【2月24日 afp】国連(un)は24日、20年近く続くアフガニスタン紛争において、2018年は民間人の死者数が過去最多の3804人になったと発表した。 【12月30日 AFP】国連(UN)は26日、18年にわたり流血の紛争が続くアフガニスタンで、ここ10年間に戦闘により死傷した民間人が10万人以上に上ったと報告し、紛争の終結を再度求めた。, アフガニスタンの旧支配勢力タリバン(Taliban)と米国の和平協議は、反政府勢力による攻撃が相次いだことを受けて、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が9月に打ち切りを表明。それでも双方は交渉を継続している。, 一方で激しい戦闘も全土で展開されており、民間人が頻繁に暴力の矢面に立たされている。, 国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)の代表を務める山本忠通(Tadamichi Yamamoto)アフガニスタン担当国連事務総長特別代表は、「UNAMAが民間人の犠牲者数を体系的に記録し始めた時点からここ10年間だけで、民間人の犠牲者が最近10万人を超えたことを極めて悲しく受け止めている」と発表。, 「国連はあらゆる和平努力の当事者に対し、何百万人という一般のアフガン国民、とりわけ紛争の犠牲者であり、生活を立て直すために平和に暮らす機会を願う人々に思いを寄せるよう強く訴えている」と述べた。, 国連は、アフガニスタンにおける今年7月1日~9月30日の死者は1174人、負傷者は3139人で、「前例のない」数の民間人が犠牲になったと報告していた。, 国連統計によると、過去最多の死者数が記録されたのは昨年で、戦闘により民間人少なくとも3804人が死亡し、うち927人は子どもだったという。(c)AFP, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. 国連は、アフガニスタンにおける今年7月1日~9月30日の死者は1174人、負傷者は3139人で、「前例のない」数の民間人が犠牲になったと報告していた。 1979年で起こったソ連によるアフガニスタン侵攻、このアフガニスタン侵攻はなぜ起こってしまったのか?その原因となった歴史の背景には当時冷戦状態だったアメリカが関係していた?当時の紛争によって起こった現在の内戦や子供たちの問題、その解決策についてご紹介します! 世界各国の武力紛争をランキングと棒グラフ形式で一覧表示しています。 ヘッダーの項目名をクリック(タップ)すると並べ替えることができます。 武力紛争発生件数:ucdp (2018年) 武力紛争死亡者数:ucdp (2018年) 世界の武力紛争ランキングチャート. 1979年 - 1989年のアフガニスタン紛争(アフガニスタンふんそう)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入、1989年に撤退するまでの期間を扱う。 まずはアフガニスタンの国のデータを見ていきます。 熱心にイスラム教を信じるムスリム国であり、政治や文化の基本はイスラム教で成り立っています。 また、男尊女卑の考え方が強く残っている国でもあります。 後発開発途上国に分類され、主な産業は農業、牧畜、鉱業です。 しかし1973年に王政が崩壊してからは断続的に内戦、紛争が起きているために社会的に不安定です。また戦闘行為によって住居や交通インフラが破壊さ … アフガニスタンにおける戦闘任務は2014年に完了したにもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領は先月、戦争で荒廃したアフガニスタンに駐留する米軍を増強し、アメリカ史上最長となる戦いを継続すると述べた。アフガニスタンにおける戦いは16年間続い