒラリー・クリントンでさえ、それについてツイッターで人々と交流しました。 ヒラリー・クリントンの起訴が確定 '16年米大統領選でクリントン陣営の弁護士がスティール文書 の請求書をヒュージョンGPS社から受け取り、陣営マネージャーに直接渡していたことを米下院の非公開証言 … ヒラリー・クリントン氏(2016年撮影) 2016年米大統領選でドナルド・トランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン元国務長官は5日、2020年に出馬するつもりはないと言明した。�  圧倒的な人気を保っていた民主党のジョー・バイデン元副大統領(オバマ政権)はウクライナ疑惑で勢いを失い支持率が低下した。さらに、バーニー・サンダース上院議員は心臓発作を起こし緊急手術を受け健康上の懸念が浮上したことで、民主党は2人の有力候補を失った。その結果、エリザベス・ウォーレン上院議員の支持率が急上昇し、バイデン氏の支持率を上回り初めて首位にたった。, この支持率上昇の勢いに懸念を示しているのが、ビジネス界、特にウォール街と富裕層である。ウォーレン氏は、法人増税、保護主義的貿易政策、金融、医療、エネルギ産業での規制強化、格差是正として富裕層への課税強化(5000万ドル超の資産に年率2%、10億ドル以上には3%の富裕税)、GAFA(グーグル、アップル、ファイスブック、アマゾン)の会社分割などの政策を掲げている。 2016年米大統領選でドナルド・トランプ氏に敗れたヒラリー・クリントン元国務長官は5日、2020年に出馬するつもりはないと言明した。ニューヨークの地元テレビ局に対して発言した。, 「私は出馬しません。ですが、これからも自分の信じることのために働き、発言し、立ち上がるつもりです」と、クリントン氏はニュース12テレビに話した。, 今後ほかに何か別の公職に就く予定はあるか質問されると、「ないと思います」とクリントン氏は答えた。, クリントン氏が2020年の再出馬をはっきり否定したのは、今回が初めて。すでに民主党から出馬を表明した数人と話をしたというクリントン氏は、「全員に言いました。絶対に何事も、なるようになって当たり前だと思わないように」と話した。, この発言に反応して、トランプ大統領は「『(悪党の)ヒラリー・クリントンは2020年に出ないと確認。ホワイトハウスへの3回目の挑戦は行わないと』だそうだ。あーあ、残念だ。もう選挙で戦えないってことか? とても寂しくなるな!」とツイートした。, これを受けてクリントン氏は、2004年青春コメディ「ミーン・ガールズ」の画像をツイートした。中では登場人物が、「どうしてそんなに私にこだわるの?」と尋ねている。, クリントン氏はアメリカの歴史で初めて、女性として主要政党の大統領候補になった。大統領夫人となった後、上院議員と国務長官を歴任したクリントン氏の当選はほぼ確実視されていたものの、富裕層の寄付への依存度が高く、ウォール街に近すぎて、若者の共感を得られていないと批判されていた。, 国務長官時代に公務メールを私用サーバーで扱っていたことが連邦捜査局(FBI)の捜査対象となり、それをとらえてトランプ氏は自分の集会で繰り返しクリントン氏を「刑務所に入れろ!」と唱えるよう、支持者をあおり続けた。, クリントン氏の敗北を受けて民主党は、態勢の立て直しに取り組んだ。昨年11月の中間選挙で下院を奪還した勢いに乗りたいところで、2020年大統領選に向けてはすでに10人以上が民主党候補を目指すと名乗りを上げている。, 一方で、前回大統領選では一時、出馬検討を表明していたマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、2020年には出馬しないと表明した。, ブルームバーグ氏は5日午後、「本選ではドナルド・トランプを敗れると思う」ものの、「これほど混雑した布陣のなかで民主党の候補指名を獲得するのはかなり難しいだろう」と声明で発表した。, さらにツイッターでは、「大統領として奉仕する以上の名誉はないが、市民としての最大の責任は現時点で自分にできる最善の形で国を助けることだ。なので私は『炭素を超えて』という新しい取り組みを含めて、この国を支援していく」と述べた。, 2016年民主党予備選で最後までクリントン氏と争ったバーニー・サンダース上院議員(ヴァーモント州、無所属)は2月19日、2020年にも民主党の候補指名を目指すと出馬を発表した。前回選挙で得た知名度や、党内左派での支持基盤を武器に、一気に有力候補の座に躍り出た。, ほかにも有力視されているのが、マサチューセッツ州選出のエリザベス・ウォーレン、ニュージャージー州選出のコーリー・ブルッカー、カリフォルニア州選出のカマラ・ハリス各上院議員だ。, 上院からはほかにも、ニューヨーク州選出のキルステン・ジリブランド、ミネソタ州選出のエイミー・クロブシャー両議員が出馬を表明した。テキサス州サンアントニオのフリアン・カストロ市長や、インディアナ州サウスベンドのピート・ブディジッジ市長も出馬する意向だ。ブディジッジ氏の場合、同性愛者だと公表している人が初めて大統領選に出ることになる。, このほか、注目を集めながらまだ意向を明示していない中に、ジョー・バイデン前副大統領がいる。バイデン氏は出馬を検討しており、知名度では他の候補を上回っている。出馬すれば、最有力候補になるとの見方もある。, さらに、昨年秋の中間選挙で、テキサス州で共和党のテッド・クルーズ上院議員に僅差で敗れて注目されたベト・オローク前下院議員も、出馬を検討しているとされ、支持者を待たせている。オローク氏は中間選挙で、数百万人からの小額寄付に支えられた。州内全254郡を車で移動しながら、ソーシャルメディアで状況を報告し続けるなど、斬新な選挙活動を展開した。, (英語記事 Hillary Clinton rules out 2020 presidential run), © 2020 BBC.

に2019年の1~6月の6カ月間で16.6万ドルの献金が集まり、総額65万ドルの献金がある。クリントンは2015から2016年の大統領選の最中では5.85億ドルの献金を集めているだけに、その資金力を上回る民主党候補はいないともいえる。, 現在アマゾンでは、”Hillary 2020”、”I’m With Her Hillary 2020”, “Hillary Clinton for President 2020”などのT-シャツが販売されている。まるでクリントン氏の出馬を控えているキャンペーン活動と考えてもおかしくない。 ヒラリー・クリントン元米国務長官は12日、BBCのラジオ番組に出演し、2020年のアメリカ大統領選挙に立候補しドナルド・トランプ大統領と戦うよう求める「大きな圧力を感じている」と … 9.11から18年後の真実~国際チームが科学的手法で明らかにしたWTC 7ビルの崩壊, ヒラリー・クリントンが2020年米大統領選に出馬する可能性が高まっている。テレビ出演、ブックツアー、公演などまさに、民主党候補として選挙活動を開始したように積極的に活動している。最近では、クリントン氏は現在の17人の民主党候補者を全員支持しないと宣言したうえ、トランプ氏との再挑戦の可能性を示唆した。, 圧倒的な人気を保っていた民主党のジョー・バイデン元副大統領(オバマ政権)はウクライナ疑惑で勢いを失い支持率が低下した。さらに、バーニー・サンダース上院議員は心臓発作を起こし緊急手術を受け健康上の懸念が浮上したことで、民主党は2人の有力候補を失った。その結果、エリザベス・ウォーレン上院議員の支持率が急上昇し、バイデン氏の支持率を上回り初めて首位にたった。, この支持率上昇の勢いに懸念を示しているのが、ビジネス界、特にウォール街と富裕層である。ウォーレン氏は、法人増税、保護主義的貿易政策、金融、医療、エネルギ産業での規制強化、格差是正として富裕層への課税強化(5000万ドル超の資産に年率2%、10億ドル以上には3%の富裕税)、GAFA(グーグル、アップル、ファイスブック、アマゾン)の会社分割などの政策を掲げている。, そのため、民主党支持のウォール街大口献金者の多くは、ウォーレン氏が民主党候補に選ばれた場合、共和党のトランプ大統領支持に寝返る可能性を示唆している。ウォール街の支持がなければ、民主党が2020年の大統領選でトランプ大統領に勝利する見込みは難しい。, ヒラリー・クリントン氏はどの民主党候補と比べても、出馬すれば圧倒的な資金力で優位な立場にある。興味深いことに、2016年のクリントン氏の公式選挙スローガンで、選挙活動事務所名であったHillary for America(ヒラリーをアメリカのために)は大統領選の敗北後に閉鎖されていなかったことである。, 現在アマゾンでは、”Hillary 2020”、”I’m With Her Hillary 2020”, “Hillary Clinton for President 2020”などのT-シャツが販売されている。まるでクリントン氏の出馬を控えているキャンペーン活動と考えてもおかしくない。, ヒラリー・クリントン氏のコアー支持層は少なくとも25%あると思われる。これは、どんな状況に置かれてもクリントン氏を支持する有権者層である。これほどの強い支持層を持つ民主党候補はいない。, 9.11から18年後の真実~国際チームが科学的手法で明らかにしたWTC 7ビルの崩壊. クリントン氏は娘のチェルシー・クリントン氏との共著「The Book of Gutsy Women」(勇敢な女性たちの本、の意)のためにロンドンを訪れた, ヒラリー・クリントン元米国務長官は12日、BBCのラジオ番組に出演し、2020年のアメリカ大統領選挙に立候補しドナルド・トランプ大統領と戦うよう求める「大きな圧力を感じている」と語った。, クリントン氏は、立候補の可能性を否定せず「絶対にないとは絶対に言わない」と話した。, その上で、2016年の大統領選でトランプ氏に勝っていたら自分はどんな大統領になっただろうと「いつも」考えていると述べた。, 自著の宣伝活動でイギリスを訪問中のクリントン氏は、BBCラジオ5ライヴの「エマ・バーネット・ショー」に出演した際、立候補の可能性について質問を受けた。, これに対しクリントン氏は、「自分はどんな大統領になっていただろう、現状とどのように違う仕事ぶりで、それがアメリカや世界にどういう意味を持っていただろうと、いつも考えている」と話した。, 「なのでもちろん(立候補について)考えている。いつも考えている。でも考えてみて下さい、誰が勝つにせよ、壊れてしまったものを修復するという大きな仕事が待っている」, 最後の最後に立候補を決めるのかという質問には、「絶対にないとは、絶対に、絶対に言わない」と述べた。, 「非常に、非常にたくさんの人から(立候補を)考えるようにと大きな圧力をかけられていることは確かだ」, 「でも、このスタジオであなたと話している現時点では、私の計画には(立候補は)入っていない」, クリントン氏は娘のチェルシー・クリントン氏との共著「The Book of Gutsy Women」(勇敢な女性たちの本、の意)のためにロンドンを訪れていた。, 民主党の候補者争いの正式な投票は来年2月、アイオワ州から始まる予定だが、現時点ではなお混戦が続いている。, 最有力候補はジョー・バイデン前副大統領。このほか、エリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州)やバーニー・サンダース上院議員(ヴァーモント州)も支持を集めている。, こうした中、富豪実業家で前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が先に、参戦に強い興味を示していると報じられた。, また、バラク・オバマ前大統領と親しかったデヴァル・パトリック元マサチューセッツ州知事も、立候補を考えているという。, しかし、いくつかの州ではすでに立候補の締め切りが終わってしまっている。アラバマ州は先週に、クリントン氏のお膝元だったアーカンソー州は12日に、それぞれ立候補を締め切った。, 一方、3月の「スーパー・チューズデー」に一斉に投票が行われる14州については、来月まで立候補が可能だ。, トランプ大統領は10月、クリントン氏の立候補をあおる発言をした。クリントン氏はこれに対し、「私に誘いかけないで。自分の仕事をするように」とツイートしている。, (英語記事 Clinton 'under enormous pressure' to run in 2020), © 2020 BBC. 2016年米大統領選で敗れたヒラリー・クリントン元米国務長官は、2020年米大統領選挙には出馬しないとの意向を表明した。  ヒラリー・クリントン氏のコアー支持層は少なくとも25%あると思われる。これは、どんな状況に置かれてもクリントン氏を支持する有権者層である。これほどの強い支持層を持つ民主党候補はいない。, 最新のRasmussen世論調査では、クリントン氏が民主党候補となった場合、トランプ氏との支持率の差はなく、同じ45%の有権者支持率となっている。しかし、大統領選への出馬を巡っては支持した18%に対し、71%の有権者は出馬しない方がいいと答えている。, ヒラリー・クリントン氏が2020年の大統領選に出馬するかどうかは不明であるが、トランプ大統領に勝てる見込みがある民主党候補がいないとなれば、ヒラリー・クリントン氏の出馬の可能性は高い。, 1. BBCは外部サイトの内容に責任を負いません。 本サイトの外部リンク方針はこちら, Hillary Clinton rules out 2020 presidential run.

ヒラリー・クリントン元国務長官は4日、ニューヨークのケーブルTVのインタビューで、2020年の大統領選に出馬をしない意向を初めて公にした。 ヒラリー・ロダム・クリントン(英語: Hillary Rodham Clinton, 1947年 10月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家・弁護士。 第67代国務長官・上院議員を歴任。 第42代アメリカ合衆国大統領 ビル・クリントンの妻であり、1993年1月20日から2001年1月20日までアメリカ合衆国のファーストレディだった。  ヒラリー・クリントン氏はどの民主党候補と比べても、出馬すれば圧倒的な資金力で優位な立場にある。興味深いことに、2016年のクリントン氏の公式選挙スローガンで、選挙活動事務所名であったHillary for America(ヒラリーをアメリカのために)は大統領選の敗北後に閉鎖されていなかったことである。連邦選挙委員会によると、Hillary for America ヒラリー・クリントンが2020年米大統領選に出馬する可能性が高まっている。テレビ出演、ブックツアー、公演などまさに、民主党候補として選挙活動を開始したように積極的に活動している。最近では、クリントン氏は現在の17人の民主党候補者を全員支持しないと宣言したうえ、トランプ氏との再挑戦の可能性を示唆した。