予知夢とか信じないから別に何ともないけど アメリカ大統領選挙 バイデン氏が勝利したら株価はどうなる? はじめてntt株を買ってみた; 個別株投資とインデックス投資のメリット・デメリット; 株主優待制度の良い点と悪い点について考えてみた; 最近 … アメリカ大統領選挙2020の結果速報として、トランプ氏が当選し、バイデン氏が落選した場合、株価やコロナ対策、地球温暖化対策や対中国政策への影響はどう出るのかを想定してまとめてい … バイデンはよくわからん。 よく叩かれてるけども, 日刊スポーツの取材をお受けしたのですが、記事チェックのお願いをしたのにお送りいただけませんでした。一点、事実誤認を指摘します。私はトランプ当選の予測を「的中」させていません。そもそも接戦での予測は不可能ですし、当選の可能性は捨てきれないと言っただけです。 nikkansports.com/general/nikkan…, 菅義偉首相は3日の米大統領選の当選者と会談するため、来年1月にも訪米する検討を始めた。日本政府は共和党のトランプ大統領、民主党のバイデン前副大統領のいずれが当選しても、早期の訪問は難しいとみている。, 11/3の米大統領選。日本では11/4昼ごろにかけて開票速報が届き始めますが、最初の注目は開票が早いフロリダ(FL)州とアリゾナ(AZ)州だと思います。トランプ氏はFLで負ければ当選の道がかなり厳しくなります。バイデン氏はFLで勝てば当確に近づき、FLで負けてもAZで勝てば当選の道筋がはっきりしてきます, ◆総務省(選挙) 三浦瑠麗大先生は前回の大統領選の時にトランプ当選を予想してたってだけの奇をてらった一発屋と思ってたんだけども このように、アメリカ大統領選挙はアメリカだけでなく日本の株価へも大きな影響を与えます。 日々ニュースを確認して、自分の投資先への影響や、新たな投資先の発掘に役立ててみましょう… 選挙結果の判明が遅れると株価はどうなる? それでは、選挙結果の判明が遅れた場合、米国株はどのような影響を受けるだろうか。 郵便投票を巡る係争ではなかったものの、投票の有効性や再集計を巡って選挙結果の判明が1ヶ月以上遅れた、2000年の選挙が参考になるだろう。 ◆時事速報:FeedPing, 【速報!トランプ当選 バイデン落選】アメリカ大統領選挙2020の結果で株価やコロナ対策どうなる?. いよいよアメリカの大統領選挙が近づいてきています。11月3日が選挙日なので、およそあと1ヵ月になりました。バイデン候補が大統領になると株価が大暴落する可能性がある、と言われていますが、果たしてどうなるでしょうか。ここでは、個人的な大統領前後の予想をします。 そりゃあバイデン氏が大統領に成ると尖閣諸島の危機が増しますし、日本の安全を考えればトランプ氏が再選された方が良いよ。, なんかバイデンが当選して「やっべまじか」って思ってる 謎の夢を見たw アメリカ大統領選挙 バイデン氏が勝利したら株価はどうなる? はじめてntt株を買ってみた; 個別株投資とインデックス投資のメリット・デメリット; 株主優待制度の良い点と悪い点について考えてみた; 最近のコメント 注目が高まる米大統領選の投票日が目前に迫ってきた。しかし今回、結果が出るまでには時間がかかるだろう。新型コロナウイルスの感染拡大により、郵便投票の数が膨大となり、集計に時間がかかるうえ、集計を巡り2000年の米大統領選のように、司法を巻き込んだ争いになる可能性が高まっているからだ。そのような混乱は米国株にどのような影響を与えるだろうか。現状や2000年の状況を交えて考察していきたい。, まず今回の郵便投票が、これまでの選挙よりどれぐらい増え、集計にどれほどの時間がかかるのか見ていきたい。米国の郵便投票制度は、名目的には不在者投票という位置づけで、投票日当日に投票できない有権者が事前に郵送で投票するという仕組みだ。, 制度は州により異なり、大まかには以下の4つに分類される。すなわち(1)自動的に郵便投票用紙を登録有権者に送付、(2)自動的に郵便投票の申込用紙を登録有権者に送付、(3)有権者が申請し、理由なしで郵便投票が可能、(4)有権者が申請し、一定の理由があれば郵便投票が可能、の4分類だ。, 通常であれば郵便投票の申請には一定の理由を必要とする州が多く、2016年の郵便投票数は約3,300万票(約24%)だった。しかし、今回は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて理由が不要となったり、感染防止が理由として認められたりなど、これまでに24州で制度が緩和され、郵便投票のハードルが下がった。感染防止を理由として認める州は(3)に分類されると考えると、各制度と有権者数は以下の図表1のようになる。, 制度緩和の結果、有権者の85%が特に理由がなくても郵便投票を行うことが可能となり、10月中旬時点で判明しているだけでも、すでに1,720万票が郵送されている。データ入手可能な一部地域での統計によると、先に行われた予備選挙で、投票数の約50%が郵便投票で行われていた。伝統的に郵便投票が多い地域などを含めると、郵便投票の割合はさらに多かったとみられる。, 世論調査でも、「全ての有権者が郵便投票を行うことができるようになるべき」と回答する割合は75%と高い。依然として米国での新型コロナウイルスの感染拡大の収束目途がたっていないことから、郵便投票の数や割合は、少なくとも前回の米大統領選の2倍以上に膨らむと考えられる。, 郵便投票の開票が遅れる要因は、投票数の増加だけではない。いつまでに郵送された投票用紙を有効とみなすか、また郵送された投票の署名などのチェック作業や、開票作業がいつ開始できるかも地域によって規定が異なっている。この点、州によっては投票日から1~2週間後に届いた投票用紙も有効とみなす州もある。つまり、郵便投票の制度自体が、集計が遅れるようになっているのである。, 以下図表2の通り、米大統領選の結果を大きく左右する接戦州のうち、オハイオ州は投票日前日の11月2日までの消印が必要であるものの、投票用紙は11月13日着分まで受け付ける(※1) 。また署名のチェックなどの事前作業は、一部で到着後にすぐ行う州もあるが、ペンシルバニア州やウィスコンシン州は投票日まで行わない。そして多くの州で、集計作業は11月3日の通常投票の締切前後になってようやく開始されるスケジュールとなっている。, 新型コロナウイルスによる郵便投票の急増が予想されることを受け、開票作業スケジュールなどを早めた地域もあるものの、多くの議会で過半数を占める共和党議員からの反対や告訴により、十分にスケジュールの前倒しが出来ていない地域が多い。選挙を巡る訴訟はすでに300件受理されており、多くは郵便投票に関わる訴えとなっている。このような郵便投票にまつわる不確実性は、集計に時間がかかるだけではなく、集計後にその正確性を巡って係争となる可能性を大いに高めている。, それでは、選挙結果の判明が遅れた場合、米国株はどのような影響を受けるだろうか。郵便投票を巡る係争ではなかったものの、投票の有効性や再集計を巡って選挙結果の判明が1ヶ月以上遅れた、2000年の選挙が参考になるだろう。, 当時、共和党候補ジョージ・W・ブッシュ氏と民主党候補アル・ゴア氏の戦いは、フロリダ州で大接戦となり、投票日の11月7日中には結果が判明しなかった。同州の結果は、再集計要請が認められる範囲の僅差であった。そのため、再度、機械による集計が行われることとなったが、再集計期限や人手による再集計可否などを巡り、州政府や州議会、州裁判所や最高裁判所が入り混じる展開となった。, 最終的には、連邦最高裁が1887年の選挙集計法で定められた、選挙人選出の期日(※2) なども援用し、12月12日に再集計停止を言い渡し、暫定結果として得票数の上回っていたブッシュ候補の勝利が決まった。, この期間におけるS&P500指数の動きは以下図表3の通りである。11月7日投票日直後から3日続落し、その後やや値は戻すも、係争が連邦最高裁に移ってきた11月末頃には、投票日から約9%低い水準まで下落している。12月に入り株価が反転した後、最高裁判断を迎えた。その間(11月7日~12月12日)の騰落率は-4.2%となっている。, 2000年は3月にITバブルがはじけ、その煽りを受けて11月の選挙直後にもIT関連企業が倒産するなど、投票日後の株価推移が決して選挙を巡る混乱の影響とは言い切れない。ただし11月に入り不確実性指数が急上昇し、投資家心理を冷やしたことは否定できないだろう。, 今回の選挙でも結果判明が遅れれば、同様に不確実性が増すことが予想される。ただ2000年の選挙と違って今回の場合、郵便投票による混乱の他にも、トランプ米大統領が敗北しても平和な政権交代には協力しない可能性を示唆するなど、既にある程度の混乱が事前に予想されている。また、最高裁などを巻き込んだ係争となっても、2000年のように選挙集計法で示されている期日(今回は12月7日)までに混乱が収まるとの見立ても可能だ。, 一方、今回は2000年の時にはなかった新型コロナウイルスの流行という要素が大きくのしかかるだろう。すでに米国では、経済対策の息切れにより企業の従業員解雇が再び増え始めると予想されている。そのうえ新型コロナウイルスの感染も再拡大しており、経済活動が再び制限される地域も出始めている。, このような状況の中、選挙による混乱で与野党対立が深刻化すれば、「選挙が終われば合意される」とみられている追加経済対策の協議が、さらに漂流する懸念が高まる。それは一時的なものかもしれないが、投資家心理を急速に冷やす材料となるだろう。, コロナ禍での米大統領選、大量の郵便投票、平和裏な政権交代には協力しない可能性を示唆する現大統領など、いずれも前代未聞の出来事であることを考えれば、不確実性による下押し圧力のほうが大きいと考えざるをえないであろう。 もう結果は確定してるから先言っとくけど、トランプさん当選おめでとう〜!!!(´・_・`)ノノ”パチパチパチ!! WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". #アメリカ大統領選2020, 今でも覚えてるのは2016年の正義のミカタで岡田斗司夫がトランプ当選を予想し、「トランプは史上最高の大統領になる可能性がある」と発言した後の「何言ってんだこいつ」的な雰囲気, アメリカなー。まぁ、トランプ当選するんだろうけどデモがヤバくなっていよいよ悪想念で沈みそう、、、, トランプ氏かバイデン氏かどちらが当選するかだけでなく、いつ大統領が決まるのかにも注目していきます☺️, S&P 500 Map finviz.com/published_map.… @FINVIZ_comより. このグラフは、過去18回の大統領選挙の年のダウ平均株価の上昇(下落)率をまとめたものだ。 1948年の「奇跡の逆転」と言われたトルーマン大統領の再選から、前回選挙まで。 平均すると、値上がり率は5%弱になる計算だ。 値下がりが目立つ(-33%)2008年は、そう、リーマンショックの年。 前回のトランプ大統領が初当選したときは13%上昇と、かなり値上がりしているが、調べてみると、トランプ氏の当選が … 何かの間違いでオバマ当選しろw, 米大統領選の投票が全米で進む中、共和党候補のトランプ大統領と民主党候補のバイデン前副大統領は、一部の投票所での長い行列を理由に、それぞれが当選への自信を表明した。投票総数は2016年の前回選挙(約1億3800万人)を上回る見通し。, フロリダがかなり大事だからな? 11月3日に実施される予定の米国大統領選挙。世論調査では現職のトランプ大統領を抑え民主党の大統領候補「バイデン」元副大統領が優勢となっています。今回はバイデン氏が大統領になった際の株価への影響を考えて見ましょう。 過去の大統領選を振り返ると、選挙直前の3か月間に株価が上昇すれば政権与党が勝利する傾向がある一方、株価が下落した場合には野党が勝利する傾向があり、その確率はなんと87%にもなり … Copyright © 2020 東大OBのお金学 All Rights Reserved. 世紀のシルバー対決で株価はどうなる? 4年に一度行われるアメリカ大統領選挙。2020年の選挙戦は、防衛なるか共和党ドナルド・トランプ現大統領74歳。対するはオバマ政権下で副大統領を2期務めた民主党ジョー・バイデン候補77歳。混迷と変化の渦中にある世界は青二才にゃ任しちゃおけん! ◆NHK選挙WEB いよいよアメリカの大統領選挙が近づいてきています。11月3日が選挙日なので、およそあと1ヵ月になりました。バイデン候補が大統領になると株価が大暴落する可能性がある、と言われていますが、果たしてどうなるでしょうか。ここでは、個人的な大統領前後の予想をします。, 10月7日(火):副大統領候補討論会(ユタ州ソルトレークシティー)10月15日(木):第2回大統領候補討論会(フロリダ州マイアミ)10月22日(木):第3回大統領候補討論会(テネシー州ナッシュビル)11月3日(火):アメリカ大統領選挙2021年1月20日(水):大統領就任式, 10月3日現在の主要報道各社(CNBC、ロイター、NYタイムズ、ABCニュース、エコノミストなど)の支持率調査の平均値では、トランプ大統領が42.9%、バイデン候補が50.1%で、バイデン候補が7.2%リードしています。ただし、前回もトランプ大統領はヒラリー候補よりも支持率が低かったにも関わらず、大統領選に勝利したことから、この支持率調査だけで必ずしもバイデン候補が勝つとは言えない情勢です。また、「隠れトランプ」と言われているように、人前ではトランプ支持を明言せず、バイデン支持のように振る舞っていますが、実際の投票ではトランプに投票する人も多いようです。これは、トランプ大統領が人種差別を含め、攻撃的な言動が多いため、トランプ支持とは言い辛いことが影響しているようです。, 10月2日(金)、トランプ大統領が新型コロナに感染したことがTwitter上で発表されました。これにより、しばらく対面方式での選挙活動ができなくなる上、10月15日(木)の第2回大統領候補討論会に対面方式では参加できない可能性が出てきました。これは選挙にとってマイナスだと思われます。ただ、トランプ大統領がコロナから回復した場合、「コロナはたいしたことはなかった」「コロナに打ち勝った」「抗体ができたから安心だ」くらいの発言を行うであろうことが予想されます。トランプ大統領の支持者は平均的に低教養層が多いとされているため、コロナ対策よりも経済を重視する彼らには絶好のアピールになる可能性や、同情票が集まる可能性もあるため、何とも言えないところです。, バイデン候補が当選すると、法人税を上げたり、株にかかる税金を上げたりするのではないか、と言われており、実際バイデン氏は企業や富裕層への増税を掲げています。バイデン氏は「法人税率を21%から28%に引き上げる」と言っていますが、元々トランプ大統領が2017年4月に法人税率を35%から21%まで下げたものなので、株価にとってマイナスではありますが、それほど大きなマイナス材料にはならないと思われます。「40万ドル以上の給与所得者の増税」も主張していますが、該当者が少ないため、大きく株価が下落する材料にはならないと思われます。一方、バイデン氏が大統領になった場合、対中国への攻撃はトランプ大統領に比べてマイルドなものになると想定されるため、米中対立が比較的穏やかになる可能性もあります。これは株価にとってプラスの材料です(少なくともトランプ大統領のように急なツイートで相場が急落するリスクは減りそうです)。以上のことから、トランプ氏だろうがバイデン氏だろうが株価が急落することにはならないと予想します。ただし、株に対する課税を大幅に増税する可能性がある点には要注意でしょう。, 現状、バイデン候補の方が支持率が高いため、市場は一定程度はバイデン大統領誕生を織り込んでいると思われます。前回のトランプvsヒラリーの選挙では、トランプ氏の勝利は誰も予想していなかったので、相場が急落しましたが、今回はバイデン氏が当選してもさほど驚きはないので、大暴落にはならないと思われます。, 10月3日現在、CFTC IMMによると大口投機玉はNYダウ先物の売りポジションを積んでおり、将来的に買戻ししないといけないことから、暴落よりも暴騰リスクが高い状況です。また、AAIIセンチメント調査では弱気派が多いことから、しばらくは株価が上がりやすい情勢です。, ポイント1~3のことから、おそらく大統領選はトランプ大統領の続投でもバイデン候補の当選でも、株価はそこまで暴落せず、上昇するのではないかと予想しています。大統領選で大きく株価が動く可能性があるため、9月10月はあまり積極的にポジションを取りたくない時期で、株の買いを手控えている投資家が多いことが推察されます。11月の大統領選が終われば株を新たに買う投資家が増えることが期待できるため、2020年11月・12月は株価がじわじわ上がる展開を個人的には期待しています。. アメリカ大統領選挙2020の結果速報として、バイデン氏が当選し、トランプ氏が落選した場合、株価やコロナ対策、地球温暖化対策や対中国政策への影響はどう出るのかを想定して掲載してい … (※1)大勢が判明した時点で州当局が勝者を確定するため、必ずしも11月13日までに勝者が判明しないというわけではない。, (※2)12月の第2月曜日の次の水曜日に行われることとなっている選挙人による投票日の6日前。当時は12月12日。 アメリカ大統領選挙2020の結果速報としていますが、この記事では、トランプ氏が当選し、バイデン氏が落選した場合、株価やコロナ対策、地球温暖化対策や対中国政策への影響はどう出るのかを想定してまとめています。, アメリカ大統領選挙2020の立候補者2氏の政策・公約(マニフェスト)を額面どおりに比較し、それぞれの候補が当選した場合の状況を考えたいと思います。, ※ キャピタルゲイン課税とは、資産の売却時に資産価値が上がって利益が出た場合、その利益に課税するということです。, ※ パリ協定とは、地球温暖化対策としての炭素排出量規制の国際的な取り組みへの協定です。, チーム・マイナス6% 俺はトランプが再選すると思う ここが取れればトランプ当選は8割決まったようなもの。, 数年前は俺も地上波のニュースとかのせいでトランプに当選してぼんやりとした不安を煽られたのだけど、今はいかにメディアが腐ってるかよく分かる。もう地上波も見なくなった。, 頼むからバイデン当選だけはやめてくれ。 twitter.com/LJKnoReply/sta…, 郵便投票はバイデン有利で当日の投票はトランプ有利のはずだから、郵便投票の結果が明らかになるまではトランプ有利だと思うけど、どのくらいリードしているかでトランプが当選できるかどうか決まる展開かな 自然エネルギーの環境認証(GSL:グリーンサイトライセンス), アメリカのコロナ感染者数(9,291,064人:11月3日16時現在)は世界一(トップ)です。現実的にも遅きに失している「マスク着用の義務化」に反対のトランプ氏。他国の責任にせずにしっかりと抑え込んでいる「台湾」のような小国がある中、アメリカのトップ(トランプ氏)の責任は問われないのでしょうか?, 環境規制の緩和共々、トランプ氏が当選すると「新型コロナ対策には悪影響がある」と思われます。, 資金力にものを言わせて後進国に入り込み我が物にする中国。東南アジア諸国の領海侵害も脅威です。バイデン氏の「同盟国と団結しての圧力」という行き方こそあるべき姿で、トランプ氏の「制裁関税」政策はアメリカ自国のみの為のものであり、中国の暗躍を阻止するものではないと思われます。, 人類あげての大問題である「地球温暖化」は確実に進行しており、全世界的な気候の悪化が現実化しています。そんな中、温暖化阻止・脱炭素排出の「パリ協定」は人類の英知の落しどころではないでしょうか。このような現実の中、トランプ氏は「パリ協定から離脱」を表明。, トランプ氏は減税維持でバイデン氏は増税、なので、バイデン氏が当選した場合には一時株安(下落)となる恐れがあり、トランプ氏当選ならそれは無いものと思われます。この影響は日本にも同様に及びます。, バイデン氏は法人税の増税政策を打ち出しています。「法人税の増税」はアメリカの経済に懸念をもたらし、「ドルが売られ」円高になる要因ともなります。しかし、減税済みで増税策を打ち出していないトランプ氏が当選すれば、円安の可能性もあります。, 仮に、トランプ氏落選の場合、ある「不安要素」が発生し、株価が下落する可能性があります。, 今般、2020年の大統領選挙では。コロナ禍の影響で80%のアメリカ市民に「郵便投票」が可能となっており、事実、多数の郵便投票が実施され、これに脅威を抱いたトランプ氏は、【郵便投票は不正の温床である】としています。, 故に、トランプ氏落選となった場合、これを認めずに裁判を起こす可能性が懸念されます。そうなった場合、選挙結果の判明しない時期が続くことになってしまいます。, これが、株価における「不安要素」であり、「不確実性リスク」として嫌われ、株価が下落する可能性があります。, 数年前にトランプが当選した時のことを思い出してるけど、当時あれはなかなかビビったなぁ(´・ω・`), 米下院選、トランプあがめる「Qアノン」信奉者が当選する (Susan Cornwell) 【ニューズウィーク日本版】 newsweekjapan.jp/stories/world/…, トランプは世界を破壊しすぎた。