日本でいう「リーグ戦」「総当たり戦」は、英語では「group tournament(グループ トーナメント)」となる。特に、完全総当たりで、同一カードの対戦が2回(いわゆる「ホーム アンド アウェイ方式」)または1回の場合は「round-robin tournament(ラウンド ロビン トーナメント)」と呼ばれる。 試合に勝つ、負ける、練習試合や試合結果など様々な英語があります。また「1回戦」や「準決勝」など試合観戦には欠かせない表現ばかりばかりです。英会話に活かしましょう! 注意 言葉は時代、状況、文脈などによって変化する場合があることを留意してお読みください。 また、以下の内容はアメリカとイギ … 「トーナメント」は英語でどう表現する?【単語】a tournament...【例文】Tournament bracket...【その他の表現】win a tournament... - 1000万語以上収録!英訳・英文・英単語の使い分けならWeblio英和・和 … トーナメントの語源は,ヨーロッパ中世の騎士たちの間で盛んに行われていた馬上 槍 (やり)試合。1 11世紀中ごろにフランスで始まった。� 比較級はいろいろ活動が出来ますけど、結構難しいのはmore/mostが絡む比較級・最上級。どうしても使える形容詞が interesting / important / difficult などの主観的(抽象的)な形容詞たちばかり。ならばと、それを逆手にとった活動を考えてみました。, 名付けて、マイ・トーナメント「9教科No.1決定戦」 トーナメントを英語に訳すと。英訳。a tournamentオープントーナメントan open tournament彼はテニスのトーナメントに出場した[で優勝した]He 「took part in [won] the tennis tournament.トーナメントプロ〔ゴルフ・テニスなどで〕a player on the pro tour - 80万項目以上収録、例文・コロケーションが豊富 … Tournament bracket発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, progressive tournaments発音を聞く - 日本語WordNet, an open golf tournament発音を聞く - 研究社 新英和中辞典, the international tennis circuit発音を聞く - 日本語WordNet, TOURNAMENT DISTRIBUTION AND COMPOSITE CIRCUIT - 特許庁, INDICATING BODY OF PROGRESS OF TOURNAMENT MATCH - 特許庁, (a sporting competition in which contestants play a series of games to decide the winner), "over at Westchester. 〘名〙 (tournament) 勝ち抜き戦の一種。参加選手・チームの各二者を組み合わせて一回戦を行ない、さらにその勝者同士二者の組み合わせで二回戦を行なうというようにして、勝者だけで順次試合を進め、最後まで勝ち残った二者が優勝決定戦を行なう方式。参加選手・チームが総当たりになるリーグ戦に対していう。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕, 全女流棋士、順位戦で強くなれ 一般棋士の名人戦と同システム、初の将棋「白玲戦」13日開幕. !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?  普通に考えると優勝候補になりがちなP.E.が一回戦でLunchに敗退しているところが笑えます。. Copyright(C)2002-2020 National Institute of Information and Communications Technology. Copyright © 2020 Cross Language Inc. All Right Reserved. 単に「 トーナメント(方式) 」部分を言う場合は“ knockout tournament ”( ナク アゥトゥ・ ター ナマントゥ)、“ elimination tournament ”(イリマ ネィ シャン・ ター ナマントゥ)と言ったりします。 | "発音を聞く - F. Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』, That was for the golf tournament.発音を聞く - F. Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』, TOURNAMENT CHART PREPARATION AND DISPLAY SYSTEM AND TOURNAMENT CHART PREPARATION METHOD - 特許庁, トーナメント戦で組み合わせが塔状に伸びていくことから、トーナメント表のことを「やぐら」ともいう。例文帳に追加, A tournament bracket is also called 'yagura' because the lines indicating pairings form a tower shape.発音を聞く - Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス, To transmit a tournament chart to a terminal regardless of the structure of a tournament chart. ・大金星をあげる: 競技などに「出場する(出る)」は英語で何と言えばいいか例文を使って説明します。「運動会でリレーに出場する」「試合に出場する」など日常会話でよく使う現なので覚えておけば役に立ちます。便利な表現なので上手に使って友達との会話を楽しんでください。 ・決勝トーナメント:, ・日本代表の快進撃が続いている:  ・大金星をあげる: (pull off) stunning/amazing/great upset No reproduction or republication without written permission. All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency. ラグビーw杯日本大会で日本代表の快進撃が続いています。 先月28日には世界ランク2位のアイルランドを19対12で撃破し大金星をあげ、先週5日にはサモアにも快勝して、開幕3連勝を飾りました。 日本代表は決勝トーナメントへの […] 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); anfieldroadさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved. ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.  要するに、中学校で勉強する9教科の教科名でトーナメントをしちゃおうという活動です。生徒はトーナメント表を作成し、組み合わせも自由に決めます。表が出来たらパートナーに質問をします。. (例)P.E. トーナメント tournament(競技の)〔優勝者を決めるための一連の試合。必ずしも「勝ち抜き試合」を意味す... - アルクがお届けするオンライン英和・和英辞書検索サービス。 この「決勝トーナメント」を英語で言うと? 「決勝トーナメント」=“knockout stage”(ナクアゥトゥ・ステイジ) 例: “Japan advanced to the knockout stages and will be playing against South Africa tonight.” 「日本は決勝トーナメントに進出して、今夜南アフリカと戦う。」 ・開幕3連勝: three consecutive wins / three wins in a row since the opening game is the most interesting subject for Mr.○○. - 特許庁, We lost the deciding tournament.発音を聞く - Weblio Email例文集, ピン留めアイコンをクリックすると単語とその意味を画面の右側に残しておくことができます。, Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。, Electronic Dictionary Research and Development Group. 大会などにおける「予選トーナメント」「決勝トーナメント」を英語で表したいのですが、それぞれどのように表現すればいいのでしょうか? 予選トーナメントSemi-FinalTournaments、決勝トーナメンTheFinalTournamentです。それとただSemi-FinalsFinalという風に書く手もあります。 @English_edu20 からのツイート って感じです。書けた英文は報告(発表)させてみんなでシェアしますけど、その前の段階でペアで"Why? 名付けて、マイ・トーナメント「9教科No.1決定戦」 要するに、中学校で勉強する9教科の教科名でトーナメントをしちゃおうという活動です。生徒はトーナメント表を作成し、組み合わせも自由に決めます。表が出来たらパートナーに質問をします。 Copyright (c) 1995-2020 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved. 通訳、翻訳、英語教育に関する記事を幅広く発信していきます。. 相手の答えによって、トーナメント表を塗りつぶしていき、その人にとってのNo.1を聞き出す、という活動です。すごくシンプルで、同じような質問を8回繰り返すので、長くなりがちな英文もある程度定着します。やろうと思えば紙切れ一枚で(ノートの空きスペースでも)できる活動ですが、結構盛り上がります。, みんな楽しそうに質問し合ってましたが、これってやっぱり主観的だから面白いんだろうなぁ。自分の考えを英語にするからです。形容詞を important とか difficult とかにすれば、また違った結果になるし、見れば分かる簡単な質問より「英語で聞かれたことを自分の頭で考えて英語で答える」というプロセスを体感できる活動だと思います。, さて、1位まで決まったら、結果をまとめます。全部だと大変なので、準決勝と決勝の結果を比較級を用いた英文で書き出します。. 通訳メソッドを活用して1ヶ月でビジネス英語のアウトプットを強化します。 ゴルフ等スポーツ試合の「組合せ表」を英語ではどう言ったらいいですか「組合せ表」はよくdraw list と言ったりします。 このdrawは「くじ引き」の意味です。 抽選で決めない合せについては特に決った言い方は無いようで、プロゴルフの ・開幕3連勝: 先月28日には世界ランク2位のアイルランドを19対12で撃破し大金星をあげ、先週5日にはサモアにも快勝して、開幕3連勝を飾りました。, 日本代表は決勝トーナメントへの進出(=ベスト8)を目標にしていますが、この勢いはそれ以上の結果にも思わず期待してしまいますね。, さて以下の単語を英語では何というでしょうか。 現役翻訳者・通訳者、そしてその卵たちの為のメールマガジン。毎週水曜わくわく&ふむふむな情報をお届けします!この機会に是非ご登録ください. 株式会社ゆうちょ銀行および日本郵便株式会社が発行するプリペイドカード・デビットカード。国際的なクレジット決済ブランドであるVisaの加盟店で利用できる。年会費は無料で、満12歳以上(小学生を除く)のゆ... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 One Month Program, テンナイン・コミュニケーション編集部です。 All Rights Reserved. オンライン和英辞書や英語学習サイトの英語訳を訂正・修正・補足して解説する『Eiton English Vocablog』。 第2回は 「トーナメント」 の英語についてです。. tournament(トーナメント)とは。意味や解説、類語。1 試合・競技で、敗者を除いていき、勝者どうしが戦い抜いて優勝を決める試合方式。勝ち残り式試合方法。勝ち抜き試合。→リーグ戦2 中世ヨーロッパ騎士の馬上試合。二組に分かれた騎士が甲冑をつけて馬に乗り、勝ち抜き式で行われた。 ・日本代表の快進撃が続いている: ラグビーw杯日本大会で日本代表の快進撃が続いています。 先月28日には世界ランク2位のアイルランドを19対12で撃破し大金星をあげ、先週5日にはサモアにも快勝して、開幕3連勝を飾りました。 日本代表は決勝トーナメントへの […] He 「took part in [won] the tennis tournament. ラグビーW杯日本大会で日本代表の快進撃が続いています。 渋谷・新宿エリアを中心に英会話を教えているTricolor Languageです。講師のJayは日本人の親の元、イギリス生まれアメリカ育ちです。なので英会話だけでなく、文化や英語の微妙なニュアンスの違い、海外生活の事も教えています。, ラグビー日本代表は1次リーグ4連勝で決勝トーナメント進出を果たし、今夜7時15分から準々決勝の南アフリカ戦が行われます。, 「決勝トーナメント」=“knockout stage”(ナクアゥトゥ・ステイジ), “Japan advanced to the knockout stages and will be playing against South Africa tonight.”, 1次リーグ(グループステージ)を勝ち残った後の決勝トーナメントなので“knockout stage”と“stage”が使われます。, 単に「トーナメント(方式)」部分を言う場合は“knockout tournament”(ナクアゥトゥ・ターナマントゥ)、“elimination tournament”(イリマネィシャン・ターナマントゥ)と言ったりします。, “The final round of knockout tournaments is called the final.”, しかしアマチュアなど一部の大会では1回負けても敗者復活トーナメントで再びチャンスを貰えるというのがあります。, このように1敗まで大丈夫なトーナメントを“single-elimination tournament”と言い、2敗まで大丈夫なのを“double-elimination tournament”と言います。. Japan is marching forward with victory after victory. 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, 競技方式の一種で、最後まで勝ち残った者を優勝者とする勝ち残り式試合のことをいう。そのおこりは、二組に分かれて攻撃しあい相手を落馬させ、その落馬した数が少ない組を勝ちとした、11世紀のフランスにおけるトルノワtournoiともよばれる騎士の馬上試合であるが、それが転じて試合、勝負を意味し、さらに競技方式を示すようになった。トーナメントは、試合が行われるにつれ試合数が少なくなるため、参加者が多い場合でも比較的短期間に成績を決められるという長所をもつが、勝ち抜き戦であるために、敗者は一度敗れると他と対戦する機会を失うという短所ももつ。このようなトーナメントの短所を補うために、一般には強い者同士が最初から対戦しないようにシード制を用いたり、総当たり試合であるリーグ戦の長所を取り入れた、「トーナメント・リーグ結合型」の方式を採用したりする。この方式には次の二つがある。一つは、参加者を数グループに分けて各グループでリーグ戦をしたあとに、おのおののグループの勝者がトーナメント戦を行う方式であり、他の一つは、最初にトーナメント戦で参加者を減らし、その後リーグ戦を行う方式である。, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …勇猛,むしろ凶暴は騎士の本質であった。騎士道絵巻のひとこまとして想起される野試合(トーナメント)にしても,武技を鍛え勇猛心を鼓舞すると同時に,敵手の乗馬や武具を奪うための,悽惨な遊戯,実戦の代用であった。殺害を直接目的とはしなかったものの,死傷者続出は避けられなかった。…, …[概念] スポーツとは,競争を中心とする〈近代スポーツ〉,楽しさを中心とする〈ニュー・スポーツ〉,民族的なアイデンティティや儀礼を中心とする〈民族スポーツ〉,癒しや瞑想を中心とする〈瞑想系身体技法〉,健康を志向する〈体操・ダンス〉,自然との接点を求める〈野外スポーツ〉などの総称である。 近代スポーツには,サッカーや野球のようなボールゲーム,走・跳・投の陸上競技,剣道や柔道のような格闘競技,スキーやスケートのような氷雪上の競技,競泳や飛び込みのような水上競技,競馬やドッグレースのような動物のスポーツ,ヨットやボートのような舟のスポーツ,自転車や自動車のような車のスポーツ,ボールルーム・ダンスを中心とする競技ダンス,などが含まれている。…. A: Which is more interesting, English or science? トーナメントとは、競技会で勝者や順位を決める方式。ただ一人の勝者を選ぶ・順位を決める・興行として面白いものにする等の目的の違いや、期間・場所等の制限に応じて、さまざまな方法が考案されている。なお日本語において単に「トーナメント」・「トーナメント方式」と言えば勝ち抜き戦(ノックアウトシステム)のことを指す[1]。, トーナメント (tournament) とは日本語の「大会」に近い意味の言葉である。それ自体、大会の形式とは無関係である。, 言葉のルーツとなったものは中世の騎士が行った「馬上槍試合」である。実際の戦争の代わりに行われ、名誉のみならず、金品、時には領土まで賭けたため死者が出ることもあった。, 日本では勝ち抜き戦そのものを「トーナメント」と呼んでいるため、「決勝トーナメント」という独自の用語も生まれている。例えばFIFAワールドカップで「final tournament」というのは予選を勝ち抜いた出場国による本大会のことであり、決勝トーナメントは「Knockout stage」と呼称されている。JFAでは2015年より「決勝トーナメント」という呼称を廃止している。, ゴルフやテニスなどでは英語の「tournament」の意味に近い「大会」という意味で使われている。, 勝ち残り式トーナメント方式は、1対1の戦いによる勝ち抜き戦である。多くの変種が存在するが、基本形は均等な「シングル イリミネーション トーナメント」である。この方式では、勝負に負けた選手(チーム)はその時点で脱落し、勝者同士で対戦を繰り返しながら勝者を決定する。日本語で単にトーナメントといえばこの方式を指すことが多い。英語では「knockout system」などでも通用する。なお陸上競技の短距離走・競泳など、一度の予選に複数人が参加し上位が上のステージに進出する形式もこれに類する。, 対戦表の下の段から順に第n回戦と呼ぶ。最後の3回戦は第n回戦ではなくて準々決勝(クォーター・ファイナル、quarterfinal)→準決勝(セミ・ファイナル、semifinal)→決勝戦(ファイナル、final)と呼ぶ(ただし準々決勝という名称を使用せず準決勝の前まで第n回戦と呼ぶこともある)。また、準決勝の敗者同士の試合が行われる場合がある。これを3位決定戦 (third-place play off) と呼ぶ。, なお、陸上競技のトラック種目、競泳、スキークロスのようなレース形態のスポーツ競技の場合、準決勝2ゲーム(1組と2組)を行い、各組の上位半数の者が決勝へと進み、下位半数の者が下位の順位決定戦に回ることになる[2]。この場合に、上位者の参加する通常の決勝戦を「A決勝」または「ビッグ・ファイナル (big final)」、下位者の参加する順位決定戦(上の例では5~8位決定戦)を「B決勝」または「スモール・ファイナル (small final)」と呼ぶ。, 特殊な方式としてHBCカップジャンプ競技会では16人をペアで競わせて8人、続いて4人に絞込み、決勝戦はその4人全員で一度に競技を行い優勝者を決めている。, 対戦表は、勝ち抜いたときの試合数が同数となるようにバランスをとって構成する。ただし、参加者数が2nとならない場合、対戦表が完全二分木構造とならず、一回戦に参加しない選手(チーム)が出てくる。その場合は、, n人(チーム)でシングルイリミネーショントーナメントを行うと、総試合数は (n-1) 試合になる(引き分け再試合・3位決定戦などは除く)。これは試合数が敗者数と一致し、1敗もしない選手(チーム)が1人(1チーム)だけ残って優勝者となるからである。例えば、20人(チーム)なら、どんな構成の対戦表でも全試合数は常に19試合となる(引き分け再試合・3位決定戦などが無い場合)。, メジャーリーグベースボールのポストシーズン等、番勝負と併用したトーナメント方式も存在する。UEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントや夏の全国高校野球選手権と全国高等学校ラグビーフットボール大会の準々決勝以降等、一回戦毎にその都度抽選で対戦相手を決めるトーナメント方式も存在する。この場合、くじ運が左右される。, 大会によっては、近隣地区同士の選手(チーム)や、対立や国際紛争など関係が悪い地区同士の選手(チーム)は可能な限り対戦を避けるように振り分けられる場合がある。また、代表選手(チーム)の決定が大幅に遅れた地域や、出場が決まっている選手(チーム)の地元が大災害に見舞われた場合、その選手(チーム)は初戦を最後もしくはそれに近い順に振り分ける場合もある。, 強豪選手(チーム)同士が序盤で対戦しないように、選手(チーム)を実力順にばら撒くように配置することをシードと呼ぶ。シード (seed) = 種まき が語源である。対戦表が完全二分木構造でない場合、多くの場合はシード対象者の初戦を対戦表上の二回戦目以上からの参加とするが、これはシード対象者への付加特権として無条件に与えているものに過ぎないもので、「対戦表上で対戦数が少ない=シード」ではない[3]。特別出場枠や一部の選手の予選を免除するケースがあり、これも広義には前述の対戦数を減らす特権の一種であり、実質的にはシードの一種となっているが、本選で語源本来の意味での「対戦表上でのばら撒き配置」の対象になるかどうかはその大会の運営に拠る。対戦表上で機械的にシードを設定するアルゴリズムとして次のような方法が知られている。, 例えば6人の参加者をこれに従って配置すると、{1 − (5 − 4)} − {(3 − 6) − 2} という組合せが得られる。8人だと {(1 − 8) − (5 − 4)} − {(3 − 6) − (7 − 2)} となる。, なお、2回戦以降の対戦カードも順次シード順で決めていくという方式もある(NFLのプレーオフなど)。, 最も、シード順は成績順に並ぶとは限らず、成績の低い選手(チーム)に高いシード順を割り当てることもある。特に地区制度を採用している場合、地区制覇をした選手(チーム)は成績にかかわらずそうでない選手(チーム)よりも高いシード順になる事がある。, 最大の特徴は、一度負ければそこで敗退というギャンブル性の高さである。実力を正確に評価することよりも、一発勝負の面白さを優先した方式だと言える。また、基本的に引き分けを認めていない(日程的な理由などから、決勝戦で引き分けの場合に、両者優勝とするものがあるが、極めてまれである)。, 即決性が高く、最後に決勝戦(直接対決)で優勝者が決まるため、各種競技(スポーツ、アトラクション、ゲームなど)における、決勝ラウンド・本選などで使用されることが多い。また、比較的容易に運営でき、観戦者にとって状況把握が容易であるため、アトラクションやバラエティ番組企画での競技や選抜などにも用いられやすい。, 日本でいう「リーグ戦」「総当たり戦」は、英語では「group tournament(グループ トーナメント)」となる。特に、完全総当たりで、同一カードの対戦が2回(いわゆる「ホーム アンド アウェイ方式」)または1回の場合は「round-robin tournament(ラウンド ロビン トーナメント)」と呼ばれる。また「リーグ戦」「総当たり戦」ではないスイス式トーナメントもグループ トーナメントの一種である。, まずある組合せの対戦を行い、次にその勝者と新たなプレイヤー、次にまた、と行っていき、最終的な勝者が優勝となる方式。極端に山の偏った勝ち残り式トーナメントである。一般には強いプレイヤーほど後に登場する組合せが用いられる。, この方法を、同一条件で選出されたチームやプレーヤーに課すと、公平な組合せ方法とは言えなくなる。しかし、前年やレギュラーシーズン、予選の順位が上のプレーヤーやチーム、あるいは大きな実力差がある強豪リーグの代表チームに、なんらかの優先権を与えるためにあえて不公平にすることを目的に用いられる。, 最終的な勝利者だけでなく勝ち星総数が多いものにもなんらかの権利を与えたり、敗者復活戦を導入した複雑な方法も存在する。, 序盤戦はパラマストーナメントで行い、終盤戦はシードなしの勝ち残り式トーナメントを行う方式。すべてのシード選手が登場し、ベスト8やベスト16が出揃うと通常の勝ち残り式トーナメントとなる。, 準決勝(予選トーナメント)までは通常の勝ち残り式トーナメントで行い、決勝戦は予選トーナメントを勝ち抜いた者とシード選手で行う方式。, 1度負けたらそこで敗退となるシングルイリミネーション方式と違い、2敗した時点で敗退となる方式。, eliminationの発音は /ɪˌlɪməˈneɪʃən/ もしくは /əlɪməˈneɪʃən/ であり、カナ表記はイリミネーション、エリミネーションのいずれでも構わない。また、日本のプロボウリング競技においてはダブルイルミネーションと表現される。これは日本のボウリング界が電飾の意味の「イルミネーション (illumination)」と混同したことによる。, 通常のシングルイリミネーショントーナメントを行い決勝進出者を決め(勝者サイド)、それと同時に1敗した者同士の間でもシングルイリミネーショントーナメントを行い決勝進出者を決める(敗者サイド)。この2者で決勝戦を行い優勝者を決定する。完全ダブルイリミネーションの場合、決勝戦で敗者サイドを勝ち上がった者が勝った場合、決勝の再戦(リセットと呼ばれる)を行う。将棋の棋王戦が「挑戦者決定戦で勝者側は1勝でよいが敗者側は2勝必要」という方式を採用している。, 予選等で勝者サイド・敗者サイド共に次ラウンドに進める場合、決勝戦で敗者サイドを勝ち上がった者が勝った場合でもそのまま優勝者とみなされる場合や、決勝戦は行わずに勝者サイドを勝ち上がった者を1位、敗者サイドを勝ち上がった者を2位とする場合もある。, 組合せによる有利不利を軽減することができるが、試合数が倍になる。また、同じ対戦カードが複数回起こりやすい(工夫次第で発生しにくくはできる[5]が絶対に発生しないようにはできない[6])、決勝戦に進出するチームのどちらかは必ず1敗していることになる。, また、総当たりのリーグ戦やリーグ戦とシングルイリミネーション方式のトーナメントを組み合わせた方式(グループリーグ+決勝トーナメント)より複雑で試合数や日程、手間がかかることがある。例えば例図のように出場者数が8の場合、1回戦敗者数は4、2回戦敗者数は2、決勝戦敗者数は1となる。1回戦敗者4つで敗者復活1回戦を行い、その勝者2つが2回戦敗者2つ敗者復活2回戦を行うことになるが、敗者復活2回戦勝者は2つに対して決勝戦敗者は1つとなるため、敗者復活2回戦勝者によってさらに敗者復活3回戦を行わなければならない。そのため勝者側トーナメントを全勝して優勝すれば優勝までの試合数は3試合で済むが、1回戦で敗退すると敗者側のトーナメントを勝ち上がって優勝しても優勝まで7試合もかかってしまう(決勝戦で敗者側トーナメント勝者が勝った場合に再試合を行う場合)。このように敗者側トーナメントは2回戦までは勝者側トーナメントと同じ試合数で進むが、3回戦以降は勝者側の2倍ずつ試合をしていかなければならなくなるため、出場者数が増えるとリーグ戦よりも試合数が増えてしまう。, パラマストーナメント(ステップラダー)にダブル イリミネーション方式を組み合わせており、敗者復活でも優勝できる可能性を持つ変則的な方式である。, ラウンド ロビン トーナメントなどによる予選を行い、1位から4位の順位を決定し、以下の手順を汲んで行われる。, 予選で2位以内に入れば、その時点で3位以内が確定し、初戦で勝てば2位以内が確定する。たとえ本戦の初戦で負けてもまだ優勝の可能性が残る。逆に予選3位以下が優勝するためには、1度も負けずに3連勝する必要がある。予選2位以内に入ることで非常に有利な条件を得ることができるシステムである。, ソフトボールで用いられている。Vリーグの2005-2006年シーズンのファイナルラウンド、都市対抗野球大会と社会人野球日本選手権大会の四国地区代表決定戦で2006年より、この方式が採用された。オーストラリアサッカーAリーグのファイナルシリーズでも採用されている。, カーリングの日本選手権でも、ページシステムによる決勝トーナメントが行われている(なお、2017年までは(2)の敗者と(3)の敗者の間であらためて3位決定戦を行うという、変則的な方式で行われていた)。以前は世界選手権でもページシステムが採用されていたが、2018年からは、上位6チームによるノックアウト方式の決勝トーナメントに変更されている。オリンピックでは、従前より上位4チームによるノックアウト方式の決勝トーナメントで行われている。, 都市対抗野球大会の東海地区と近畿地区予選はダブルイリミネーション方式とページシステムを組み合わせた方式を行っている。, 例えば1レースに4人ずつ参加する形態の場合、8人が準々決勝から準決勝へと進むことになり、まず、1組4人ずつで準決勝2レースを行い、その結果に従って準決勝各組の1着と2着の者は決勝へ、準決勝各組の3着と4着の者は5~8位決定戦に回ることになる, 例えば参加10チームのトーナメント大会の場合、通常は不完全な二分木構造のトーナメント表となり、一般的には1回戦からは4チーム、他の6チームは2回戦からとなる。しかしながら、2回戦からの6チームが必ずしもすべてシードとは限らず、シード対象が存在していない場合もあれば、シード対象が1回戦からとなる設定・運営方法もあり得る。このように、シード対象はあくまでその大会の運営側の設定基準に拠るものである。, 上記の例では2回戦で負けたCとEを裏街道では逆の山に入れることによって裏街道の2回戦でいきなり同一対戦カードが発生することはなくなっている。, 勝者サイドで1回・敗者サイドで1回。または、勝者サイドで1回・決勝戦で1回(再戦を行う場合は決勝戦で最大2回、合計3回)。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=トーナメント方式&oldid=75487921, 最初に過去の成績などから仮の順位を決め、対戦表の片方の端に1位の参加者を、もう片方の端に2位の参加者を配置する。, 複数の試合場での並行実施が可能で、試合日程の短縮を図れる(例として、2会場に分けても準決勝まで行える)。, 選手/チームごとの試合数に極端なばらつきが生じる(半数もしくはそれ以上が1試合のみの参加となる)。, 1回戦で優勝者に負けた者と、決勝戦で負けた者などのような、直接に対決していない同士の実力の度合いを量るには適さない。, 試合場が1箇所しかない場合は、出場者から見て、試合の間隔が不均一である。大会序盤(1回戦と2回戦の間など)は試合間隔が長く、勝ち進んで決勝戦に近づくと連戦で過密日程になる。特に、試合時間が長く、体力の消耗が激しい競技で問題となりやすい(このような弊害は、, 陸上トラック競技の場合、トーナメント決勝以外において「新記録」を出しても決勝で3位以内に入賞できなければ「記録保持者」にはなれるが、メダル(表彰)を得ることが出来ない。, 優勝者と準優勝者以外の順位を決定しにくい。準決勝で負けた2者はその順位を決定する「, 例図では優勝は「G」、準優勝は「E」、3位は「A」、4位は「H」となる。もし決勝試合(8)で勝者サイドの「G」が敗者サイドの「E」に負けたときは双方とも1敗ということになり、再試合を行うと規定する場合がある。たとえば前記の将棋の棋王戦は当初決勝戦の勝者が挑戦となっていたが、「勝者側の決勝戦進出者に敗者復活が認められないのは不当」との声が上がり「挑戦者決定戦で勝者側は1勝でよいが敗者側は2勝必要」という方式に変更された。, 解説例の様な参加全チームに同様な権利(2敗するまで残れる)が与えられてはいないが、, 準決勝1(プレイオフ1): 予選の1位Aと2位のBが対戦し、勝者は決勝戦へ進出、敗者は準決勝3へ回る。, 準決勝2(プレイオフ2): 予選の3位Cと4位のDが対戦し、勝者は準決勝3へ進出、敗者は4位が確定する。, 準決勝3(3位決定戦): 1.の敗者と2.の勝者が対戦し、勝者は決勝戦へ進出、敗者は3位が確定する。, まず16チームによるトーナメントが行われ、優勝した1チームが第1代表となる。敗れた15チームはすべて敗者復活戦に回る。, 次に準決勝・決勝敗者による第2代表決定戦と、1回戦・準々決勝敗者による第3代表決定戦が行われる。, 第2代表決定トーナメントは準決勝敗者2チームが対戦し、その勝者と決勝戦敗者が対戦する。勝者が第2代表となる。敗者2チームは第4代表決定トーナメントに回る。, 第3代表決定トーナメントは1回戦敗者8チームが対戦し、その勝者4チームと準々決勝敗者4チームが対戦、その勝者4チームのトーナメントを勝ち上がった1チームが第3代表となる。, このトーナメントの決勝敗者は第5代表決定戦に、3回戦(準決勝)敗者2チームは第4代表決定トーナメントの1回戦に、2回戦敗者4チームは第6代表決定トーナメントに回る。1回戦敗者4チームはここで脱落となる(ただし2018年は成績に応じて1チームだけ第6代表決定トーナメントに回る)。, 第4代表決定トーナメントは第3代表決定トーナメントの準決勝敗者2チームが対戦し、その勝者が第2代表決定戦の1回戦敗者と対戦。勝者が代表決定戦に進み、敗者は第6代表決定トーナメントに回る。, ↑の勝者と第2代表決定トーナメントの決勝敗者と対戦。勝者は第4代表となり、敗者は第5代表決定戦に回る。, 第5代表決定戦は第3代表決定トーナメントと第4代表決定トーナメントの決勝敗者が対戦。勝者が第5代表となり、敗者は第6代表決定戦に回る。, 第6代表決定トーナメントは第3代表決定トーナメントの2回戦敗者4チームが対戦し、勝ち上がった1チームと第4代表決定トーナメント1回戦敗者が対戦、その勝者が第4代表決定トーナメント2回戦敗者が対戦、その勝者が第5代表決定戦敗者と対戦し、勝者が最後の第6代表になる。, まず12チームによるトーナメントが行われ、優勝した1チームが第1代表となる。敗れた11チームはすべて敗者復活戦に回る。, 次に準決勝・決勝敗者による第2代表決定戦と、準々決勝敗者による第3代表決定戦、1回戦敗者による第4代表決定戦が行われる。, 第2代表決定トーナメントは準決勝敗者2チームが対戦し、その勝者と決勝戦敗者が対戦する。勝者が第2代表となる。このトーナメントの決勝敗者は第3代表決定戦へ、1回戦(準決勝)敗者は第4代表決定トーナメントに回る。, 第3代表決定トーナメントは準々決勝敗者4チームが対戦し、勝ち上がった1チームと第2代表決定トーナメント決勝敗者が対戦。勝者が第3代表となる。このトーナメントの決勝敗者は第4代表決定戦へ、2回戦(準決勝)敗者は第5代表決定トーナメントへ。1回戦敗者は第4代表決定トーナメントの2回戦に回る。, 第4代表決定トーナメントは1回戦敗者4チームが対戦し、その勝者2チームと第4代表決定トーナメント1回戦敗者2チームが対戦。ここまでの敗者5チームはここで脱落となる。, ↑の勝者2チームが対戦し、その勝者と第2代表決定トーナメント1回戦敗者が対戦し、その勝者と第3代表決定トーナメント敗者が対戦。勝者が第4代表となり、決勝・3回戦敗者は第6代表決定トーナメントに回る。, 第5代表決定トーナメントは第4代表決定トーナメントの決勝敗者と3回戦敗者が対戦し、その勝者が第3代表決定トーナメント準決勝敗者と対戦。勝者が最後の第5代表となる。.