2016年5月27日にオバマ大統領が広島を訪問して演説したスピーチの英語全文、和訳(日本語訳)、解説です。 訪問前から注目されたアメリカから日本への「謝罪」めいた表現はなく、人類太古からの戦争の歴史を振り返り、今後の「核兵器廃絶」を目指そうという全世界に向けてのメッセージとなっていま … オバマ大統領は、1945年8月6日に世界で初めて原子爆弾が落とされた広島を訪れたことで、この議論に足を踏み入れることになった。広島の平和記念碑と平和記念資料館ほど、このような平和主義的認識を明白かつ強烈に表している場所は他にないだろう。オバマ大統領は、歴代の大統領によって検討されては退けられてきた広島訪問という議論を呼ぶ行動をとることを決断した。そして、より重要なのは、オバマ大統領がその感 … A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the … オバマ氏が広島市平和記念公園で行った演説全文は次の通り。 71年前の雲一つない晴れた朝、空から死が降ってきて、世界は一変した。 バラク・オバマの広島訪問(バラク・オバマのひろしまほうもん)は、2016年5月27日に44代目アメリカ合衆国大統領バラク・オバマがアメリカによって原子爆弾を投下された広島を訪問し、核兵器の廃絶を訴えた出来事について記す。同国によって核兵器が投下された日本の都市へ現職のアメリカ合衆国大統領が訪問するのは初めてのことである 。 「オバマ大統領の広島演説」 Remarks by President Obama at Hiroshima Peace Memorial Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed.